3連敗で10位後退のベティス、セティエン監督続投を声明で発表2019.04.26 23:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ベティスは26日、キケ・セティエン監督の続投を公式サイトで発表した。ベティスは現在、リーガエスパニョーラで3連敗中。セビージャとのダービーを敗れて以降、24日に行われた直近のレバンテ戦を0-4と惨敗し、10位まで後退してヨーロッパリーグ(EL)出場権争いから完全に脱落していた。

セティエン監督の解任が報じられていた中、ベティスは「この状況を改善するためにあらゆる手段を講じている。多くの会議を行い、その結果、現体制を変更しないことを決定した。シーズンが終了した後、今季を評価し、適切な判断を下したい」と声明を発表し、セティエン監督の続投を表明した。

ラス・パルマスで手腕を評価されたセティエン監督は、昨季ベティスの監督に就任。パスサッカーを標榜し、6位でシーズンを終え、チームをEL出場に導いていた。

ベティスは29日、リーガエスパニョーラ第35節でエスパニョールをホームに迎える。
コメント
関連ニュース
thumb

セバージョス争奪戦が激化? セビージャやベティスも名乗り!

レアル・マドリーに所属するスペイン代表MFダニ・セバージョス(22)を巡る争奪戦が激化しているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。 ベティス下部組織出身であるセバージョスは、大会MVPに選出された2017年6月のU-21欧州選手権後にマドリーへ入団。今シーズンは公式戦34試合3ゴール2アシストを記録したものの、ジネディーヌ・ジダン監督が復任して以降は3試合のみの出場にとどまった。 そのセバージョスは、「目標はマドリーで成功を収めること」と残留を希望。しかし、ジダン監督から戦力外通告を受けたことが報じられており、今夏に売却されることが濃厚となっている。 とはいえ、セバージョスは引く手数多であり、既報によれば、トッテナムやアーセナル、ユベントス、リヨンが関心を寄せている。そして、今回新たに加わったのが、セビージャと古巣ベティスのようだ。 セビージャは新指揮官に就任したフレン・ロペテギ氏が、スペイン代表やレアル・マドリーで同選手を重宝してきたことからリストアップ。一方のベティスは、MFジオバニ・ロ・セルソ(23)やMFセルヒオ・カナレス(28)、MFウィリアム・カルバーリョ(27)といった主力MFの去就が不透明なことから、移籍に備えて獲得したいと考えているとのことだ。 2019.06.18 18:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ベティスがソシエダFWファンミを完全移籍で獲得

レアル・ベティスは14日、レアル・ソシエダの元スペイン代表FWファンミ(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。ファンミは2024年までの5年契約を結ぶこととなる。 ファンミは、マラガの下部組織出身で、2011年1月にトップチームへ昇格。昇格前の16歳でトップチームデビューを果たし、2010年1月13日にはマラガ史上最年少ゴールを記録していた。その後、ラシン・サンタンデールへのレンタル移籍を経験すると、2015年7月にはサウサンプトンへと完全移籍を果たしている。 サウサンプトンではプレミアリーグで12試合に出場s流など、19試合の出場に留まり、1年で退団。2016年7月にソシエダに完全移籍していた。ソシエダでは、公式戦通算114試合に出場し31ゴール7アシストを記録。今シーズンはリーガエスパニョーラで30試合に出場し5ゴール3アシストを記録していた。 スペイン代表にも世代別で経験しており、2015年3月にはスペイン代表としてもデビューを果たしたが、それ以降は招集されていない。 2019.06.14 21:50 Fri
twitterfacebook
thumb

レバンテ、ベティスからFWセルヒオ・レオンを獲得!

レバンテは12日、ベティスからスペイン人FWセルヒオ・レオン(30)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの3年となる。 ベティスのカンテラで育ったセルヒオ・レオンは、これまでレンタル先のクラブを転々としていた苦労人。しかし、2015-16シーズンに2部のエルチェで22ゴールを挙げて得点王に輝くと、2016年夏に加入したオサスナでは2部へ降格したチームの中、10ゴールを挙げる活躍を見せていた。 昨シーズンに復帰を果たしたベティスではリーグ戦31試合で11ゴールとまずまずの数字を残した一方、多くの決定機逸が批判の対象に。迎えた今季はコパ・デル・レイで3ゴールを挙げたものの、リーグ戦では16試合でノーゴールと不振に陥っていた。 2019.06.13 03:14 Thu
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、ベティスMFカナレスに約50億円用意か

アトレティコ・マドリーが、ベティスに所属するスペイン代表MFセルヒオ・カナレス(28)の獲得に興味を示しているようだ。スペイン『Cadena COPE』の情報をもとに同『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 昨夏にフリーでベティスへ加入したカナレスは、卓越したテクニックと高水準のパス精度を兼ね備えているレフティーのプレーメーカー。今シーズンの公式戦46試合で9ゴール3アシストを記録すると、この活躍が認められ今年3月にはスペイン代表にも選出されている。 そのカナレスを獲得するために、アトレティコは1カ月前にベティスと接触したというが、拒否された模様。それでも獲得を諦めないロヒ・ブランコは、今度は契約解除金である4000万ユーロ(約49億円)を支払う準備をしているようだ。 3度のじん帯断裂を乗り越えてきたカナレス。ケガからカムバックしてきた苦労人の去就に注目が集まる。 2019.06.09 16:16 Sun
twitterfacebook
thumb

ベティス退任のセティエン、新天地はウクライナか?

今シーズン限りでベティスの指揮官を退任したキケ・セティエン氏(60)がシャフタール・ドネツクの新指揮官候補にリストアップされているようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 ラス・パルマスに持ち込んだ魅力的なポジショナルプレーが評価され、2017年にビクトル・サンチェス前監督の後任としてベティスの指揮官に就任したセティエン氏。就任1年目となった2017-18シーズンは、ロレン・モロンやジュニオル・フィルポらカンテラ出身選手を積極的に起用し、リーグ6位の好成績を収めるも、今シーズンは積極補強を敢行も期待外れの10位でリーグ戦を終えた。 また、自身のスタイルへの批判などに対するまずい形での反論や選手批判など物議を醸すことが多かった結果、最終的に今季限りでクラブを去ることになった。 『マルカ』が伝えるところによれば、現在フリーとなっているセティエン氏に関しては、ウクライナの名門シャフタールが興味を示しているという。 シャフタールでは、リーグ3連覇に導いたパウロ・フォンセカ監督が、新シーズンからローマの新指揮官に就任することが決定的となっており、その後任としてポゼッションの権化とも評されるセティエン氏の招へいに関心を示しているようだ。 2019.06.08 19:50 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース