ライプツィヒの3位以上が確定! 2季ぶりCL出場権獲得!《ブンデスリーガ》2019.04.28 00:40 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ライプツィヒは27日、ブンデスリーガ第31節でフライブルクをホームに迎え、2-1で勝利した。この結果、ライプツィヒの3位以上が確定し、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得している。

前節ボルシアMG戦を勝利して5連勝とした3位ライプツィヒが、勝利すれば4位以上が確定し、来季のCL出場権獲得が決まる一戦。

13位フライブルクに対し、ライプツィヒは19分に先制する。Y・ポウルセンのパスを受けたボックス左のヴェルナーが反転からシュートを蹴り込んだ。

しかし、1点をリードして迎えた後半に入って劣勢を強いられたライプツィヒは66分に失点する。グリフォに直接FKを叩き込まれた。

それでも77分、CKの流れからハンドでPKを獲得したライプツィヒはこれをフォルスベリが決めて勝ち越し。このリードを保って勝利し、3試合を残して3位以上を確定させたライプツィヒが2季ぶりのCL出場権を獲得している。
コメント
関連ニュース
thumb

大迫PK獲得で勝利に貢献! EL出場権はボルシアMG、ヴォルフスブルク、フランクフルトが獲得《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ最終節が各地で行われた。 ブレーメンvsライプツィヒは、2-1でブレーメンが勝利した。大迫は74分までプレーした。 すでに来季のヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得の可能性は消滅している9位のブレーメン(勝ち点50)。今季最後の試合となる今回は、大迫が3試合連続で先発出場となった。また、先日に今季限りでの退団が発表された主将のマックス・クルーゼには試合前に花束が贈呈された。試合はケガで欠場となった。 すでに3位を確定させているライプツィヒとの一戦は、互いに中盤で精彩を欠き、30分を過ぎてもシュートゼロ。初シュートが生まれたのは33分だった。左のアウグスティンションのクロスに大迫が反応するも、上手くミートさせることができす、脛に当ててしまった。 ところが、この場面で大迫が相手のチャージを受けたことでPKを獲得。これをラシカが決めてブレーメンが先制した。 先制のきっかけとなった大迫は39分、左のハーフスペースからのFKからへディングシュートを放つ。打点の高いシュートだったが、惜しくも枠の左に外れた。 ライプツィヒのファーストシュートは前半アディショナルタイムに訪れた。オギュスタンのドリブル突破から最後はブルマ。ボックス中央からのシュートだったが、ネットを揺らすことはできなかった。 迎えた後半、1点リードのブレーメンは絶体絶命のピンチを迎える。53分、フリードルがボックス内でハンドをしてしまったことで、ライプツィヒにPKが与えられてしまう。だが、キッカーのブルマがこれを枠の上に外してしまい、ブレーメンのリードは継続。 助かったブレーメンは60分に大迫にチャンス到来。左から流れてきたボールを拾ってボックス右に侵入。マークを振りほどいて右足で強烈なシュートを放つが、GKに弾かれた。 そして、その大迫は74分にピサーロと交代でベンチへ退いた。 すでに3枚の交代カードを切っているライプツィヒは86分、ブレーメンのミスからCKを獲得すると、立て続けに得た2度目のCKの流れから、左からのクロスをムキエレが押し込んで同点に追いついた。 しかしその2分後、ブレーメンはピサーロが相手に囲まれながらもボックスの外から放ったシュートがゴール右隅に突き刺さり、再びライプツィヒを突き放した。 結局試合は2-1でブレーメンが勝利。リーグ2連勝でシーズンを締めくくった。 一方、EL出場権争いでは、7位のヴォルフスブルク(勝ち点52)がアウグスブルクに8-1で勝利。この結果、バイエルンに敗れたフランクフルト(勝ち点54)を抜いて、ヴォルフスブルクがEL出場権獲得となる6位でフィニッシュした。フランクフルトは7位に落ちたが、国内カップ戦でライプツィヒが優勝しているため、繰り下げでEL出場権獲得となった。8位のホッフェンハイムはマインツに逆転負けし、最終的に9位となった。 また、最終節でドルトムントに敗れたボルシアMGが5位に。ヘルタ・ベルリンに勝利したレバークーゼンは逆転で4位に浮上し、チャンピオンズリーグ出場権を獲得した。 2019.05.19 00:38 Sun
twitterfacebook
thumb

ヴェルナーのバイエルン移籍はなし? 会長が移籍先候補3つを明かす

RBライプツィヒに所属するドイツ代表FWティモ・ヴェルナー(23)の移籍先について、同クラブのオリバー・ミンツラフ会長がヒントとなるコメントを残した。イギリス『エクスプレス』が伝えている。 2016年夏にシュツットガルトから加入したヴェルナーは、3シーズン連続でブンデスリーガ二桁得点をマークするライプツィヒの若き点取り屋。現行契約が2020年までとなっているドイツ代表FWに複数クラブが獲得に興味を示している。 依然として慰留を目指しているライプツィヒだが、フリーでの放出を避けるべく、今夏に売却する可能性も認めている。中でもバイエルン移籍が近いとされていたが、候補は3クラブに絞られているようだ。 「状況は変わらないね。ヴェルナーは契約延長にサインしてくれないだろう。だけど、気が変わる可能性もあると思っている」 「我々はヴェルナーについてバイエルンと会談を行っていない」 「彼はバイエルンに行きたくないんだと思う。(トーマス・)トゥヘルのパリ・サンジェルマン、(ユルゲン・)クロップのリバプールもしくは(ルシアン・)ファブレのドルトムントのどれかに加入したいと思っているだろう」 2019.05.14 21:26 Tue
twitterfacebook
thumb

VARに阻まれゴールレスドローのバイエルン、7連覇は最終節に持ち越し!《ブンデスリーガ》

バイエルンは11日、ブンデスリーガ第33節でライプツィヒとのアウェイ戦に臨み、0-0で引き分けた。 前節ハノーファー戦を相手が10人となった中、3-1と勝利して7連覇に王手をかけた首位バイエルン(勝ち点74)は、勝利すれば最終節を残して優勝が決まる中、GKノイアーを除いてベストメンバーを送り込んだ。 既にチャンピオンズリーグ出場権を獲得している3位ライプツィヒ(勝ち点65)に対し、押し込む入りとしたバイエルンは9分、チアゴの浮き球パスに抜け出したレヴァンドフスキがGKと一対一となる決定機を迎えたが、枠を外してしまう。 先制のチャンスを逸したバイエルンはその後、ライプツィヒの反撃に遭うも凌いで応戦すると、39分に決定機。CKの流れからルーズボールをゴールエリア左のニャブリがボレー。だが、GKグラーチの好守に阻まれた。 前半終盤にかけてもバイエルンが押し込む展開としたが、コナテを軸とするライプツィヒの守備を攻略できずに0-0で前半を終えた。 迎えた後半立ち上がり、アラバの強烈なミドルシュートとコマンのミドルシュートでゴールに迫ったバイエルンは、50分に均衡を破りかける。しかし、ゴレツカがボレーシュートでネットを揺らしたものの、VARの末にレヴァンドフスキにオフサイドがあったとしてノーゴールとなった。 不運な判定に見舞われたバイエルンが押し込む流れで推移するも、76分にピンチ。ハルステンベルクにボックス左まで侵入され、際どいシュートを打たれた。 終盤にかけてもバイエルンがゴールに迫ったが、89分のレヴァンドフスキの直接FKは枠を捉えきれずに0-0でタイムアップ。同時刻の試合でドルトムントがデュッセルドルフに勝利したことで2ポイント差に迫られ、今節での優勝はならなかった。 なお、7連覇の懸かる最終節、バイエルンはフランクフルトとホームで対戦する。 2019.05.12 00:35 Sun
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒが酒井高&伊藤不出場のHSVに快勝で初の決勝進出!《DFBポカール》

DFBポカール準決勝、ハンブルガーSVvsライプツィヒが23日に行われ、1-3でライプツィヒが勝利し、初の決勝進出を果たした。HSVのDF酒井高徳はベンチ入りも出場せず、FW伊藤達哉はベンチ入りしなかった。 準々決勝でパーダーボルンを下したHSVは酒井高がベンチスタート、伊藤がベンチ外となった。一方、アウグスブルクを延長戦の末に下したライプツィヒはヴェルナーやY・ポウルセン、ハルステンベルクなどベストメンバーを送り出した。 決勝進出を懸けた準決勝、時間の経過とともに攻勢を強めていたライプツィヒが12分に先制する。フォルスベリの左CKからY・ポウルセンがヘッドで流し込んだ。 さらに16分、ヴェルナーの左クロスに合わせたY・ポウルセンのシュートが右ポストを直撃。ルーズボールをゴールエリア左のヴェルナーがシュートに持ち込むも、GKにセーブされた。 劣勢だったHSVだったが、24分にミスを突いて追いつく。ジャッタがカンプルからボールを奪ってボックス手前左からコントロールシュート。これがゴール右上に決まった。 1-1となって以降もライプツィヒが攻勢に出ていたが、前半終盤の42分、HSVに逆転のチャンス。ドウグラスのスルーパスに抜け出したネイリーがボックス内からシュート。だが、GKグラーチの好守に阻まれた。 1-1で迎えた後半もライプツィヒが押し込むと、53分に勝ち越した。カンプルの浮き球パスをボックス右のY・ポウルセンが折り返すと、ヤンジチッチのオウンゴールを誘った。 その後もライプツィヒが主導権を握ると、69分には右サイドを突破したクロステルマンの折り返しを受けたボックス中央のフォルスベリがバー直撃のシュートを浴びせた。 そして72分、ライプツィヒに決定的な3点目が生まれる。ボックス手前左でパスを受けたフォルスベリがゴール左隅にシュートを蹴り込んだ。 このままHSVの反撃を許さなかったライプツィヒが3-1で快勝。初の決勝進出を果たしている。決勝ではブレーメンvsバイエルンの勝者と対戦する。 2019.04.24 05:37 Wed
twitterfacebook
thumb

伏兵ハルステンベルクのドッペルパックでボルシアMGとの上位対決を制したライプツィヒが3位を堅守!《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第30節、ボルシアMGvsライプツィヒが20日に行われ、1-2でライプツィヒが勝利した。 5位ボルシアMG(勝ち点51)と3位ライプツィヒ(勝ち点58)によるチャンピオンズリーグ(CL)出場権を争う上位対決。 共に[3-5-2]のシステムで臨んだ一戦。オープンな展開で立ち上がっていった中、まずは8分、ライプツィヒがフォルスベリのミドルシュートでゴールに迫った。対するボルシアMGは12分、プレアがオンターゲットのシュートをマークし牽制した。 互いに攻め合う中15分、ライプツィヒにPKが与えられる。ボックス左に侵入したハルステンベルクがヘアマンに倒された。このPKをハルステンベルク自ら決めてライプツィヒが先制した。 その後もハイプレスをかけるライプツィヒが主導権を握っていたが、前半半ば以降はボルシアMGも反撃。敵陣でのプレーを増やしたが、決定的なシーンを生み出すには至らず0-1で前半を終えた。 迎えた後半、開始8分にライプツィヒが突き放す。フォルスベリのスルーパスをボックス左で受けたハルステンベルクがシュートを流し込んだ。 ハルステンベルクのドッペルパックで2点を追う展開となったボルシアMGは、62分に1点差に詰め寄る。ノイハウスのスルーパスをボックス内で受けたプレアがシュートを流し込んだ。続く67分にはプレアのヘディングシュートが枠を捉えるも、GKグラーチのファインセーブに阻まれ、同点には追いつけない。 ボルシアMGの反撃を許したライプツィヒは72分に決定機。しかし、ヴェルナーがGKと一対一となったものの、シュートはゾンマーにセーブされてしまう。さらに85分にはハルステンベルクがロングカウンターから右ポスト直撃のシュートを浴びせた。 それでも2-1で逃げ切ったライプツィヒがボルシアMGとのポイント差を10に広げ、3位を堅守。CL出場権獲得をほぼ確実にしている。 2019.04.21 03:23 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース