原口が右SBでフル出場のハノーファー、10試合ぶり勝利で残留に望みをつなぐ《ブンデスリーガ》2019.04.28 00:27 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ハノーファーは27日、ブンデスリーガ第31節でマインツをホームに迎え、1-0で辛勝した。ハノーファーのMF原口元気はフル出場し、FW浅野拓磨はベンチ入りしなかった。

前節ヘルタ・ベルリン戦を引き分け、連敗を8で止めた最下位のハノーファー(勝ち点15)は、残留プレーオフに回れる16位シュツットガルトに6ポイント差とした中、原口がフラットな[4-4-2]の右サイドバックでスタメンとなった。

12位マインツ(勝ち点36)に対して、ハノーファーがボールを持つ立ち上がりとなった中、9分にクアイソンのミドルシュートでGKを強襲されたが、13分に決定機。ボックス左でボールをキープしたジョナタスが際どいコントロールシュートを浴びせた。

その後、徐々にマインツに押し込まれる展開を強いられたハノーファーは、28分に失点しかける。マテタとクアイソンにボックス内で粘られ、最後はクアイソンにシュートを流し込まれた。しかし、VARの末にクアイソンにファウルがあったとしてノーゴールに覆った。

助かったハノーファーは直後にもマテタに決定機を許したが、シュートミスに救われると、ハーフタイムにかけての劣勢をGKエッサーの好守で何とか凌ぎ、ゴールレスで前半を終えた。

迎えた後半も劣勢が続いたハノーファーだったが、66分に相手のミスを突いて先制する。GKミュラーがルーズボールをキャッチミスしてこぼれたボールをゴールエリア左のマイナがカットして中に折り返し、ヴァイダントが押し込んだ。

値千金の先制ゴールを奪ったハノーファーは、自陣に引いてスペースを消し、マインツの攻撃を水際で凌いでいく。終盤にかけても集中した守備を続けたハノーファーはシャットアウト勝利で10戦ぶりの白星を飾り、シュツットガルトに暫定3ポイント差に迫っている。
コメント
関連ニュース
thumb

原口フル出場のハノーファー、宇佐美不出場のデュッセルドルフに敗戦でシーズン終了《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ最終節、デュッセルドルフvsハノーファーが18日に行われ、2-1でデュッセルドルフが勝利した。デュッセルドルフのFW宇佐美貴史はベンチ入りも出場せず、ハノーファーのMF原口元気はフル出場、FW浅野拓磨はベンチ入りしなかった。 11位デュッセルドルフ(勝ち点41)と、前節降格の決まった17位ハノーファー(勝ち点21)の一戦。 原口が[3-5-2]の右MFで先発となった試合は、ハノーファーが積極的な入りを見せる。しかし、なかなか決定的なシュートに持ち込めずにいた中、35分にビッグチャンス。だが、右クロスに合わせたヴァイダントのヘディングシュートはわずかに枠の左に外れた。結局、決定機の少なかった前半はゴールレスで終了した。 迎えた後半、押し込む展開としたデュッセルドルフが56分に先制する。ロングボールに反応したラマンがDFに競り勝ち、右サイドからクロス。これを受けたボックス内のヘニングスがシュートを決めた。 さらに60分、分厚い攻めを見せた流れから、左クロスに合わせたカラマンのシュートが決まって突き放したデュッセルドルフが主導権を握った。 結局、78分にN・ミュラーのゴールで1点を返したハノーファーだったが、1-2で敗戦。17位でシーズンを終えている。一方、ホーム最終戦を勝利で飾ったデュッセルドルフは10位でシーズンを終えた。 2019.05.19 00:55 Sun
twitterfacebook
thumb

ホッフェンハイム、降格ハノーファーからFWベブを獲得

ホッフェンハイムは16日、ブンデスリーガ2部に降格したハノーファーからトーゴ代表FWイフラス・ベブ(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までとなっている。 ウインガーを本職にストライカーでもプレー可能なスピードに特長のあるベブは、2017年8月にデュッセルドルフからハノーファーに加入。今季は負傷で長期離脱があった中、MF原口元気、FW浅野拓磨の同僚としてブンデスリーガ11試合の出場で4ゴール3アシストの結果を残していた。 ホッフェンハイムでは今月、アルメニア代表FWサルギス・アダムヤン、ギリシャ代表DFコスタス・スタフィリディスを獲得し、来季に向けた戦力補強を着々と行っている。 2019.05.17 02:14 Fri
twitterfacebook
thumb

元スイス代表MFシュベクラーがウェスタン・シドニーへ完全移籍!

オーストラリア・Aリーグのウェスタン・シドニー・ワンダラーズは15日、ハノーファーから元スイス代表MFピルミン・シュベクラー(32)を完全移籍で獲得した。 スイスのルツェルンやヤングボーイズでプレーしたシュベクラーは、2006年にレバークーゼンへ加入。その後、フランクフルトやホッフェンハイムを渡り歩いて、2017年夏に昇格組のハノーファーへ移籍。ハノーファーでは、在籍2シーズンで公式戦57試合に出場し10アシストを記録。今季はここまでブンデスリーガ26試合に出場していた。 ウェスタン・シドニーへの移籍が決まったシュベクラーは、公式サイトで以下のようなコメントを残している。 「ウェスタン・シドニーに加入することが出来てとても興奮している。待ちきれず、到着するまでの日数をカウントダウンしているね」 「僕はレッド&ブラック(ウェスタン・シドニーの愛称)の一員になれたことをとても誇りに思っており、ここでプレーすることを楽しみにしているよ」 2019.05.16 01:21 Thu
twitterfacebook
thumb

ハノーファー、快勝で意地を見せるも2年での降格が決定…《ブンデスリーガ》

ハノーファーは11日、ブンデスリーガ第33節でフライブルクをホームに迎え、3-0で快勝した。しかし、シュツットガルトが勝利したため、降格が決定している。ハノーファーのMF原口元気はフル出場、FW浅野拓磨はベンチ入りしなかった。 前節バイエルン戦を10人となって敗戦した最下位ハノーファー(勝ち点18)は、勝利を逃すと降格となる中、原口が[3-5-2]の右MFで先発となった。 13位フライブルク(勝ち点33)に対し、ボールを持つ立ち上がりとなったハノーファーは6分、ショートカウンターを受けてホフラーにミドルシュートでGKを強襲された。 それでも25分に決定機。マイナがボックス左から折り返し、プリブがシュート。だが、枠の上に外してしまった。さらに31分にも先制のチャンス。ヴァイダントとベブで崩して最後はボックス中央に侵入したベブがシュートに持ち込んだが、枠を捉えきれなかった。 それでも39分、ハノーファーが押し切る。プリブの左サイド低い位置からのFKにファーサイドのヴァイダントが頭で合わせてハノーファーが先制した。 1点をリードして迎えた後半、開始6分にマイナの左クロスにベブが合わせてリードを広げたハノーファーは、終盤の81分にワラセが強烈なミドルシュートを叩き込んで3-0と快勝。 しかし、残留プレーオフに回れるシュツットガルトが同時刻に行われていた試合でヴォルフスブルクに勝利したため、ハノーファーの2年での降格が決まっている。 2019.05.12 00:50 Sun
twitterfacebook
thumb

ブンデス昇格・降格プレーオフの日程が確定! 日本人対決の可能性も…

ドイツサッカー連盟(DFB)は8日、今季行われるブンデス昇格・降格プレーオフの日程が確定したことを発表した。 ブンデス昇格・降格プレーオフでは、ブンデスリーガ16位のクラブとブンデス2部で3位のクラブと対戦する。DFBの発表によれば、第1戦は5月23日(木)20:30(日本時間27:30)から、第2戦は同27日(月)20:30(日本時間27:30)よりキックオフ。 なお、ブンデスリーガでプレーオフ進出の可能性を残しているのは、シュツットガルト(勝ち点24)、ニュルンベルク(勝ち点19)、ハノーファー(勝ち点18)の3クラブのみ。現在16位のシュツットガルトは、残り2試合で1勝すればプレーオフ進出が確定。17位ニュルンベルクと最下位ハノーファーは、共に2連勝が必須であり、シュツットガルトが1分1敗ならば得失点差により、ニュルンベルクが逆転でプレーオフ進出となる。 一方、ブンデス2部では現在2位のパダーボルン(勝ち点54)含め、3位のウニオン・ベルリン(勝ち点53)、4位のハンブルガーSV(勝ち点53)、5位のハイデンハイム(勝ち点49)、6位のザンクトパウリ(勝ち点48)まで、プレーオフ出場の可能性が残されている。 2019.05.09 01:05 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース