大分FW伊佐耕平が左ヒザ軟骨損傷で全治4カ月

2019.05.01 16:05 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
大分トリニータは1日、FW伊佐耕平が左ヒザ軟骨損傷と診断され、手術・検査を受けたことを発表した。全治は4カ月。クラブの発表によると、伊佐は3月13日に行われたYBCルヴァンカップ・グループステージ第2節の名古屋グランパス戦で負傷した。今後は、経過を見ながらリハビリを開始するとのことだ。

伊佐は2014年に大阪体育大学から大分に入団。今シーズンはここまで明治安田生命J1リーグに1試合、ルヴァンカップに2試合出場していた。
関連ニュース
thumb

J1昇格目指す新潟が大分FW髙澤優也を期限付きで獲得「昇格のために全力を尽くします」

アルビレックス新潟は3日、大分トリニータのFW髙澤優也(24)が期限付き移籍で加入することを発表した。 期限付き移籍期間は2022年1月31日まで。背番号は「11」をつける。 髙澤は東京都出身で、流通経済大学付属柏高校から流通経済大学へと進学。2019年に当時J3のザスパクサツ群馬へと入団した。 群馬ではルーキーながら明治安田生命J3リーグで27試合に出場し17得点を記録。2020年に大分へと完全移籍すると、大分では明治安田生命J1リーグで24試合に出場し6得点を記録していた。 今シーズンはJ1で15試合、YBCルヴァンカップで6試合に出場し1得点、天皇杯で2試合に出場し2得点を記録していたが、FW呉屋大翔の加入もあり、ポジション争いが激化していた。 髙澤は両クラブを通じてコメントしている。 ◆アルビレックス新潟 「大分トリニータから期限付き移籍してきました髙澤優也です。J1昇格のために全力を尽くしますので、必ず皆さんで昇格しましょう!よろしくお願いします」 ◆大分トリニータ 「この度、アルビレックス新潟へ期限付き移籍することになりました。今年はなかなか結果が出せず、申し訳なく思います」 「新潟で必ず結果を出して成長したいと思います。大分ファミリー大好きです。引き続き応援をよろしくお願いします」 2021.08.03 10:22 Tue
twitterfacebook
thumb

大分1年目の福森健太、半年で古巣北九州にレンタル 「必死に全力でプレー」

ギラヴァンツ北九州は31日、大分トリニータからDF福森健太(27)の期限付き移籍加入を発表した。加入期間は2022年1月31日まで。背番号「30」を着用する。 福森はFC東京の下部組織出身で、鹿屋体育大学を経て、2016年に北九州でプロキャリアをスタート。今季から大分に完全移籍加入して、J1初挑戦を果たした。 その今季はここまで明治安田生命J1リーグ9試合、JリーグYBCルヴァンカップ5試合、天皇杯2試合に出場。だが、レギュラーの座を射止め切れていなかった。 出場機会を求め、大分入りから半年での古巣復帰を決意した福森。北九州の公式サイトを通じて、意気込みを語った。 「僕がこの状況を変える! そういった強い思いで必死に全力でプレーしますので、ファン、サポーターの皆様、またどうぞよろしくお願い致します」 一方で、半シーズンでの退団となる大分を通じてはこれまでのサポートとともに、新天地での活躍を誓った。 「半年という短い間でしたが大分トリニータの一員として闘えた事を誇りに思います。ここで学んだことを移籍先で発揮し、選手としてさらに成長していきます。皆様大変お世話になりました。ありがとうございました!」 2021.07.31 15:15 Sat
twitterfacebook
thumb

大分、鹿児島MF野嶽惇也が完全移籍加入! 「正直寂しいですが…」

大分トリニータは31日、鹿児島ユナイテッドFCからMF野嶽惇也(26)の完全移籍加入を発表した。背番号は「28」。同日からチームに合流する。 鹿児島県出身の野嶽は福岡大学から2017年に鹿児島入り。ルーキーイヤーから試合に絡んでいき、今季も右サイドハーフや右️サイドバックとして公式戦14試合でプレーした。 J3クラブからJ1クラブへの移籍が決まり、個人昇格という形で自身初のJ1挑戦となる野嶽。大分の公式サイトを通じて、意気込みを語っている。 「この度、鹿児島ユナイテッドFCから加入させていただくことになりました野嶽惇也です。今回、このタイミングでオファーを頂き大分トリニータの一員となれることに本当に感謝しています。1日でも早くチームの力となれるよう熱く直向きに闘います。よろしくお願いします」 一方、鹿児島を通じては「この度、大分トリニータに移籍させていただくことになりました」と綴り、これまでのサポートに感謝しつつ、新天地での活躍を誓った。 「こうしてシーズンの途中でチームを離れ、迷惑をかけてしまうことを申し訳なく思っています。それでも小さい頃から目標としてきたJ1の舞台での挑戦を、クラブが後押しして頂けたお陰でこの決断をすることができました」 「4年半という時間の中で昇格という最高の瞬間を味わえたり、なかなか試合に出られずもがいていた日々もありましたが、どんな時も共に闘い応援してくださった皆様、本当にありがとうございました」 「生まれ育った鹿児島の大好きなチームを離れるのは正直寂しいですが、これからも粘り強く直向きに頑張っていきます。長くなってしまいましたが、これからも鹿児島ユナイテッドFCの応援、サポートをよろしくお願いします」 「チームは離れますが、これからも野嶽惇也のことも気にかけていただけたら嬉しいです。本当にありがとうございました!」 2021.07.31 09:25 Sat
twitterfacebook
thumb

G大阪が逆転勝利&降格圏脱出! 大分は連勝ならず【明治安田J1第3節】

27日、明治安田生命J1リーグ第3節のガンバ大阪vs大分トリニータがパナソニック スタジアム吹田で行われ、2-1でG大阪が勝利を収めた。 17位のG大阪はホームに鹿島アントラーズを迎えた前節、0-1で惜敗。試合の消化数が少ないとはいえ、降格圏を脱出できない状況が続いている。ケガ人を抱える中での連戦だが、残留に向けてホーム3連敗は避けたいところだ。 同じく降格圏に沈む19位の大分は、前節の浦和レッズ戦から17日ぶりとなる実戦。今節から新戦力の呉屋と古巣復帰の梅崎が起用可能となり、早速ベンチに入った。余裕のある日程と層が厚くなった攻撃陣を生かして、連勝を目指したい。 [5-4-1]の守備ブロックを組んでショートパスでのビルドアップを警戒する大分に対して、G大阪は中盤から一気にロングボールで押し込んでいく。一美やパトリックがタイミングよく裏に抜け出し、起点を作っていく。27分にはパトリック、30分にはウェリントン・シウバがペナルティエリア内でクロスに合わせるが、どちらもゴールには結びつかなかった。 一方の大分は、カウンターに活路を見出す。192cmの長沢にロングボールを送り、セカンドボールをシャドーやボランチの選手が拾って二次攻撃につなげる。前半途中からはボールを持つ時間が増え、右サイドを中心に攻撃を展開。ウィングバックの井上、前節ゴールを決めた町田、1トップの長沢のコンビネーションでG大阪の守備陣をかく乱していく。 すると40分、右サイドでボールを受けた町田がクロスを上げると、マークを外した長沢がペナルティエリア中央でヘディングで合わせる。しかし、ボールは枠の上に飛んでいき先制点とはならず、ゴールレスドローで試合は後半へ。 後半に入って10分と経たないうちにG大阪に決定機。左サイドからのクロスに途中出場の高尾、右サイドからのクロスにパトリックが頭で合わせるも、どちらもGKポープに阻まれてしまう。 その後もG大阪優位の時間が続いたが、先制したのは大分だった。60分、野村の蹴ったCKのこぼれ球にエンリケが反応し、思い切り右足を振り抜いてGK東口の牙城を崩した。 試合が動いてからはG大阪がボールを握る時間が続く。宇佐美と矢島と倉田を同時投入や、パトリックとレアンドロ・ペレイラの強力2トップを並べ、攻撃的な布陣で点を取りに行った。 その後も相手陣地に押し込むものの、なかなかゴールが遠いG大阪だったが84分に追いつく。矢島のミドルシュートがブロックされ、そのこぼれ球をレアンドロ・ペレイラがダイレクトシュート。ペナルティエリアの外から強烈な一撃を突き刺し、試合を振り出しに戻した。 アディショナルタイムに入り、このまま試合終了かと思われたが、94分に劇的な結末。G大阪がキム・ヨングォンからロングボールをボックス右のパトリックが頭で折り返すと、宇佐美が右足ハーフボレー。途中出場の39番が冷静にゴール右に決め、スコアをひっくり返した。 試合はそのまま終了し、G大阪が3試合ぶりの勝利。順位を15位に上げ、降格圏から脱出することに成功している。 ガンバ大阪 2-1 大分トリニータ 【G大阪】 レアンドロ・ペレイラ(後39) 宇佐美貴史(後45+4) 【大分】 エンリケ・トレヴィザン(後15) 2021.07.27 21:50 Tue
twitterfacebook
thumb

「ここで勝負したい」ルーキー時代の「27」で再出発、14年ぶり大分帰還のMF梅崎司の想い「常に自分の心の中にあるクラブ」

14年ぶりに大分の地に舞い戻った元日本代表MF梅崎司が、入団会見を行った。 大分の育成組織出身で、2005年にトップチームへ昇格した梅崎。2006年にはGK西川周作とともに日本代表に招集され、大分からA代表に選出された初の選手となった。 2007年には当時フランス2部のグルノーブルへレンタルで加入するも、半年で大分へ復帰。そして、2008年に浦和レッズへと完全移籍する。 浦和では10シーズンプレー。しかし、前十字じん帯損傷や半月板損傷などの大ケガを乗り越えてスタメンに定着すると、ウイングバックやシャドーとして結果を残し、2015年のステージ優勝に貢献した。 2018年には湘南ベルマーレに完全移籍で加わり、ルヴァンカップ優勝を経験。ピッチ内外で大きな役割を見せたが、ここ2年間はプレー機会が減少していた。 14年ぶりに大分の地へと戻った梅崎。合流して間もないが「雰囲気は良いのかなと思いました。久々のクラブハウスということで、凄く懐かしい気持ちにさせてもらいました」と、懐かしい気持ちになったという。 現在大分は19位と降格圏に位置。現在残留ラインの徳島ヴォルティスとは勝ち点差「4」となっている。厳しい立ち位置にある古巣への復帰を決めた理由は「自分のベルマーレでの状況、立ち位置があまり良いものではなかったのが1つですし、試合になかなか絡めていなかったというのもあります」とコメント。「自分の中でコンディションはどんどん良くなって、試合でプレーできると思い、カップ戦でもフィーリングは良かったです」と、調子が上がっている中でもプレー機会が少なかったことを理由の1つに挙げた。 そんな中、大分からのオファーがあったという。「こういった話をもらい、大分にはいつか戻りたいと漠然と思っていたので、このタイミングで復帰を決断しました」とコメント。良いタイミングで良い話が来たと語った。 とは言え、今回の移籍の決断は決して簡単ではなかったという。「割と決断するのは早かったと思います。けど、簡単ではなかったです。家族もいますし、ベルマーレも大好きなチームでしたし、こっちに慣れてきたというところもありました。ただ、ここで勝負したいという思いになりました」と、葛藤がありながらも、割とすぐに決断したと明かした。 自分もいつか望んでいた大分への復帰だが「実現するとは思っていなかった感じです」と、思わぬチャンスだったとも語り、「来たいと思って来れるものでもないですし、自分の年齢のことも理解しています」と、ベテランの域に入った中で古巣に復帰できたことを喜んだ。 オファーは他のクラブからもあったという梅崎。「この年齢になってもそういったオファーをいただけること自体が幸せなことですし、選べる立場であったのはなかなかないことでもあったので、両チームにすごく感謝しています」とコメント。「キャリアの終盤に入ってきていると思います。その中で、一番チャレンジしたい場所であるということが、自分の中で一番の要因だったので、何を見せられるかだと思いますし、選手としてもう一花咲かせたいと思っています」と、大分で再び輝くことを誓った。 今シーズンの大分については「多くの主力が移籍してしまったというのもあって、なかなか中心となる選手がハッキリしていないのかなと感じていましたし、戦術的に相手を引き込んだり、相手の裏をついていくことに長けているチームだと思っていたので、そこで相手のプレッシャーに負けたり、どういう心理状況でボールを回しているのかなど、そこさえ変われた良くなると見ていました」としっかりとチームを見ていた様子。その中での自身の役割についても語った。 「ポジション的にどこをやるかというのもありますが、メンタリティのところでより前向きでいなければ成り立たないサッカーだと思っているので、自分が入った時にメンタル的なところ、士気の部分は声をかけていきたいですし、攻撃の部分でスイッチとなる、前の推進力を出していくイメージではいます」 メンタル面での問題を感じているという梅崎。自身のやりたいポジションについては「2シャドーは一番やりたい」と語った。その中で、片野坂知宏監督からは「僕が持つスキルだったり、もっと前への推進力を出して欲しいし、スイッチ役になって欲しい」と言われたとのこと。「精神面でもチームにプラスに働くような行動ができる選手だと思っているので、期待しているし、お願いしたい」とも言われ、チームを支えるメンバーとして迎えられたようだ。 片野坂監督からはポジションについて「シャドーやワイドとどちらも考えている」とオファー時に聞いたという梅崎。浦和、湘南では様々なポジションでプレーしており、「FWもできるし、シャドーもできるし、ベルマーレでは3ボランチの一角もやっていますし、ワイドもやろうと思えばできると思います」とどのポジションでもプレーできると語った。 かつてはケガにも悩まされた梅崎。「今は問題ないです」とコメント。「今年は途中ギックリ腰はありましたが、ここ3、4カ月はプレーできていますし、どんどんコンディションも良くなって、ケガへの不安はなくなっています」と、フィジカルや体調面は問題ないとした。 またプレー面では「ゴールへどう向かっていくか、直結していくかという部分は変わっていないので、その引き出しやアイデアをうまくチームに還元したいですし、成長した姿を見せたいと思います」と語った梅崎。アンダー世代の代表でも共にプレーしたFW長沢駿や今夏柏レイソルから加入したFW呉屋大翔など、ターゲットになる選手がチームにはいる。 梅崎は前線のターゲットを生かすプレーは自身の特徴でもあると語ると共に、どうゴールを奪うのか、チーム戦術を理解してチャンスメイクもしていきたいと意気込んだ。 「後ろからビルドアップするのは大分のスタイルだと思いますが、(長沢)駿が入ったことによって、前線の高さは間違いなく強みになったと思いますし、繋ぐだけでなく、長いボールからのセカンドボールも1つ狙い目だと思います」 「そういう所の反応や仕掛けは自分の持ち味の1つだと思います。押し込んだ時にターゲットとなる選手がいるというのは、自分は自ら得点行くこともできますけど、チャンスメイクも長けていると思うので、勝負球をタイミング見て入れやすいなと感じています」 「そこ(セカンドボール)にはこだわっていきたいです。ただ、まずはゲームをどう作るか、どうアタッキングサードに入って行くのかは、クラブのスタイルとしても重要です」 「まずはどう戦術的に理解して、フィットして行くかは第一にやっていかなければいけないと思います。その先にどうゴールに直結するプレーを見せて行くのかがあると思います」 攻撃の選手としてチームが勝ち点を重ねるのに必要なゴールを意識する梅崎。さらに残留争いをする上で重要なのはやはりメンタルだと語った。 「メンタルは非常に重要だと思っていて、一個人としても大部分のウェイトを占めていると思いますし、チームとしてももっと重要だと思います」 「信念を持って、自分たちのサッカーを持って貫けるか、一致団結して困難に立ち向かっていけるかが重要です」 「選手全員、監督スタッフ含めて作っていくものだと思うので、いかに1人1人が声をあげて、助け合って、良い方向に行けるかどうかだと思う」 「そういった面でも恥ずかしがるのではなく、思い切って自分を出して、チームのために行動していくことが重要だというのは色々な経験で学んだことなので、しっかりやって達成できればと思います」 自身の力も使って残留を目指す梅崎。大分トリニータという存在は「常に自分の心の中にあるクラブでしたし、どういう状況は気にして見ていました」と語り、「僕が離れた1年目にナビスコをとったり、最高成績を出したり、素晴らしい年もあれば、翌年J2に落ちて、苦しい時期を経験してJ3に落ちて、そこから上がってくるのを見ていて、素晴らしいなと」と浮き沈みがあるチームを見守ってきたと語った。 また、その様子を見て「感動じゃないですけど、クラブ経営的にも厳しくなったのも僕はそこにいないのでなんともわからないですが、チームとして苦しんだのは想像つきますし、こうやってまたJ1の舞台にしっかり戻ってきて戦えているのは素晴らしいと思っていました」と、古巣を気にし続けていたと語った。 ルーキーの時に大分で着けた「27」を背負い「もう一度帰ってくるという意味合いもあります」と語った梅崎。J1にチームを残留させることができるのか。14年ぶりの大分での躍動に期待したい。 2021.07.20 21:20 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly