プレミア勢が欧州席巻! 欧州王者を決めるCL&ELファイナリスト4チームが同国クラブは史上初!

2019.05.10 10:10 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
9日、ヨーロッパリーグ(EL)の準決勝2ndレグが行われ、アーセナル、チェルシーが決勝進出を決めた。

7日、8日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグでは、リバプール、トッテナムがそれぞれバルセロナ、アヤックスを相手に大逆転勝利を収め、決勝進出。2007-08シーズンのマンチェスター・ユナイテッド、チェルシー以来のイングランド勢の決勝となったが、ELもイングランド勢の決勝に。これは、UEFAカップ時代の1971-72シーズンのトッテナムvsウォルバーハンプトン以来の出来事となった。

これまで、CL、ELともに同国が決勝で対戦することはあったものの、UEFAカップが始まった1971-72シーズンから両大会の決勝に進んだ4チームが同国となるのは史上初の出来事。さらに、どちらの決勝も同国対決となることも史上初の出来事となった。

なお、昨シーズンのレアル・マドリー(CL)とアトレティコ・マドリー(EL)など、近年はスペイン勢が両大会を席巻しているため、過去に両大会のチャンピオンが同国になった例は多い。

ちなみに、トッテナムは初の決勝進出となり、CLを制した場合は当然初優勝。リバプールは2シーズン連続の決勝進出となり、優勝すれば2004-05シーズン以来6度目。アーセナルは、1999-2000シーズンにUEFAカップ決勝に進出するも、ガラタサライに敗れ準油商。ELを制した場合は初優勝となる。チェルシーは2012-13シーズン以来の決勝進出で、優勝すれば2度目となる。

史上初の快挙となった今シーズンのチャンピオンズリーグとヨーロッパリーグ。5月29日のEL決勝、6月1日のCL決勝からは目が離せない。

◆チャンピオンズリーグ同国決勝

1999-00
レアル・マドリー 1-0 バレンシア

2002-03
ミラン 0-0(3PK2) ユベントス

2007-08
マンチェスター・ユナイテッド 1-1(6PK5) チェルシー

2013-14
レアル・マドリー 4-1 アトレティコ・マドリー

2015-16
レアル・マドリー 1-1(5PK3) アトレティコ・マドリー

2018-19
トッテナム vs リバプール

◆ヨーロッパリーグ(UEFAカップ)同国決勝

1971-72
ウォルバーハンプトン 2-3 トッテナム
1stレグ:1-2
2ndレグ:1-1

1979-80
ボルシアMG 3-3 フランクフルト
1stレグ:3-2
2ndレグ:0-1
※アウェイゴール差でフランクフルト

1989-90
ユベントス 3-1 フィオレンティーナ
1stレグ:3-1
2ndレグ:0-0

1990-91
インテル 2-1 ローマ
1stレグ:2-0
2ndレグ:0-1

1994-95
パルマ 2-1 ユベントス
1stレグ:1-0
2ndレグ:1-1

1997-98
インテル 3-0 ラツィオ

2006-07
セビージャ 2-2(3PK1) エスパニョール

2010-11
ポルト 1-0 ブラガ

2011-12
アトレティコ・マドリー 3-0 アスレティック・ビルバオ

2018-19
チェルシー vs アーセナル
コメント
関連ニュース
thumb

プレミア、アーセナルが最も“ダーティー”なチームに…

イギリス『トーク・スポーツ』の統計によると、プレミアリーグのフェアプレーテーブルでアーセナルが最下位となっているようだ。 本来のプレミアリーグでは8位でヨーロッパカップ戦の出場権を目指すアーセナル。ミケル・アルテタ監督の下、徐々に熟練度が増し、最近では3連勝を収めていた。 しかし、ことファウルに目を向けると、不名誉な記録が浮き彫りに。イエローカードや退場、ファウルの質や暴言など諸々の反則行為ごとにポイントを割り当てた結果、アーセナルは346点で群を抜いて最下位だったのだ。 わかりやすい数字では、アーセナルはここまで34試合で73枚のイエローカードと5人の退場者を出しており、いずれもリーグ最多。直近のレスター・シティ戦でもFWエディ・エンケティアが相手DFジェームス・ジャスティンへ足裏を見せた危険なプレーを行い、一発退場となっていた。 一方で最も点数の低かった、すなわち最もクリーンだったチームは、30年ぶりのリーグ優勝を果たしたリバプール。1人の退場者を出しているものの、イエローカードの枚数は31枚と最少で王者たる風格を醸した。ポイントは134点で、アーセナルとの点差は212点だった。 なお、ここまで一度もレッドカードを受けていないチームはチェルシーとマンチェスター・ユナイテッドとバーンリーのみ。チェルシーとユナイテッドはそれそれ224点と236点で、上から4位と8位。 マンチェスター・シティとトッテナムは、それぞれ272点と294点で16位と18位。あまり良い成績ではなかった。 2020.07.10 00:10 Fri
twitterfacebook
thumb

アーセナルがエンケティアの退場処分に異議申し立て、最悪の場合処分が2倍に

アーセナルが、U-21イングランド代表FWエディ・エンケティアの退場処分について、異議申し立てをしたようだ。イギリス『BBC』が伝えた。 エンケティアは7日に行われたプレミアリーグ第34節のレスター・シティ戦に途中出場。71分にピッチへ入ると、その2分後にDFジェームス・ジャスティンへ足裏を見せた危険なプレーを行い、一発退場となっていた。 リードしていたアーセナルだったが、数的不利になったことも影響、終了間際にFWジェイミー・ヴァーディにゴールを許し、引き分けに終わっていた。 ミケル・アルテタ監督は試合後にエンケティアの退場について不平等だと判定に苦言。DFシュコドラン・ムスタフィに対し同様のプレーをしたヴァーディも退場になるべきだと主張していた。 エンケティアの退場はVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)も介入し、ピッチサイドのモニターで主審のクリス・カバナ氏がチェックした後に決定していた。 この退場により、エンケティアは3試合の出場停止となったが、アーセナルが異議申し立てをしている。 アーセナルはトッテナム、リバプールとのリーグ戦後、FAカップ準決勝でマンチェスター・シティとの対戦を控えている。 なお、エンケティアのケースは、FA(イングランドサッカー協会)の懲罰委員会によって審理がなされる。この異議申し立てが「成功の見込みがない」または、「プロセスの乱用」とみなされた場合は、出場停止処分が最大で2倍になる可能性があるとのことだ。 2020.07.09 21:20 Thu
twitterfacebook
thumb

アルテタ監督、逃げ切り失敗を嘆くもパフォーマンスに満足! エンケティア退場にも言及

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、1-1のドローに終わったレスター・シティ戦を振り返った。クラブ公式サイトが試合後の会見コメントを伝えた。 直近のリーグ戦4連勝と上り調子の7位アーセナルは、7日に行われたプレミアリーグ第34節で3位のレスターをホームで迎え撃ち、1-1のドローで試合を終えた。 立ち上がりから拮抗した展開となった中、アーセナルは、21分にFWブカヨ・サカの見事なお膳立てからFWピエール=エメリク・オーバメヤンのゴールで先制に成功した。 その後は両GKがファインセーブで互いの決定機を阻止し合う展開となったが、後半半ばにアーセナルにアクシデント。71分に投入されたばかりのFWエディ・エンケティアがその2分後に相手DFジェームス・ジャスティンへの足裏を見せた危険なプレーで一発退場に。すると、試合終了間際にFWジェイミー・ヴァーディに同点ゴールを許し、逃げ切り失敗。 連勝が3試合でストップすると共に、トッテナム、シェフィールド・ユナイテッドの結果次第で9位に転落する可能性が出てきている。 同試合後、アルテタ監督は上位相手に試合の大半を支配しながらも勝ち点3を逃したことを嘆いた。その一方で、全体のパフォーマンスには満足感を示している。 「試合の大半を通じて、我々が3ポイントを獲得することに、100パーセント値したと思っている。しかし、彼らのような相手に対しては試合を殺す必要があった。我々には3点か4点を決めて、試合を終わらすチャンスがあったが、それができなかった」 「その後、チームは10人となってしまい、そういった2つの事象が起きれば、3ポイントを獲得するのは非常に難しくなる」 「それでも、試合全体では非常に誇らしい気持ちでいる。プレーヤーが見せてくれたもの、我々のスタイル、こういった相手に試合を支配できたことに満足している。ここ数日間で我々がこなした試合数を考えれば、それは決して簡単なことではないからだ」 また、スペイン人指揮官は試合の流れを大きく左右したエンケティアの退場に言及。退場自体に異論はないものの、エンケティアが退場であれば、DFシュコドラン・ムスタフィとの接触プレーで足裏を見せていたヴァーディも同じく退場になるべきだったと、判定基準のブレに憤りを見せている。 「ああいったプレーをレビューする場合、明確な基準が必要だ。そして、それは誰にとっても平等なものでなくてはならない。それは試合の流れを完全に変えてしまうものだからだ」 「エディのプレーがレッドカードの場合、レスターは試合開始42分後に10人でプレーしなければならなかったはずだ。あれはレッドカードでなければならなかった」 「もちろん、私が指揮を執って以降、10人で戦うのはこれが4度目だったと思う。それは相手に大きなアドバンテージを与えてしまうものであり、今後改善していく必要がある」 今回のドローにより、来シーズンのヨーロッパリーグ(EL)出場権争いにおいて、より厳しい立場に立たされることになったが、アルテタ監督は残りの一試合ひと試合ずつに焦点を当てるべきだと主張している。 「(ヨーロッパの大会出場の可能性は)わからない。我々は一試合ひと試合ずつに向かうべきだ。まずはこの試合をレビューし、改善に努めていく必要がある。そして、次のスパーズ戦で3ポイントを目指す。そういった積み重ねの結果、最終的に自分たちがどこに向かうかという感覚だ」 2020.07.08 12:47 Wed
twitterfacebook
thumb

10人のアーセナルとドローのレスターが昨年10月以来となる4位に後退…《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第34節のアーセナルvsレスター・シティが7日に行われ、1-1の引き分けに終わった。 リーグ3連勝中の7位アーセナル(勝ち点49)が、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権死守を目指す3位レスター(勝ち点58)をホームに迎えた一戦。 4日に行われたウォルバーハンプトン戦を完勝したアーセナルは、中2日での一戦に向けてスタメンを2人変更。エンケティアとセドリックに代えてラカゼットとベジェリンを起用。前線にブカヨ・サカ、ラカゼット、オーバメヤンと並べた[3-4-3]の布陣で試合に臨んだ。 一方、前節のクリスタル・パレス戦で再開後初勝利を飾ったレスターは、その試合からチルウェルに代えてR・ベネットをスタメンで起用。前節の[4-3-1-2]から[3-4-3]へ布陣を変更し、3トップにはイヘアナチョ、ヴァーディ、アジョセ・ペレスが並んだ。 上位対決となった一戦は立ち上がりから締まりのある拮抗した展開となる中、先にチャンスを迎えたのはレスター。12分、ショートコーナーの流れからアジョセ・ペレスのパスを受けたオルブライトンがボックス左深くから侵入。マイナスの折り返しをイヘアナチョが左足で合わせたが、このシュートは好反応を見せたGKマルティネスが右足で弾き出した。 ピンチを凌いだアーセナルは21分に反撃。ダニ・セバージョスのロングスルーパスでに反応したブカヨ・サカがボックス右から侵入しクロスを供給。これを逆サイドからゴール前に駆け上がったオーバメヤンがワンタッチシュートでゴールネットを揺らした。 先制したアーセナルは29分、ラカゼットのラストパスをボックス右で受けたブカヨ・サカがシュート。さらに32分には、ボックス右から新ニュしたブカヨ・サカのクロスをゴール前で受けたラカゼットがワントラップから右足を振り抜いたが、共にシュートはGKシュマイケルのセーブに阻まれた。 守護神の好守に応えたいレスターは35分、ドリブルでボックス左まで持ち上がったヴァーディのクロスをゴール前に抜け出したイヘアナチョが右足ボレーで流し込んだが、シュート前のプレーにファウルの判定が下され、ゴールを認めてもらえない。 迎えた後半、先にチャンスを作ったのはリードするアーセナル。52分、ラカゼットがボックス左手前で倒され獲得したFKからD・ルイスが直接ゴールを狙ったが、これはGKシュマイケルの好セーブに阻まれた。 対するレスターは55分、中盤でボールを奪ったエンディディが素早く前線に繋ぐと、右サイドを持ち上がったヴァーディのクロスをボックス中央のイヘアナチョがボレーシュートで合わせたが、これはGKマルティネスのセーブに防がれた。 アーセナルは68分、ダニ・セバージョスの左CKからニアに走り込んだD・ルイスがヘディングシュート。このボールをゴール前のラカゼットが押し込んだが、VARでオフサイドの判定に。 追加点が奪えないアーセナルは71分にラカゼットとブカヨ・サカを下げてエンケティアとジョー・ウィロックを投入。しかし73分、エンケティアがジャスティンへ足裏を見せたタックルを見舞い、VARの末に一発退場となった。 数的優位となったレスターは、76分にR・ベネットを下げてグレイ、82分にエンディディを下げてプラートを投入。すると84分、ボックス右手前でパスを受けたグレイがグラウンダーのクロスを入れると、ゴール左前に抜け出したヴァーディがワンタッチシュートでゴールネットを揺らした。 結局、互いに死力を尽くした試合はそのまま1-1で終了。リーグ戦連勝を逃したレスターは、昨年10月以来となる4位に後退した。 2020.07.08 06:21 Wed
twitterfacebook
thumb

今夏マドリー帰還のセバージョスにアルテタから残留を望む声! 「本当に重要な選手になっている」

アーセナルを率いるミケル・アルテタ監督がスペイン代表MFダニ・セバージョス(23)の確保に意欲を燃やしている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 今夏にレアル・マドリーからレンタルで加入したセバージョスは、ここまで公式戦30試合に出場して2得点2アシストをマーク。シーズン中盤戦の負傷で約2カ月間の離脱を強いられたが、復帰後は定位置を再奪取し、ガナーズの中盤を支えている。 <div id="cws_ad">◆セバージョス、マドリーでのベストプレー集<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJwVGlsd0sxdiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 6月28日に行われたFAカップ準々決勝のシェフィールド・ユナイテッド戦(2-1で勝利)で土壇場の決勝点を挙げ、重要度の増すセバージョスだが、今夏のレンタル契約満了に伴い、マドリー帰還が既定路線となっている。 しかし、アルテタ監督はセバージョスをチームの一部と見ており、クラブにアクションを促進。7日に行われるプレミアリーグ第34節のレスター・シティ戦前に先駆けた会見で、セバージョスへの満足感を示している。 「彼には本当に満足している。彼のサッカーに対する愛だけじゃなく、トレーニングや試合に対する情熱も気に入っているよ。とても素晴らしいね。ピッチ上にいようが、ベンチにいようが、彼は自分の人生を捧げている」 「彼は正しい方向へ進化していて、我々にとって本当に重要な選手になっている。クラブと話し合っている。だが、我々の選手じゃないのは確かだ。クラブはコミュニケーションを取って、何ができるかを見極める必要がある」 2020.07.07 18:10 Tue
twitterfacebook