久保途中出場のニュルンベルク、ヴォルフスブルクに敗戦で残留険し《ブンデスリーガ》2019.05.05 00:43 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ニュルンベルクは4日、ブンデスリーガ第32節でヴォルフスブルクとのアウェイ戦に臨み、0-2で敗れた。ニュルンベルクのFW久保裕也は75分から出場している。前節バイエルン戦を引き分けた17位ニュルンベルク(勝ち点19)だったが、残留プレーオフに回れる16位シュツットガルトが勝利したため、5ポイント差を付けられた。勝利を逃せば今節にも降格が決まる中、バイエルン戦で出場機会のなかった久保は引き続きベンチスタートとなった。

ヨーロッパリーグ出場を目指す8位ヴォルフスブルク(勝ち点49)に対し、互角の攻防で立ち上がっていったニュルンベルクは、膠着状態に持ち込んでいく。

互いにシュートシーンがなかった中、38分にニュルンベルクはミスから失点した。DFのGKへのバックパスミスをメーメディにカットされ、ルーズボールをクラウスに押し込まれた。

迎えた後半もゴールに迫れずにいたニュルンベルクは、65分に同点弾に近づいた。ボックス手前中央からイシャクの放ったミドルシュートが枠を捉えた。だが、GKペルヴァンの守備範囲だった。

この試合初のオンターゲットを記録したニュルンベルクは75分に久保を右MFに投入した。

しかし78分、ヴォルフスブルクに決定的な2点目が生まれる。FKからティセランにヘディングシュートを決められた。

結局、終盤にかけても反撃の糸口を掴めなかったニュルンベルクは成す術なく敗戦。同時刻に試合を行っていたシュツットガルトが敗戦したため、今節での降格は避けられたが、残留が非常に厳しくなっている。
コメント
関連ニュース
thumb

ヘルタ、降格ニュルンベルクからU-21ドイツ代表MFローヴェンを獲得

ヘルタ・ベルリンは13日、ニュルンベルクのU-21ドイツ代表MFエドゥアルド・ローヴェン(22)を獲得したことを発表した。契約期間は2024年までの5年間となっている。移籍金はドイツ『キッカー』によると700万ユーロ(約8億5000万円)とのことだ。 2016-17シーズンにニュルンベルクでプロデビューを飾ったセントラルMF兼センターバックのローヴェンは、昨季2部でリーグ戦32試合に出場して5ゴールを挙げ、チームの1部昇格に貢献していた。 今季は負傷で長期離脱があった中、ブンデスリーガで22試合に出場し3ゴール3アシストを記録したが、チームは最下位で2部へ降格していた。 また、U-21ドイツ代表としては7試合に出場し、今月開催されるU-21欧州選手権にも選出されている。 2019.06.13 23:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ホッフェンハイムのU-20ドイツ代表FWハック、降格ニュルンベルクに完全移籍

ブンデスリーガ2部に降格したニュルンベルクは8日、ホッフェンハイムのU-20ドイツ代表FWロビン・ハック(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までの4年間となっている。 2012年からホッフェンハイムの下部組織に在籍するハックは、U-16からドイツ代表に選出され、現在はU-20ドイツ代表に招集されている今後を嘱望されるアタッカー。昨年10月に行われた今季のチャンピオンズリーグ、グループステージ第2節マンチェスター・シティ戦でトップチームデビューを果たしていた。 2019.06.08 23:18 Sat
twitterfacebook
thumb

バイエルン、ニュルンベルク戦でのサポーターの違反行為で罰金処分

ドイツサッカー連盟(DFB)は30日、4月に行われたニュルンベルクvsバイエルンの“バヴァリアン・ダービー"でバイエルンサポーターが起こした不適切な行動に対し、チームに制裁を科した。 バイエルンサポーターは、4月28日に行われたブンデスリーガ第31節のニュルンベルク戦において、4つの発煙筒と少なくとも54ものパイロテクニクスを炊き、後半開始が遅延する騒ぎとなっていた。 これを受けたDFBスポーツ裁判所は、バイエルンに10万7400ユーロ(約1300万円)の罰金処分を科すことを決定。すでにバイエルン側もこの判断を受けいれているため、罰金処分は確定済みとなった。 2019.05.31 01:15 Fri
twitterfacebook
thumb

レンタル終了の久保、来季はヘントに復帰か!? ヘントTDは復帰を明言「久保はニュルンベルクから戻ってくる」

今季ニュルンベルクでプレーした日本代表FW久保裕也(25)が、所属元のヘントへの復帰するようだ。ヘントのミシェル・ルワギーTD(テクニカルディレクター)が明言した。 2018年8月に買取オプション付きのレンタル移籍でニュルンベルクに加入した久保は、ブンデスリーガで22試合に出場し1ゴールを記録したが、チームを降格から救うことができず。ニュルンベルクは1年での2部降格となった。 ヘントのミシェル・ロワーギーTD(テクニカルディレクター)は、ベルギー紙「HTL」のコラム上で久保の去就について、以下のように明かしている。 「久保裕也はニュルンベルクから戻ってくる。代理人との合意があるからね。彼はヘントにいた時、18カ月で16点を決めている。2トップを採用するなら、重要なオプションになるはずだよ」 2019.05.21 00:51 Tue
twitterfacebook
thumb

久保所属の降格ニュルンベルク、ショマース暫定監督の今季限りでの退任を発表

日本代表のFW久保裕也が所属するニュルンベルクは14日、ボリス・ショマース暫定監督(40)の今シーズン限りでの退任を発表した。 今シーズン、アシスタントコーチを務めていたボリス・ショマース氏は今年2月、クラブの成績不振によりミヒャエル・ケルナー前監督に代わって暫定監督に就任。ブンデスリーガ第21節終了時点で2勝6分13敗と最下位だったチームの立て直しに期待されたが、その後も挙げた勝利はわずか「1」に留まり、チームは最終節を残して2部降格が決定している。 2019.05.15 11:40 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース