ラツィオとのCL出場権争いを制したアタランタが4位を死守!クラブ史上初のCL出場へまた一歩前進!《セリエA》2019.05.05 23:55 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエA第35節、ラツィオvsアタランタが5日に行われ、1-3でアタランタが勝利した。前節サンプドリア戦をカイセドのドッピエッタで逃げ切った8位ラツィオ(勝ち点55)は、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位アタランタを4ポイント差で追う中、L・アルベルトが出場停止から復帰。前節ベンチスタートだったインモービレも先発に戻った一方、ミリンコビッチ=サビッチは負傷で、ルリッチは累積警告で欠場となった。

対するアタランタ(勝ち点59)は前節ウディネーゼ戦を終盤の2ゴールで退け、ついに4位浮上を果たした。クラブ史上初のCL出場権獲得へ邁進する中、10日後にコッパ・イタリア決勝でも対戦するラツィオ相手に現状のベストメンバーを送り込んだ。

試合は開始3分に動く。ボックス右でカイセドが浮いたルーズボールを落とすと、パローロが左足ダイレクトでシュート。これがゴール左隅に決まってラツィオが幸先良く先制した。

好スタートを切ったラツィオは続く14分、インモービレのミドルシュートでGKを強襲。その後も自陣に引いてアタランタの攻撃を受け止めていたが、22分に同点とされた。

フロイラーのシュートのルーズボールをボックス中央で収めたD・サパタが確実にゴールへ蹴り込んだ。

試合を振り出しに戻したアタランタが引き続き押し込む展開とすると、29分には逆転のチャンス。A・ゴメスのスルーパスに抜け出したボックス左のイリチッチがシュート。だが、枠を捉えきれなかった。ハーフタイムにかけては一進一退の攻防が続いた中、互いに譲らず1-1で前半を終えた。

迎えた後半開始30秒、イリチッチがボックス右に侵入してGKを強襲するシュートを浴びせたアタランタが、ラツィオの圧力を受け止める展開で立ち上がっていくと、58分に逆転ゴールを奪った。A・ゴメスがワラセのミスパスをカットしてボックス右に侵入。マイナスのパスを折り返し、カスターニュがゴールに蹴り込んだ。

リードしたアタランタが守備を固める中、76分に決定的な3点目を奪う。A・ゴメスの右CKからディムスティがヘッドで叩き込んだ。終盤にかけてもラツィオの反撃を許さなかったアタランタが3-1で逆転勝利。ラツィオとのシックスポインターを制し、4位を死守している。一方、敗れたラツィオはCL出場権獲得が絶望的となった。
コメント
関連ニュース
thumb

ラツィオ、PSG移籍話のミリンコビッチ=サビッチの後釜にヤズジュ、ロフタス=チークら

ラツィオのセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ(24)のパリ・サンジェルマン(PSG)移籍が話題になる中、ラツィオはその後釜としてトラブゾンシュポルのトルコ代表MFユスフ・ヤズジュ(22)やチェルシーのイングランド代表MFルベン・ロフタス=チーク(23)らをリストアップしているとイタリア『トゥットメルカート』が伝えた。 ミリンコビッチ=サビッチの獲得に熱を入れるPSGは同選手獲得に8000万ユーロ(約98億円)、または7000万ユーロ(約86億円)+アルゼンチン代表MFレアンドロ・パレデス(24)の条件で交渉にあたっているとされている。 移籍が決定的とも言われる中で、その後釜となる選手の獲得リストにはヤズジュ、ロフタス=チークの他にレッドブル・ザルツブルクのハンガリー代表MFドミニク・ショボスライ(18)の獲得も視野に入れているが、アーセナルと競合になるため獲得は難しいのではないかと触れられている。 得点力と確かなテクニックを備えた司令塔の動向と、新たに獲得を狙う若手選手たち。毎年チャンピオンズリーグ権を窺う位置につけるラツィオの編成には今後も注目だ。 2019.06.25 19:03 Tue
twitterfacebook
thumb

PSG、ミリンコビッチ=サビッチに約90億円オファーか

パリ・サンジェルマン(PSG)がラツィオのセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ(24)に対し、移籍金7500万ユーロ(約91億7000万円)のオファーを準備しているようだ。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じている。 同メディアによればPSGのスポーツ・ディレクター(SD)に就任したレオナルド氏と、ミリンコビッチ=サビッチの代理人を務めるマテヤ・ケジュマン氏が良好な関係を築いていることが、この移籍が実現する要因だと主張している。 2015年夏にラツィオに加入したミリンコビッチ=サビッチは2016-17シーズンから主力に定着。2017-18シーズンにはリーグ戦35試合で12ゴール4アシストの成績でブレイクを果たしていた。今季はリーグ戦31試合の出場で5ゴール3アシストとパフォーマンスを落としていたが、昨夏ミランのSDを務めていた際にもミリンコビッチ=サビッチの獲得に乗り出していたレオナルド氏が再アタックをかけるようだ。 2019.06.24 23:07 Mon
twitterfacebook
thumb

セビージャ新指揮官のロペテギ、ルイス・アルベルトに熱視線か

セビージャが、ラツィオに所属するスペイン代表MFルイス・アルベルト(26)の獲得に興味を示しているようだ。スペイン『マルカ』が報じている。 スペイン人MFパブロ・サラビア(27)やアルゼンチン代表MFエベル・バネガ(30)、フランス代表FWウィサム・ベン・イェデル(28)、オランダ代表FWクインシー・プロメス(27)ら多くの主力の去就が不透明となっているセビージャ。フレン・ロペテギ新監督は、彼らを売却した場合に得られる資金をルイス・アルベルトの獲得に充てたいと考えているという。 セビージャ下部組織出身のルイス・アルベルトは、2011年にトップチームに昇格すると、リバプールやマラガなどを渡り歩き2016年夏にラツィオへ加入。今シーズンのセリエAでは、スペイン人らしいボールコントロールと高水準のパスセンスを武器に27試合で4ゴール5アシストを記録。また、2017年にはロペテギ監督の下でスペイン代表デビューも飾っている。 しかし、ラツィオはスペイン代表MFの放出に否定的であり、少なくとも3000万ユーロ(約36億6000万円)の移籍金を要求する模様。そこで、セビージャはアルゼンチン代表MFフランコ・バスケス(30)の譲渡を含めたオファーを検討しているようだ。 2019.06.14 15:16 Fri
twitterfacebook
thumb

守備的なユーティリティプレーヤーが欲しいラツィオ、アーセナルDFを狙う?

アーセナルの元イングランド代表DFカラム・チャンバース(24)だが、ラツィオへの移籍が浮上した。イタリア『イル・メッサジェッロ』が報じた。 サウサンプトンの下部組織で育ったチャンバースは、2014年にアーセナルへと完全移籍で加入。その後はミドルズブラへのレンタル移籍を経験。今シーズンはフルアムへレンタル移籍し、プレミアリーグで31試合に出場し2ゴールを記録していた。 本職はセンターバックのチャンバースだったが、フルアムではディフェンシブミッドフィールダーのポジションでプレー。新境地を開き、フルアムで大きな貢献を見せていたが、チームは降格の憂き目に遭っていた。 そんなチャンバースに興味を示しているのが、ラツィオだ。ラツィオは、複数ポジションでプレーできる守備的な選手を探しており、チャンバースが候補に挙がったとのこと。1250万ポンド(約17億1700万円)の移籍金を用意するつもりのようだ。 アーセナルは、サウサンプトンから購入する際に1600万ポンド(約22億円)を要しており、チャンバースの状況を考えれば売り時とも考えられる。果たして、この移籍は成立するのだろうか。なお、ラツィオは同価格で購入可能なニューカッスルのDFジャマール・ラッセルズ(25)にも興味を示しているようだ。 2019.06.13 12:45 Thu
twitterfacebook
thumb

Jリーグなし?…ロッベンがラツィオに逆オファー

今夏の移籍先に注目を集めるバイエルンの元オランダ代表FWアリエン・ロッベン(35)に対して、ラツィオ移籍の可能性が出てきた。イタリア『カルチョメルカート』が報じた。 ロッベンは今シーズンがバイエルンとの契約最終年。契約満了による退団が決まっており、新天地としてJリーグのほか、古巣フローニンヘンや、メジャーリーグ・サッカー(MLS)、プレミアリーグ行きなど様々な憶測が浮上している。 そのなかで日本行きとなれば、Jリーグもさらに盛り上がること間違いなしだが、ロッベンの代理人がラツィオに対して売り込みをかけ、会談したという。 なお、現時点でラツィオ側にロッベンに対する関心があるかどうかわかっていないとのこと。名実ともにドリブラーとして実績十分なロッベンの去就はいかに。 2019.06.10 10:20 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース