長友&香川出場のイスタンブール・ダービーを制したガラタサライが首位浮上! ベシクタシュは優勝から一歩後退《スュペル・リグ》

2019.05.06 03:13 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スュペル・リグ第31節、ガラタサライvsベシクタシュのイスタンブール・ダービーが5日に行われ、2-0でガラタサライが勝利した。2位のガラタサライ(勝ち点60)と3位のベシクタシュ(勝ち点59)による上位対決。

長友擁するガラタサライは現在リーグ戦16試合負けなしで、最後の黒星は昨年12月にベシクタシュに付けられたもの。一方のベシクタシュも13試合負けなし。こちらは6連勝中でガラタサライや首位のイスタンブール・バシャクシェヒル(勝ち点63)を猛追。

両チームのスタメンは、ガラタサライは長友が[4-1-4-1]の左サイドバックで先発。28得点でリーグ得点ランクトップのディアニェがワントップに入った。

ベシクタシュは香川がベンチスタート。[4-2-3-1]の布陣のワントップにここまで16得点でランキング2位のユルマズが起用された。その他、GKカリウス、センターバックの一角にヴィダが入った。

試合はガラタサライのペースで進む。ポゼッションを高めながら主導権を握るホームチームは2分にオニェクルがファーストシュートを放つ。

25分を過ぎて、6割の支配率を数えるガラタサライが3本のシュートを放ったのに対し、ベシクタシュはゼロに抑えられる。27分にガラタサライがネットを揺らしたが、オニェクルがオフサイドを取られノーゴールに。

36分には、味方のスルーパスで抜け出したディアニェがGKと一対一に。しかし、ここはカリウスに軍配。その直後にもディアニェに好機が訪れるが、ヘディングシュートはクロスバーの上に外れた。

ここまで一方的に押し込むガラタサライはついに先制に成功する。44分、自陣深い位置の相手のFKを撥ね返したガラタサライは、左サイドからのスローインを素早くリスタートし、相手の陣形が整う前に左サイドを進撃。敵陣中央でパスを受けたフェグリがワンタッチで右のフェルナンドに流すと、フェルナンドもGKを躱す様に右へ流す。ここに走り込んだオニェクルが無人のゴールにシュートを押し込んで先制点を挙げた。

1点リードで後半を迎えたガラタサライはさらに突き放す。55分、今度は右サイドのスローインから再開したガラタサライは、右のハーフスペースを突いた味方のパスを受けたフェルナンドがGKと一対一に。一度シュートは防がれるものの、目の前にこぼれてきたボールを拾ってそのまま流し込んだ。

その後、すぐにリカルド・クアレスマを入れたベシクタシュは60分、味方のクロスをヴィダが至近距離からヘディングシュート。62分のリャイッチのシュートはGKムスレラに止められるも、ベシクタシュが徐々に攻撃の精度を上げていく。

そんな中、75分に香川が登場。そのファーストプレーでFKを獲得すると、直接狙ったリャイッチのシュートは壁の上から落ちてくる難しいものだったが、GKの正面に飛んでしまった。

そして、8分以上あった後半アディショナルタイムも過ぎ、2-0で試合終了。勝利したガラタサライはバシャクシェヒルを抜いて首位に浮上した。なお、残りは3試合となっている。
コメント
関連ニュース
thumb

「クオリティとラストパスを与える」ヘタフェ監督が久保建英を改めて評価「一対一が非常に良い」

ヘタフェのホセ・ボルダラス監督が、ウエスカ戦に向けた会見に出席。新加入選手についてコメントした。スペイン『マルカ』が伝えた。 ヘタフェは20日、ラ・リーガ第19節でウエスカと対戦。日本代表MF久保建英とFW岡崎慎司の日本人対決の実現も注目される一戦だ。 ヘタフェは、11日に行われたエルチェ戦で、1-2と逆転勝利を収め、残留圏に浮上。試合数にバラツキがあるものの、一旦ピンチを脱している。 ウエスカは最下位に位置しており、ヘタフェとしては負けられない相手となるが、試合に向けてボルダラス監督が会見に出席。その中で久保とバルセロナから獲得したMFカルレス・アレーニャについてコメントした。 「彼らがここにとても短い期間滞在することは明らかだ。とても熱意を持ってきてくれたことで、我々は幸せだ」 「私は彼らが到着する前に話す機会があった。そして彼らに伝えたのは、彼らが本当にヘタフェに来て、助けるために貢献してくれることを望んでいるということだ」 久保とアレーニャは加入間もないエルチェ戦に出場。アレーニャは先発、久保はベンチスタートとなった。 久保は後半途中から出場すると、チームの2ゴールに絡む活躍を見せ、逆転勝利に貢献。ボルダラス監督は改めて2人のプレーぶりを評価した。 「2人はほとんど時間がなかったにも関わらず、すでにエルチェ戦でデモンスとレーションを行なった」 「みんなは両手を広げて彼らを歓迎した。彼らは試合の中で、とても鮮明なプレーをしていた」 「久保は一対一で非常に良いプレーを見せる。彼らは我々にクオリティとラストパスを与えることができる選手であり、フィールド場の様々なポジションでプレーできる選手だ。チームは喜んでいるし、テクニカルスタッフも喜んでいる」 また、人間性についても高く評価。両選手とも素晴らしいと語った。 「人間的にも素晴らしい2人の選手だ。アレーニャは長い間見てきた。昨シーズンからチームに連れて来ようとしたが、彼はベティス行きを決断した。それは理解できた」 「とても礼儀正しく、すべての感謝しており、我々は連絡と関係を続けていた」 「タケは素晴らしい若者だ。サッカーのクオリティとは別に、とても早くチームに適応している」 「ヘタフェでは人間的な要素がとても重視されており、ドレッシングルームもそのためにある」 2021.01.20 11:28 Wed
twitterfacebook
thumb

「メッシぐらいになれば」ベルギー2部のロンメル移籍のFW斉藤光毅が意気込む「世界各国のサポーターを増やしていきたい」

横浜FCからベルギー2部のロンメルへと完全移籍したU-19日本代表FW斉藤光毅が、オンラインでメディアの取材に応じた。 横浜FCのアカデミーで育った斉藤は、2018年に2種登録されると、7月に16歳11カ月11日というクラブ史上最年少記録でトップチームデビュー。9月にプロ契約を結んでいた。 2020シーズンは明治安田J1で31試合に出場し3得点を記録。2025年6月までの4年半契約をロンメルと結ぶこととなった。 その斉藤が、チーム合流前に現地ベルギーからオンラインで取材に応対した。 日本からベルギーに渡った斉藤。しかし、現在はホテルで隔離期間中とのこと。「隔離期間中でホテルにいます。クラブハウスにもまだ行っていないです。そろそろ隔離がキツくなってきました笑」と語り、ベルギー到着もまだ何もできていないと明かした。 ホテルではトレーニングを行なっているという斉藤だが1日の過ごし方としては「朝起きて、目玉焼きを作って、午前中トレーニングして、昼ごはんを食べてトレーニングして、夜ご飯作って寝るという感じです」と単調な日々を過ごしているとのこと。ジムなども使えないなか「部屋が結構広いので、そこで1人で暴れまわっています」と語った。 チームにも合流できていない斉藤だがチャレンジする気持ちは変わらないとのこと。「元々やってやるぞという思いは持っていたので、その気持ちは変わらず持っています。ベルギーにきたことでいよいよだなということと、楽しみだなという思いが強くなりました」と語り、メンタル面の準備はできているようだ。 新たに加わるロンメルというクラブの印象については「個性がある選手たちがたくさんいて、その中で自分がどうやって入って行ったり、どうやってチームに貢献するかは時間もあるので常にイメージしています」と、隔離期間中にイメージを膨らませているとのこと。「やってみて、どんな感じになるのか楽しみです」と語った。 隔離中の斉藤だが、20日に入団会見、21日からトレーニングに参加するという。ベルギー2部は24日からリーグ戦が再開することになるが、斉藤は「24日からもちろん出たいですが、まだ外で動けていない状態で、中でしか動けていないので、外に出てどれだけ動けるかは確認しなければいけないです」と語り、「気持ち的には24日から出られる準備ができています」と初戦から出たい意欲を示すも、コンディション次第となりそうだ。 ベルギー2部については「そんなにピッチの悪さは心配していないです。自主練は砂とか凸凹のところでもやっていました」とコメント。「それも1つの慣れだと思うので、そういったところでもピッチの悪さを言い訳にせず、そういったところも慣れていければと思います」と環境の悪さは気にしないとした。 一方で、リーグの印象については「レベルは、観ている感じではわからなくて、やってみないと分からないですけど、フィジカルがガチガチでえぐってくるというイメージがあります」と語り、「そういったイメージがあるので、自分なりに食いついてくる相手をどういなせるかとかをイメージしているので、その辺りが楽しみです」と早く実戦に臨みたいと語った。 ヨーロッパでは特に数字で評価され、デビュー戦の印象は重要なものとなるが「自分の仕掛けだったり、そういったものは、サポーターだったり、観ている人たち全員のことを沸かしやすい特徴だと思うので、そういったものを存分に出していきながら、いつも通りの平常心で気負いせずにやっていきたいと思います」と、自らのストロングポイントを出していきたいと語った。 理想とする選手については「メッシぐらいになればいいかなと思いますけど笑」とコメント。「どの凄い選手もチームの中心になる存在で、その人がいなくなったら違うチームになったりするので、そういった選手になりたいです。どのチームに行ってもそういった選手になりたいと思います」と語り、チームにとって重要な選手になりたいと語った。 ベルギーではオランダ語とフランス語が公用語となっているが、斉藤は通訳がつくという。コミュニケーションについては「ちょっとしか接触していないので、まだわからないですが、そのちょっとでも思ったことが言えなかったり出てこなかったりして、勉強だったり通訳に聞いて、早くコミュニケーション取れるようになっていければと思います」とし、語学面ではまだまだ成長が必要なようだ。 一方でチームメイトとのコミュニケーションについては「シンプルに要求するというのも1つですし、そうしていくためには自分の技術を発揮しないといけないですし、そういったことを思ってもらえるプレーをしなければいけないです」とプレーで表現していきたいとコメント。「結果や行動で示していきながら、チームに接していくのが一番早い、必要だと思います」とし、ピッチ上でのコミュニケーションを重視するつもりのようだ。 最後に日本のサポーターへのメッセージを聞かれた斉藤。世界中にファンを増やしたいと野望を語った。 「なかなか日本に居て、このベルギーのことをあんまり日本ほどタイムリーに知ることはできないと思うので、それで自分のファンじゃなくなってしまうのは嫌だなと思っています」 「結果を残しながら日本の皆さんに活躍を伝えられるようにしっかり活躍していきたいですし、これからも応援していただきたいと思います」 「そして、そういった人たちを活躍することで増やしていきながら、世界各国のサポーターを増やしていきたいと思います」 2021.01.19 20:10 Tue
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第17節プレビュー】前半戦最終戦、レバークーゼンvsドルト、ライプツィヒvsウニオンの上位対決

先週末に行われた前節では公式戦2連敗中だったバイエルンが辛勝で勝利を取り戻し、首位をキープ。2位ライプツィヒがヴォルフスブルクとの上位対決を引き分けたため、勝ち点差が4に広がり、バイエルンのヘルプストマイスター(前半戦首位ターン)が決まった。迎える前半戦最終戦は火曜と水曜に行われ、勝ち点29で並ぶ3位レバークーゼンと4位ドルトムントと、2位ライプツィヒ(勝ち点32)と5位ウニオン・ベルリン(勝ち点28)による上位対決が行われる。 まずは火曜に行われるレバークーゼンvsドルトムントから。レバークーゼンは前節ウニオン戦では攻め込む展開としながらも試合終盤の被弾で0-1と敗戦。一時首位に立って以降、4戦未勝利(1分け3敗)で3位まで後退してしまった。ここで敗れるようだと5位後退の可能性もあるだけに負けられない上位対決となる。 一方のドルトムントは前節、最下位のマインツ相手に痛恨のドローに終わった。MFロイスのPK失敗が響いたが、テルジッチ監督就任後も不安定な戦いが続いている。勝ち点で並ぶレバークーゼンを叩いて良い形で後半戦に臨めるか。 続いて水曜に行われるライプツィヒvsウニオン・ベルリン。ライプツィヒは前節ヴォルフスブルクとの上位対決を痛み分けで終えた。1-2から追いつく形となったが、優勢の時間帯が多かっただけに勝ちきりたいところだったが、ウニオンとの上位対決を制してバイエルンに追いすがれるか。 対するウニオンは前節、レバークーゼン相手にしたたかな試合運びで1-0と勝利。FWアウォニーとFWベッカーの走力に長けた2トップを生かす戦いが浸透しきっているが、ライプツィヒとの速攻対決で優れるかが見どころとなる。ここ3試合出番がなく苦しい立場のMF遠藤渓太に出番は訪れるか。 そして同じく水曜にはMF堂安のビーレフェルトとMF遠藤航のシュツットガルトによる日本人対決が行われる。15位のビーレフェルト(勝ち点14)は前節、守勢に回りながらもホッフェンハイムにゴールレスドローとした。得点力のなさを守備に比重を置いた戦いでカバーする策により地道に勝ち点を積み上げている状況だ。ホッフェンハイム戦では終盤に2つ決定機があった堂安だが、守備をこなしつつチャンスに絡む働きを引き続きこなせるかに注目だ。 一方、前節ボルシアMG戦をラストプレーのPK弾で2-2の引き分けに持ち込んだ10位シュツットガルト(勝ち点22)は、ここで勝利すれば欧州カップ戦出場権争いへの浮上も十分に可能なだけに必勝としたいところ。ボルシアMG戦でも特筆のプレーを見せ、攻守に充実のプレーを続ける遠藤としては引き続きボランチの位置で舵取り役を担いたい。共に今季ここまで全試合に先発と主力としてプレーしている両者だが、チームを勝利に導く働きを見せるのはどちらになるか。 前節フライブルク戦をMFミュラーの1ゴール1アシストの活躍で何とか逃げ切った首位バイエルン(勝ち点36)は、11位アウグスブルク(勝ち点19)とのアウェイ戦に臨む。屈辱のDFBポカール敗退を受けて臨んだフライブルク戦は、同点に追いつかれそうなピンチがありながらも何とか逃げ切ったバイエルン。まだまだ不安定な戦いが続き、本来の調子には程遠い状況だが、前半戦最終戦を制して気持ちよく後半戦に臨みたい。 そして、MF長谷部が本来のボランチで印象的なプレーを見せている7位フランクフルト(勝ち点26)は、9位フライブルク(勝ち点23)とのアウェイ戦に臨む。前節シャルケ戦では復帰したFWヨビッチのドッペルパックで快勝とし、4連勝としたフランクフルト。終盤出場となったMF鎌田としてはヨビッチの加入でレギュラー争いが歯列となったが、フライブルク戦では出場機会を得られるか。ボランチ、リベロの両ポジションで好パフォーマンスを続ける長谷部のプレーにも引き続き注目したい。 最後に前節アウグスブルク戦でベンチ入りしたものの出場機会のなかったFW大迫の12位ブレーメン(勝ち点18)は、8位ボルシアMG(勝ち点25)とのアウェイ戦に臨む。前々節はベンチ外だった中、アウグスブルク戦ではベンチ入りこそ果たしたものの、出場機会のなかった大迫だが、出番は訪れるか。 ◆ブンデスリーガ第17節 ▽1/19(火) 《26:30》 ボルシアMGvsブレーメン 《28:30》 ヘルタ・ベルリンvsホッフェンハイム マインツvsヴォルフスブルク レバークーゼンvsドルトムント ▽1/20(水) 《26:30》 シャルケvsケルン 《28:30》 ビーレフェルトvsシュツットガルト フライブルクvsフランクフルト アウグスブルクvsバイエルン ライプツィヒvsウニオン・ベルリン 2021.01.19 18:00 Tue
twitterfacebook
thumb

久保建英、バルサ下部組織出身のチームメイトに「特徴はよく理解できる」、アレーニャは久保について「連携するのは容易い」

ヘタフェに加入した日本代表MF久保建英とスペイン人MFカルレス・アレーニャが入団会見に臨んだ。 降格圏に位置していたヘタフェは、ラ・リーガ残留に向けて今冬に選手を補強。ホセ・ボルダラス監督が求めていた攻撃のクオリティを持っている選手として久保、中央でプレーできる選手としてアレーニャをそれぞれレンタル移籍で獲得した。 レアル・マドリー、バルセロナから両選手を獲得したヘタフェは、11日に行われたエルチェ戦でいきなり両選手を起用。アレーニャは先発出場、久保は途中出場を果たすと、久保のプレーが2ゴールを生み出し、残留を争う相手に逆転勝利を収めていた。 すでにデビューを果たしている両選手は、それぞれ入団会見に臨み記者からの質問に応対。互いの印象についてコメントした。 アレーニャは久保について質問されると「タケは皆も知っている通り、とても質の高い選手で、理解し合うのは簡単さ。サッカーをわかっているし、動きや目的もわかっているから、そういう選手とプレーするのは楽なんだ」と久保の能力の高さを評価。「(エルチェ戦では)ゴールが入りそうなプレーもあったし、(ハイメ・)マタのゴールも2人の動きから始まった。切り返しやシュートもとても上手い」と、エルチェ戦でのプレーぶりも評価していた。 久保とは初めてチームメイトになるが「少しずつ、彼とは互いに知り合っていくことになる。僕たちは1度も同じチームでプレーしたことがないからね。タケみたいな選手とは連携するのは容易いし、きっと僕たちはチームが目標を達成するため、大きな貢献ができると思う」とコメント。チームの残留に向けて力になれると語った。 一方で、久保はアレーニャ、そしてMFマルク・ククレジャと元バルセロナの選手と一緒にプレーすることについて問われ「カルレス(アレーニャ)ともクク(ククレジャ)とも一緒にプレーしたことはないけど、彼らとは基本的によく理解し合えている。彼らだけでなく、他の選手も僕を色んな面で助けてくれた。僕が居心地良く感じられるようにね」とコメント。「練習の後にはテクニカルスタッフがチームが守備的に、攻撃的にどうなのかを教えてくれて、それが素早く自分がチームに適応するのに役立っている。バルサのカンテラが持つ特徴は互いによく理解できる助けになっているよ」と語り、バルセロナのカンテラで育った選手同士分かり合えると印象を語った。 2021.01.19 10:20 Tue
twitterfacebook
thumb

「日本代表が野望」DFファン・ウェルメスケルケン際がズヴォレと2年の契約延長、両SBで全試合出場

エールディビジのズヴォレは18日、元U-23日本代表DFファン・ウェルメスケルケン際(26)との契約延長を発表した。 今シーズン限りで契約期間が満了する予定だったファン・ウェルメスケルケン際だったが、2年間延長し2023年夏までの契約を結んだ。 ヴァンフォーレ甲府の下部組織出身のファン・ウェルメスケルケン際は、2013年7月にドルトレヒトの下部組織に加入。2015年7月に昇格すると、2017年8月にはカンブールへ完全移籍。ズヴォレには、2019年7月に加入していた。 オランダの下部リーグでのプレーを続けてきたファン・ウェルメスケルケン際にとって、日本代表DF中山雄太も所属するズヴォレへの移籍は大きな転機に。ドルトレヒト時代にエールディビジで1試合に出場したことがあるファン・ウェルメスケルケン際は、2019-20シーズンは左右のサイドバックとして18試合に出場し2アシストを記録していた。 加入2年目の今シーズンも右サイドバックを中心にここまで全17試合に出場し2アシストを記録していた。 「僕はここまでの18カ月でうまく成長することができ、その結果スターティングイレブンの常連となりました。右サイドバックではうまくコントロールでき、毎試合チームとサポーターのために全てを尽くすようにしています」 「僕はこの正しい場所にいるため、契約を延長することは僕にとっては論理的なステップです。また、日本代表の候補になるために、全てを出し切りたいというのが僕の個人的な野望です」 「ズヴォレでの未来を楽しみにしています。シーズン後半にフォーカスを当て、もっと自分を見せていきたいと思います」 2021.01.19 09:40 Tue
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly