長友&香川出場のイスタンブール・ダービーを制したガラタサライが首位浮上! ベシクタシュは優勝から一歩後退《スュペル・リグ》2019.05.06 03:13 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スュペル・リグ第31節、ガラタサライvsベシクタシュのイスタンブール・ダービーが5日に行われ、2-0でガラタサライが勝利した。2位のガラタサライ(勝ち点60)と3位のベシクタシュ(勝ち点59)による上位対決。

長友擁するガラタサライは現在リーグ戦16試合負けなしで、最後の黒星は昨年12月にベシクタシュに付けられたもの。一方のベシクタシュも13試合負けなし。こちらは6連勝中でガラタサライや首位のイスタンブール・バシャクシェヒル(勝ち点63)を猛追。

両チームのスタメンは、ガラタサライは長友が[4-1-4-1]の左サイドバックで先発。28得点でリーグ得点ランクトップのディアニェがワントップに入った。

ベシクタシュは香川がベンチスタート。[4-2-3-1]の布陣のワントップにここまで16得点でランキング2位のユルマズが起用された。その他、GKカリウス、センターバックの一角にヴィダが入った。

試合はガラタサライのペースで進む。ポゼッションを高めながら主導権を握るホームチームは2分にオニェクルがファーストシュートを放つ。

25分を過ぎて、6割の支配率を数えるガラタサライが3本のシュートを放ったのに対し、ベシクタシュはゼロに抑えられる。27分にガラタサライがネットを揺らしたが、オニェクルがオフサイドを取られノーゴールに。

36分には、味方のスルーパスで抜け出したディアニェがGKと一対一に。しかし、ここはカリウスに軍配。その直後にもディアニェに好機が訪れるが、ヘディングシュートはクロスバーの上に外れた。

ここまで一方的に押し込むガラタサライはついに先制に成功する。44分、自陣深い位置の相手のFKを撥ね返したガラタサライは、左サイドからのスローインを素早くリスタートし、相手の陣形が整う前に左サイドを進撃。敵陣中央でパスを受けたフェグリがワンタッチで右のフェルナンドに流すと、フェルナンドもGKを躱す様に右へ流す。ここに走り込んだオニェクルが無人のゴールにシュートを押し込んで先制点を挙げた。

1点リードで後半を迎えたガラタサライはさらに突き放す。55分、今度は右サイドのスローインから再開したガラタサライは、右のハーフスペースを突いた味方のパスを受けたフェルナンドがGKと一対一に。一度シュートは防がれるものの、目の前にこぼれてきたボールを拾ってそのまま流し込んだ。

その後、すぐにリカルド・クアレスマを入れたベシクタシュは60分、味方のクロスをヴィダが至近距離からヘディングシュート。62分のリャイッチのシュートはGKムスレラに止められるも、ベシクタシュが徐々に攻撃の精度を上げていく。

そんな中、75分に香川が登場。そのファーストプレーでFKを獲得すると、直接狙ったリャイッチのシュートは壁の上から落ちてくる難しいものだったが、GKの正面に飛んでしまった。

そして、8分以上あった後半アディショナルタイムも過ぎ、2-0で試合終了。勝利したガラタサライはバシャクシェヒルを抜いて首位に浮上した。なお、残りは3試合となっている。
コメント
関連ニュース
thumb

堂安律が子供と交流…寄付金かかったキックターゲットで160万円ゲット《ウブロ×堂安律チャリティイベント》

スイスの高級腕時計ブランドである『ウブロ』が25日、都内でチャリティイベントを開催した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190625_111_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>「ウブロ×堂安律チャリティイベント」と銘打たれた同イベントは、2020年3月に供用開始予定である「JFA夢FIELD(フィールド)」の寄付金獲得を目指すテーマのもとで実施。森保ジャパンで主軸の一角を担う日本代表MF堂安律が参加した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190625_111_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>イベントには子供20人が集結。オランダで2年目のシーズンを過ごしたなかで、A代表デビュー&初ゴールも記録した堂安は、子供たちとの「1vs10のミニゲーム」や、「質問コーナー」、「寄付金額をかけたキックターゲット」で、約1時間にわたり交流を深めた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190625_111_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>イベント最後には、堂安からイベントに参加した子供たちに対して、サイン入りのサッカーボールを贈呈。さらに、今月16日に21歳の誕生日を迎えた堂安にも、サプライズケーキがプレゼントされ、「進化できるように頑張りたい」と“21歳の抱負”を語った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190625_111_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>なお、堂安は子どもたちとのキックターゲットにより、160万円の寄付金を獲得。この全額が建設中の「JFA夢FIELD(フィールド)」に寄付されることになる。 <div style="position: relative;text-align:center;padding-bottom: 56.25%;height: 0; overflow: hidden;" id="cws_ad"><iframe style="position: absolute;top:0; left:0; width:100%;height:100%;" src="https://www.youtube.com/embed/2SIhZT5_a14" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe></div> 2019.06.25 20:30 Tue
twitterfacebook
thumb

堂安律、コパ参戦の森保ジャパンから刺激! 「あとは自分がやるだけ」

フローニンヘンに所属する日本代表MF堂安律が25日、スイスの高級腕時計ブランドである『ウブロ』主催のイベントに登場した。 20名の子供たちとサッカーのミニゲームを通じて交流を図った堂安はイベント終了後、メディアの囲み取材に応対。質疑応答に対して、次のようにコメントした。 <div style="position: relative;text-align:center;padding-bottom: 56.25%;height: 0; overflow: hidden;" id="cws_ad"><iframe style="position: absolute;top:0; left:0; width:100%;height:100%;" src="https://www.youtube.com/embed/2SIhZT5_a14" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe></div> ◆堂安律(フローニンヘン/日本代表)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190625_121_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>──イベントを終えて 「子供たちと楽しく触れ合うができ、『ウブロ』さんのチャリティイベントを楽しくすることができて、嬉しく思う」 ──自身が子供時代に憧れた選手、ユニフォームを買った選手<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190625_121_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>「明確には覚えていないが、セルティック時代の中村俊輔選手のユニフォームを持っていた記憶がある」 「(中村俊輔選手が好きだった理由?) 自分と同じ左利きで、背番号10を背負って日本代表を引っ張った選手だったので、すごく憧れがあった」 ──コパ・アメリカ2019を戦った日本代表を外から観た感想<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190625_121_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>「僕が言うのもなんですが、逞しいというか、日本人らしく、最後までハードワークして戦っていたと思う。本当に刺激をもらってばっかり。これ以上ない環境、コパ・アメリカで戦う日本代表からこれ以上ない刺激をもらったので、あとは自分がやるだけかなと」 ──その日本代表で同世代がすごい活躍。ライバル意識は<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190625_121_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>「そういった質問をたくさんもらうが、毎回言っているように、ありがたいし、感謝でしかない。そういう環境に身を置けるのは幸せなこと。それを拒否るようじゃ、サッカー選手のトップに上り詰められないと思う。逆に、歓迎して、自分も負けじと頑張りたい」 ──イベント内でプレーした感想<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190625_121_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>「小学生のレベルというか、能力がどんなものなのか正直わからなかった。イベント中も言ったが、しつこいディフェンスが印象的だった。日本の良さはしつこいディフェンスでもあるので、『まだ子供なのにすごいな』と思った」 ──なでしこジャパンが女子W杯に参戦中。自身の主戦とするオランダが相手。メッセージを<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190625_121_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>「男女関係なく、日本サッカーを盛り上げていきたい。なでしこジャパンは男子より成績を収めているので、今回も素晴らしい成績を収めて、日本に帰ってきてほしい。本当に頑張ってもらいたい」 ──対戦した子供たちと比べた自身の子供時代<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190625_121_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>「あまり自分の子供時代を覚えていないので、わからない。イベント中も言ったように、緊張したと思うが、みんなが見ているなかでプレーする良い経験ができたと思う。この機会を生かしてほしい。年齢的に、僕と一緒にプレーできるので、『あのとき、堂安選手と会ったんです!』って言ってくる子供が出てきてくれたらなと思う」 ──今日のイベントで魅せられたか<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190625_121_tw8.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>「いや、まだまだです。練習します。僕も」 2019.06.25 19:45 Tue
twitterfacebook
thumb

シント=トロイデンで躍動の鎌田大地、ドイツ2部行きか

フランクフルトからシント=トロイデンへとレンタル移籍していたFW鎌田大地だが、フランクフルトへ戻ることはなさそうだ。ベルギー『voetbalkrant.com』が報じた。 2017年7月にサガン鳥栖からフランクフルトへと完全移籍で加入した鎌田だったが、加入1年目はニコ・コバチ監督(現バイエルン監督)の信頼を得られず、ブンデスリーガで3試合、DFBポカールで1試合の出場にとどまっていた。 迎えた2シーズン目も構想外となると、シント=トロイデンへとレンタル移籍。するとベルギー・ジュピラー・プロ・リーグで24試合に出場し12ゴール2アシストを記録。チームの攻撃の中心として活躍し、日本代表にも招集されていた。 プレーオフ2へ進んだチームにおいても、10試合に出場し3ゴール5アシストと活躍を見せた鎌田。市場価値も加入時に比べ2倍に高騰したものの、フランクフルトへ戻ることはないとされている。 そんな鎌田の移籍先に浮上したのが、ブンデスリーガ2部のシュツットガルトだ。今シーズンはリーグ戦を16位で終え、プレーオフに進んだもののウニオン・ベルリンに敗れて2部へ降格。1年でのブンデスリーガ復帰を目論みるシュツットガルトは、チーム再建に動いており、鎌田が優先的に考えられているという。 シュツットガルトは、かつて日本代表FW岡崎慎司(現レスター・シティ)や元日本代表DF酒井高徳(現ハンブルガーSV)、FW浅野拓磨(現ハノーファー)ら日本人がプレーしたことでも知られている。 フランクフルト加入時は160万ユーロ(約1億9400万円)程度だった価値も、450万ユーロ(約5億4500万円)にまで上昇しており、どこが獲得するのか注目が集まる。 2019.06.21 10:50 Fri
twitterfacebook
thumb

マルセイユ酒井宏樹がファン選定のクラブ年間MVPに輝く!

マルセイユに所属する日本代表DF酒井宏樹(29)が15日、サポーター選定のクラブ年間最優秀選手に輝いた。 酒井は2016年夏にハノーファーから加入。今シーズンは本職の右サイドバックだけでなく、左サイドバックや3バックの一角でプレーする万能性も生かして、公式戦32試合1得点5アシストの成績を収めた。 受賞を受け、酒井は自身のツイッター(@hi04ro30ki)に「自分より結果を残した選手達は沢山いたけど評価して頂き本当に光栄です!」と綴り、ファンに感謝した。 なお、酒井を巡っては今夏、イギリス『スカイ・スポーツ』により、プレミアリーグ6強の一角トッテナムの関心が報じられ、去就に注目が集まっている。 2019.06.16 14:15 Sun
twitterfacebook
thumb

スパーズ、日本代表DF酒井宏樹の獲得を考慮か…英『スカイ』報じる

マルセイユに所属する日本代表DF酒井宏樹(29)に対して、トッテナムの関心が急浮上した。10日付のイギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 トッテナムはビッグ6の一角で、酒井と同じくアジア人選手である韓国代表FWソン・フンミンが在籍。プレミアリーグ4位フィニッシュの今シーズンはチャンピオンズリーグ(CL)でも決勝に駒を進め、クラブ初の欧州制覇に迫った。 そのトッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督は今夏、両サイドバックの改善を希望しており、イングランド代表DFキーラン・トリッピアー(28)や、コートジボワール代表DFセルジュ・オーリエ(26)の放出も視野に入れている模様だ。 そこで、今夏の移籍市場で23歳以下の若手をターゲットに人材を探しているポチェッティーノ監督だが、それがうまくいかなかった場合の候補として、代表通算56試合1得点を誇る柏レイソル出身の右サイドバックに目をつけているという。 酒井は、2009年に柏でプロキャリアをスタートさせ、ハノーファー移籍を経て、2016年夏にマルセイユ加入。今シーズンは公式戦32試合1得点5アシストの成績を収め、通算122試合2得点12アシストをマークしている。 2019.06.10 17:55 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース