“バットマン”西村拓真が今季2得点目! モスクワ・ダービーで貴重な同点弾《ロシア・プレミアリーグ》

2019.05.06 08:55 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
CSKAモスクワに所属するFW西村拓真が移籍後2ゴール目をマークした。CSKAモスクワは5日、ロシア・プレミアリーグ第27節でディナモ・モスクワとホームで激突。左頬骨骨折の西村はフェイスガードをつけて79分からピッチに立った。

28分に幸先よく先制に成功したCSKAモスクワ。だが、35分に追いつかれると、43分にも失点を重ねて、たちまち形勢不利の展開を強いられてしまう。

追うCSKAモスクワは79分に戦列復帰の西村を投入。85分に中央寄りの敵陣右サイドで獲得したFKのチャンスからクロスに西村が頭で合わせ、追いついた。

結局、この西村のゴールにより、CSKAモスクワとディナモ・モスクワのダービーマッチは痛み分けに終わっている。

CSKAモスクワ 2-2 ディナモ・モスクワ
【CSKAモスクワ】
ビョル(前28)
西村拓真(後40)
【ディナモ・モスクワ】
カルドソ(前35)
パンチェンコ(前43)
コメント
関連ニュース
thumb

「チャンスがあれば、もう一度やってみたい」昨季は仙台でプレーしたFW西村拓真、CSKAモスクワでのプレーを希望

2020シーズンはベガルタ仙台でプレーしたFW西村拓真が、CSKAモスクワでのプレーに意気込みを語った。ロシア『SportBox』が伝えた。 西村は仙台でキャリアをスタート。2018年8月にCSKAモスクワへと完全移籍していた。 CSKAモスクワではロシア・プレミアリーグの他、チャンピオンズリーグ(CL)の出場も果たし、23試合で4ゴール1アシストを記録していた。 しかし、2020年1月にポルティモネンセへとレンタル移籍すると、3月には古巣の仙台へと復帰。シーズン終了後にCSKAモスクワへ復帰していた。 新シーズンに向けて準備を進める中、CSKAモスクワでも居場所がないと報じられていた西村。インタビューでは移籍や新シーズンについて語った。 まず、ポルティモネンセへのレンタル移籍については、ビクトル・ゴンチャレンコ監督と話をした上で決めたとのこと。武者修行を選んだ理由は、自身が成長するためだったと明かした。 「ゴンチャレンコと話をしました。彼は『良いオファーがレバ別のチームに行くことができる。CSKAに残っても問題はない。チャンスをあげよう。ただ、全ての試合でプレーすることは約束できない』と言っていました」 「ゴンチャレンコは、いつも助けとなるアドバイスをくれ、僕を信じてくれました。とても感謝しています」 「僕は十分ではなかったです。そして、僕は高いレベルでプレーできたことを証明もできていませんでした。成長のためには、試合に出ることが必要でした」 「これがクラブを変えた理由です。だから、CSKAを離れることは僕の決断でした。ウインガーのポジションをもっとよく理解できれば、より良いものを見せられたと思います。でも、それには時間がかかってしまいました」 仙台では明治安田J1で20試合に出場し3得点を記録した西村。この先はやはりCSKAモスクワに戻ってプレーしたいようだ。 「はい。チャンスがあれば、もう一度やってみたいですし、自分を見せたいと思います」 「僕はクラブが本当好きです。ゴンチャレンコのスタイルに感銘を受けていますし、彼と再び仕事がしたいです」 2021.01.18 13:03 Mon
twitterfacebook
thumb

仙台FW西村拓真、CSKAモスクワ復帰も居場所なく再レンタルか?

今シーズンはベガルタ仙台でプレーしたFW西村拓真(24)だが、移籍先を探すことになるようだ。ロシア『Sports Daily』が伝えた。 西村は2018年8月に仙台からCSKAモスクワへ完全移籍。2020年1月にポルティモネンセへレンタル移籍をするも3カ月で退団。仙台へとレンタル移籍で加入していた。 2020シーズンの明治安田J1リーグではケガの影響などもあり、20試合に出場し3ゴールに留まった西村。レンタル期間が1月1日で終了した西村はCSKAモスクワへと復帰することになるが、CSKAモスクワにも居場所はないようだ。 CSKAモスクワでは公式戦23試合に出場し4ゴール1アシストを記録している西村。『Sports Daily』によると、CSKAモスクワは西村に対して新たなクラブを探しているとのこと。2022年夏までの契約があるため、再びレンタル移籍でチームを離れるとのこと。果たして行き先はどこになるだろうか。 2021.01.04 21:15 Mon
twitterfacebook
thumb

本田圭佑の左足 ロシアで決めた長距離FK【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、ボタフォゴのMF本田圭佑がCSKAモスクワ時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆本田圭佑の左足 ロシアで決めた長距離FK<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJoSzZ4MGdCYSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> VVVフェンロでの活躍を受け、2010年冬にCSKAモスクワへと移籍した本田。2013年冬にミランへ移籍するまで、公式戦127試合に出場し28ゴール29アシストを記録した。 ロシアの地でも度々直接FKを沈めていた本田だが、2011年8月20日に行われたロシア・プレミアリーグ第21節のトム・トムスク戦でも、見事なFKを決めている。 CSKAの一点リードで迎えた61分に本田が途中出場を果たすと、その直後の63分にバイタルエリア左で獲得したFKのキッカーを担う。ゴールまではやや距離があったものの、本田が左足を振り抜くと、壁のわずか右を通ったシュートはゴール右下へ向かい、ワンバウンドしながらゴールネットを揺らした。 本田の活躍もあり、CSKAは3-0で試合に勝利している。 2020.10.11 18:00 Sun
twitterfacebook
thumb

美しいチップパス!CSKA時代の本田圭佑が決めた繊細な浮き球アシスト【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はボタフォゴのMF本田圭佑がCSKAモスクワ時代に記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆本田が決めた美しいチップパス<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI4TGg4SjRqQiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 名古屋グランパスでプロキャリアをスタートさせた本田は2008年1月にVVVフェンロへ移籍し、海外挑戦。その後2010年1月にロシアの強豪CSKAモスクワに加入した。 4年を過ごしたCSKAでは公式戦127試合28ゴール29アシストを記録している本田だが、2012年9月22日に行われたロシア・プレミアリーグ第9節のヴォルガ・ニジニ・ノヴゴロド戦では、美しいアシストを記録している。 前半に2点のリードを許しながらも後半に追いつき、2-2として迎えた86分、相手陣内中央でボールを持った本田はドリブルでボールを前線に運ぶと、裏へ抜けだすFWアーメド・ムサに向けて絶妙のタイミングでチップパスを送る。浮き球のパスは美しい弧を描いてムサにピンポイントで入ると、ムサがこれをダイレクトでゴールに沈め、見事な逆転ゴールとなった。 終盤についに2点差をひっくり返し、逆転に成功したCSKAがそのまま3-2で勝利している。 2020.10.10 22:00 Sat
twitterfacebook
thumb

無回転だけじゃない CSKA時代の本田が見せた完璧なコントロールショット【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、ボタフォゴのMF本田圭佑がCSKAモスクワ時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆CSKA時代の本田が見せた完璧なコントロールショット<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJsQmd2cld2TyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2010年のワールドカップ南アフリカ大会のデンマーク戦で決めたFKなど無回転のシュートを得意としていた本田だが、2011年7月25日に行われたロシア・プレミアリーグ第17節のクリリヤ・ソヴェトフ・サマーラ戦では、抜群のコントロールから完璧な一撃を沈めている。 1-0で迎えた40分、バイタルエリア右でFKを獲得すると、本田が左足を一閃。壁を越えたシュートは大きく横に変化し、ゴール右上隅へ向かっていくと、相手GKの手を弾きながらネットを揺らした。 本田にとってロシア移籍2年目となったこのシーズンは負傷に苦しんだものの、18試合を終えた時点で7ゴールをマークするなど、攻撃の中心として活躍を見せた。 2020.09.19 09:00 Sat
twitterfacebook