本田圭佑が欠場のメルボルン、広州恒大と引き分け今大会初勝ち点《ACL2019》

2019.04.23 21:03 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
23日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)、グループFの第4節、メルボルン・ビクトリー(オーストラリア)vs広州恒大(中国)が行われ、1-1の引き分けに終わった。

勝ち点0の最下位メルボルン・ビクトリーが、勝ち点6でグループ首位の広州恒大をホームに迎えた一戦。メルボルン・ビクトリーは、本田圭佑がメンバー外。一方の広州恒大は、パウリーニョ、タリスカが揃って出場した。

試合はアウェイの広州恒大が先に動かす。24分、メルボルン・ビクトリーのパスミスを奪うと、ショートカウンター。ボックス手前でパスを受けたパウリーニョがドリブルを仕掛けると、ラインぎりぎりでマイナスに折り返したボールを、ファン・ボーウェンが決めて、広州恒大が先制する。

ミスから失点を喫したメルボルン・ビクトリーだったが、すかさず反撃に出る。26分、タリスカが自陣で滑りボールを失うと、アントニスのスルーパスを防ごうとしたコ・ジュンイがスライディング。しかし、これが相手へのパスとなり、ボックス中央でインガムが落ち着いて決めて同点となる。

前半を1-1で折り返すと、後半はメルボルン・ビクトリーが最初に決定機。77分、左サイドを仕掛けると、マイナスのボールをアントニスが右足一閃。強烈なシュートがゴール右上に飛ぶも、わずかに枠を外れる。

広州恒大は78分にすかさず反撃。左サイドを仕掛けると、高いクロスをボックス中央でタリスカがヘッド。しかし、これはGK正面に飛び難なくキャッチ。87分にはFKからのクロスを、パウリーニョが頭で合わせるも、わずかに右に外れてしまう。

結局互いにその後はスコアが動かず、1-1で終了。勝ち点1を分け合う形となった。

メルボルン・ビクトリー 1-1 広州恒大
【メルボルン・ビクトリー】
インガム(前26)
【広州恒大】
ファン・ボーウェン(前24)
コメント