ポチェ、古巣愛を口に「エスパニョールに対しては常にオープン」2019.05.10 12:30 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、今でもエスパニョールを愛しているようだ。2009年1月に現役時代にもプレーしたエスパニョールで監督キャリアをスタートさせたポチェッティーノ監督は、サウサンプトンを経て、2014年5月にトッテナムの指揮官に就任。その後、2年目からはプレミアリーグで3年連続で3位以内に入っており、クラブを毎年上位争いを繰り広げるだけのチームに引き上げた。そして今シーズンは、チャンピオンズリーグ(CL)で決勝進出を決め、ヨーロッパNo.1の称号に手が届くところに位置している。

そんなポチェッティーノ監督だが、選手・監督時代を共に過ごしたエスパニョールには大きな愛着がある模様。同クラブからのオファーに対しては「常にオープン」だと口にした。

「私は4年間、トッテナムで過ごした。以前、(チャンピオンズリーグを)私が勝ち取ることができた時、バルセロナのホームに帰ると言った。監督として、選手として、エスパニョール対しては常にオープンだとね」

「(エスパニョールでの長期政権は)私が監督として就任した時の夢だった。ファーガソンのような旅をすることが素晴らしいことだと思っていたが、状況は難しかった」

「彼らのプロジェクトと働き方は実の結ぶだろう。私はそれを心の底から願っているよ」

ポチェッティーノ監督は以前、エスパニョールのライバルクラブであるバルセロナから監督就任の噂が浮上した際、「アーセナルで指揮をするようなもの」と語り、可能性を否定していた。大きなエスパニョール愛を抱くポチェッティーノ氏は、いつか再び同クラブを指揮するときは訪れるのだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

エスパニョール、スペイン人GKプリエトが加入! 3年間リザーブチームに在籍

エスパニョールは19日、スペイン人GKアンドレス・プリエト(25)がフリートランスファーで加入したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までの2年となり、さらに1年間の契約延長オプションが付随している。 レアル・マドリーのカンテラ出身のプリエトは、2014年にエスパニョールのリザーブチームに加入。しかし、トップチームデビューは果たせず、2017年にマラガに完全移籍した。そのマラガでは2017-18シーズンのバルセロナ戦でリーガデビューを飾ったが、在籍1年半で公式戦6試合の出場にとどまっていた。 そして、今年1月末にはマラガとの契約を解消し、レガネスにフリーで加入も公式戦での出場機会がないまま、今夏に契約が終了していた。 2019.07.19 20:11 Fri
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、エスパニョールからエルモソ獲得! 移籍金総額は35億円!

アトレティコ・マドリーは18日、エスパニョールからスペイン代表DFマリオ・エルモソ(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの5年となる。 なお、エスパニョールの発表によると、移籍金は2500万ユーロとなり、選手のパフォーマンス、クラブの戦績次第で最大400万ユーロのボーナスが支払われるため、移籍金の総額は最大2900万ユーロ(約35億円)となる。 さらに、エスパニョールはアトレティコがエルモソを他クラブに売却した際、移籍金の20パーセントを受け取ることができる。そのため、エスパニョールが最終的に受け取る金額は4000万ユーロ(約48億4000万円)に設定されていた契約解除金と大きくは変わらないものとなった。 レアル・マドリーの下部組織出身のエリートDFは、昨季加入したエスパニョールで出場機会を得ると、今季に入って完全にブレイク。184cmとサイズには恵まれていないが、守備センスの高さと左サイドバックでもプレー可能なアジリティを武器に総合力の高い守備を披露。 また、高精度の左足を生かしたビルドアップ能力、フィードが評価されて昨年11月にスペイン代表デビューを飾ると、ここまで3試合に出場している。 なお、新シーズンに向けて最終ラインの刷新が行われているアトレティコ。すでにポルトからブラジル代表DFフェリペ、アトレチコ・パラナエンセからブラジル人DFレナン・ロディ、トッテナムからイングランド代表DFキーラン・トリッピアーの3選手をすでに確保していた。 2019.07.18 21:00 Thu
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、エルモソ獲得が決定的に! 18日にメディカルチェック受診へ

アトレティコ・マドリーがエスパニョールに所属するスペイン代表DFマリオ・エルモソ(24)の獲得を決定的なモノとした。スペイン『マルカ』は18日、同選手が加入に向けてメディカルチェックを受診すると伝えた。 新シーズンに向けて最終ラインの刷新が行われているアトレティコ。すでにポルトからブラジル代表DFフェリペ、アトレチコ・パラナエンセからブラジル人DFレナン・ロディ、トッテナムからイングランド代表DFキーラン・トリッピアーの3選手を確保している。 そして、同クラブが現在急接近しているのが、昨シーズンのエスパニョールで存在感を放ったエルモソだ。 4000万ユーロ(約48億4000万円)に契約解除金が設定されているエルモソに関して、エスパニョール側はその契約解除金に近い金額のオファーが届かなければ、交渉のテーブルに着く意思はないと主張。そのため、より安価な金額での獲得を望むアトレティコとの間に大きな金額の溝があったものの、ここ数日間の交渉によってクラブ間での合意に近づいていたようだ。 なお、現時点で両者の間では細かい部分を詰める必要があるものの、アトレティコは今後エルモソを他クラブに売却した際の移籍金の一部の支払いなどを条件に移籍金の減額に成功したようだ。 そして、以前からステップアップを望んでいたエルモソは18日にもアトレティコ加入に向けてメディカルチェックを受診し、その後に契約書にサインする模様だ。 レアル・マドリーの下部組織出身のエリートDFは、昨季加入したエスパニョールで出場機会を得ると、今季に入って完全にブレイク。184cmとサイズには恵まれていないが、守備センスの高さと左サイドバックでもプレー可能なアジリティを武器に総合力の高い守備を披露。 また、高精度の左足を生かしたビルドアップ能力、フィードが評価されて昨年11月にスペイン代表デビューを飾ると、ここまで3試合に出場している。 2019.07.18 20:31 Thu
twitterfacebook
thumb

ロドリ逸のバイエルン、エスパニョールのロカと個人合意も…契約解除金に難色か

バイエルンがエスパニョールに所属するU-21スペイン代表MFマルク・ロカ(22)が獲得に動いているようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 今夏、中盤の補強として注目していたスペイン代表MFロドリゴ・エルナンデスの獲得に失敗したバイエルン。その後、代替案としてロカの獲得を目指していた中、すでに個人合意には達しているという。しかし、4000万ユーロ(約48億5000万円)に設定されている契約解除金がネックとなっており、バイエルン側は減額を要求しているようだ。 バルセロナのカンテラ出身であるロカは、長短遜色なき高精度のパスや、ボール奪取能力を兼備する守備的MFで、2016年にエスパニョールでプロデビュー。昨シーズンはリーガエスパニョーラ35試合に出場し、U-21欧州選手権2019のスペイン代表としてもプレーした。 2019.07.17 12:50 Wed
twitterfacebook
thumb

エスパニョール、アルゼンチン代表WGバルガスを獲得

エスパニョールは14日、ベレス・サルスフィエルドのアルゼンチン代表MFマティアス・バルガス(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの5年間で移籍金は1050万ユーロ(約12億8000万円)とのことだ。契約解除金は5000万ユーロ(約60億1000万円)に設定された。 ベレスの下部組織出身である左ウイングを主戦場とするアタッカーのバルガスは、2015年8月にプロデビュー。これまでベレスで公式戦69試合に出場して14ゴール11アシストを記録。2018-19シーズンはアルゼンチンリーグで23試合に出場して5ゴールをマークしていた。アルゼンチン代表としては2018年9月にデビューしている。 エスパニョールでは今夏、ジローナからスペイン人DFベルナルド・エスピノサを、ビルバオを退団していた元スペイン代表MFアンデル・イトゥラスペの2選手を獲得しており、バルガスは3人目の補強選手となった。 2019.07.15 00:31 Mon
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース