レーティング: チェルシー 1-1(PK4-3) フランクフルト《EL》2019.05.10 06:59 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヨーロッパリーグ(EL)準決勝2ndレグ、チェルシーvsフランクフルトが9日に行われ、1-1で90分を終了した。この結果、2戦合計スコアが2-2となり、延長戦でも決着が付かずに迎えたPK戦を4-3で制したチェルシーが決勝に進出している。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。▽チェルシー採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 ケパ 6.5
120分の中で2本のファインセーブを見せ、PK戦では2本ストップ

DF
28 アスピリクエタ 5.5
コスティッチの突破を制限。クリステンセン負傷後はセンターバックでプレーも安定感を欠いた

27 A・クリステンセン 5.0
失点の場面では危機感が希薄だった

(→ザッパコスタ 5.5)
延長戦で好クリアを見せたが、クロスは合わなかった

30 D・ルイス 6.0
失点の場面ではヨビッチに競り負けたが、延長戦にスーパークリアを見せた

33 エメルソン・パルミエリ 5.5
もっと攻撃に絡みたいところ

MF
17 コバチッチ 5.5
コスティッチの対応に腐心

5 ジョルジーニョ 5.5
前半はゲームを作ったが、後半以降は厳しかった

12 ロフタス=チーク 6.5
先制点を決め、攻撃を牽引

(→バークリ 5.0)
流れを変えられず、ボールへの関与も少なかった

FW
22 ウィリアン 5.0
守備を献身的に行うも攻撃面で物足りず

(→ペドロ 5.0)
試合に入れず

18 ジルー 5.0
際どいシュート1本放つも存在感がなかった

(→イグアイン 5.0)
ペドロ同様に試合に入れず

10 アザール 6.0
先制点をアシスト。前半はさすがのキープ力と突破力を発揮も後半は存在感が薄まった

監督
サッリ 5.5
乏しい内容だったが、何とかPK戦で決勝に勝ち上がった

▽フランクフルト採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
31 トラップ 5.5
やや不安定な面もあったが、何とか凌ぎ、PK戦では1本セーブ

DF
19 アブラアム 5.5
前半はアザールに対応できていなかったが、後半は修正した

13 ヒンテレッガー 6.0
PK失敗もジルーにしっかり対応していた

3 ファレット 5.5
時間の経過とともに安定感を増していった

MF
24 ダ・コスタ 5.5
運動量落ちずに戦い抜いた。惜しいボレーシュートを1本放つ

17 ローデ 5.5
ロフタス=チークに裏を取られて失点に関与も、後半は持ち直した

(→デ・グズマン 5.5)
堅実なプレーに徹した

20 長谷部誠 6.0
バックラインに下がってビルドアップに参加。ゴールにも関与し、ゴールライン上での好クリアも見せた

11 ガシノビッチ 6.0
よく動き回り、ヨビッチのゴールをアシスト

(→パシエンシア -)

10 コスティッチ 5.5
複数人に対応され、持ち味の突破はなかなか見られなかったが、延長戦でビッグチャンス演出

FW
4 レビッチ 5.0
出場停止明け。本来の馬力ある突破は見られず

(→アラー 6.0)
負傷明け。2つ決定機に絡んだ

8 ヨビッチ 6.5
消えている時間も多かったが、さすがの決定力を発揮

監督
ヒュッター 6.0
戦力的には劣る中、内容では上回って見せた。悔しいPK戦負け

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ケパ(チェルシー)
PK戦でシュートを2本止めたケパを選出。後半以降、低調な内容だったチームを決勝に導いた。

チェルシー 1-1(PK4-3) フランクフルト
【チェルシー】
ロフタス=チーク(前28)
【フランクフルト】
ヨビッチ(後4)

フランクフルト 3-4 チェルシー
1.アラー 〇 〇 バークリー
2.ヨビッチ 〇 × アスピリクエタ
3.デ・グズマン 〇 〇 ジョルジーニョ
4.ヒンテレッガー × 〇 D・ルイス
5.パシエンシア × 〇 アザール
コメント
関連ニュース
thumb

ポジション争いを歓迎するFWエイブラハム「自分のベストを尽くす」

21日、チェルシーがNACK5スタジアム大宮で23日に行われるRAKUTEN CUPのバルセロナ戦に向けたトレーニングを行なった。 19日に行われた明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2019では、2018シーズンのJ1王者である川崎フロンターレに0-1で敗れたチェルシー。日本で2戦目となるバルセロナ戦を控え、トレーニングに励んだ。 トレーニング後、FWタミー・エイブラハムが囲み取材に応対。ワールドツアーやフランク・ランパード新監督について語った。 ◆FWタミー・エイブラハム(チェルシー) ──リーグ開幕前に、このツアーで選手間で良い関係を築くことの重要性について 「とても重要だね。僕たちは若くて色々な選手がいるチームだ。(クリスチャン・)プリシッチのような新しい選手がチームに馴染んでいるのは良いことだ。彼はとても早くチームに馴染んでいるよ」 「選手みんながお互いを理解しているのは良いことだよ。何人かの選手は昨シーズン、別のクラブにローンしていた。だからチームとしてまとまって、時間を過ごせるのは良いことだね」 ──23日にバルセロナと対戦するが、チームのコンディションや、フィーリングはどうか 「とても良いよ。前の試合(川崎フロンターレ戦)は、僕たちより、フィットネスが良いチームとの対戦だった。でも僕たちのフィットネスは良いレベルに来ている」 「バルセロナと戦う為に必要なフィットネスのレベルに達してきていると思うので、彼らより高いフィットネスで、良いパフォーマンスができたら良いね」 ──フランク・ランパード新監督のトレーニングはどうか 「いい感じだね。プレシーズンなので、ランニングや、戦術練習が多いけど、ポジティブな印象だよ」 「シーズン開幕に向けて、チームは自信をつけているし、彼が僕らに求めるレベルも理解している」 ──自分自身のコンディションはどうか、シーズン開幕へ準備は出来ているか 「準備は出来ているね。今までで一番良いよ。昨シーズン、良いシーズンを過ごして、今、僕はずっとプレーすることを夢見てきたクラブにいる。あちは自分のチャンスを掴むだけだよ」 ──ジルーやバチュアイといった優れたストライカーたちがいる。ポジションを争うにあたり、自信はあるか 「競争や、尊敬できるチームメイトがいることは良いことだね。僕はジルーのような選手をみて育った、だから彼と同じチームに居られることは良いことだよ」 「試合やトレーニングで彼らと一緒にプレーするチャンスを大切にして、自分のベストを尽くすように努力しているよ」 2019.07.21 21:15 Sun
twitterfacebook
thumb

チェルシーDFマルコス・アロンソ、ランパード監督の新スタイルに「うまくやれている」

21日、チェルシーがNACK5スタジアム大宮で23日に行われるRAKUTEN CUPのバルセロナ戦に向けたトレーニングを行なった。 19日に行われた明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2019では、2018シーズンのJ1王者である川崎フロンターレに0-1で敗れたチェルシー。日本で2戦目となるバルセロナ戦を控え、トレーニングに励んだ。 トレーニング後、スペイン代表DFマルコス・アロンソがメディア対応。今回のワールドツアーやフランク・ランパード新監督について語った。 ◆DFマルコス・アロンソ(チェルシー) ──今回のツアーでプレミアリーグ開幕前にチームとして戦う重要性は 「ここ数年間、このグループで一緒に戦ってきた。時間を共に過ごすことは重要だよ。それを持続してやっていきたいと思う」 ──サッリ前監督とフランク・ランパード監督のコーチングの違いは 「本当に多くの違いがある。それぞれが、それぞれのフットボールマインドがあるので、大きく変わってくる」 ──新しいスタイルはうまくいくと思うか 「そうだね。いくつかの練習を行なった上で、非常に良い強度でトレーニングできていると思う」 「自由な形、サイドチェンジの動きなども取り組んでいる。チームとして、ディフェンスの部分に注力を置いているが、攻撃面でもフォワードにボールを送るという点でも、うまくやれていると思う」 ──現在のコンディションは? 「まだ完全な状態ではないけど、開幕まで2週間残しているので、それまでにしっかりと自分のフィットネス、コンディションを調整していけるようにやっている」 2019.07.21 17:45 Sun
twitterfacebook
thumb

カンテのバルサ戦欠場が決定…治療のために帰国

チェルシーは21日、フランス代表MFエンゴロ・カンテの離脱を発表した。 クラブ公式サイトよると、カンテは昨シーズン終盤にケガしたヒザに問題があり、リハビリを続けるためにひと足先に渡英したという。 カンテは19日に行われた明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2019の川崎フロンターレ戦を欠場。23日に行われるバルセロナ戦でのプレーが期待されている状況だった。 2019.07.21 15:45 Sun
twitterfacebook
thumb

バルサ、来日メンバー26名を発表! 安部裕葵もメンバー入り!《Rakuten Cup》

FCバルセロナは20日、日本で行われるRakuten Cupに向けた招集メンバーを発表した。 昨シーズン、リーガエスパニョーラを制覇するも、チャンピオンズリーグ(CL)ではベスト4敗退に終わったバルセロナ。エルネスト・バルベルデ体制3年目を迎える新シーズンのプレシーズンでは、日本開催のRakuten Cupで7月23日に埼玉スタジアム2002でチェルシーと、27日にノエビアスタジアム神戸で元バルセロナのMFアンドレス・イニエスタやFWダビド・ビジャらを擁するヴィッセル神戸と対戦する。 その大会に臨むメンバーとして、26名を招集。コパ・アメリカ2019に出場したアルゼンチン代表FWリオネル・メッシやウルグアイ代表FWルイス・スアレス、チリ代表MFアルトゥーロ・ビダルらを除く主力選手の他、新加入のフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン、オランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングらに加えて、鹿島アントラーズから加入したFW安部裕葵もメンバーに名を連ねた。 ◆バルセロナ来日メンバー GK 1.マーク=アンドレ・テア・シュテーゲン 13.ネト 25.イニャキ・ペーニャ DF 2.ネウソン・セメド 3.ジェラール・ピケ 6.ジャン=クレール・トディボ 15.クレマン・ラングレ 18.ジョルディ・アルバ 20.セルジ・ロベルト 23.サミュエル・ユムティティ 26.サム・アラウホ 28.ギジェム・ジャメイ MF 4.イバン・ラキティッチ 5.セルヒオ・ブスケッツ 12.ラフィーニャ 19.カルレス・アレーニャ 21.フレンキー・デ・ヨング 16.オリオル・ブスケッツ 22.モンチュ 24.アレックス・コジャド 8.リキ・プッチ FW 11.ウスマーヌ・デンベレ 14.マウコム 17.アントワーヌ・グリーズマン 7.カルレス・ペレス 27.安部裕葵 2019.07.20 22:35 Sat
twitterfacebook
thumb

チェルシー新戦力のプリシッチが原宿に上陸! 自身で語る強みとは

現在プレシーズンマッチで来日中のチェルシーが20日、サッカーショップKAMO 原宿店でトークイベントを行った。 イベントにはフランク・ランパード監督とDFダビド・ルイス、FWクリスティアン・プリシッチが登場。今夏の新戦力であるプリシッチは実はこれが3度目の来日とのこと。肌で感じた日本のファンの印象や、自身の強みについて語った。 ーー日本の印象は 「僕も3回ぐらい日本に来てるんだけど、いつもファンヤサポーターのみんながあたたかく迎えてくれる。その厚意に応える活躍をしたいと思う」 ――チェルシーが偉大なチームになった秘訣 「僕より2人の方がよくわかっていると思うけど、成功を目指して、目標を見定めて頑張っていこうという姿勢が整っているチームだ。だから僕はここに来たんだ」 ――プレースタイルについてベストプレーやお気に入りのプレーは 「フットボールが大好きだから楽しみながらプレーしたいと思う。僕の強みはクリエイティブな攻撃だからそれを自由に楽しみながらやっていくことを心掛けているよ」 ――バルセロナ戦について 「新シーズンに向けた準備のための試合になるからハードワークしなければならない。楽しみにしているよ」 19日に日産スタジアムで行われた川崎フロンターレ戦(0-1)を終えたチェルシーは、23日に埼玉スタジアム2002でバルセロナとの親善試合を行う。 2019.07.20 19:10 Sat
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース