終盤の主将フロレンツィ&ジェコ弾でユーベに競り勝ったローマがCL出場権争い生き残り!《セリエA》

2019.05.13 05:27 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエA第36節、ローマvsユベントスが12日に行われ、2-0でローマが勝利した。

前節ジェノア戦を後半追加タイムに被弾して引き分けに終わった6位ローマ(勝ち点59)は、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位アタランタを3ポイント差で追う中、現状のベストメンバーを送り込んだ。

C・ロナウドに得点王を取らせる以外にモチベーションのない、主力が多数負傷欠場の王者ユベントスに対し、押し込まれる入りとなったローマは7分にピンチ。カウンターを受け、ジャンのクロスに合わせたクアドラードのシュートが枠を捉えたが、GKミランテがビッグセーブで凌いだ。

その後もユベントスがボールを握る中、16分にも決定機。C・ロナウドがドリブルで進攻してボックス内に侵入。パスを渡し、ボックス右のディバラがシュートしたが、再びGKミランテにビッグセーブで阻まれた。

引き続きボールを動かすユベントスに対し、ローマは27分にペッレグリーニの左足ボレーでゴールに迫るも、劣勢を強いられる。そんな中36分、エル・シャーラウィが個人技でボックス左まで侵入してシュートに持ち込んだ。

ハーフタイムにかけては互いにゴールに迫れずゴールレスで前半を終えた中、迎えた後半もユベントスがボールを持つ流れとなったが、54分にローマに決定機。しかし、クライファートのクロスに合わせたボックス右のエル・シャーラウィのシュートは枠の上に外れてしまった。

すると64分、ユベントスが先制しかける。カウンター返しからディバラのスルーパスに抜け出したC・ロナウドがGKとの一対一を制してネットを揺らしたが、VARの末にオフサイドとなった。

オープンな展開となる中、ユベントスは66分にジャンが枠内シュートを浴びせれば、ローマはエル・シャーラウィがコントロールシュートでゴールに迫った。

ここからこう着状態に陥ったが、79分にローマが均衡を破る。ジェコのスルーパスをボックス右に走り込んだフロレンツィが飛び出したGKシュチェスニーを外すチップキックシュートを流し込んだ。

その後もジェコに決定機が訪れるなど、追加点に迫ったローマが追加タイム2分にロングカウンターからジェコのゴールが決まって2-0で勝利。暫定4位のインテルに1ポイント差、3位のアタランタを3ポイント差で追走し、CL出場権争いに生き残っている。
コメント