控えGKヒッツ乱調もPK失敗に救われたドルトムント、10人のデュッセルドルフに競り勝って逆転優勝の望みをつなぐ《ブンデスリーガ》2019.05.12 00:41 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ドルトムントは11日、ブンデスリーガ第33節でデュッセルドルフをホームに迎え、3-2で競り勝った。デュッセルドルフのFW宇佐美貴史はベンチ入りしなかった。

前節ブレーメン戦では2点を先行しながら引き分けに持ち込まれた2位ドルトムント(勝ち点70)は、今節勝利を逃すとバイエルンが敗戦しても優勝を決められてしまう状況に追い込まれた。そのドルトムントはロイスが引き続き出場停止の中、ウイングにはプリシッチとラーセンを起用した。

残留を決めている10位デュッセルドルフ(勝ち点41)に対し、徐々にボールを握れるようになったドルトムントが流れを引き寄せると、13分にボックス右からプリシッチが際どいシュートを放った。

その後、19分にルケバキオにドリブルシュートを決められるも、その前にオフサイドがあって助かったドルトムントは直後、ラファエウ・ゲレイロがボックス内から枠内シュートを浴びせたが、GKレンジングの好守に阻まれる。

前半半ば以降もドルトムントが押し込む流れとすると、41分に先制した。ラファエウ・ゲレイロの左サイドからのクロスをファーサイドのデラネイがヘッドで中に折り返すと、最後はゴール前のプリシッチがダイビングヘッドで押し込んだ。

しかし迎えた後半開始2分、左クロスに合わせたフィンクの何でもないヘディングシュートをGKヒッツがまさかのファンブル。後逸したボールがゴールラインを割ってしまった。

それでも53分、ドルトムントが勝ち越しに成功する。分厚い攻めを見せた流れからボックス右のデラネイがゴール左にシュートを突き刺した。

しかし56分、またもGKヒッツが足を引っ張ってしまう。ボックス内に飛び込んできたルケバキオを中途半端な飛び出しで倒してしまった。だが、ルケバキオのシュートは枠の右に外れ、ドルトムントは助かった。

リードを保ったドルトムントがボールを持って時間を進める中、82分に数的優位となった。サンチョに対し、足裏を見せる悪質なタックルを見舞ったボドツェクに一発レッドカードが提示された。

そして追加タイムにゲッツェのゴールでダメを押したドルトムントが勝利。ライプツィヒに引き分けたバイエルンに2ポイント差と迫って最終節に逆転優勝の望みをつなげた。なお、ドルトムントは最終節、ボルシアMGとのアウェイ戦に臨む。
コメント
関連ニュース
thumb

古巣対戦ロイスが意地の1G1Aもドルトムントの逆転優勝はならず…《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ最終節、ボルシアMGvsドルトムントが18日にシュタディオン・イム・ボルシア・パルクで行われ、アウェイのドルトムントが2-0で勝利した。 首位バイエルンと勝ち点2差で最終節を迎えたドルトムントは、勝利且つバイエルンの敗戦で逆転優勝が決まるという厳しい状況の中、勝利でチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得が決まる4位ボルシアMGとのアウェイゲームに臨んだ。 2試合の出場停止が明けた古巣対戦のロイスを先発復帰させるなど、現状のベストメンバーを送り込んだドルトムントだが、立ち上がりはCL出場権獲得に向けて高いモチベーションを見せるホームチームに押し込まれる。12分にはボックス手前右からカットインしたトラオレに際どいシュートを許すが、これはクロスバーに救われる。 開始4分にバイエルン先制の一報がスタジアムの電光掲示板に記されたこともあり、なかなか攻撃のギアが上がりきらない中、ドルトムントはエースのロイスの個人技を軸に幾度か相手ゴールへ迫る。23分にはプリシッチの右CKからピシュチェクのヘディングにファーのヴィツェルが反応もわずかに届かない。37分にはボックス手前左の好位置で得たFKをキッカーのロイスが直接狙うが、これはわずかに枠の左に外れる。 このままゴールレスで前半終了と思われた中、やはり試合を動かしたのは元ボルシアMGのエース。45分、カウンターから左サイド深くに抜け出したロイスがボックス左ゴールライン際で何とかボールを残して浮き球で折り返すと、これをファーでフリーのサンチョが丁寧な右足インサイドのボレーで流し込んだ。 バイエルンと同様に1-0のスコアで試合を折り返したドルトムントは、少しでもバイエルンにプレッシャーをかけようと攻勢を仕掛けていく。すると54分、左サイドを起点としたカウンターからゲッツェ、サンチョ、プリシッチと斜めにボールが繋がってプリシッチがGKと最終ラインの間にグラウンダーの高速クロス。これを走り込んだロイスがワンタッチで流し込み、貴重な追加点とした。 この2失点目で心が折れた感もあるボルシアMGはストロブル、プレア、ヘアマンと積極的な選手交代で流れを変えにかかるが、なかなか攻め手を見出すことができない。 一方、2点リードのドルトムントだが、バイエルンが後半のゴールラッシュで大量リードを得たこともあり、アウェイスタンドはやや沈んだ雰囲気に。それでも、ピッチ上ではドルトムントラストゲームのプリシッチやロイスが気迫のこもったプレーをみせ、幾度か3点目に迫っていく。その後、83分にはロイスを下げて今季限りでの退団が噂されるシュメルツァーを投入するなど、シーズン最終戦らしい采配で試合を締めに掛かる。 結局、試合はこのままタイムアップ。今季最終戦で意地の勝利を挙げたドルトムントだったが、首位のバイエルンがフランクフルトに5-1で勝利したことによって、7年ぶりの優勝はならず。一方、敗れたボルシアMGはレバークーゼンに抜かれて無念の5位フィニッシュで来季はヨーロッパリーグを戦うことになった。 2019.05.19 00:30 Sun
twitterfacebook
thumb

【ブンデス最終節プレビュー】バイエルン、引き分け以上で7連覇濃厚! 逆転優勝に懸けるドルトムントはCL出場懸かるボルシアMGと対戦

前節はバイエルンがライプツィヒに引き分け、ドルトムントがデュッセルドルフに勝利したことで7連覇は最終節にお預けとなった。チャンピオンズリーグ(CL)出場権争いではフランクフルトが敗れて6位に後退。ボルシアMGがCL圏内の4位に浮上し、レバークーゼンが同勝ち点で追走している。そして日本人が所属するハノーファーとニュルンベルクの降格が決まった。土曜22:30一斉キックオフとなる最終節、バイエルンはフランクフルトと、ドルトムントはボルシアMGと対戦する。 前節ライプツィヒ戦を微妙なVARの判定によってゴレツカのゴールを取り消され、ゴールレスドローに終わった首位バイエルン(勝ち点75)。それでも、2ポイント差のドルトムントとの得失点差が17あることから、ホームで行われる最終節のフランクフルト戦を引き分けても7連覇がほぼ確実な情勢となっている。ヨーロッパリーグ決勝進出を逃し、CL出場圏内からも脱落して意気消沈している6位フランクフルト(勝ち点54)に対して、負けなければ優勝という条件の中、ホームで確実に優勝を決められるか。 一方、控えGKヒッツのミスもあって10人となったデュッセルドルフに苦戦しつつも勝利した2位ドルトムント(勝ち点73)は、勝利した上でバイエルンが敗戦することが逆転優勝の条件となる。ただ、対戦相手はCL出場権獲得に意気上がる4位のボルシアMG(勝ち点55)。しかもアウェイでの試合となり、かなりの苦戦が予想されるが、出場停止が明けるロイスの活躍で何とか逆転優勝の望みに懸けたい。 CL出場権争いではボルシアMGと同勝ち点で並ぶレバークーゼンにも注目だ。前節シャルケ戦を圧倒しながらも引き分けて4位浮上を逃した5位レバークーゼン(勝ち点55)は、10位ヘルタ・ベルリン(勝ち点43)とのアウェイ戦に臨む。ボルシアMGとは得失点差で2下回っているが、ドルトムントと対戦することを考えれば、レバークーゼンは勝利すれば4位滑り込みの可能性が十分にある状況だ。まずはダルダイ監督の勇退以外に何も懸かっていないヘルタに勝利し、吉報を待ちたい。 その他、DFBポカール決勝に勝ち上がっているのがバイエルンとライプツィヒの上位勢であることから、7位までに与えられるEL出場権争いでは、7位ヴォルフスブルク(勝ち点52)、8位ホッフェンハイム(勝ち点51)、そして大迫の9位ブレーメン(勝ち点50)まで可能性がある状況だ。勝利すればEL出場権獲得となるヴォルフスブルクは14位アウグスブルク(勝ち点32)と、ホッフェンハイムは12位マインツ(勝ち点40)と、ブレーメンは3位ライプツィヒ(勝ち点66)とそれぞれ対戦するが、どのような結末を迎えるか。 ◆ブンデスリーガ最終節 ▽5/18(土) 《22:30》 デュッセルドルフ vs ハノーファー ヴォルフスブルク vs アウグスブルク マインツ vs ホッフェンハイム フライブルク vs ニュルンベルク ブレーメン vs ライプツィヒ ヘルタ・ベルリン vs レバークーゼン ボルシアMG vs ドルトムント シャルケ vs シュツットガルト バイエルン vs フランクフルト 2019.05.17 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ブラントの去就は来季CL出場権の行方次第か 本人はプレミア<ドルトムント希望!?

レバークーゼンに所属するドイツ代表MFユリアン・ブラント(23)の去就は、ブンデスリーガ最終節の結果で左右されるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ヴォルフスブルク下部組織出身のブラントは、2014年1月にレバークーゼンに加入。今シーズンは、左ウイングが主戦場でありながら、途中からはアタッキングMFを務め、ここまで公式戦42試合9ゴール17アシストを記録している。 今回伝えられるところによると、ブラントには現在、トッテナムやリバプール、ドルトムントが関心を寄せている模様。ただ、レバークーゼンがチャンピオンズリーグ(CL)への出場権を獲得できた場合は、来シーズンも同クラブに留まる意向のようだ。 現在、レバークーゼンはブンデスリーガで勝ち点55を積み重ね、来シーズンのヨーロッパリーグ(EL)でグループリーグからの出場となる5位に位置。CL出場圏内の4位・ボルシアMGとは同勝ち点で並んでいる一方、EL予選に回る6位のフランクフルト(勝ち点54)には勝ち点1差で迫られている状況だ。 同メディアによると、ブラントはレバークーゼンがCL出場権を逃した場合にも、残留を検討するとのこと。ただ、移籍を決断した場合、本人はプレミアリーグよりも、ドルトムントへの移籍を希望しているようだ。ブラントには、2150万ポンド(約30億1000万円)のリリース条項が契約に盛り込まれているようだが、同選手の去就はいかに…。 2019.05.17 16:35 Fri
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、ホッフェンハイムのドイツ代表DFシュルツ獲得決定的に! 今季最終節後に発表へ

ドルトムントが、ホッフェンハイムのドイツ代表DFニコ・シュルツ(26)を完全移籍で獲得することが決定的となった。ドイツ『ビルト』が伝えている。 快足と攻撃センスを最大の売りとするシュルツは、ウイングからサイドバックまでこなせる左サイドのエキスパート。これまでヘルタ・ベルリンやボルシアMG、そして現在のホッフェンハイムと、母国で活躍を続けている。今季、ホッフェンハイムでは中盤の左サイドで起用されることが多く、ここまで公式戦36試合で2ゴール9アシストを記録している。 一方、ドルトムントはDFマルセル・シュメルツァーの衰えが顕著なことに加え、レアル・マドリーからレンタル中のDFアクラフ・ハキミの負傷離脱によって、左サイドバックに本職の選手を起用できず。シーズン終盤はセンターバックのDFアブドゥ・ディアロをスクランブル起用しており、今夏の移籍市場における最優先補強ポイントの1つとなっている。 これまではアウグスブルクのDFフィリップ・マックスらの名前が候補に挙がっていたが、ボルシアMG時代にルシアン・ファブレ監督が獲得を望んだ経緯があるシュルツに一本化。 『ビルト』はドルトムントが同選手の特別放出条項に設定されている2500万ユーロ(約30億円)を支払い、シュルツとは4年契約を結ぶことになると伝えている。また、公式発表は今週末に行われるブンデスリーガ最終節後になるとのことだ。 2019.05.15 14:43 Wed
twitterfacebook
thumb

ヴェルナーのバイエルン移籍はなし? 会長が移籍先候補3つを明かす

RBライプツィヒに所属するドイツ代表FWティモ・ヴェルナー(23)の移籍先について、同クラブのオリバー・ミンツラフ会長がヒントとなるコメントを残した。イギリス『エクスプレス』が伝えている。 2016年夏にシュツットガルトから加入したヴェルナーは、3シーズン連続でブンデスリーガ二桁得点をマークするライプツィヒの若き点取り屋。現行契約が2020年までとなっているドイツ代表FWに複数クラブが獲得に興味を示している。 依然として慰留を目指しているライプツィヒだが、フリーでの放出を避けるべく、今夏に売却する可能性も認めている。中でもバイエルン移籍が近いとされていたが、候補は3クラブに絞られているようだ。 「状況は変わらないね。ヴェルナーは契約延長にサインしてくれないだろう。だけど、気が変わる可能性もあると思っている」 「我々はヴェルナーについてバイエルンと会談を行っていない」 「彼はバイエルンに行きたくないんだと思う。(トーマス・)トゥヘルのパリ・サンジェルマン、(ユルゲン・)クロップのリバプールもしくは(ルシアン・)ファブレのドルトムントのどれかに加入したいと思っているだろう」 2019.05.14 21:26 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース