ルーカスの劇的ハットで大逆転のトッテナムがヤング・アヤックスを下し初の決勝進出!《CL》

2019.05.09 06:34 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグのアヤックスvsトッテナムが8日にヨハン・クライフ・アレーナで行われ、2-3でトッテナムが勝利。この結果、2戦合計スコア3-3となりアウェイゴール差でトッテナムが決勝進出を決めた。

先週にトッテナム・ホットスパー・スタジアムで行われた1stレグを0-1で勝利したアヤックスは、4日に行われたKNVBベーカー決勝で格下のヴィレムⅡに4-0と圧勝。中6日で戦った初戦とは異なり、中3日での戦いとなる一戦に向けてアヤックスは、前回対戦からスタメンを1人を変更。フェルトマンに代えてマズラウィを右サイドバックで起用した。

一方、過密日程と出場停止のソン・フンミンらの不在が響き、ホームでの1stレグを落としたトッテナム。4日に行われたリーグ戦のボーンマス戦では、ソン・フンミンとフォイスの退場によって40分以上9人での戦いを強いられたうえ、ゴールレスドロー目前の後半アディショナルタイムにゴールを奪われ、公式戦3試合連続となる0-1の敗戦を喫した。奇跡の復帰が期待されたケインが間に合わず、1stレグで3バックの一角として出場したダビンソン・サンチェスが太モモの負傷により欠場となった。ケインとダビンソン・サンチェスの代役には出場停止から復帰のソン・フンミンとムサ・シソコが起用された。

ウォーミングアップ中にネレスが負傷し急遽ドルベリが先発に入り、ジイェフ、タディッチとの3トップを形成したアヤックスは、開始早々に試合を動かす。5分、シェーネの右CKをゴール前で競り合ったデ・リフトがヘディングでゴール左隅に流し込み、先制に成功した。

早い時間に失点を許したトッテナムだが、すぐさま反撃。6分、左サイドを持ち上がったソン・フンミンがボックス左深くまで切り込むと、角度のない位置からゴールを狙ったが、これは左ポストに弾かれた。さらに23分にも、デレ・アリの絶妙なパスを受けたソン・フンミンがボックス中央からシュートを放ったが、これはGKオナナに防がれた。

一進一退の攻防が続く中、リードするアヤックスが待望の追加点を奪う。36分、中盤でボールを奪ったファン・デ・ベークがドリブルで持ち上がると、左のスペースへ展開。これを受けたタディッチがマイナスの折り返しを供給すると、走り込んだジイェフが豪快なシュートをゴール右隅に突き刺した。
アヤックスのリードで迎えた後半、トッテナムはワニャマを下げてジョレンテを投入。1トップにジョレンテ、2列目右にルーカス・モウラ、2ボランチの一角にエリクセンを配置した。

すると、トッテナムは53分に決定機。エリクセンの左クロスからゴールエリア右手前に走り込んだデレ・アリが右足ボレーで合わせたが、これはGKオナナのファインセーブに阻まれた。それでも55分、ローズのロングフィードをルーカス・モウラがワンタッチではたくと、これを受けたデレ・アリの切り返しが中央を駆け上がったルーカス・モウラに繋がる。これを拾ったルーカス・モウラはボックス中央まで切り込み、シュートをゴール右隅へ流し込んだ。

1点を返して勢いづくトッテナムは、59分にもトリッピアの折り返しをジョレンテがシュート。これはGKオナナにブロックされたが、こぼれ球を奪ったルーカス・モウラが粘り強いキープから左足でゴールネットを揺らし、試合を振り出しに戻す。

同点とされたアヤックスは63分、マズラウィのパスから左サイドを持ち上がったタディッチの折り返しをジイェフが狙ったが、これはゴール右に外れる。さらにジイェフは、79分にもボックス中央からシュートを狙ったが、これは右ポストに弾かれた。

逆転突破にはもう1ゴールが必要なトッテナムは87分、右CKをニアでジョレンテがフリックしたボールをゴール左手前でフリーのヴェルトンゲンがヘディングシュート。これがGKオナナの好セーブに弾かれると、こぼれ球を再びヴェルトンゲンが押し込んだが、これも相手DFのブロックに阻まれた。

同点のチャンスを逃し万事休すかと思われたトッテナムだが、後半アディショナルタイムに最後のドラマが起きる。96分、最終ラインのムサ・シソコがロングボールを送ると、最前線でジョレンテの落としたボールをデレ・アリがワンタッチでゴール前に供給。これに反応したルーカス・モウラのシュートがゴール右隅に吸い込まれた。

結局、試合はそのままタイムアップ。ルーカス・モウラの劇的ハットトリックで逆転勝利を飾ったトッテナムが、アウェイゴール差でアヤックスを上回り、大逆転でクラブ史上初の決勝進出を決めた。なお、決勝戦ではリバプールと対戦する。
コメント
関連ニュース
thumb

モウリーニョ、次節NLダービーもボーンマス戦に集中! ダイアーへの処分に対しては明言避ける

トッテナムを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、9日に行われるボーンマス戦の前日会見に臨んだ。イギリス『フットボール・ロンドン』が会見コメントを伝えている。 前節、エバートンを相手に1-0の勝利を収めた8位のトッテナム。前日に6位のウォルバーハンプトンがシェフィールド・ユナイテッドに敗れており、9日に敵地で行われるプレミアリーグ第34節、ボーンマス戦に勝利した場合、勝ち点差を1ポイントに縮められる状況だ。 12日にはアーセナルとの重要なノースロンドン・ダービーを控えることもあり、会見ではライバルよりも準備期間が2日少ないという日程面に関する質問が出たが、モウリーニョ監督は現時点では降格圏の18位に低迷するホームチームとの一戦だけに集中していると語った。 「(ダービーに向けた日程面の問題は?)そんなことは知っている。だが、私にできることは何もない。したがって、この瞬間はボーンマスのことだけに集中し、その後のことは考えないというのが、私の考えだ」 「ボーンマスは、なぜその順位(下位)にいるかを考えさせる類のチームだ。私は彼らのポテンシャルに目を向けている。したがって、彼らが降格圏にいるという状況は私にとって重要なことではない」 「また、彼らが残留のために戦っているという事実も考慮すべき事柄ではない。私が見ているのはそういった上辺の事柄ではなく、チームのポテンシャル、エディ・ハウのクオリティ、彼のチームが毎シーズン示している組織力に関してだ」 「さらに、私は彼らが上位チーム相手に良い結果を残しているという部分に焦点を当てている。したがって、彼らとの対戦を前に次のことを考えるなんてことはできない」 また、この一戦を前にトッテナムは今年3月のFAカップのノリッジ戦でホームサポーターと衝突したイングランド代表MFエリック・ダイアーに、イングランドサッカー協会(FA)から4試合の出場停止処分および罰金処分が科された。 そのため、リーグ再開後にセンターバックのファーストチョイスとして重宝してきたダイアーを、今節を含め最終節まで起用することができなくなった。 そして、今回の会見ではモウリーニョ監督にダイアーの処分に対する意見が求められた。しかし、“口は禍の元”という言葉を良く知るポルトガル人指揮官は「リアクションを好まない」と、自身の見解を示すことを拒否している。 「(処分は厳しいと思うか?)答えないよ。仮に、私が何らかの返答をした場合、困るのは私自身だ。だから、そのことに関しては話すつもりはない」 「(異議申し立ての可能性は?)正直なところ、考えていない。異議申し立てを行った場合、異なるリスクを抱えることになるからだ。少なくとも次のシーズンはスタートからプレーできるし、こういったFAの決定がどのように機能しているかは誰もが知るところだろう」 2020.07.09 17:53 Thu
twitterfacebook
thumb

スパーズMFダイアーに4試合の出場停止処分…今年3月のノリッジ戦後のスタンドでの小競り合いが問題視

イングランドサッカー協会(FA)は8日、トッテナムに所属するイングランド代表MFエリック・ダイアーに4試合の出場停止処分と、罰金4万ポンド(約540万円)の処分を科すことを発表した。イギリス『BBC』が伝えている。 ダイアーは、今年3月4日に行われたFAカップ5回戦、ノリッジ・シティ戦のPK戦による敗戦後に、自身の弟への侮辱的な行為があったとしてスタンドに乗り込み、警備員の制止に遭いながら一部ホームサポーターと口論する騒ぎを起こしていた。 その後、FAから事情聴取を受けたダイアーは、自身の不適切な行為を認めたものの、あくまで弟を守る意図があり、サポーターに脅迫や暴力行為を働く意図がないことを説明していた。 しかし、FAの独立規制委員会は、ダイアーの行為が「脅迫的」だったと結論付け、前述の処分と共に今後の違反に関する戒告の処分を下した。 この処分により、ダイアーは9日に予定される次節のボーンマス戦、12日のアーセナルとのノースロンドン・ダービーを含むプレミアリーグ4試合を欠場することが決定。ただ、クリスタル・パレスとの最終節の出場は可能だ。 ダイアーはリーグ再開後、センターバックのファーストチョイスとしてジョゼ・モウリーニョ監督に重宝されていただけに、今回の処分は選手本人、クラブにとって大きな痛手となった。 2020.07.08 21:36 Wed
twitterfacebook
thumb

ソン・フンミンにキレたロリス「フットボールだと起こり得るもの。何ら問題ない」

トッテナムが不穏な空気に包まれた。 トッテナムは6日に行われたプレミアリーグ第33節でエバートンと対戦。オウンゴールの1点リードを守り抜き、1-0の勝利を収めた。しかし、この試合の前半終了直後、選手たちがドレッシングルームに向かうなかで、主将のフランス代表GKウーゴ・ロリスが韓国代表FWソン・フンミンに詰め寄って口論となり、その場にいたアルゼンチン代表MFジオヴァニ・ロ・チェルソだけでなく、両者の引き離しに加勢したイングランド代表MFハリー・ウィンクス、フランス代表MFムサ・シソコも巻き込む騒動に発展した。 <div id="cws_ad">◆トレーニングでは和やかな雰囲気だったが…<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJCSzFSS3ZsZyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ロリスは試合後、イギリス『スカイ・スポーツ』で「あれはドレッシングルーム内の問題だ。外部の人間は好きなように言うことができる。全選手の間に敬意がある。ソンとの間に起きたことは時々、フットボールだと起こり得るもの。何ら問題ない。試合終了後の僕らが勝利を喜んでいる姿を見れば、わかるはずさ。(激怒した理由は)ハーフタイム前、僕らが適切なプレスを行わず、チャンスを許したからだ。そのことが僕をイライラさせたが、それもフットボールの一部。問題なしだ。僕らは前に進む」と説明した。 また、ジョゼ・モウリーニョ監督は「仲良しこよしのチームがシーズンの終わりに勝てるのはフェアプレーカップだけだ。私は一度もそれを制した経験がなく、そもそもそれを勝ち獲る興味もない。キャラクターは必要だ。肝心なところでコミュニケーションを図れないチームは好ましくない。あれはピッチじゃなく、ドレッシングルームで起こるべきだがね。私がドレッシングルームに入ったときは全てが収まり、2人がハグを交わしていた」と述べた。 なお、ロリスとソン・フンミンは後半開始直前にハグを交わしてピッチへ。試合後にも握手を交わして、2試合ぶりとなる白星の健闘を称え合っている。 2020.07.07 11:00 Tue
twitterfacebook
thumb

モウ、エバートン戦で起こったチーム内での口論に「素晴らしいこと」

トッテナムを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、ハーフタイムに起こったチーム内での論争に見解を示した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 トッテナムは6日に行われたプレミアリーグ第33節でエバートンと対戦。24分にアルゼンチン代表MFジオバニ・ロ・チェルソのシュートがオウンゴールを呼び込み、そのまま決勝点となって1-0で勝利した。 しかし、ハーフタイムに思わぬ一幕が。主将を務めるフランス代表GKウーゴ・ロリスが前半終了の笛とともに韓国代表FWソン・フンミンに詰め寄り、激しく口論している姿が見受けられた。論点は前半終了間際に決定機を作り出された場面でプレッシングをしなかったからだという。 この件について、モウリーニョ監督は試合後、コメント。チーム内での衝突にもかかわらず、「素晴らしいこと」とポジティブな反応だと受け止めた。 「おそらく、ミーティングの結果だろう。誰かのせいにしたいのであれば私だ。私が思うに、彼らは自分自身に対して甘い部分があった。だから、指摘した。もっと仲間に要求するようにとね。キャプテン(ロリス)はソンがチームのためにもっと頑張らなければならないと思ったのさ」 「いくつかの悪い言葉があったが、それはチームが成長するためにとても重要なことだったと思う。そのためには互いにもっと要求し、強い個性を持っていなければならない。ハーフタイムの時、私はあの反応を見て、彼らが最後まで団結してくれると信じていると言ったよ」 なお、ハーフタイムに激昂していたロリスは「すべての選手の間には多くの敬意があるんだ。僕とソンの間に起こったことはサッカーをしていると時々あることだ。何の問題もないよ」と振り返っている。 2020.07.07 10:30 Tue
twitterfacebook
thumb

名将・モウリーニョが史上5人目のプレミア200勝達成! 2番目の早さ

トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督が、プレミアリーグ通算200勝を達成した。 トッテナムは6日、プレミアリーグ第33節でエバートンと対戦。24分に決まったオウンゴールで1-0と勝利を収め、再開後2勝目を記録した。 <div id="cws_ad">◆プレミア200勝のモウリーニョ「チェルシーやユナイテッドでの過去の勝利に興味はない」<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJERXVmZGQzeSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> この勝利でモウリーニョ監督はプレミアリーグ通算200勝を達成。史上5人目の快挙となった。 なお、モウリーニョ監督は326試合で200勝を達成したが、これよりも少ない試合での達成は、マンチェスター・ユナイテッドを率いていたサー・アレックス・ファーガソン監督のみ。322試合での達成となっていた。 ◆プレミアリーグ200勝達成者 サー・アレックス・ファーガソン/528勝 アーセン・ヴェンゲル/476勝 ハリー・レドナップ/227勝 デイビッド・モイーズ/207勝 ジョゼ・モウリーニョ/200勝 2020.07.07 09:18 Tue
twitterfacebook