「ホームグロウン制度」を守らず、松本が来季のA契約枠25名から1名削減の処分2019.04.25 21:55 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
Jリーグは25日、松本山雅FCに対し、2020シーズンのプロA契約選手枠の25名を1名減らすことを発表した。Jリーグは2019シーズンより「ホームグロウン制度」を導入。カウント基準日である第1登録ウインドー終了の3月29日時点で、2名をトップチームに登録することを定めていた。

「ホームグロウン制度」の対象となるホームグロウン選手は、「12歳の誕生日を迎える年度から21歳の誕生日を迎える年度までの期間において、特定のJクラブの第1種、第2種、第3種又は第4種チームに登録された期間の合計日数が990日(Jリーグの3シーズンに相当する期間)以上である選手を、当該Jクラブのホームグロウン選手という」とプロサッカー選手の契約、登録および移籍に関する規則に記載されている。

言い換えれば、Jクラブの下部組織(ジュニアユース、ユース)、または高校卒業後に入団しトップチームで3年間プレーしていた選手のことを指している。

登録義務に関しては、2019シーズン、2020シーズンはJ1で2名、2021シーズンはJ1で3名、2022シーズンはJ1で4名、J2、J3で1名と決定していた。

今シーズンの第1登録ウインドー終了時では、最もホームグロウン選手の登録が多かったのは清水エスパルス、ジュビロ磐田、ガンバ大阪、セレッソ大阪、サンフレッチェ広島の13名。続いて鹿島アントラーズとFC東京の12名。以下、北海道コンサドーレ札幌、横浜F・マリノス(ともに10名)、ヴィッセル神戸(9名)、浦和レッズ(8名)、大分トリニータ(7名)、川崎フロンターレ(6名)、ベガルタ仙台、湘南ベルマーレ、名古屋グランパス(いずれも5名)、サガン鳥栖(4名)となっていた。そして、松本は前田大然の1名のみだった。

なお、“タラレバ”の話ではあるが、今シーズンからツエーゲン金沢に期限付きしているFW小松蓮(20)は松本の下部組織出身選手であり、今シーズンも松本でプレーしていれば2名の基準を満たしていたことになる。選手の出場機会や成長を考えた結果の移籍決断もあるため、「ホームグロウン制度」を優先させるかどうかの判断は難しいところだろう。

◆各クラブ主なホームグロウン選手
北海道コンサドーレ札幌(10名)
→進藤亮佑、深井一希、宮澤裕樹、荒野拓馬、菅大輝

ベガルタ仙台(5名)
→常田克人、椎橋慧也、関口訓充、富田晋伍、道渕諒平

鹿島アントラーズ(12名)
→曽ヶ端準、内田篤人、町田浩樹、土居聖真、遠藤康、鈴木優磨

浦和レッズ(8名)
→宇賀神友弥、橋岡大樹、萩原拓也、山田直輝

FC東京(12名)
→波多野豪、小川諒也、久保建英、橋本拳人

川崎フロンターレ(6名)
→登里享平、大島僚太、田中碧、宮代大聖

横浜F・マリノス(10名)
→飯倉大樹、栗原勇蔵、喜田拓也、天野純、遠藤渓太

湘南ベルマーレ(5名)
→真田幸太、齊藤未月、古林将太、柴田壮介、鈴木国友

松本山雅FC(1名)
→前田大然

清水エスパルス(13名)
→立田悠悟、松原后、竹内涼、石毛秀樹、北川航也、金子翔太

ジュビロ磐田(13名)
→志村滉、大井健太郎、太田吉彰、山田大記、小川航基

名古屋グランパス(5名)
→菅原由勢、青木亮太、成瀬竣平、藤井陽也、杉森考起

ガンバ大阪(13名)
→東口順昭、菅沼駿哉、倉田秋、市丸瑞希、高木彰人

セレッソ大阪(13名)
→丸橋祐介、山下達也、秋山大地、丸岡満、柿谷曜一朗

ヴィッセル神戸(9名)
→藤谷壮、三原雅俊、中坂勇哉、小川慶治朗

サンフレッチェ広島(13名)
→林卓人、大迫敬介、井林章、青山敏弘、野津田岳人、川辺駿

サガン鳥栖(4名)
→高橋義希、石川啓人、石井快征、樋口雄太

大分トリニータ(7名)
→岩田智輝、小手川宏基、坂井大将、後藤優介
コメント
関連ニュース
thumb

道渕の値千金ヘッドで仙台が今期アウェイ初勝利!《J1》

明治安田生命J1リーグ第15節の松本山雅FCvsベガルタ仙台が15日にサンプロ アルウィンで行われ、1-0で仙台が勝利した。 12位・松本(勝ち点16)は、前節清水エスパルス戦ではレアンドロ・ペレイラのゴールで幸先良く先制するも、直後に追いつかれ1-1の引き分けに終わった。今節ではコパ・アメリカ招集の為、前田が不在の中、永井が先発起用された。 一方の16位・仙台(勝ち点13)は、前節上位の名古屋グランパスを相手に3-1で快勝。この試合で後半に2得点を挙げたエース長沢の連発弾に期待が懸かる。こちらは前線の吉尾に代わり石原直樹がリーグ戦では約3ヵ月ぶりのスタメンとなった。 両チーム併せてのファーストシュートは4分、松本がゴール前でワンツーで繋ぐ中からレアンドロ・ペレイラがミドルを放つが枠上に大きく外れた。 9分に松本にアクシデント。橋内が競り合いの中でヒザ付近を痛めプレー続行が不可能になり無念の交代。エドゥアルドが入り橋内が居た3バックの左にそのまま投入。キャプテンマークはGK守田に託した。 その後も低いブロックラインから手数をかけずにロングボールを送りカウンターを狙う松本と、ポゼッションをしながら両サイドの関口、道渕を中心にサイドから中央の長沢へとクロスを入れて攻め込む仙台という構図が続く中、先制は36分、右サイドからのクロスが流れた所を永戸が拾い再び中央へクロス、それをゴール前でフリーで待っていた道渕がヘッドで流し込みアウェイの仙台が先制。 後半開始早々47分の仙台、道渕の突破からのクロスを石原直樹がシュートを放つもGK守田がセーブ、その直後のCKではショートコーナーから長沢が難しい体勢からヘッドを放つも惜しくもポストを外れた。 仙台が前半よりも引いた事もあり、ボールを保持できるようになった松本。しかしそこから仙台守備陣をこじ開けるまでには至らない時間が続く。そうした状況を打開しようと70分、レアンドロ・ペレイラに代わり長身の高崎を投入する。 ホームで負けられない松本は同点へ向け執念を見せるが、86分に高崎の落としに合わせた塚川がボレーもゴール右に外れ万事休す。粘り強い守備が光った仙台が1-0の完封で今季アウェイ初勝利を飾った。一方、得点力不足が深刻な松本はリーグ戦7度目の完封負けを喫した。 2019.06.15 21:20 Sat
twitterfacebook
thumb

松本エースの前田大然、コパ直前に第一子誕生! 「パパにしてくれてありがとう!」

松本山雅FCは14日、日本代表FW前田大然(21)に第一子となる長女が13日に誕生したことを発表した。 前田は 山梨学院大学附属高校から2016年に松本入団。2017年に期限付き移籍で水戸ホーリーホック入り後、2018年に松本復帰を果たした。自身としても明治安田生命J1リーグ初挑戦となる今シーズンは、ここまで開幕から全14試合に先発して1得点。15日にブラジルで開幕するコパ・アメリカ2019の日本代表メンバーに選ばれており、同大会での活躍に期待が集まっている。クラブの第一子誕生発表を受け、次のようにコメントした。 「元気な赤ちゃんを産んでくれた妻には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとう。これから家族3人でより一層頑張っていきたいと思います。引き続き応援よろしくお願いします。パパにしてくれてありがとう!」 2019.06.14 10:15 Fri
twitterfacebook
thumb

松本、町田也真人が全治8週間…ルヴァン杯G大阪戦で負傷

松本山雅FCは4日、MF町田也真人の戦線離脱を発表した。 町田は5月22日にホームで行われたJリーグYBCルヴァンカップのグループステージ最終節・ガンバ大阪戦で負傷交代。松本市内の病院で受けた診断によれば、右第2基節骨・中足骨骨折のケガを負い、全治8週間の見込みだ。加入初年度の今シーズンは、ここまで明治安田生命J1リーグ3試合に出場している。 松本は現在、J1リーグ4勝4分け6敗の12位。15日に行われる次節、16位に位置するベガルタ仙台をホームに迎え撃つ。 2019.06.04 14:45 Tue
twitterfacebook
thumb

L・ペレイラとドウグラスのPK弾で松本と清水は痛み分け《J1》

明治安田生命J1リーグ第14節の松本山雅FCvs清水エスパルスが1日にサンプロ アルウィンで行われ、1-1で引き分けた。 前節、令和初勝利を挙げた12位・松本(勝ち点15)は、1-0で勝利した名古屋グランパス戦からスタメンを1名変更。中美に代わり、コンディション不良で欠場していた高橋が2試合ぶりに先発に名を連ねた。 一方の17位・清水(勝ち点12)は、篠田体制で1勝1分けと良い兆候を見せる。前節のベガルタ仙台戦では、4-3で打ち勝ち5試合ぶりの白星を挙げた。今シーズン2度目の連勝を目指す今節は、前節のスタメンから立田に代えてエウシーニョを起用した。 ルヴァンカップではグループDで同居した両チーム。試合はミドルゾーンでの攻防が長らく続く。そうしたなかで松本は32分、藤田の縦パスを受けた杉本がフリック。ボックス右でこのボールに反応した前田がジャンピングボレーでゴールネットを揺らす。しかし、オフサイドの判定でゴールは認められなかった。 松本は44分にも決定機を迎える。バイタルエリア左で杉本が倒されてFKのチャンスを獲得。キッカーの宮坂が直接狙ったシュートは枠を捉えたが、GK西部の好セーブに遭った。 ゴールレスで試合を折り返し、後半先にチャンスを作ったのはアウェイの清水。51分、右CKで金子のクロスをボックス中央の二見がフリック。最後はゴール前の北川がヘディングで狙ったが、相手DFに体を当てられてジャストミートすることはできなかった。 さらに清水は64分、敵陣右サイドの深い位置からエウシーニョがロングスローを送る。ニアサイドのドウグラスが頭で逸らすと、このボールに反応した途中出場の西沢がシュートを放つも、GK守田のファインセーブに防がれた。 ヒヤリとした松本は65分、自陣ハーフウェイライン付近でボールを奪ったレアンドロ・ペレイラがファン・ソッコを振り切りボックス内に侵攻。すると、ボックス内で六平に倒されPKのチャンスを獲得。これを自ら決め、ホームの松本が先制に成功する。 PKを献上した清水だったが、逆に78分に、後方からのスルーパスに反応したドウグラスがGK守田に倒されてPKのチャンスを獲得。これをドウグラスが左足で冷静に沈めて同点に追いつく。 同点に追いつかれた松本は86分に永井がゴール前まで迫るも勝ち越しのゴールを奪うことはできず1-1で試合は終了。松本は連勝とはならなかった。一方の清水は篠田体制無敗を継続したが、降格圏を脱出することはできなかった。 2019.06.01 20:45 Sat
twitterfacebook
thumb

松本DF田中隼磨がJ1通算400試合出場達成! 24人目の達成者

松本山雅FCに所属するDF田中隼磨(36)が、J1通算400試合出場を達成した。24人目の達成者となる。 田中のJ1デビュー戦は、横浜F・マリノス在籍時に出場した2001年3月10日に行われたJ1リーグ1stステージ第1節のヴィッセル神戸戦。今年5月26日に行われた明治安田生命J1リーグ第13節の名古屋グランパス戦に出場して、400試合出場を達成した。 ◆年度別成績(左から年度、当時所属、J1出場数 J1得点数) 2001 横浜FM 16 0 2002 横浜FM 0 0 2002 東京V 16 2 2003 東京V 10 0 2004 横浜FM 23 1 2005 横浜FM 31 1 2006 横浜FM 34 5 2007 横浜FM 32 2 2008 横浜FM 32 1 2009 名古屋 29 0 2010 名古屋 33 0 2011 名古屋 34 1 2012 名古屋 31 1 2013 名古屋 34 1 2015 松本 34 0 2019 松本 11 合計 400試合15得点 2019.05.26 21:05 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース