降格フルアム、パーカーを正指揮官に任命2019.05.10 22:25 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
1年でのチャンピオンシップ(イングランド2部)降格が決まったフルアムは10日、スコット・パーカー暫定監督(38)を正指揮官に任命したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までの2年間となっている。パーカー監督は2月28日、クラウディオ・ラニエリ前監督の後を受けてアシスタントコーチから暫定指揮官に昇格。19位に低迷していたチームを任されたが、5試合を残してプレミアリーグからの降格が決まっていた。しかし、クラブは降格決定後の3試合で3連勝したことを評価し、パーカー監督に正式就任の要請を行った格好だ。

パーカー監督は正指揮官に任命されたことについて、「嬉しく思っている。会長のサポートや激励には感謝しているし、私が監督に就任してから選手、スタッフ、ファンは素晴らしい対応を見せてくれた。最終節のニューカッスル戦でポジティブな結果を残し、新たなシーズンに向けて準備できることを楽しみにしている」とコメントした。
コメント
関連ニュース
thumb

ナポリ、フルアムからジャン・ミシェル・セリ獲得へ

ナポリが、フルアムのコートジボワール代表MFジャン・ミシェル・セリ(27)の獲得に近づいているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 同選手は昨夏、5シーズンぶりにプレミアリーグに昇格したフルアムに移籍金及びその他諸々の費用を含めた2500万ポンドでニースから加入。当時、バルセロナやチェルシー、アーセナルといったビッグクラブも獲得に動いていたとされる逸材は、今季のプレミアで32試合に出場しながらもチームを残留に導くことはできなかった。 チャンピオンシップへの降格に伴い、減俸の可能性も報じられているフルアムの面々はそれを嫌って移籍することを考慮する者も少なくなく、クラブもそれは承知。獲得した際に費やした額のおよそ半分となる1300万ポンド(約17億7600万円)で、放出を容認する構えだという。 ナポリでスポーツ・ディレクターを務めるクリスティアーノ・ジュントーリ氏はセリの代理人とすでにコンタクトを取っており、好感触を得ている模様。だが、同選手にはミランとインテルも目を光らせているようだ。 2019.06.20 15:33 Thu
twitterfacebook
thumb

バルサ、プレミア最年少出場の神童MFに関心か

バルセロナが、フルアムに所属するU-17イングランド代表MFハーベイ・エリオット(16)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 フルアム下部組織出身で現在16歳のエリオットは5月4日に行われたプレミアリーグ第37節のウォルバーハンプトン戦に88分から出場。16歳30日でのプレミアリーグ史上最年少出場記録を樹立した。 その逸材とフルアムの現行契約は今夏まで。クラブは新契約を拒否された模様であり、今夏にフリーで退団する可能性が高いと見られている。 しかし、エリオットを狙っているのはバルセロナだけではないようだ。若手育成に定評のあるライプツィヒも関心を寄せているようで、今夏の去就が注目されている。 2019.06.17 15:14 Mon
twitterfacebook
thumb

スパーズ&ユナイテッド関心のセセニョン、契約延長拒否で今夏フルアム退団へ

フルアムに所属するU-21イングランド代表MFライアン・セセニョン(19)がクラブから掲示されていた契約延長オファーを拒否したようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 『スカイ・スポーツ』が伝えるところによれば、フルアムは2020年まで契約を残すセセニョンに対して契約延長オファーを掲示したものの、セセニョンは来シーズンにチャンピオンシップ(イングランド2部)でプレーする意思がないことを伝え、このオファーを固辞したようだ。 卓越した身体能力と高精度の左足、フットボールセンスを併せ持つ左ウイングの大器は今季、自身初のプレミアリーグにおいて35試合出場2ゴール6アシストの数字を残した。 今夏の退団が決定的となったセセニョンに関しては、“相思相愛”と噂されるトッテナムに加えて、唯一公式な問い合わせを行ったとみられるマンチェスター・ユナイテッドが行きが有力視されている。 2019.06.08 17:10 Sat
twitterfacebook
thumb

フルアムMFセセニョンにユナイテッドが接触! スパーズ行き濃厚との報道も…

マンチェスター・ユナイテッドがフルアムに所属するU-21イングランド代表MFライアン・セセニョン(18)の獲得に向けて公式なアプローチを行ったようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 『スカイ・スポーツ』が伝えるところによれば、セセニョンに関してはトッテナムとユベントスも獲得に関心を示しているが、ここまで公式なアプローチを図ったのはユナイテッドのみだという。 卓越した身体能力と高精度の左足、フットボールセンスを併せ持つ左ウイングの大器は、ウェールズ代表MFガレス・ベイルの後継者と目されており、左サイドバックからポジションを1つ上げた昨季はチャンピオンシップ(イングランド2部)で46試合15ゴール6アシストと圧巻のパフォーマンスを披露。 今季は自身初のプレミアリーグですでに降格が決定したチームと同様に苦戦を強いられたものの、18歳という年齢を考えれば、35試合の出場で2ゴール6アシストの数字は上々だ。 今回、ユナイテッドの獲得報道が出たセセニョンだが、先日にイギリス『タイムズ』や『South London Press』は、フルアムとの契約が2020年までとなっている同選手に対してトッテナムが2500万ポンド(約36億円)前後の移籍金で獲得に迫っていると報道。 さらに、フルアムに精通する『South London Press』のリチャード・クローリー記者は、“確かな情報源”からセセニョンのトッテナム移籍交渉がほぼ完了しているという情報を受け取ったことを伝えていた。 2019.05.18 03:41 Sat
twitterfacebook
thumb

スパーズ、1年半ぶりの新戦力はフルアムMFセセニョンに! 交渉がほぼ完了

トッテナムがフルアムに所属するU-21イングランド代表MFライアン・セセニョン(18)の獲得をほぼ確実なものとしたようだ。イギリス『タイムズ』や『South London Press』が伝えている。 2018年1月にパリ・サンジェルマン(PSG)からブラジル代表FWルーカス・モウラを獲得して以降、2つの移籍ウィンドーで新戦力の補強がなかったトッテナム。だが、今夏の移籍市場でようやく1年半ぶりの新戦力を獲得することになりそうだ。 『タイムズ』の伝えるところによれば、トッテナムは以前から獲得に関心を示してきたセセニョンの獲得に大きく近づいているようだ。 これまでPSGやドルトムント、ユベントス、マンチェスター・ユナイテッドといったビッグクラブがこぞって関心を示したセセニョンに関しては、フルアムが要求する5000万ポンド(約70億円)という移籍金がスパーズにとってネックとなっていた。 しかし、同選手の契約が2020年までとなっていることに加え、フルアムの2部降格に伴い、現時点で同選手の評価額が2500万ポンド(約36億円)前後まで下落しており、トッテナムが十分獲得できる金額になっているという。 また、フルアムに精通する『South London Press』のリチャード・クローリー記者は、“確かな情報源”からセセニョンのトッテナム移籍交渉がほぼ完了しているという情報を受け取ったことを伝えている。 卓越した身体能力と高精度の左足、フットボールセンスを併せ持つ左ウイングの大器は、ウェールズ代表MFガレス・ベイルの後継者と目されており、左サイドバックからポジションを1つ上げた昨季はチャンピオンシップ(イングランド2部)で46試合15ゴール6アシストと圧巻のパフォーマンスを披露。 今季は自身初のプレミアリーグですでに降格が決定したチームと同様に苦戦を強いられたものの、18歳という年齢を考えれば、35試合の出場で2ゴール6アシストの数字は上々だ。 2019.05.15 17:57 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース