ヤヤ・トゥーレが現役引退を発表…バルセロナやマンチェスター・シティでプレー2019.05.10 20:40 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元コートジボワール代表でバルセロナやマンチェスター・シティでプレーしたMFヤヤ・トゥーレ(35)が、キャリアを終えることを発表した。

アフリカ年間最優秀選手賞を4度受賞、マンチェスター・シティでは3度のプレミアリーグ優勝と3度のEFLカップ優勝、1度のFAカップ優勝を経験。バルセロナ時代には、チャンピオンズリーグ1回、リーガエスパニョーラ2回、コパ・デル・レイ1回を制していた。

今回の引退発表は代理人であるディミトリ・セルク氏が自身のツイッター(@dmitriseluk)で発表。キャリアを終え、指導者の道を歩むことを明かしている。

ヤヤ・トゥーレは、母国コートジボワールのASECミモザでキャリアをスタート。2001年にベルギーのベベレンに移籍すると、2004年1月にはウクライナのメタルルグ・ドネツクへと移籍。その後、オリンピアコス、モナコと頭角を現すと、2007年7月にバルセロナと移籍した。

加入1年はアンカーのポジションでプレーするも、2シーズン目の2008-09シーズンは指揮官に就任したジョゼップ・グアルディオラ監督の下で構想外に。セルヒオ・ブスケッツにポジションを奪われると、その後は出場機会が減少。2010年にマンチェスター・シティへと移籍した。

シティでは中盤でプレーすると本来の能力を発揮。初のチャンピオンズリーグ出場権獲得やプレミアリーグ制覇などキャリアで最も良い時期を過ごす。しかし、2016-17シーズンにグアルディオラ監督がやってくると、バルセロナ時代と同様に構想外に。その後、レギュラーとしてプレーする時期もあったが、2017-18シーズンをもって退団。古巣のオリンピアコスに移籍していた。

2018年12月をもってオリンピアコスも退団したヤヤ・トゥーレは、引退も囁かれる中、4月にはゲネき続行を表明。アジアにくることにも興味を示していたが、そのまま引退となった。

キャリア通算では、プレミアリーグで230試合に出場し59ゴール35アシスト、リーガエスパニョーラで74試合に出場し4ゴール5アシスト、リーグ・アンで27試合に出場し5ゴール7アシストを記録。チャンピオンズリーグでは70試合に出場し8ゴール7アシストを記録していた。

またコートジボワール代表としても2004年6月に初招集を受けると、97試合に出場し19ゴールを記録。ワールドカップには、2006年のドイツ大会、2010年の南アフリカ大会、2014年のブラジル大会と3大会連続で出場していた。
コメント
関連ニュース
thumb

シティ退団のコンパニ、古巣・アンデルレヒトに選手兼監督として13年ぶりに帰還!「次世代に今まで得た知識を提供したい」

今シーズン限りでマンチェスター・シティを退団するベルギー代表DFヴァンサン・コンパニ(33)が、アンデルレヒトの選手兼監督になることを自身のフェイスブックで発表した。契約期間は2019年7月から3年間となっている。 2003年にアンデルレヒトでプロキャリアをスタートさせたコンパニは、ハンブルガーSVを経て、2008年8月にシティに加入した。以降、シチズンズに必要不可欠な守備の柱として君臨し、負傷に悩まされるシーズンもありながら、在籍11年間で公式戦360試合20ゴール11アシストを記録。4度のプレミアリーグ優勝を経験した他、FAカップを2度、EFLカップを4度制覇するなど、数々のタイトル獲得に貢献してきた。今シーズンも公式戦26試合に出場し、国内3冠の力になっていた。 そのコンパニは19日にシティ退団を発表。その際、フェイスブック(Vincent Kompany)での投稿では自身のシティへの想いを綴った文章を第1章とし、同章の最後に「僕の将来についての発表はまもなく第2章で」と去就を明かすことを報告していた。 そして、13年ぶりに古巣帰還を報告。コンパニは以下のように語った。 「僕はキャリアを終えるという決断にまだ抗うことを選んだ。過去に感謝しながら、野心と共に未来に突き進む決断を下した。そこで、今後3年間、アンデルレヒトで選手兼監督を務める。ベルギーは最高だ」 「これはみんなにとって驚く決断かもしれない。でもこれは、僕がこれまでやってきたことの中で最も情熱的で合理的な判断によって下されたものだ」 「僕はフットボーラーとして、アンデルレヒトに生まれ、6歳の頃からアンデルレヒトと共にあった。34回、リーグタイトルを獲得しているどこにも引けを取らないクラブだ」 (省略) 「僕は昨年、代表活動の中でアンデルレヒトに訪れた。その時は挨拶をするためだけだった。その時、会長、スポーツディレクターたちからクラブが困難な状況にあったこともあり、僕に意見を訪ねてきたんだ。そして、自分の考えを明かすとと共に、彼らの考えを聞いた。野心的で勇敢だった。だからこそ戻ることを決意した。彼らが必要とするならば、助けたいと」 (省略) 「そしてこの間、アンデルレヒトから電話がきた。本当に予想外で、彼らは選手兼監督というポジションを提供してきたんだ。スポーツディレクターとテクニカルディレクターが詳細や展望について説明してくれた。そして、考え抜いた中でサポートを誓ったんだ。オーナーは時間、予算、スタッフ、設備など、全面的な支援を約束してくれた。それに興味をそそられたよ」 「僕はここ(マンチェスター・シティ)で夢を見た。そしてこの3年間は多くを学んだ。驚くべき指揮官から。グアルディオラは僕のゲームに対する愛情を再燃させた。それを目の当たりにし、分析し、夢中になり、学んだ。シティのフットボールは僕がプレーしたいフットボールだった。それは僕が指導し、実現させたいフットボールでもある」 「僕はアンデルレヒトでの挑戦を選んだ。選手兼監督。アンデルレヒトの次世代に今まで得た知識を提供したい」 「これは別れではない。また会おう」 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=355114" terget="_blank">コンパニ、シティ退団ニュース&コメントはコチラ</a><hr></div> 2019.05.19 20:20 Sun
twitterfacebook
thumb

主将コンパニ、在籍11年のシティ退団決定「全ての人々に感謝でいっぱい」

マンチェスター・シティは19日、ベルギー代表DFヴァンサン・コンパニ(33)が今シーズン限りで退団することを発表した。 コンパニは2008年8月にハンブルガーSVからシティに加入した。以降、シチズンズに必要不可欠な守備の柱として君臨し、負傷に悩まされるシーズンもありながら、在籍11年間で公式戦360試合20ゴール11アシストを記録。4度のプレミアリーグ優勝を経験した他、FAカップを2度、EFLカップを4度制覇するなど、数々のタイトル獲得に貢献してきた。今シーズンも公式戦26試合に出場し、国内3冠の力に。唯一挙げたゴールは、プレミアリーグ第37節のレスター・シティ戦(1-0で勝利)で見せた豪快なミドルシュート。同リーグ史上最も激しい優勝争いを制すのに、重要な勝ち点3を得る値千金のゴールだった。 プレー面での貢献だけでなく、博学ぶりや厚い人望からファンに愛され、強豪としての礎を語る上で欠かせない存在となったコンパニだが、ついに退団が決定。クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「このクラブを離れる時が来た。感謝しかない。僕の特別なクラブでの特別な旅を支えてくれた全ての人々に感謝でいっぱいだ。このクラブに初めて来た時のことは、今のように鮮明に覚えている。マンチェスター・シティの人々にとても親切にしてもらったことをね」 「全てのマンチェスター・シティのサポーターが、良い時も悪い時も僕たちを忠実に支えてくれた。みんながいつも僕を後押ししてくれて、諦めない勇気を与えてくれたんだ」 「シェイク・マンスール(オーナー)、そして世界中のシティファンが僕の人生を変えてくれた。永遠に感謝する」 なお、コンパニはシティ退団発表後、プロキャリアをスタートさせた古巣・アンデルレヒトに選手兼監督として復帰することを発表した。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=355115" terget="_blank">コンパニ、アンデルレヒト帰還ニュース&コメントはコチラ</a><hr></div> 2019.05.19 18:10 Sun
twitterfacebook
thumb

進撃のアヤックス、退団濃厚デ・リフトの後釜にアルゼンチン代表の若手DF獲得

今シーズンのチャンピオンズリーグではベスト4と躍進し、エールディビジでは5シーズンぶりのチャンピオンになったアヤックスに新たな戦力が加わることとなる。 アルゼンチンのデフェンサ・イ・フスティシアは17日、アルゼンチン代表DFリサンドロ・マルティネス(21)がアヤックスに完全移籍することを発表した。 リサンドロ・マルティネスは、ニューウェルズ・オールドボーイズの下部組織出身。2017年8月にレンタル移籍でデフェンサに加入すると、2018年7月に完全移籍で加入していた。 2017-18シーズンはプリメーラ・ディビシオンで21試合に出場し1ゴールを記録。完全移籍で加入した2018-19シーズンは、25試合に出場し2ゴール3アシストを記録していた。 今シーズンのデフェンサ・イ・フスティシアは、リーグを2位で終えていた。 マルティネスは、U-20アルゼンチン代表に選出された経験があり、2017年に韓国で行われたU-20ワールドカップのメンバー入りしていた。また、今シーズンの国内リーグでの活躍が認められたマルティネスは、2019年3月にアルゼンチン代表に選出。ベネズエラ代表との試合でデビューを果たしている。 なお、マルティネスは今後オランダに渡り、メディカルチェックを受診し、契約を結ぶという。 2019.05.18 09:51 Sat
twitterfacebook
thumb

ブレーメン、主将の元ドイツ代表FWクルーゼが今季退団

ブレーメンは17日、元ドイツ代表FWマックス・クルーゼ(31)の今シーズン退団を発表した。 ドイツ代表歴を持つブレーメン下部組織出身のクルーゼは2016年にヴォルフスブルクから復帰。今シーズンも公式戦36試合12得点14アシストの成績を収め、キャプテンとしてもチームを引っ張った。 契約満了に伴う退団が決定したクルーゼは「この3年間、大きな喜びを持ってプレーさせてもらった。ここ最近、キャプテンとしてチームを率いたことも誇りだ。貴重な思い出として生涯残る」とコメントしている。 2019.05.18 08:25 Sat
twitterfacebook
thumb

フランクフルト、コスティッチの買取OP行使! 今季途中から左WBで躍動!

フランクフルトは17日、ブンデスリーガ2部のハンブルガーSVからレンタル加入中のセルビア代表MFフィリップ・コスティッチ(26)の買い取りオプションの行使を発表。同選手とは2023年6月30日までの4年契約を締結した。 コスティッチの買い取りオプション行使に際してクラブ執行役員を務めるフレディ・ボビッチ氏は、「フィリップは我々にとってまさに大ヒットとなった。ダイナミズムや決意、フレキシブルさを持って我々のポジティブなシーズンに大きく貢献してくれた」と、同選手のパフォーマンスを高く評価しての買い取りだったことを強調している。 母国のFKラドニチュキでプロキャリアをスタートしたコスティッチは、オランダのフローニンヘン、ドイツのシュツットガルトを経て2016年にHSVに加入。卓越した左足の技術と優れたアジリティ、創造性を武器に左右のウイングを主戦場に主力として活躍。 今季は加入当初、2シャドーの一角など前線での起用となっていたが、シーズン途中からは左ウイングバックのポジションで貴重な攻め手として活躍。今シーズンここまではブンデスリーガで33試合に出場し、6ゴール11アシストを記録する見事な活躍ぶりだった。 2019.05.17 22:45 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース