VARに阻まれゴールレスドローのバイエルン、7連覇は最終節に持ち越し!《ブンデスリーガ》2019.05.12 00:35 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バイエルンは11日、ブンデスリーガ第33節でライプツィヒとのアウェイ戦に臨み、0-0で引き分けた。前節ハノーファー戦を相手が10人となった中、3-1と勝利して7連覇に王手をかけた首位バイエルン(勝ち点74)は、勝利すれば最終節を残して優勝が決まる中、GKノイアーを除いてベストメンバーを送り込んだ。

既にチャンピオンズリーグ出場権を獲得している3位ライプツィヒ(勝ち点65)に対し、押し込む入りとしたバイエルンは9分、チアゴの浮き球パスに抜け出したレヴァンドフスキがGKと一対一となる決定機を迎えたが、枠を外してしまう。

先制のチャンスを逸したバイエルンはその後、ライプツィヒの反撃に遭うも凌いで応戦すると、39分に決定機。CKの流れからルーズボールをゴールエリア左のニャブリがボレー。だが、GKグラーチの好守に阻まれた。

前半終盤にかけてもバイエルンが押し込む展開としたが、コナテを軸とするライプツィヒの守備を攻略できずに0-0で前半を終えた。

迎えた後半立ち上がり、アラバの強烈なミドルシュートとコマンのミドルシュートでゴールに迫ったバイエルンは、50分に均衡を破りかける。しかし、ゴレツカがボレーシュートでネットを揺らしたものの、VARの末にレヴァンドフスキにオフサイドがあったとしてノーゴールとなった。

不運な判定に見舞われたバイエルンが押し込む流れで推移するも、76分にピンチ。ハルステンベルクにボックス左まで侵入され、際どいシュートを打たれた。

終盤にかけてもバイエルンがゴールに迫ったが、89分のレヴァンドフスキの直接FKは枠を捉えきれずに0-0でタイムアップ。同時刻の試合でドルトムントがデュッセルドルフに勝利したことで2ポイント差に迫られ、今節での優勝はならなかった。

なお、7連覇の懸かる最終節、バイエルンはフランクフルトとホームで対戦する。
コメント
関連ニュース
thumb

ロドリ、アトレティコからの移籍を希望…シティ&バイエルンの争奪戦に拍車

イギリス『スカイ・スポーツ』は18日、アトレティコ・マドリーに所属するスペイン代表MFロドリゴ・エルナンデス(22)の移籍希望を報じた。 “ロドリ”ことロドリゴ・エルナンデスは昨夏、ビジャレアルから加入した守備的MF。アトレティコ・マドリーとの契約を2023年まで残しているが、今シーズンの活躍ぶりを受け、ブラジル代表MFフェルナンジーニョの後釜を探すマンチェスター・シティのほか、バイエルンの関心が浮上している状況だ。 そのロドリの代理人は、アトレティコ・マドリーの最高経営責任者(CEO)を務めるミゲル・アンヘル・ギル・マリン氏との会談で、選手の移籍希望を伝達。さらに、他クラブとの交渉許可を求めた模様だ。 なお、ロドリとアトレティコ・マドリーの契約に存在する解除条項額は、7000万ユーロ(約84億8000万円)。シティ、バイエルンともに同額を支払う意向だという。 2019.06.18 20:50 Tue
twitterfacebook
thumb

ベイル代理人がバイエルン移籍説を突っぱねる

レアル・マドリーに所属するウェールズ代表MFガレス・ベイル(29)のバイエルン移籍は現時点で非現実的なのかもしれない。アメリカ『ESPN』が報じた。 今夏、ジネディーヌ・ジダン監督の放出候補筆頭として注目を集めるベイル。高額給与や移籍金が原因で獲得に名乗り上げるクラブが少ないことが指摘されるなか、長らくリンクしたマンチェスター・ユナイテッドの争奪戦撤退も明らかになっており、今後の動向がより不鮮明になりつつある。 そうした状況のなか、一部イギリスメディアが先日、ベイルに対するバイエルンの関心を報道。退団した元オランダ代表FWアリエン・ロッベンと、元フランス代表MFフランク・リベリに代わる新たなサイドアタッカーとして、1年間のレンタルを希望しているとの見方が浮上している。 だが、ベイルの代理人を務めるジョナサン・バーネット氏は、イギリスで「くだらない」「ありえない」「馬鹿げている」という意味で使われる「rubbish=ゴミ」とのフレーズを口にして、バイエルン移籍の実現性を否定したという。 なお、ベイルは3年間の契約を残すレアル・マドリー残留を希望しているとみられており、先日に代理人がその意向を明かしている。 2019.06.18 14:35 Tue
twitterfacebook
thumb

バイエルン、レンタルでのベイル獲得に興味! 高額年俸も負担へ

バイエルンが、レアル・マドリーに所属するウェールズ代表MFガレス・ベイル(29)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『サン』が報じている。 2013年にトッテナムからマドリーに加入したベイル。今シーズンの公式戦42試合で14ゴール6アシストをマークしたが、負傷癖に加えて、割に合わない高額な年俸を貰っていることがマドリディスタの反感を買ってしまっている。 2022年まで契約を残すベイルはマドリーに残留したいと公言。しかし、ジネディーヌ・ジダン監督の下では構想外となっていることが報じられており、今夏の放出候補として真っ先に名が挙がっている状況だ。 そのベイルを今夏での退団が決まっている元フランス代表MFフランク・リベリ(36)と元オランダ代表FWアリエン・ロッベン(35)の後釜として、ニコ・コバチ監督がレンタル移籍でチームに加えたいと考えているという。ネックとなっている週給35万ポンド(約4700万円)という高額な年俸もバイエルンが負担する意向のようだ。 2019.06.16 21:33 Sun
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、フンメルス移籍でバイエルンと原則合意

ドイツ『ビルト』が、ドルトムントがドイツ代表DFマッツ・フンメルス(30)の移籍に関して、バイエルンと原則合意に達したことを報じている。 『ビルト』によると、移籍金は2000万ユーロ(約24億4000万円)の基本金にインセンティブが加わる内容に。 バイエルンではフランス代表DFリュカ・エルナンデスが加入したことから、フンメルスは移籍を希望した模様。同メディアによれば、減俸もやぶさかではという。 2016年夏に、ユース時代を過ごしたバイエルンに復帰したフンメルスは、公式戦通算118試合に出場し、ブンデスリーガ3連覇や、今季の国内2冠に貢献。2度目のドルトムント移籍が実現すれば、3年ぶりの復帰となる。 2019.06.16 18:46 Sun
twitterfacebook
thumb

36歳リベリ「まだまだビッグクラブでプレーできる!」

今シーズン限りでバイエルンを退団する元フランス代表FWフランク・リベリ(36)が希望する移籍先についてヒントとなるコメントを残している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 在籍12年間でタイトル23個という驚異的な成績を残してバイエルン退団するリベリ。36歳でキャリアの晩年を迎えているが、まだまだ現役への熱意は衰えていない模様。 気になるその去就について、フランス『レキップ』でこんなことを話している。 「まだまだハングリーさ。僕にもまだ与えられるものがあると思っている」 「僕の考えでは、この頭やこの足はまだ高いレベルにある」 「嘘はつきたくない。ビッグクラブでプレーできる。考えてみよう…あと2シーズンはプレーできるはずだ」 リベリにはオーストラリアやカタールに加えて、プレミア昇格のシェフィールド・ユナイテッドも興味を示していると言われているが、どれも俗に言う“ビッグクラブ”ではない。リベリの目指す場所は他にあるということなのだろうか。 2019.06.16 15:19 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース