岡崎レスターラストゲームはチェルシーとゴールレスドロー、チェルシーは3位フィニッシュ《プレミアリーグ》2019.05.13 01:20 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ最終節が12日に行われ、チェルシーはレスター・シティと対戦し0-0で引き分けた。すでに4位以内を確定させ、来季のチャンピオンズリーグ出場権を確保しているチェルシー。ヨーロッパリーグではフランクフルトをPK戦の末に下し、アーセナルの待つ決勝に駒を進めた。今節のレスター戦はいわば消化試合。ケパやアザールはベンチスタートとなり、下部組織のマーク・ゲヒがベンチ入りした。

一方、これがレスターで最後の試合となる岡崎はベンチスタートとなった。

アウェイのチェルシーは4分にビッグチャンスを迎える。ボックス手前のジョルジーニョから2列目から飛び出したバークリーに絶妙な浮き球パスが送られる。完全にフリーになったバークリーは胸トラップからシュートに繋げたが、GKシュマイケルの胸に直撃した。

主導権を握るチェルシーは14分にカウンターからウィリアンがシュート。ボックス手前左からコースを狙ったシュートだったがGKシュマイケルに止められる。対するレスターは17分にチルウェルがシュート。ここはケパの代わりにゴールマウスを守るカバジェロの正面に。26分にはCKのチャンスでショートコーナーを選択し、ティーレマンスがボックスの外から強烈なシュートを放ったが、これもカバジェロの正面に飛んだ。

その後はレスターのインテンシティの高さに苦しむチェルシーはなかなか相手のゴールまで運べなかったが、前半アディショナルタイムにイグアインに絶好のチャンス。ボックス左からグラウンダーのクロスが入り、イグアインは押しこむだけという場面だったが、上手くボールを足に当てることができずに、シュートは枠の外へ外れた。

ゴールレスで迎えた後半も、チェルシーはなかなかチャンスを作ることができない。そんな中でもマルコス・アロンソやバークリーが果敢に狙っていくが、どちらも枠を捉えることができない。60分のロフタス=チークのシュートは相手にブロックされた。

65分を過ぎた頃に、両チームが動きを見せる。66分に、レスターはエンディディを下げて岡崎を投入。チェルシーも69分にウィリアンを下げてアザールをピッチへ。

するとチェルシーは75分にそのアザールのアシストからバークリーにチャンス。ボックス外からのシュートだったが、GKシュマイケルに止められた。

その後、レスターもチェルシーも残り2つの交代カードを立て続けに切り状況打破を試みるも、効果的な策とは言えず試合はこう着。

最後までネットが揺れることなく試合終了。岡崎のプレミアラストゲームはチェルシーとのゴールレスドローに終わった。
コメント
関連ニュース
thumb

RBライプツィヒがチェルシーの大器アンパドゥをレンタルで獲得!

RBライプツィヒは22日、チェルシーからウェールズ代表DFイーサン・アンパドゥ(18)を1年間のレンタル移籍で獲得した。背番号は26を着用する。 2017年夏にエクセター・シティからチェルシーに加入したアンパドゥは、チェルシーの若手の中でも特に評価の高い選手の一人。同年12月のハダースフィールド戦でデビューし、昨シーズンはヨーロッパリーグとFAカップで計5試合に出場した。 また、高次元のフットボールセンス、身体能力を併せ持ちセンターバックと守備的MFのいずれのポジションでも将来を嘱望される逸材は、2017年11月にデビューを飾ったウェールズ代表ですでに8キャップを刻んでいる。 ライプツィヒへの加入が決まったアンパドゥは、公式サイトで喜びを語っている。 「ライプツィヒで新たなシーズンをスタート出来ることをとてもうれしく思っている。チームのやり方を出来るだけ早く理解し、自分自身の持ち味を組み合わせて行きたい」 「僕はここ数年ライプツィヒに注目していた。素晴らしい若手選手がこのクラブで成長し、そしてビッグクラブへ旅立った。僕にとって今回の移籍は確実なステップアップだと思っているよ」 2019.07.23 00:10 Tue
twitterfacebook
thumb

これぞ選手の見本! ランパード監督、練習場からホテルまでの9㎞を走って帰る!

今夏にチェルシーの指揮官に就任したフランク・ランパード監督。彼は監督としての理想像かもしれない。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ランパード監督率いるチェルシーは現在、プレシーズンツアーで日本を訪れている。19日に日産スタジアムで行われた川崎フロンターレとの一戦は0-1で敗れ、プレシーズン3戦目で初黒星を喫した。 23日に控えている次のバルセロナ戦に向けてトレーニングを続けるチェルシーの一行だが、22日のチェルシー公式のツイートが話題となっている。「練習場から9㎞の道のりをフランクとそのスタッフが走っている!」と、短い動画付きで投稿。 『デイリー・メール』によると、ランパード監督が選手たちに混ざってトレーニングに加わることは珍しくなく、今回も自身のトレーニングの一環として、長距離走のほかにも階段ダッシュをスタッフたちと行ったという。 これには副官のジョディ・モリス氏も「彼は現役復帰を考えているんじゃないか」と冗談を飛ばし、衰え知らずの41歳に驚いている。 指揮官のこの姿勢には選手たちも見習うところがあるかもしれない。同メディアは「フランク・ランパードは彼の選手に高いスタンダードを課した」と述べている。 <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Just the 9k back from training for Frank and his coaching staff!<a href="https://twitter.com/hashtag/CFCinJapan?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#CFCinJapan</a> <a href="https://t.co/C6cgbzQ2S7">pic.twitter.com/C6cgbzQ2S7</a></p>&mdash; Chelsea FC (@ChelseaFC) <a href="https://twitter.com/ChelseaFC/status/1153206231869214720?ref_src=twsrc%5Etfw">July 22, 2019</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2019.07.22 20:13 Mon
twitterfacebook
thumb

ポジション争いを歓迎するFWエイブラハム「自分のベストを尽くす」

21日、チェルシーがNACK5スタジアム大宮で23日に行われるRAKUTEN CUPのバルセロナ戦に向けたトレーニングを行なった。 19日に行われた明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2019では、2018シーズンのJ1王者である川崎フロンターレに0-1で敗れたチェルシー。日本で2戦目となるバルセロナ戦を控え、トレーニングに励んだ。 トレーニング後、FWタミー・エイブラハムが囲み取材に応対。ワールドツアーやフランク・ランパード新監督について語った。 ◆FWタミー・エイブラハム(チェルシー) ──リーグ開幕前に、このツアーで選手間で良い関係を築くことの重要性について 「とても重要だね。僕たちは若くて色々な選手がいるチームだ。(クリスチャン・)プリシッチのような新しい選手がチームに馴染んでいるのは良いことだ。彼はとても早くチームに馴染んでいるよ」 「選手みんながお互いを理解しているのは良いことだよ。何人かの選手は昨シーズン、別のクラブにローンしていた。だからチームとしてまとまって、時間を過ごせるのは良いことだね」 ──23日にバルセロナと対戦するが、チームのコンディションや、フィーリングはどうか 「とても良いよ。前の試合(川崎フロンターレ戦)は、僕たちより、フィットネスが良いチームとの対戦だった。でも僕たちのフィットネスは良いレベルに来ている」 「バルセロナと戦う為に必要なフィットネスのレベルに達してきていると思うので、彼らより高いフィットネスで、良いパフォーマンスができたら良いね」 ──フランク・ランパード新監督のトレーニングはどうか 「いい感じだね。プレシーズンなので、ランニングや、戦術練習が多いけど、ポジティブな印象だよ」 「シーズン開幕に向けて、チームは自信をつけているし、彼が僕らに求めるレベルも理解している」 ──自分自身のコンディションはどうか、シーズン開幕へ準備は出来ているか 「準備は出来ているね。今までで一番良いよ。昨シーズン、良いシーズンを過ごして、今、僕はずっとプレーすることを夢見てきたクラブにいる。あとは自分のチャンスを掴むだけだよ」 ──ジルーやバチュアイといった優れたストライカーたちがいる。ポジションを争うにあたり、自信はあるか 「競争や、尊敬できるチームメイトがいることは良いことだね。僕はジルーのような選手をみて育った、だから彼と同じチームに居られることは良いことだよ」 「試合やトレーニングで彼らと一緒にプレーするチャンスを大切にして、自分のベストを尽くすように努力しているよ」 2019.07.21 21:15 Sun
twitterfacebook
thumb

チェルシーDFマルコス・アロンソ、ランパード監督の新スタイルに「うまくやれている」

21日、チェルシーがNACK5スタジアム大宮で23日に行われるRAKUTEN CUPのバルセロナ戦に向けたトレーニングを行なった。 19日に行われた明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2019では、2018シーズンのJ1王者である川崎フロンターレに0-1で敗れたチェルシー。日本で2戦目となるバルセロナ戦を控え、トレーニングに励んだ。 トレーニング後、スペイン代表DFマルコス・アロンソがメディア対応。今回のワールドツアーやフランク・ランパード新監督について語った。 ◆DFマルコス・アロンソ(チェルシー) ──今回のツアーでプレミアリーグ開幕前にチームとして戦う重要性は 「ここ数年間、このグループで一緒に戦ってきた。時間を共に過ごすことは重要だよ。それを持続してやっていきたいと思う」 ──サッリ前監督とフランク・ランパード監督のコーチングの違いは 「本当に多くの違いがある。それぞれが、それぞれのフットボールマインドがあるので、大きく変わってくる」 ──新しいスタイルはうまくいくと思うか 「そうだね。いくつかの練習を行なった上で、非常に良い強度でトレーニングできていると思う」 「自由な形、サイドチェンジの動きなども取り組んでいる。チームとして、ディフェンスの部分に注力を置いているが、攻撃面でもフォワードにボールを送るという点でも、うまくやれていると思う」 ──現在のコンディションは? 「まだ完全な状態ではないけど、開幕まで2週間残しているので、それまでにしっかりと自分のフィットネス、コンディションを調整していけるようにやっている」 2019.07.21 17:45 Sun
twitterfacebook
thumb

カンテのバルサ戦欠場が決定…治療のために帰国

チェルシーは21日、フランス代表MFエンゴロ・カンテの離脱を発表した。 クラブ公式サイトよると、カンテは昨シーズン終盤にケガしたヒザに問題があり、リハビリを続けるためにひと足先に渡英したという。 カンテは19日に行われた明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2019の川崎フロンターレ戦を欠場。23日に行われるバルセロナ戦でのプレーが期待されている状況だった。 2019.07.21 15:45 Sun
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第28号 J1全18クラブ前半戦総括
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース