元日本代表DF安田理大が千葉に加入「“平成”の最後に契約し”令和”へと突入します」

2019.04.30 15:45 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
ジェフユナイテッド千葉は30日、元日本代表DF安田理大(31)の加入を発表した。背番号は「33」に決定している。

ガンバ大阪の下部組織で育った安田は2006年のトップチーム昇格後、2007年のナビスコカップ(現・YBCルヴァンカップ)でニューヒーロー賞と最優秀選手賞をダブル受賞。2010年途中にオランダのフィテッセ移籍後、ジュビロ磐田、サガン鳥栖、ヴィッセル神戸、名古屋グランパス、釜山アイパーク(韓国)といったクラブを転々した。2018シーズンからアルビレックス新潟でプレー。明治安田生命J2リーグ30試合6得点を記録したが、退団が決まった。千葉加入を受け、クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。

「ジェフユナイテッド市原・千葉を愛する皆さんこんにちは。この度チームの一員となった安田理大です。“平成”の最後に契約し”令和”へと突入します。ジェフ千葉に新しい良い流れを運んでこれるようPassion込めて戦います。一緒にJ1昇格を目指しましょう」

シーズン開幕からの不振により、監督交代を行った千葉は現在、J2リーグ2勝5分け4敗の19位。5月5日に行われる次節、ヴァンフォーレ甲府とのアウェイゲームに臨む。
コメント