シティがバーンリーの堅守に大苦戦もアグエロの今季20点目で勝ち切る! リーグ12連勝で首位堅持《プレミアリーグ》2019.04.29 00:02 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第36節、バーンリーvsマンチェスター・シティが28日にターフ・ムーアで行われ、アウェイのシティが1-0で勝利した。前節、敵地でのマンチェスター・ダービーを2-0で制したシティ(勝ち点89)はリーグ11連勝でついに消化試合数で並んだリバプール(勝ち点88)を抜き首位に浮上した。今節先に試合を戦ったリバプールが勝利したことで暫定首位の座を明け渡して臨んだ今節は、15位バーンリーとのアウェイゲームに臨んだ。ダービーで負傷したフェルナンジーニョに代わってザネを起用した以外、同じメンバーで臨んだ。

立ち上がりからボールを保持して相手を押し込んでいくシティだが、素早い帰陣と距離感が整えられた相手の堅固な守備ブロック攻略に手を焼く。遅攻時は相手の寄せの早さとゴール前に屈強なセンターバックが並ぶことでなかなかスイッチとなるパスが入らない。

それでも、相手が前に出た場面では良い形からのボール奪取でカウンターに転じ、ベルナルド・シウバやザネがボックス内に侵入する場面を作っていく。だが、連戦の疲れか珍しくファーストタッチの乱れや判断ミスが目立って攻撃に時間がかかってしまい、相手のプレスバックの餌食となる。

前半半ばから終盤にかけてはベルナルド・シウバやシルバ、アグエロと幾度か際どい枠内シュートを放ったが、相手のシュートブロックやGKヒートンの好守に遭い、ややフラストレーションが溜まった前半はゴールレスで終了した。

前半からピッチサイドでいら立ちを露わにしていたグアルディオラ監督は、ハーフタイムに細かい修正と共に激しい檄を飛ばしたのか、後半のシティは見違えるようなアグレッシブなプレーで立ち上がりから相手を押し込む。

立ち上がりの50分過ぎには波状攻撃からベルナルド・シウバのシュートがボックス内のバーンズの腕に当たってハンドのような場面も見受けられたが、主審はこのプレーでPKを取らない。それでも、すぐに気持ちを切り替えたアウェイチームは内と外を出し入れしながら相手の守備ブロックにクサビを打ち込み続けてアグエロ、ベルナルド・シウバが幾度もGKヒートンを脅かす。さらに、セカンドボールへの意識も強まってバーンリーに攻撃のターンを渡さない。

バーンリーの身体を張った守備が目立つ一方、徐々に堅守決壊の匂いが漂い始めた中、ゴールをこじ開けたのは、やはり頼れるエースだった。63分、ボックス手前右のベルナルド・シウバから斜めのパスをボックス中央で受けたアグエロがDFとの球際を制して左足のシュートを放つ。これはゴールライン上で胸でのブロックをしたDFにかき出されたかに思われたが、ゴールラインテクノロジーによってゴールが認められた。

アグエロの今季プレミア20点目で試合を動かしたシティは先制点を奪う直前に交代の準備をしていたガブリエウ・ジェズスがザネに代わって投入される。先制後もゲームコントロールにいかずに果敢に2点目を奪いに行くアウェイチームは、75分にウォーカーのパスに抜け出したジェズスがボックス左で決定的なシュートを放つが、これはDFミーにゴールライン上でのスーパークリアで阻止される。

その後、やや攻撃の勢いが失われてきたシティは試合終盤の相手のパワープレーを警戒しアグエロを下げて83分にストーンズを投入。さらに後半アディショナルタイムにはスターリングを下げてオタメンディをピッチに送り出し、グアルディオラ監督のチームらしくないセンターバック4人がピッチ内で共演を果たすことに。

そして、指揮官の石橋を叩いて渡る逃げ切り策できっちりバーンリーの反撃を凌ぎ切ったシティが苦しみながらも1-0のスコアで勝利。リーグ戦12連勝を飾ったシティが首位を堅持し、リーグ連覇まであと2勝に迫っている。


コメント
関連ニュース
thumb

ジンチェンコがシティと2024年までの新契約にサイン!

マンチェスター・シティは20日、ウクライナ代表MFオレクサンドル・ジンチェンコ(22)と2024年まで契約延長したことを発表した。 ここ2シーズン、ジョゼップ・グアルディオラ監督の下で急速な成長を遂げているジンチェンコ。新たに5年契約を結んだ喜びを以下のように語っている。 「この契約にサインできたことがどれほど嬉しいことか言い表せないよ。このクラブは選手たちに成長と改善のためにあらゆることを要求する。そんな所にもう5年もいられるなんて名誉なことだ」 「今シーズンは僕たちが成功を築き上げていくところを見せることが出来たと思う。こんな歴史の一部に加わることが出来るなんて信じられないよ。一生忘れることはないだろう」 「だけど、今は将来に集中しているよ。もっと良い時期が近付いていることがわかるんだ」 2016年夏にロシアのウファから加入したジンチェンコは1年間のPSVへのレンタルを経て2017-18シーズンにシチズンズデビュー。中盤の選手ながら、左利きであることから左サイドバックで起用されることになったが、難なくアジャストし、グアルディオラ監督の期待に応え続けている。今シーズンのEFLカップのバートン・アルビオン戦では移籍後初ゴールを記録した。 2019.06.20 21:03 Thu
twitterfacebook
thumb

シティ、不動の右SBウォーカーと2024年までの新契約締結!

マンチェスター・シティは19日、イングランド代表DFカイル・ウォーカー(29)と2024年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。 2017年7月に総額5300万ポンド(約72億4000万円)といわれる移籍金でトッテナムから加入したウォーカー。 加入1年目からジョゼップ・グアルディオラ監督の信頼を集めると、ここまで公式戦100試合以上に出場し、右サイドバックの不動のレギュラーとして活躍。在籍2シーズンでプレミアリーグ、EFLカップ連覇に加えて、FAカップ、コミュニティ・シールド制覇に貢献してきた。今シーズンは公式戦52試合に出場し、2ゴール3アシストの数字を残していた。 今回、2022年までとなっていた現行契約を新たに2年間延長したウォーカーはクラブ公式サイトを通じて、シチズンズでの充実した日々に関して語っている。 「新たな契約にサインできてとても興奮しているよ」 「シティでプレーすること自体が僕の望んだすべてであったけど、実際はそれ以上のものであった。それは簡単な決断だったよ。僕は常にトロフィーを争い、最高レベルでのプレーを望んでいるからね。すでにこれまでの期間を通じて、プレーヤーとして大きな成長を実感しているんだ」 「クラブのビジョンに関してもピッチ内外で完全に自分と一致していると感じているんだ。ここで新たな5年間を過ごせることをとても楽しみにしているんだ。そして、より多くのタイトルを獲得したいと願っているよ」 2019.06.19 22:50 Wed
twitterfacebook
thumb

ロドリ、アトレティコからの移籍を希望…シティ&バイエルンの争奪戦に拍車

イギリス『スカイ・スポーツ』は18日、アトレティコ・マドリーに所属するスペイン代表MFロドリゴ・エルナンデス(22)の移籍希望を報じた。 “ロドリ”ことロドリゴ・エルナンデスは昨夏、ビジャレアルから加入した守備的MF。アトレティコ・マドリーとの契約を2023年まで残しているが、今シーズンの活躍ぶりを受け、ブラジル代表MFフェルナンジーニョの後釜を探すマンチェスター・シティのほか、バイエルンの関心が浮上している状況だ。 そのロドリの代理人は、アトレティコ・マドリーの最高経営責任者(CEO)を務めるミゲル・アンヘル・ギル・マリン氏との会談で、選手の移籍希望を伝達。さらに、他クラブとの交渉許可を求めた模様だ。 なお、ロドリとアトレティコ・マドリーの契約に存在する解除条項額は、7000万ユーロ(約84億8000万円)。シティ、バイエルンともに同額を支払う意向だという。 2019.06.18 20:50 Tue
twitterfacebook
thumb

シティ、昨夏放出のアンヘリーノを買い戻し?

マンチェスター・シティが、PSVのスペイン人DFアンヘリーノ(22)に注目しているという。『フットボール・エスパーニャ』が伝えている。 今季のPSVでリーグ戦全34試合にフル出場した左サイドバックのアンヘリーノは、昨年の夏までシティの下部組織で育った逸材。世界レベルのプレイヤーが集まるトップチームでは出場の機会が限られると判断し、PSVへ移った。 豊富な運動量とスピード、そして左足から繰り出される精度の高いクロスを武器に、リーグ戦で1ゴール10アシストを記録。これが再びシチズンズの目にとまったようだ。 同選手には昨年夏にパリ・サンジェルマンが獲得に動いたとされているが、2500万ユーロ(約30億円)の申し出を断られた模様。 だがシティは、契約により1200万ユーロ(約14億6000万円)の移籍金で買い戻す権利を持っており、その金額を支払う準備もできているとのこと。ちなみに、売却した際に受け取った移籍金は550万ユーロ(約6億7000万円)だった。 シティでは3試合しか出場経験のなかったアンヘリーノ。今夏古巣復帰となるのだろうか。 2019.06.17 21:45 Mon
twitterfacebook
thumb

シティがベテランGKリエスゴ獲得へ! フリーで第3GKに?

マンチェスター・シティがエイバルのスペイン人GKアシエル・リエスゴ(35)の獲得に動いているようだ。イギリス『サン』が伝えている。 今シーズン、イングランド史上初となる国内3冠を達成したシティ。各ポジションに一線級のタレントを揃える同クラブだが、今シーズンに関してはGKの選手層の薄さを露呈した。 現在、シティではブラジル代表GKエデルソンが絶対的な守護神に君臨し、第2GKには元チリ代表GKクラウディオ・ブラーボ、第3GKに若手のコソボ代表GKアリジャネ・ムリッチという3人体制を組んでいる。 だが、今シーズンはブラーボがアキレス腱断裂の重傷を負い、長期離脱を強いられたことで、トップチームのGK2人体制を強いられた。幸い、エデルソンが健在だったこともあり大きな問題とはならなかったものの、今夏の補強ポイントとなっている。 『サン』が伝えるところによれば、そのシティの補強候補に挙がっているのが、今シーズン限りでエイバルとの契約が満了となるリエスゴだという。 レアル・ソシエダでプロデビューを飾って以降、オサスナやエイバルを渡り歩いてきたリエスゴは、正GKとしての経験は少ないものの経験豊富なベテランGKだ。 現在、シティでGKコーチを務めるシャビエル氏はソシエダ時代に指導を受けた旧知の仲であり、シティはそのラインを使ってリエスゴに第3GKとしてのオファーを掲示しているようだ。 また、シティは若手のムリッチに出場機会を与えたい考えを持っており、リエスゴ加入の暁にはムリッチをノッティンガム・フォレストにレンタル移籍させるプランを持っているようだ。 2019.06.17 02:25 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース