岡崎レスターラストゲームはチェルシーとゴールレスドロー、チェルシーは3位フィニッシュ《プレミアリーグ》2019.05.13 01:20 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ最終節が12日に行われ、チェルシーはレスター・シティと対戦し0-0で引き分けた。すでに4位以内を確定させ、来季のチャンピオンズリーグ出場権を確保しているチェルシー。ヨーロッパリーグではフランクフルトをPK戦の末に下し、アーセナルの待つ決勝に駒を進めた。今節のレスター戦はいわば消化試合。ケパやアザールはベンチスタートとなり、下部組織のマーク・ゲヒがベンチ入りした。

一方、これがレスターで最後の試合となる岡崎はベンチスタートとなった。

アウェイのチェルシーは4分にビッグチャンスを迎える。ボックス手前のジョルジーニョから2列目から飛び出したバークリーに絶妙な浮き球パスが送られる。完全にフリーになったバークリーは胸トラップからシュートに繋げたが、GKシュマイケルの胸に直撃した。

主導権を握るチェルシーは14分にカウンターからウィリアンがシュート。ボックス手前左からコースを狙ったシュートだったがGKシュマイケルに止められる。対するレスターは17分にチルウェルがシュート。ここはケパの代わりにゴールマウスを守るカバジェロの正面に。26分にはCKのチャンスでショートコーナーを選択し、ティーレマンスがボックスの外から強烈なシュートを放ったが、これもカバジェロの正面に飛んだ。

その後はレスターのインテンシティの高さに苦しむチェルシーはなかなか相手のゴールまで運べなかったが、前半アディショナルタイムにイグアインに絶好のチャンス。ボックス左からグラウンダーのクロスが入り、イグアインは押しこむだけという場面だったが、上手くボールを足に当てることができずに、シュートは枠の外へ外れた。

ゴールレスで迎えた後半も、チェルシーはなかなかチャンスを作ることができない。そんな中でもマルコス・アロンソやバークリーが果敢に狙っていくが、どちらも枠を捉えることができない。60分のロフタス=チークのシュートは相手にブロックされた。

65分を過ぎた頃に、両チームが動きを見せる。66分に、レスターはエンディディを下げて岡崎を投入。チェルシーも69分にウィリアンを下げてアザールをピッチへ。

するとチェルシーは75分にそのアザールのアシストからバークリーにチャンス。ボックス外からのシュートだったが、GKシュマイケルに止められた。

その後、レスターもチェルシーも残り2つの交代カードを立て続けに切り状況打破を試みるも、効果的な策とは言えず試合はこう着。

最後までネットが揺れることなく試合終了。岡崎のプレミアラストゲームはチェルシーとのゴールレスドローに終わった。
コメント
関連ニュース
thumb

ラツィオ、PSG移籍話のミリンコビッチ=サビッチの後釜にヤズジュ、ロフタス=チークら

ラツィオのセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ(24)のパリ・サンジェルマン(PSG)移籍が話題になる中、ラツィオはその後釜としてトラブゾンシュポルのトルコ代表MFユスフ・ヤズジュ(22)やチェルシーのイングランド代表MFルベン・ロフタス=チーク(23)らをリストアップしているとイタリア『トゥットメルカート』が伝えた。 ミリンコビッチ=サビッチの獲得に熱を入れるPSGは同選手獲得に8000万ユーロ(約98億円)、または7000万ユーロ(約86億円)+アルゼンチン代表MFレアンドロ・パレデス(24)の条件で交渉にあたっているとされている。 移籍が決定的とも言われる中で、その後釜となる選手の獲得リストにはヤズジュ、ロフタス=チークの他にレッドブル・ザルツブルクのハンガリー代表MFドミニク・ショボスライ(18)の獲得も視野に入れているが、アーセナルと競合になるため獲得は難しいのではないかと触れられている。 得点力と確かなテクニックを備えた司令塔の動向と、新たに獲得を狙う若手選手たち。毎年チャンピオンズリーグ権を窺う位置につけるラツィオの編成には今後も注目だ。 2019.06.25 19:03 Tue
twitterfacebook
thumb

宙ぶらりんのコバチッチ、来季はどこのクラブへ?

レアル・マドリーのクロアチア代表MFマテオ・コバチッチ(25)の来季の所属クラブがいまだに不透明な状況だ。スペイン『アス』が伝えた。 コバチッチは今季チェルシーへとレンタル移籍をし、中盤の準レギュラーとしてリーグ戦32試合、ヨーロッパリーグ(EL)12試合に出場。チェルシーのEL制覇に貢献した。そんな中同選手を保有するマドリーは売却先の選定に急いでいるようだ。 今夏でのコバチッチの売却を模索するマドリーは移籍金として5000万ユーロ(約61億円)を希望している。ただ、今季レンタル先のチェルシーはマウリツィオ・サッリ監督のユベントス監督就任に伴う後任の選定に苦心しており、同選手含め補強選手の決定も現時点でままならない状況で6月30日までには処遇について決めたいとしている。 そして当のコバチッチ本人は「チェルシーで来シーズンも継続してプレーしても構わない」と語っている。また以前の所属先であるインテルへの移籍も頭の中にあるようで「(同クラブへ)戻ることも嫌ではない」と話すなどイタリア復帰もありそうだ。 25歳にしてチャンピオンズリーグ(CL)優勝やワールドカップ準優勝など輝かしいキャリアを持つコバチッチ。勝ち方を知ったプレーヤーが来季どこでプレーする事になるのか…注目が集まる。 2019.06.25 14:11 Tue
twitterfacebook
thumb

ドログバがチェルシーとランパードの交渉を認める「まあ落ち着け、落ち着け」

秒読み段階となっているフランク・ランパード氏のチェルシー指揮官就任だが、あの男がこの話題に言及している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 チェルシーファンにとって待ち望んでいたような、もう少し待ってほしいような瞬間が日に日に現実味を帯びてきている。 就任からわずか1シーズンでマウリツィオ・サッリ監督を更迭したチェルシーは、その後任としてクラブのレジェンド、ランパードの招へいに動いている。すでに交渉は最終段階を迎えていると言われ、近日にも3年契約が発表されるのではないかと予想するメディアもある。 そんな中、もう一人のレジェンド、ディディエ・ドログバ氏がこの話題に言及。チェルシーとランパード氏の交渉が実際に行われていることをインスタグラムに上げた動画で確認した。 「ある人物が新たな仕事について話し合いを進めている。フランク・ランパードだ」 そうコメントし、ランパード監督の誕生を待ち望むファンの興奮を誘った。だが、ドログバはそんな気持ちを察してか「まあ落ち着け、落ち着けよ」と、ファンの心を落ち着かせた。 2019.06.23 14:58 Sun
twitterfacebook
thumb

チェフに続いてマケレレもブルーズスタッフ入りか…ランパード招へいの舞台着々整う

21日に発表となった元チェルシーのGKペトル・チェフの帰還。アドバイザーとしてチェルシー全体のマネジメントに関わるようで、今後はゴールではなくクラブを守る活躍が期待されている。 そんな中で、『ESPN』によると今度はクロード・マケレレ氏のスタッフ入りが近づいているという。2017年11月からベルギーのオイペンで指揮官を務めていたが、今季終了を以って退任し現在はフリーの身となっている。チェルシーは同氏にはローン選手らのマネジメントの仕事を依頼している模様。 なお、チェルシーではすでにカルロ・クディチーニ氏、エンリケ・イラーリオ氏、パウロ・フェレイラ氏らがフロント入りしている。 そして、連日報道されているフランク・ランパードの監督就任の噂。すでにほとんどのメディアが確実視しており、来週にも3年契約が発表されると予想しているところもある。レジェンド招へいのために、チェフ氏やマケレレ氏などランパード氏がチェルシーでともにプレーした仲間を迎えて、その舞台を整えている。 2019.06.21 21:57 Fri
twitterfacebook
thumb

マルコス・アロンソ、今夏の移籍はなし?

チェルシーのスペイン代表DFマルコス・アロンソ(28)の今夏の移籍の可能性は下がってきているようだ。スペイン『Cadena Cope』が伝えている。 今夏の移籍市場でレアルとアトレティコのマドリー勢からの関心が報じられていたマルコス・アロンソ。チェルシー加入3年目の今シーズンは、リーグ戦31試合に出場し2ゴール6アシストとまずまずの成績だったものの、ヨーロッパリーグ決勝に出られなかったことが、退団の引き金となるのではないかと考えられてきた。 だが、この間にチェルシーではマウリツィオ・サッリ監督がユベントスに移籍したことで同選手は再考の余地があると改めているようだ。 また、レアル・マドリーは先日フランス代表DFフェルラン・メンディを獲得したことで左サイドバックを補填。一方、DFリュカ・エルナンデスの退団とDFフィリペ・ルイスの契約満了に伴い、マルコス・アロンソに照準を絞っていたアトレティコだったが、チェルシーが移籍金4000万ユーロ(約48億5700万円)を要求したため撤退したという。 今後2度の移籍市場において選手登録が禁止される危機に直面しているチェルシーにとって、主力級の放出は出来るだけ避けたいところ。新監督も決まっていない中で、この夏どのような動きを見せるのだろうか。 2019.06.21 17:52 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース