終盤の主将フロレンツィ&ジェコ弾でユーベに競り勝ったローマがCL出場権争い生き残り!《セリエA》2019.05.13 05:27 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエA第36節、ローマvsユベントスが12日に行われ、2-0でローマが勝利した。前節ジェノア戦を後半追加タイムに被弾して引き分けに終わった6位ローマ(勝ち点59)は、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位アタランタを3ポイント差で追う中、現状のベストメンバーを送り込んだ。

C・ロナウドに得点王を取らせる以外にモチベーションのない、主力が多数負傷欠場の王者ユベントスに対し、押し込まれる入りとなったローマは7分にピンチ。カウンターを受け、ジャンのクロスに合わせたクアドラードのシュートが枠を捉えたが、GKミランテがビッグセーブで凌いだ。

その後もユベントスがボールを握る中、16分にも決定機。C・ロナウドがドリブルで進攻してボックス内に侵入。パスを渡し、ボックス右のディバラがシュートしたが、再びGKミランテにビッグセーブで阻まれた。

引き続きボールを動かすユベントスに対し、ローマは27分にペッレグリーニの左足ボレーでゴールに迫るも、劣勢を強いられる。そんな中36分、エル・シャーラウィが個人技でボックス左まで侵入してシュートに持ち込んだ。

ハーフタイムにかけては互いにゴールに迫れずゴールレスで前半を終えた中、迎えた後半もユベントスがボールを持つ流れとなったが、54分にローマに決定機。しかし、クライファートのクロスに合わせたボックス右のエル・シャーラウィのシュートは枠の上に外れてしまった。

すると64分、ユベントスが先制しかける。カウンター返しからディバラのスルーパスに抜け出したC・ロナウドがGKとの一対一を制してネットを揺らしたが、VARの末にオフサイドとなった。

オープンな展開となる中、ユベントスは66分にジャンが枠内シュートを浴びせれば、ローマはエル・シャーラウィがコントロールシュートでゴールに迫った。

ここからこう着状態に陥ったが、79分にローマが均衡を破る。ジェコのスルーパスをボックス右に走り込んだフロレンツィが飛び出したGKシュチェスニーを外すチップキックシュートを流し込んだ。

その後もジェコに決定機が訪れるなど、追加点に迫ったローマが追加タイム2分にロングカウンターからジェコのゴールが決まって2-0で勝利。暫定4位のインテルに1ポイント差、3位のアタランタを3ポイント差で追走し、CL出場権争いに生き残っている。
コメント
関連ニュース
thumb

ローマ、ファラオーネ後釜に2選手をリストアップか?

ローマは上海申花に移籍したイタリア代表FWステファン・エル・シャーラウィ(26)の後釜に2選手をリストアップしているようだ。イタリア『スカイ・スポルト』が伝えている。 ローマは2020年夏に契約が終了するエル・シャーラウィの慰留を目指していたもののサラリー面の問題で交渉が難航した結果、最終的に総額1800万ユーロ(約21億9000万円)の移籍金で上海申花に放出することになった。 そのため、昨季セリエAでチーム最多の11ゴールを記録したファラオーネの後釜探しが今夏の補強ポイントの1つとなっている。 その中で現在、最有力候補の1人に挙がっているのが、昨夏にも獲得に動いた経緯があるレバークーゼンのジャマイカ代表FWレオン・ベイリー(21)だ。 爆発的な加速力とドリブルテクニックに加え、ここ最近はアタッキングサードでの判断力、決定力向上が著しい左利きのウイングに関して、ローマは今夏も獲得交渉を行っているという。 しかし、『スカイ・スポルト』が伝えるところによれば、レバークーゼンはチェコ代表FWパトリック・シック(23)の譲渡+移籍金1000万ユーロ(約12億2000万円)を要求しているという。 ローマとしては加入以降、思うようにフィットしていないシックの放出自体に異論はないものの、サンプドリアからの獲得時の契約条項が問題になっているという。 2017年に総額4200万ユーロ(約51億1000万円)でローマに加入したシックに関しては、複雑な契約が結ばれており、現時点でローマは1年間の有償レンタルの金額として500万ユーロ、昨夏に完全移籍への切り替えの一時金として900万ユーロをすでに支払っている。その一方、最大800万ユーロと言われるボーナスに関しては同選手のパフォーマンスが微妙なこともあり、大きな問題とはなっていないようだ。 ただ、ベイリーの交渉に関して問題になっているのは、2020年2月1日までにローマがシックを売却した場合、移籍金の50パーセントをサンプドリアに支払わなければならないという条項だ。今回レバークーゼンはシック+移籍金でのベイリー放出を望んでいるためにシックの移籍金の取り扱いに関して複雑な手続きが必要になる可能性がある。 仮に、この形での交渉が難しい場合、ローマは2020年2月に予定されている2000万ユーロの移籍金をサンプドリアに先払いし、保有権をハッキリとさせた状態でシックをトレードでレバークーゼンに放出する形を取ることになるかもしれない。 その一方でローマはベイリー以外の候補としてクラブ・ブルージュに所属するオランダ代表FWアルノー・ダンジュマ(22)にも関心を示しているという。 PSVの下部組織出身でNECナイメヘンを経て2018年夏にクラブ・ブルージュに加入したダンジュマは、左ウイングを主戦場に2列目の複数ポジションでプレー可能な右利きのドリブラー。 優れたスプリント能力と卓越したボールスキルを生かしたドリブル突破を最大の特長とする22歳は、昨シーズンに足首のケガで長期離脱を強いられながらも公式戦24試合で6ゴール4アシストを記録。さらに、昨年10月にはオランダ代表デビューも飾り、2キャップ目となったベルギー代表戦では初ゴールも記録している。 なお、ベイリーに比べて実績で劣るダンジュマの移籍金に関しては1200万~1400万ユーロ(約14億6000万~17億円)程度とみられている。 2019.07.14 16:19 Sun
twitterfacebook
thumb

ローマのジェルソンが母国フランメンゴに完全移籍! 昨季はフィオレンティーナでプレー

ローマは12日、ブラジル人MFジェルソン(23)がフラメンゴに完全移籍することを発表した。 ローマは同選手の放出で1180万ユーロ(約14億3000万円)の移籍金と、今後同選手がフラメンゴから他クラブに移籍した際の移籍金の10パーセントを受け取ることになる。なお、ジェルソン自身はフラメンゴと2023年12月末までの契約にサインしている。 2016年夏にフルミネンセから1600万ユーロ(約19億5000万円)でローマへ移籍したレフティーのジェルソンは、ローマでは在籍2年間で公式戦42試合に出場して2ゴール1アシストを記録。直近の2018-19シーズンは1年間のレンタル移籍で加入したフィオレンティーナで公式戦40試合に出場し3ゴール4アシストを記録していた。 今夏の移籍市場では当初、ディナモ・モスクワ移籍の可能性が濃厚となっていたが、ジェルソン自身が母国復帰を望んでフラメンゴが移籍金を増額したことで今回の交渉成立となった。 2019.07.13 13:20 Sat
twitterfacebook
thumb

ローマ、昨季プリマヴェーラ得点王のツェラルと新契約締結! 今季はチッタデッラに武者修行へ

ローマは11日、U-21スロベニア代表FWザン・ツェラル(20)と2023年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。また、2019-20シーズンはセリエBのチッタデッラに1年間のレンタル移籍に出ることを併せて伝えている。 2017年夏、前スポーツ・ディレクターのモンチ氏に見いだされたツェラルは母国の名門マリボルからローマのプリマヴェーラに加入した。 186cmの長身を生かした空中戦の強さに加え、両足をそん色なく操るシュート精度を武器とする生粋のストライカーは、トップチームで活躍するボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコを想起させる。また、大柄ながらもスピードにも優れており、ウイングでも起用されている。 昨シーズンのプリマヴェーラでは27試合で28ゴールを挙げて得点王に輝く活躍を見せると、今年3月に行われたエンポリ戦では途中出場でセリエAデビューも飾っていた。 2019.07.12 13:55 Fri
twitterfacebook
thumb

ローマDFイバン・マルカノがポルト帰還 契約期間は2023年まで

ポルトは11日、ローマからスペイン人DFイバン・マルカノ(32)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月まで。背番号は「5」。なお、ローマの発表によれば移籍金は300万ユーロ(約3億6000万円)。 2014年夏にルビン・カザンからポルトに加入したマルカノは、2017-18シーズンにプリメイラ・リーガで30試合5ゴールを記録して5シーズンぶりのリーグ優勝に貢献。その後、2018年6月にローマに移籍したが、昨シーズンは主力に定着するには至らず、公式戦13試合1ゴールの成績に留まった。 2019.07.11 19:55 Thu
twitterfacebook
thumb

新CB獲得目指すローマ、アルデルヴァイレルトに興味?

ローマがトッテナムに所属するベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルト(30)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 2015年夏にアトレティコ・マドリーからトッテナムに加入したアルデルヴァイレルト。今年1月にクラブ側が今年1月に1年間の契約延長オプションを行使したことで、2020年まで残留することが決まったが、選手自身が移籍を望んだ場合、今夏2500万ポンド(約36億円)での移籍が可能となっている。 ローマは今夏、ギリシャ代表DFコスタス・マノラス(28)がナポリに完全移籍。さらにスペイン人DFイバン・マルカノ(32)も古巣ポルトへの復帰が迫っており、新たなセンターバック2選手を獲得したい意向があるようだ。そこで注目している一人の選手がアルデルヴァイレルトだという。 ローマは現在、アタランタのイタリア代表DFジャンルカ・マンチーニ(23)の獲得が近づいており、もう1人の新センターバックとして、アルデルヴァイレルトかベティスに所属するスペイン代表DFマルク・バルトラ(28)を希望しているようだ。 アルデルヴァイレルトの契約解除金の有効期限は今月26日まで。選手本人は5月に「来シーズンもスパーズでプレーすることを考えている」と契約を全うする意向を明かしていたが、果たして…。 2019.07.11 13:40 Thu
twitterfacebook




アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース