プレミア勢が欧州席巻! 欧州王者を決めるCL&ELファイナリスト4チームが同国クラブは史上初! 2019.05.10 10:10 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
9日、ヨーロッパリーグ(EL)の準決勝2ndレグが行われ、アーセナル、チェルシーが決勝進出を決めた。7日、8日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグでは、リバプール、トッテナムがそれぞれバルセロナ、アヤックスを相手に大逆転勝利を収め、決勝進出。2007-08シーズンのマンチェスター・ユナイテッド、チェルシー以来のイングランド勢の決勝となったが、ELもイングランド勢の決勝に。これは、UEFAカップ時代の1971-72シーズンのトッテナムvsウォルバーハンプトン以来の出来事となった。

これまで、CL、ELともに同国が決勝で対戦することはあったものの、UEFAカップが始まった1971-72シーズンから両大会の決勝に進んだ4チームが同国となるのは史上初の出来事。さらに、どちらの決勝も同国対決となることも史上初の出来事となった。

なお、昨シーズンのレアル・マドリー(CL)とアトレティコ・マドリー(EL)など、近年はスペイン勢が両大会を席巻しているため、過去に両大会のチャンピオンが同国になった例は多い。

ちなみに、トッテナムは初の決勝進出となり、CLを制した場合は当然初優勝。リバプールは2シーズン連続の決勝進出となり、優勝すれば2004-05シーズン以来6度目。アーセナルは、1999-2000シーズンにUEFAカップ決勝に進出するも、ガラタサライに敗れ準油商。ELを制した場合は初優勝となる。チェルシーは2012-13シーズン以来の決勝進出で、優勝すれば2度目となる。

史上初の快挙となった今シーズンのチャンピオンズリーグとヨーロッパリーグ。5月29日のEL決勝、6月1日のCL決勝からは目が離せない。

◆チャンピオンズリーグ同国決勝

1999-00
レアル・マドリー 1-0 バレンシア

2002-03
ミラン 0-0(3PK2) ユベントス

2007-08
マンチェスター・ユナイテッド 1-1(6PK5) チェルシー

2013-14
レアル・マドリー 4-1 アトレティコ・マドリー

2015-16
レアル・マドリー 1-1(5PK3) アトレティコ・マドリー

2018-19
トッテナム vs リバプール

◆ヨーロッパリーグ(UEFAカップ)同国決勝

1971-72
ウォルバーハンプトン 2-3 トッテナム
1stレグ:1-2
2ndレグ:1-1

1979-80
ボルシアMG 3-3 フランクフルト
1stレグ:3-2
2ndレグ:0-1
※アウェイゴール差でフランクフルト

1989-90
ユベントス 3-1 フィオレンティーナ
1stレグ:3-1
2ndレグ:0-0

1990-91
インテル 2-1 ローマ
1stレグ:2-0
2ndレグ:0-1

1994-95
パルマ 2-1 ユベントス
1stレグ:1-0
2ndレグ:1-1

1997-98
インテル 3-0 ラツィオ

2006-07
セビージャ 2-2(3PK1) エスパニョール

2010-11
ポルト 1-0 ブラガ

2011-12
アトレティコ・マドリー 3-0 アスレティック・ビルバオ

2018-19
チェルシー vs アーセナル
コメント
関連ニュース
thumb

ザハが欲しいアーセナル、移籍金増額+選手の譲渡を提案!

アーセナルが、 クリスタル・パレスのコートジボワール代表FWウィルフリード・ザハ(26)の獲得に向け、新たなオファーを用意したようだ。イギリス『インデペンデント』が報じた。 今夏、ザハの獲得にプライオリティを置いてきたアーセナル。今月上旬に提示した移籍金4000万ポンド(約53億8000万円)のオファーは、8000万ポンド(約107億7000万円)を求めるC・パレス側に拒まれており、難航を極めている状況だ。 そうした状況からザハ獲得から手を引く動きも指摘され始めているアーセナルだが、諦め切れていないようで、移籍金5500万ポンド(約74億円)+ボーナス1000万ポンド(約13億4000万円)に加えて、U-21イングランド代表FWレイス・ネルソン(19)のレンタル譲渡を含めたオファーを持ちかけたという。 また、譲渡選手としてU-19イングランド代表FWブカヨ・サカ(17)も選択肢に含めている様子だが、C・パレス側は移籍金の増額だけでなく、レンタル譲渡に加えて、さらに1選手を完全移籍で譲り渡すよう要求。その候補として元イングランド代表DFカール・ジェンキンソン(27)が挙がっている模様だ。 最近の報道でバイエルンも獲得に名乗りを上げているとされるザハだが、アーセナルはこの獲得オペレーションをまとめることができるのだろうか。 2019.07.23 17:20 Tue
twitterfacebook
thumb

ガナーズ、セバージョスの1年レンタルでマドリーと合意 英『BBC』が報道

アーセナルが、スペイン代表MFダニ・セバージョス(22)のレンタルでの獲得に関して、レアル・マドリーと合意に至ったようだ。イギリス『BBC』が伝えている。 2017年にベティスからマドリーへ加入したセバージョスは2年目となった昨シーズン、公式戦34試合に出場。しかし、ジネディーヌ・ジダン監督の下では構想外と見られており、先日に「40試合は出場したい」と移籍をほのめかすコメントを残していた。 ちなみに、スペイン『マルカ』では、インターナショナル・チャンピオンズカップ2019のレアル・マドリーvsアーセナルが行われる24日に発表されるのではないかと推測されている。 2019.07.23 09:05 Tue
twitterfacebook
thumb

ポルト退団のブラヒミ、新天地はまさかのカタールに! 2022年までの3年契約を締結

カタールのアル・ラーヤンは22日、アルジェリア代表MFヤシン・ブラヒミ(29)をフリーで獲得した。契約期間は2022年6月30日までの3年間となる。 2014年のポルト加入以降、公式戦215試合に出場し、54ゴール43アシストを記録する技巧派ドリブラーのブラヒミは、2018-19シーズンも公式戦49試合に出場し13ゴール9アシストの数字を残すなど主力として活躍した。しかし、今夏のステップアップを望む同選手はポルトとの契約を更新せず、6月30日に契約が満了。そのため、現在はフリーとなっていた。 また、世代別のフランス代表としてプレーしていたブラヒミだったが、フル代表はアルジェリアを選択。2013年3月にアルジェリア代表デビューを飾ると、これまで49キャップで11ゴールをマーク。先日アルジェリアの優勝で幕を閉じたアフリカネーションズカップ(ANC)2019のメンバーにも選出されており、グループステージ1試合と決勝戦に途中出場していた。 フリーでの獲得が可能となるブラヒミに対しては、アーセナルやローマらビッグクラブが獲得に動いていたが、新天地はまさかのカタールとなった。 2019.07.23 05:36 Tue
twitterfacebook
thumb

元アーセナルGKのレーマン氏、アーセナル経営陣に疑問

2003年から2008年の間と2011年にアーセナルで活躍したGKイェンス・レーマン氏が現在のアーセナルに苦言を呈している。フランス『レキップ』が伝えた。 ドイツ代表としても61キャップを誇ったレーマン氏は、アーセナルに加入した2003-04シーズンにリーグ戦全38試合に出場し、プレミアリーグを無敗優勝したインビンシブルズと呼ばれたチームの一員である伝説的GK。 しかしアーセナルはそんな過去の栄光もむなしく、昨シーズンを5位で終了。決勝まで進んだヨーロッパリーグでは同じ街のライバルチームであるチェルシーに完敗を喫した。03-04シーズン以降、プレミア優勝から遠ざかっている近年の古巣に対し、レーマン氏は方向性を見失っていると苦言を呈している。 「アーセナルはヨーロッパリーグ決勝戦に敗れた。もちろん、それに勝つことが出来れば良かったが、彼らは失望のシーズンを送った。まだ3位か4位に入ることが出来たはずだ。クラブは今、どの方向に進むべきか誰もわからない状況にある」 クラブレジェンドも肩を落としてしまう体たらくぶりだったアーセナル。連日報道されているように経営は火の車だが、来シーズンに向けて打開策を講じ、順位を上げることは出来るであろうか。 2019.07.22 20:48 Mon
twitterfacebook
thumb

アーセナルに反旗を翻したコシエルニー、レンヌと合意か

アーセナルに所属するフランス代表DFローラン・コシエルニー(33)がレンヌ移籍に向かっているようだ。フランス『RMC Sport』が報じた。 コシエルニーは、アーセナルの一員として参加する予定だったアメリカでのプレシーズンツアー帯同を拒否。今夏の移籍を目指して、アーセナル側に残り1年間の契約を解除するよう求めているものとみられる。 そうした状況のなか、コシエルニーが以前から移籍先として挙がるボルドーではなく、レンヌと個人合意に達したという。だが、アーセナルを納得させる仕事が残っており、クラブの幹部と話し合う予定とのことだ。 なお、厳しい今夏の補強予算が指摘されるアーセナル側は、コシエルニーのフリー移籍に難色。先日のロンドン地元紙『イブニング・スタンダード』によれば、移籍金として1000万ユーロ(約12億円)を求めているという。 2019.07.22 08:00 Mon
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第28号 J1全18クラブ前半戦総括
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース