シャルケ、今季2度目の規律違反犯したベンタレブを再びリザーブ送り2019.04.24 22:24 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
シャルケは24日、クラブの規律違反に対する処分としてアルジェリア代表MFナビル・ベンタレブを再びU-23チーム(リザーブチーム)に降格させることを発表した。前ドメニコ・テデスコ体制でも複数選手の規律違反が問題視されていたシャルケでは、先月に負傷してプレー不可能だったベンタレブがホーム開催のRBライプツィヒ戦に無許可でスタジアムに訪れなかったことを問題視されて1度目のリザーブチーム送りとなっていた。

その後、出産を控えた夫人に付き添う旨をクラブに伝える義務を怠っていたことを謝罪。さらに、リザーブチームでの真面目な練習態度が評価され、2週間後に再昇格を果たしていた。

しかし、現時点で内容は不明も今回新たに規律違反を犯したことで、今季2度目のリザーブ送りが決定した。
コメント
関連ニュース
thumb

スパーズ構想外のローズにPSGが関心!

パリ・サンジェルマン(PSG)がトッテナムのイングランド代表DFダニー・ローズ(29)の獲得レースをリードしているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 今夏の移籍市場でフルアムのU-21イングランド代表MFライアン・セセニョン(19)の獲得を目指しているトッテナムは、その獲得資金とポジションを空けるうえでローズの放出を検討しているとの噂が浮上。 その中でクラブは今夏のアジアツアーのメンバー発表時、すでに構想外と言われているFWフィンセント・ヤンセン、FWジョルジュ=ケビン・エンクドゥの2選手と共にローズに対して、他クラブとの交渉機会を尊重する目的で招集メンバー外としたことを明らかにした。 ここ数年はマンチェスターの2クラブ、エバートンからの関心が伝えられてきたローズだが、現時点で獲得に動いているのはPSGとシャルケの2クラブだという。とりわけ、PSGは左サイドバックの2番手であるフランス代表DFレイヴァン・クルザワのパフォーマンスに納得しておらず、新たな左サイドバックの獲得に動いていると言われている。 なお、トッテナムは契約を2年残すローズの移籍金を2000万~2500万ポンド(約27億~33億7000万円)付近に設定しているようだ。 2007年にリーズ・ユナイテッドからトッテナムに加入したローズは、ブリストル・シティ、サンダーランドでの武者修行を経て2013-14シーズンからトッテナムの主力に定着。細かいケガを繰り返してリーグ戦で30試合出場をクリアしたシーズンこそないものの、高い身体能力と攻撃力を武器に同クラブの躍進を支えてきた。 また、2016年3月に行われたドイツ代表戦でスリーライオンズデビューを飾ると、ここまで27キャップを刻んでいる。 2007年から12年間に渡ってスパーズでの長いキャリアを歩んだ攻撃的左サイドバックの新天地は果たしてパリとなるのか…。 2019.07.19 12:45 Fri
twitterfacebook
thumb

シャルケ、デュッセルドルフからFWラマンを約16億円で獲得

シャルケは5日、デュッセルドルフのベルギー人FWベニト・ラマン(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの5年間となっている。移籍金はドイツ『キッカー』によれば1300万ユーロ(約15億8000万円)とのことだ。 2017年8月にスタンダール・リエージュからデュッセルドルフにレンタルで加入したウインガー兼ストライカーのラマンは、移籍初年度にブンデスリーガ2部で28試合に出場して10ゴール3アシストと活躍。クラブの1部昇格に貢献していた。そして完全移籍に切り替わった今季も1部リーグで30試合に出場して10ゴール4アシストと活躍し、10位でシーズンを終えたチームの主軸となっていた。 一方、デュッセルドルフはシャルケのガーナ代表FWベルナルド・テクペテイ(21)を買い取りオプション付きの2年レンタルで獲得したことを発表した。 ラマン同様、ウインガー兼ストライカーとしてプレー可能なテクペテイは2016年からシャルケでプレー。2018-19シーズンはブンデス2部のパーダーボルンにレンタル移籍し、リーグ戦32試合の出場で10ゴール6アシストを記録していた。 2019.07.07 01:05 Sun
twitterfacebook
thumb

フェールマン移籍のシャルケ、U-21ドイツ代表GKシューベルトを獲得

シャルケは5日、ブンデスリーガ2部に所属するディナモ・ドレステンのU-21ドイツ代表GKマルクス・シューベルト(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までの4年間となっている。 2011年からディナモ・ドレステンでプレーするGKのシューベルトは2018-19シーズン、ブンデスリーガ2部で31試合に出場し、4位と躍進したチームの守護神として活躍していた。 また、世代別代表ではU-17からドイツ代表に選出され、現在はU-21ドイツ代表に選ばれている。シャルケでチームメートとなるGKアレクサンデル・ニューベル(22)とはU-21ドイツ代表でも凌ぎを削っていた。 シャルケでは同日、長らくチームの守護神を務めていたGKラルフ・フェールマン(30)がノリッジへレンタル移籍しており、新シーズンはニューベルとシューベルトが守護神の座を巡って争うことになりそうだ。 2019.07.06 03:33 Sat
twitterfacebook
thumb

シャルケ守護神フェールマンが昇格組ノリッジへレンタル移籍

4シーズンぶりにプレミアリーグに復帰したノリッジは5日、シャルケのドイツ人GKラルフ・フェールマン(30)を1年間のレンタルで獲得したことを発表した。 シャルケの下部組織出身で2008年9月にトップチームデビューを飾ったフェールマンは、2013-14シーズンから正GKに定着し始め、これまでシャルケで公式戦234試合に出場。今季も公式戦25試合に出場していたが、22歳の若手ドイツ人GKアレクサンデル・ニューベルにポジションを奪われつつあった。 フェールマンはノリッジへの移籍について「僕に興味を持ってくれたクラブは幾つかあったが、ノリッジに一番親身な印象を持って、移籍の決断は簡単だった。シャルケでは14年以上プレーして新しい挑戦をしたいと感じていた」とコメントした。 ノリッジは今夏、マンチェスター・シティからイングランド人FWパトリック・ロバーツを、ボルシアMGからスイス代表FWヨシップ・ドルミッチを獲得している。 2019.07.06 01:45 Sat
twitterfacebook
thumb

ミラン、ロブレン諦めナスタシッチを検討か

ミランがシャルケに所属するセルビア代表DFマティヤ・ナスタシッチ(26)に興味を示しているようだ。『フットボールイタリア』がイタリア『Sportitalia』を引用して伝えている。 チームの再建を目指すミランは、今夏でのセンターバック獲得を画策。そこでオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイク、カメルーン代表DFジョエル・マティプの台頭により、リバプールで出場機会が減少したクロアチア代表DFデヤン・ロブレン(29)に注目していた。 しかし、ロブレンを獲得するには移籍金2500万ユーロ(約30億4000万円)が必要なようで、5日に30歳を迎えるクロアチア代表DFに対して、同金額は高すぎると考えている模様。そこで、代替案としてナスタシッチの獲得を検討しているようだ。 2015年1月にマンチェスター・シティからレンタル移籍でシャルケに加入し、同年3月に完全移籍へ移行したナスタシッチ。左利きで足元の技術も兼ね備える長身センターバックは昨シーズン、公式戦37試合1ゴール1アシストを記録した。 2019.07.04 17:20 Thu
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース