シャルケ、今季2度目の規律違反犯したベンタレブを再びリザーブ送り2019.04.24 22:24 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
シャルケは24日、クラブの規律違反に対する処分としてアルジェリア代表MFナビル・ベンタレブを再びU-23チーム(リザーブチーム)に降格させることを発表した。

前ドメニコ・テデスコ体制でも複数選手の規律違反が問題視されていたシャルケでは、先月に負傷してプレー不可能だったベンタレブがホーム開催のRBライプツィヒ戦に無許可でスタジアムに訪れなかったことを問題視されて1度目のリザーブチーム送りとなっていた。

その後、出産を控えた夫人に付き添う旨をクラブに伝える義務を怠っていたことを謝罪。さらに、リザーブチームでの真面目な練習態度が評価され、2週間後に再昇格を果たしていた。

しかし、現時点で内容は不明も今回新たに規律違反を犯したことで、今季2度目のリザーブ送りが決定した。
コメント
関連ニュース
thumb

シャルケDFリーターが36歳で引退を決断…ブンデスリーガ通算248試合に出場

シャルケに所属する元ドイツ代表DFサシャ・リーター(36)が今季をもって現役を引退することを決断したようだ。『スカイ・スポーツ』が伝えている。 リーターは、フライブルクの下部組織出身で、ヴォルフスブルクやケルン、フルアムなどでプレー。2015年7月にシャルケへと加入していた。シャルケでは公式戦29試合に出場。ブンデスリーガでは248試合に出場し10ゴール15アシストを記録していた。 ドイツ代表として2試合に出場した経験をもつリーターは、『スカイ・スポーツ』のインタビューで「たぶん、僕は全ての経験をしてきたんじゃないかな。僕の見方では、これは成功といえるキャリアを過ごせたと思っているよ」と、自身のキャリアを振り返った。 2019.05.16 00:19 Thu
twitterfacebook
thumb

CL出場を目指すレバークーゼンはシャルケとドロー《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第33節、レバークーゼンvsシャルケが11日に行われ、1-1で引き分けた。 5位レバークーゼン(勝ち点54)と、15位シャルケ(勝ち点31)の一戦。 残り一枠となったチャンピオンズリーグ出場権獲得を目指すレバークーゼンは、前節にフランクフルトを6-1で粉砕。リーグ戦4連勝で残り2節となった。この勢いのままフィナーレを飾りたい今節のスタメンはフランクフルト戦と同じ11人が起用された。 すでに残留が決定している15位シャルケをレバークーゼンが押し込んでいく。12分、アタッキングサードでの相手のクリアボールが味方に当たってゴール前にこぼれると、拾ったアランギスのシュートはクロスバーを直撃。さらにそのこぼれ球を今度はブラントがボックス右から狙ったが、こちらは右ポストに嫌われた。 21分には、ブラントのクロスをファーサイドでフォラントが頭で落とし、最後はアラリオがフィニッシュ。だが、アウトサイドで狙ったシュートは枠を越えた。 その後も圧倒的スタッツを誇るレバークーゼンは31分、味方のスルーパスからブラントが左サイドを抉ってクロスを供給。これが近くのDFに当たり高く跳ねると、シャルケの選手が咄嗟に頭でクリアするも、ボックス中央のハフェルツのもとに渡り、左足で流し込んでネットを揺らした。 劣勢のシャルケも37分にチャンスを迎える。ゴール前でエンボロが後ろに下げたボールをブジェラブがシュート。ゴール左を捉えていたが、GKフレデツキーのビッグセーブに阻まれた。 それでもシャルケは後半立ち上がりの47分、敵陣中央で相手のチェックを剥がしたブジェラブから縦にスルーパスが贈られると、ブルクシュタラーこのパスで最終ラインを抜け出し、GKとの一対一も制して試合を振り出しに戻した。 さらに、53分のCKの場面に、マッキーニーがフォラントに倒されPKを獲得。しかし、カリジウリがこれを外してしまい、逆転の大チャンスを逃してしまった。 その後はおおよそレバークーゼンのペースに。75%の支配率を誇るレバークーゼンが立て続けにシュートを重ねる。83分と87分にフォラントがゴールに迫るも、GKに防がれる。 紙一重で守るシャルケも89分のFKの場面で、カリジウリのクロスをブルクシュタラーがバックヘッド。これはクロスバーを叩いてしまう。 結局、試合は1-1で終了。チャンピオンズリーグを目指すレバークーゼンは勝ち点1を得るに留まった。 2019.05.12 00:42 Sun
twitterfacebook
thumb

シャルケ、来季指揮官に前ハダースフィールド監督のデイビッド・ワグナー氏を招へい

シャルケは9日、来シーズンの監督に前ハダースフィールド指揮官のデイビッド・ワグナー氏(47)を招へいしたことを発表した。 現役時代にシャルケでのプレー経験があるワグナー氏は、現リバプール指揮官のユルゲン・クロップ監督からの誘いを受けてドルトムントのリザーブチームの指揮官として指導者キャリアをスタート。その後、2015年11月にハダースフィールドの指揮官に就任すると、就任2年目となった2016-17シーズンのチャンピオンシップ(イングランド2部)では6位で昇格プレーオフに進出し、45年ぶりとなる1部昇格と共にプレミアリーグ初昇格に導いた。さらに、昨シーズンのプレミアリーグを16位で終え1部残留にも貢献していたが、今季は序盤からの大不振を受けて今年1月にクラブとの契約解除に至っていた。 来シーズンからシャルケを率いることが決定したワグナー氏は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「選手として得た自らの経験から、チーム、クラブそしてファンが一致団結した際に、シャルケ04の進歩を促す力が生まれることを知っている」 「この世界に再び身を置き、現在の状況を前向きなものへと変える。これは私にとってブンデスリーガへと帰還する強い動機となった」 今シーズン、ドメニコ・テデスコ監督体制2年目を迎えたシャルケ。しかし、開幕から大不振に陥り、チャンピオンズリーグ(CL)ではベスト16進出を果たしたものの、ブンデスリーガでは降格圏付近を彷徨うなど低調なシーズンに。今年3月にテデスコ監督を解任し、フーブ・ステーフェンス暫定監督の下で残りのシーズンを戦っており、第31節終了次点で入れ替え戦圏内の16位シュツットガルトと勝ち点6差の15位に位置しているが、ひとまず残留の可能性は濃厚となっている。 2019.05.10 08:25 Fri
twitterfacebook
thumb

シャルケ、クロップの薫陶受けたワグナーを新指揮官に招へいか? 今季途中までハダースフィールドを指揮

シャルケが来シーズンに向けて、前ハダースフィールド指揮官のデイビッド・ワグナー氏(47)の招へいに動いているようだ。ドイツ『スカイ・スポーツ』が伝えている。 今季就任2年目となったドメニコ・テデスコ監督の下で開幕から大不振に陥ったシャルケ。チャンピオンズリーグ(CL)ではベスト16進出を果たしたものの、ブンデスリーガでは降格圏付近を彷徨うなど低調なシーズンとなった。 その後、今年3月にテデスコ監督を解任し、フーブ・ステーフェンス暫定監督の下で今季残り試合を戦っており、第31節終了次点で入れ替え戦圏内の16位シュツットガルトと勝ち点6差の15位に位置しているが、ひとまず残留の可能性は濃厚となっている。 その中で来季に向けた編成に動き始めたシャルケは、今季限りでボルシアMGを退団するディーター・ヘッキング監督ら2人の候補と共にワグナー氏をリストアップしているようだ。 現役時代にシャルケでのプレー経験があるワグナー氏は、現リバプール指揮官のユルゲン・クロップ監督からの誘いを受けてドルトムントのリザーブチームの指揮官として指導者キャリアをスタート。 その後、2015年11月にハダースフィールドの指揮官に就任すると、就任2年目となった2016-17シーズンのチャンピオンシップ(イングランド2部)では6位で昇格プレーオフに進出し、45年ぶりとなる1部昇格と共にプレミアリーグ初昇格に導いた。さらに資金力で大きく劣る中、昨シーズンのプレミアリーグを16位で終え1部残留にも貢献していたが、今季は序盤からの大不振を受けて今年1月にクラブとの契約解除に至っていた。 また、シャルケはサウサンプトンやトッテナムでリクルート部門のトップを担い、現在はRBライプツィヒのリクルート部門を取り仕切るポール・ミッチェル氏をスポーツ・ディレクターとして招へいする動きも見せているようだ。 2019.05.01 03:03 Wed
twitterfacebook
thumb

退場者2人を出したドルトムント、レヴィア・ダービー惨敗で優勝が大きく遠のく…《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第31節、ドルトムントvsシャルケのレヴィア・ダービーが27日に行われ、2-4で敗戦した。 前節フライブルク戦をロイスの1ゴール2アシストで快勝した2位ドルトムント(勝ち点69)は、首位バイエルンを1ポイント差で追う中、15位シャルケ(勝ち点27)とのレヴィア・ダービーに向けてフライブルク戦同様のスタメンを送り出した。 5バック気味に構えるシャルケに対し、立ち上がりからボールを保持したドルトムントが圧力をかけ続けると、14分に先制した。サンチョの浮き球パスに抜け出したゲッツェがヘディングシュートを流し込んだ。 しかし16分、エンボロのシュートのブロックに入ったヴァイグルの手にボールがあったとしてVARの末にシャルケにPKが与えられる。これをカリジウリが決めてシャルケがすかさず同点に追いついた。 失点後もドルトムントがボールを持つ展開が続いたが、28分にシャルケが逆転する。右CKからサネがゴール左にヘディングシュートを叩き込んだ。 逆転後もドルトムントが押し気味に試合を進めたものの、決定機を生み出すには至らず前半を1点ビハインドで終えた。 後半もドルトムントがボールを持つ展開となったが、シャルケの守備を崩せない状況が続く。そこで56分、デラネイに代えてアルカセルを最前線に投入。ヴィツェルを中盤アンカーに据え、インサイドにロイスとゲッツェを配す攻撃的な布陣とした。 しかし60分、ドルトムントに痛恨の退場者が出てしまう。ロイスがセルダーに対して後方からスライディングタックルを見舞って一発退場となってしまった。 そしてこのプレーで与えたFKからカリジウリに完璧な直接FKを叩き込まれ、2点を追う展開となったドルトムントは、65分にも退場者を出してしまう。セルダーに対し、ロイス同様に後方からスライディングタックルを見舞ったヴォルフにレッドカードが提示された。 結局、84分にヴィツェルのゴールで1点を返したドルトムントだったが、直後にエンボロにゴールを許して2-4で惨敗。優勝が大きく遠のく痛恨の敗戦を喫している。 2019.04.28 00:30 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース