ヤヤ・トゥーレが現役引退を発表…バルセロナやマンチェスター・シティでプレー2019.05.10 20:40 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元コートジボワール代表でバルセロナやマンチェスター・シティでプレーしたMFヤヤ・トゥーレ(35)が、キャリアを終えることを発表した。アフリカ年間最優秀選手賞を4度受賞、マンチェスター・シティでは3度のプレミアリーグ優勝と3度のEFLカップ優勝、1度のFAカップ優勝を経験。バルセロナ時代には、チャンピオンズリーグ1回、リーガエスパニョーラ2回、コパ・デル・レイ1回を制していた。

今回の引退発表は代理人であるディミトリ・セルク氏が自身のツイッター(@dmitriseluk)で発表。キャリアを終え、指導者の道を歩むことを明かしている。

ヤヤ・トゥーレは、母国コートジボワールのASECミモザでキャリアをスタート。2001年にベルギーのベベレンに移籍すると、2004年1月にはウクライナのメタルルグ・ドネツクへと移籍。その後、オリンピアコス、モナコと頭角を現すと、2007年7月にバルセロナと移籍した。

加入1年はアンカーのポジションでプレーするも、2シーズン目の2008-09シーズンは指揮官に就任したジョゼップ・グアルディオラ監督の下で構想外に。セルヒオ・ブスケッツにポジションを奪われると、その後は出場機会が減少。2010年にマンチェスター・シティへと移籍した。

シティでは中盤でプレーすると本来の能力を発揮。初のチャンピオンズリーグ出場権獲得やプレミアリーグ制覇などキャリアで最も良い時期を過ごす。しかし、2016-17シーズンにグアルディオラ監督がやってくると、バルセロナ時代と同様に構想外に。その後、レギュラーとしてプレーする時期もあったが、2017-18シーズンをもって退団。古巣のオリンピアコスに移籍していた。

2018年12月をもってオリンピアコスも退団したヤヤ・トゥーレは、引退も囁かれる中、4月にはゲネき続行を表明。アジアにくることにも興味を示していたが、そのまま引退となった。

キャリア通算では、プレミアリーグで230試合に出場し59ゴール35アシスト、リーガエスパニョーラで74試合に出場し4ゴール5アシスト、リーグ・アンで27試合に出場し5ゴール7アシストを記録。チャンピオンズリーグでは70試合に出場し8ゴール7アシストを記録していた。

またコートジボワール代表としても2004年6月に初招集を受けると、97試合に出場し19ゴールを記録。ワールドカップには、2006年のドイツ大会、2010年の南アフリカ大会、2014年のブラジル大会と3大会連続で出場していた。
コメント
関連ニュース
thumb

ザルツブルク、アヤックスから大型SBクリステンセンを獲得! 今夏ボルシアMG行きライナー後釜に

レッドブル・ザルツブルクは19日、アヤックスからU-21デンマーク代表DFラスムス・ニッセン・クリステンセン(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「43」に決定。契約期間は2024年6月30日までの5年となる。 ザルツブルクは今夏、マルコ・ローゼ監督と共に右サイドバックの主力を務めてきたオーストリア代表DFシュテファン・ライナー(26)がボルシアMGに移籍。その後釜として白羽の矢が立ったのは、アヤックスの大型サイドバックのクリステンセンだ。 母国デンマークのミッテランでキャリアをスタートしたクリステンセンは、187cmの大型右サイドバック。2018年1月にアヤックスに完全移籍で加入すると、在籍1年半で公式戦27試合に出場し1ゴール6アシストを記録した。その恵まれた体躯の印象と異なり、クロスやパス精度に定評がある。 また、デンマークの世代別代表の常連である同選手は、U-21デンマーク代表としてU-21欧州選手権のグループステージ全試合にフル出場していた。 2019.07.20 16:30 Sat
twitterfacebook
thumb

クラウディオ・ピサーロ、新シーズン終了後に現役引退へ…「もう十分だ」

ブレーメンに所属する元ペルー代表FWクラウディオ・ピサーロ(40)が2019-20シーズン終了後の現役引退を公言した。ドイツ『Sport1』が報じた。 ペルー代表として通算85試合20ゴールを誇るピサーロは、1999年のブレーメン移籍を機に海外挑戦。その後、バイエルンやチェルシー、ケルンを経て、2018年夏に4度目のブレーメン復帰を果たした。今年2月にブンデスリーガ最年長ゴールの新記録を樹立。同年5月にブレーメンと1年間の新契約にサインしたばかりだった。 ブンデスリーガ通算472試合197得点76アシストを誇り、バイエルン時代に6度のブンデスリーガ制覇や1度のチャンピオンズリーグ優勝を経験したピサーロは「今シーズンが最後だ。みんなと話し合ってきたし、まだまだ元気だけど、もう十分だよ」と述べ、新シーズンいっぱいで現役から退く意向を示したという。 なお、ピサーロは外国籍選手のブンデスリーガ歴代得点数で、バイエルンに所属するポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(202得点)に次ぐ2位に位置。キャリアのラストイヤーは、どんな姿を見せてくれるのか。その姿を目に焼き付けたい。 2019.07.20 15:15 Sat
twitterfacebook
thumb

昌子の新相棒? トゥールーズがウルグアイ人CBロジェル獲得

トゥールーズは19日、ロシアのクリリヤ・ソヴェトフからウルグアイ人DFアグスティン・ロジェル(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までの4年となる。 なお、フランス『レキップ』が伝えるところによれば、移籍金は250万ユーロ(約3億円)となったという。 トゥールーズは今夏、日本代表DF昌子源とセンターバックでコンビを組んでいたフランス人DFクリストファー・ジュリアン(26)がセルティックに完全移籍した。そのため、新たなセンターバックの獲得が急務となっていた。 その中でクラブは、190cmの屈強なウルグアイ人センターバックの獲得に成功した。 2016年に母国屈指の名門ナシオナルでプロキャリアをスタートしたロジェルは、2018年にクリリヤ・ソヴェトフに完全移籍。昨シーズンはロシア・プレミアリーグで14試合に出場していた。 また、同選手はU-20ウルグアイ代表として2017年に韓国で開催されたFIFA U-20ワールドカップに主力として出場し、ベスト4進出に貢献していた。 2019.07.20 15:03 Sat
twitterfacebook
thumb

ファン・ウィジョ、ボルドーと4年契約! 背番号「18」に決定

ボルドーは19日、ガンバ大阪から加入する韓国代表FWファン・ウィジョ(26)との契約締結を正式発表した。ファン・ウィジョはメディカルチェック通過後、2023年までの4年契約にサイン。背番号は「18」に決定した。 近年の韓国代表にも定着するファン・ウィジョは2017年夏に城南FCからG大阪加入後、公式戦通算70試合31得点をマーク。明治安田生命J1リーグで得点ランキング3位の16得点を挙げた2018シーズンは残留の救世主として輝き、個人としても初のベストイレブンを受賞した。今シーズンはチームがJ1リーグで残留争いを強いられるなか、個人としても4得点にとどまったが、13日にホームで行われた第19節の清水エスパルス戦の翌日にボルドー移籍が決まった。 リーグ・アン6度の優勝を誇るボルドーは、かつてはジネディーヌ・ジダン氏(現レアル・マドリー監督)が在籍したことでも知られる1881年創設の名門。今年3月からパウロ・ソウザ監督が率いており、昨シーズンのリーグ・アンを14位でフィニッシュした。 G大阪での活躍により、念願の欧州挑戦を果たしたファン・ウィジョ。Jリーグでも猛威を振るったその豪快なフィニッシュを武器にフランスでも輝けるか。新天地での活躍にも注目だ。 2019.07.20 10:00 Sat
twitterfacebook
thumb

バレンシア退団のMFナチョ・ヒルが2部のポンフェラディーナに加入

リーガエスパニョーラ2部のポンフェラディーナは19日、バレンシアを退団していたスペイン人MFナチョ・ヒル(23)の加入を発表した。契約期間は1年間となっている。 2017年2月にバレンシアでプロデビューを果たしたウインガーのヒルは、バレンシアでは主力になりきれず、2018年1月にラス・パルマスにレンタル移籍。昨季は2部のエルチェにレンタル移籍し、リーグ戦11試合の出場で2ゴール1アシストと結果を残せていなかった。 移籍先のポンフェラディーナは昨季3部リーグを2位で終え、4季ぶりに2部へ昇格していた。 2019.07.20 05:34 Sat
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース