急性心筋梗塞のカシージャスが無事退院「将来がどうなるかはわからない」2019.05.07 00:00 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
心臓発作で緊急搬送されたポルトの元スペイン代表GKイケル・カシージャス(37)が、6日に無事に退院した。スペイン『マルカ』が伝えている。カシージャスは、1日のトレーニング中に心臓発作を起こし、病院へ緊急搬送。その後、クラブは急性心筋梗塞と伝えたが、意識はあり命に別状はないことを報告。カシージャス本人もツイッター(@IkerCasillas)でベッドで笑顔を浮かべる自身の写真と共に、無事を報告していた。

退院に際してカシージャスは、自身を支えてくれた人々へ感謝の意を述べている。

「こんなに早く退院できたのはとてもラッキーだった。僕は多くの人々に感謝しなければならない。彼らのおかげで愛されていると感じ、また入院中でも笑顔になることができた。もちろん適切な処置を施してくれたメディカルチームにも感謝したい」

「今後、僕の将来がどうなるかはわからないが、最も重要なことはここにこうして立って、話すことができているという事実なんだ。本当にありがとう、またお会いしましょう」
コメント
関連ニュース
thumb

カシージャスが現役引退報道を否定! 「いつか引退を発表する日は来るが…」

心臓発作で療養中のポルトの元スペイン代表GKイケル・カシージャス(37)が、自身の現役引退報道を否定した。同選手が17日、公式『ツイッター(@IkerCasillas)』を更新した。 カシージャスは、今月1日のトレーニング中に心臓発作を起こし、病院へ緊急搬送。その後、クラブは急性心筋梗塞と伝えたが、意識はあり命に別状はないことを報告。その後、6日には無事退院していた。 しかし、現役続行に大きなリスクを孕むため、クラブ側は2020年まで契約を残すカシージャスに対して、選手以外の役職を与えての残留をオファーするなど、現役引退を促すような姿勢を見せ始めている。 その動きもあってポルトガル『O jogo』など地元メディアは16日、カシージャスが近日中に現役引退を発表すると報じていた。 しかし、17日に自身の『ツイッター(@IkerCasillas)』を更新したカシージャスは、現時点での現役引退を否定。また、今週中に行った担当医師との面談の中でポジティブな診察結果を受け取ったことを明かした。 「私にもいつか引退しなければならない日が来るだろう。そのときが来たら自分からニュースを伝えたい」 「ただ、今のところリラックスしているよ。昨日、フィリペ・マセード医師の下で再検査を受けたんだ。その結果はどれも非常にポジティブなものだった。そして、この素晴らしい知らせをみんなと共有したかったんだ」 もちろん、今回の診察の結果がポジティブなものであったとはいえ、現役続行に全くリスクがないというわけではないため、カシージャスと周囲にはより慎重な選択が求められる。それでも、同選手が現役続行を希望する中、最良の診察結果が出たことは素直に喜ぶべき知らせと言えるはずだ。 2019.05.18 01:22 Sat
twitterfacebook
thumb

心筋梗塞発症のカシージャス、このままリタイアか

ポルトに所属する元スペイン代表GKイケル・カシージャス(37)に現役引退の可能性が浮上した。スペイン『マルカ』が報じた。 カシージャスは1日に行われたポルトの練習中に体調不良を訴えて病院に緊急搬送。検査の結果、心筋梗塞の診断を受けたが、治療を受けた現在は命の危機から脱しており、安定を取り戻している。だが、ポルトの情報筋によれば、そのカシージャスのプレー続行は懐疑的。「優先すべきは選手としての復帰ではなく、日常生活に戻ること」として、このまま現役引退の道を進む見方があるという。 レアル・マドリー下部組織のカシージャスはトップチーム昇格後、長く“白い巨人”の守護神に。公式戦通算725試合を誇り、3度のチャンピオンズリーグ(CL)優勝た5度のリーガエスパニョーラ制覇に貢献した。スペイン代表としてもワールドカップ優勝やユーロ制覇を経験。今年3月に「40歳まで現役」を目指して、1年延長オプションが付随した1年間の延長合意に達したばかりだった。 なお、そのカシージャスは騒動後、自身のツイッター(@IkerCasillas)を通じて無事を報告している。果たして、このままユニフォームを脱ぐことになるのか。今後から目が離せない。 2019.05.03 12:00 Fri
twitterfacebook
thumb

心臓発作で緊急搬送されたカシージャス、SNSで無事を報告

1日に心臓発作で緊急搬送されたポルトの元スペイン代表GKイケル・カシージャス(37)が、同日にSNSで無事を報告した。 カシージャスは1日、練習中に心臓発作を起こし、病院へ搬送。その後、クラブは急性心筋梗塞と伝えているが、意識はあり、命に別状はないことを報告していた。 そんな中、カシージャスもツイッター(@IkerCasillas)を更新。ベッドで笑顔を浮かべる自身の写真と共に、無事を報告している。 「全てここがコントロールしてくれている。大きな恐怖を感じたけど、無事だよ。みんなからのメッセージと愛に感謝している」 2019.05.02 08:30 Thu
twitterfacebook
thumb

カシージャスが心臓発作で緊急搬送、命に別状はなし

ポルトの元スペイン代表GKイケル・カシージャス(37)が1日の練習中に倒れ、病院へ緊急搬送されたようだ。ポルトガル複数メディアが報じている。 カシージャスは練習中に気分を害して病院へ搬送され、緊急手術を受けたとのことだ。一部報道では心筋梗塞とも報じられているが、ポルトによれば意識はあり、命に別状はないとのことだ。ただ、ベンフィカと熾烈な優勝争いを演じている今季のリーグ戦出場は難しいと報じている。 カシージャスはこれまでレアル・マドリーで3度のチャンピオンズリーグ優勝、5度のリーガエスパニョーラ優勝を果たし、スペイン代表でもワールドカップを1度、ユーロを2度制覇するなど、輝かしい実績を残している。 2019.05.02 00:05 Thu
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、今夏の補強第1号はポルトのブラジル代表DFフェリペか

アトレティコ・マドリーは、ポルトに所属するブラジル代表DFフェリペ(29)の獲得が決定的になっているようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 フランス代表DFリュカ・エルナンデスのバイエルン移籍が決まり、さらには今シーズン限りで契約が切れるウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディンのインテル移籍も濃厚と見られているアトレティコ。新たなCBの確保が急務となっていたが、フェリペの獲得が近づいている模様だ。 『マルカ』によれば、レアル・マドリーも同選手の獲得に動いていたが、5000万ユーロ(約62億5000万円)の契約解除金に躊躇。一方でアトレティコは交渉により移籍金を下げることに成功し、獲得に漕ぎ着けたようだ。公式発表はポルトのシーズン最後の試合である5月25日のタッサ・デ・ポルトガル決勝戦後になるとのことだ。 2016年にポルトに加入したフェリペは、カバーリング能力が優れている190㎝の大型センターバックだ。加入初年度から守備の要として活躍し、今シーズンの公式戦に49試合出場している。 2019.05.01 17:29 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース