ヤヤ・トゥーレが現役引退を発表…バルセロナやマンチェスター・シティでプレー

2019.05.10 20:40 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元コートジボワール代表でバルセロナやマンチェスター・シティでプレーしたMFヤヤ・トゥーレ(35)が、キャリアを終えることを発表した。

アフリカ年間最優秀選手賞を4度受賞、マンチェスター・シティでは3度のプレミアリーグ優勝と3度のEFLカップ優勝、1度のFAカップ優勝を経験。バルセロナ時代には、チャンピオンズリーグ1回、リーガエスパニョーラ2回、コパ・デル・レイ1回を制していた。

今回の引退発表は代理人であるディミトリ・セルク氏が自身のツイッター(@dmitriseluk)で発表。キャリアを終え、指導者の道を歩むことを明かしている。

ヤヤ・トゥーレは、母国コートジボワールのASECミモザでキャリアをスタート。2001年にベルギーのベベレンに移籍すると、2004年1月にはウクライナのメタルルグ・ドネツクへと移籍。その後、オリンピアコス、モナコと頭角を現すと、2007年7月にバルセロナと移籍した。

加入1年はアンカーのポジションでプレーするも、2シーズン目の2008-09シーズンは指揮官に就任したジョゼップ・グアルディオラ監督の下で構想外に。セルヒオ・ブスケッツにポジションを奪われると、その後は出場機会が減少。2010年にマンチェスター・シティへと移籍した。

シティでは中盤でプレーすると本来の能力を発揮。初のチャンピオンズリーグ出場権獲得やプレミアリーグ制覇などキャリアで最も良い時期を過ごす。しかし、2016-17シーズンにグアルディオラ監督がやってくると、バルセロナ時代と同様に構想外に。その後、レギュラーとしてプレーする時期もあったが、2017-18シーズンをもって退団。古巣のオリンピアコスに移籍していた。

2018年12月をもってオリンピアコスも退団したヤヤ・トゥーレは、引退も囁かれる中、4月にはゲネき続行を表明。アジアにくることにも興味を示していたが、そのまま引退となった。

キャリア通算では、プレミアリーグで230試合に出場し59ゴール35アシスト、リーガエスパニョーラで74試合に出場し4ゴール5アシスト、リーグ・アンで27試合に出場し5ゴール7アシストを記録。チャンピオンズリーグでは70試合に出場し8ゴール7アシストを記録していた。

またコートジボワール代表としても2004年6月に初招集を受けると、97試合に出場し19ゴールを記録。ワールドカップには、2006年のドイツ大会、2010年の南アフリカ大会、2014年のブラジル大会と3大会連続で出場していた。
コメント