ユルマズのFK弾でベシクタシュが5連勝! 香川は68分までプレー《スュペル・リグ》2019.04.23 04:16 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
香川真司の所属するベシクタシュは22日、スュペル・リグ第29節でスィヴァススポルと対戦し、2-1で勝利した。香川は68分までプレーした。リーグ戦4連勝中の3位ベシクタシュ(勝ち点53)が、13位スィヴァススポル(勝ち点35)のホームに乗り込んだ一戦。香川がトップ下で3試合ぶりの先発となったベシクタシュは、25分に決定機。リャイッチの右CKをゴール左手前のイジマ=ミランが右足で合わせたが、このシュートは相手GKがファインセーブ。

その後は攻めあぐねる時間が続いたベシクタシュだが、31分にスコアを動かす。右CKをニアでトコズがフリックするとファーサイドに走り込んだイジマ=ミランが右足アウトサイドで合わせたが、これはクロスバーを直撃。しかし、こぼれ球をヴィダがゴールに押し込み、ベシクタシュが先制した。

先手を取ったベシクタシュだったが、前半終了間際の45分にロングカウンターからディアバテにゴールネットを揺らされ、前半は1-1で終了した。

迎えた後半、ベシクタシュはメデルを下げてウイサルを投入。さらに68分に香川を下げてヤルチンをピッチに送り出した。

主導権を握りながらも勝ち越しゴールが遠いベシクタシュだったが、試合終盤にセットプレーから均衡を破る。87分、バイタルエリア左でFKを獲得するとブラク・ユルマズの直接FKがゴール右に突き刺さり、ベシクタシュが勝ち越し。

結局、これが決勝点となり2-1でベシクタシュが勝利。5戦連発となるユルマズ芸術FK弾で勝ち越したベシクタシュは、リーグ戦5連勝で上位を追走している。
コメント
関連ニュース
thumb

過去に神戸から関心も伝えられた元バルサDFアドリアーノが母国移籍!

アトレチコ・パラナエンセは22日、昨シーズン限りでベシクタシュを退団した元ブラジル代表DFアドリアーノ・コレイア(34)の加入を発表した。契約期間は2020年12月31日までの1年半となる。 2002年に母国のコリチーバでプロデビューを飾ったアドリアーノは、セビージャを経て2010年にバルセロナに加入。左右のサイドバックを主戦場に在籍6年間で189試合に出場。バルセロナ退団後の2016年からはベシクタシュに活躍の場を移し、公式戦111試合に出場。昨季は公式戦29試合に出場した。 昨夏にはベティスやヴィッセル神戸移籍の噂もあった同選手だったが、15年ぶりの母国復帰を選択した。 2019.07.23 15:30 Tue
twitterfacebook
thumb

パルチザンからラブコールの浅野拓磨、香川と同じくベシクタシュ行きが有力か

アーセナルの日本代表FW浅野拓磨(24)は一時移籍話が出たパルチザン・ベオグラードではなく、日本代表MF香川真司(30)と同じくベシクタシュ行きが有力になったとセルビア『ホットスポルト』が伝えた。 浅野は2016年にサンフレッチェ広島からアーセナルへ移籍後、労働許可の問題からブンデスリーガのシュツットガルト、そして昨季はハノーファーへとぞれぞれ期限付き移籍。同クラブではリーグ戦13試合に出場するも、ノーゴールに終わっていた。 同選手の獲得を目指していたパルチザンは「この夏最大の補強」としてリストアップ。移籍へ向けて交渉に臨んでいたが、長期化し、その間にベシクタシュとの交渉が進んだという。また、浅野がベシクタシュと基本合意したとされる香川とのプレーを望んだことも大きいようだ。 アーセナルと浅野は1年契約を新たに結び、移籍金を100万ユーロ(約1億2000万円)に設定したと伝えられている。そのため、同クラブとしてはパルチザンへレンタル移籍してからフリーとなるより、移籍金を得られるベシクタシュの方がベターであるとされている。 日本代表のスピードスターの新天地は果たしてどのクラブになるのか。今後の動きにも注目が集まる。 2019.07.19 15:30 Fri
twitterfacebook
thumb

香川真司、ベシクタシュと基本合意か…現地メディア報じる

ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司(30)にベシクタシュ移籍の可能性が高まっているようだ。トルコ『Milliyet』が報じた。 香川は、昨シーズン途中に出場機会を求めてベシクタシュにレンタル移籍後、今夏にドルトムント復帰。12日のテストマッチで1得点1アシストを記録したが、アメリカツアーのメンバーから外れたことで、移籍が現実味を帯びている状況だった。 その香川は念願のスペイン挑戦を果たすべく、ベシクタシュを去ったが、希望するような条件が届かなかったとのこと。そうした状況を受けて、昨シーズンの半年間を過ごしたベシクタシュからの完全移籍のオファーを受け入れたという。 ベシクタシュから寄せられたオファー内容は、年俸150万ユーロ(約1億8000万円)の2年契約+1年延長オプション。ベシクタシュとの再契約に基本合意した香川はドルトムントに対して、フリー移籍の容認を求めている模様だ。 2019.07.19 09:15 Fri
twitterfacebook
thumb

フェネルバフチェがケディラに注目? ベシクタシュ、MLSクラブと争奪戦か

ユベントスに所属するドイツ代表MFサミ・ケディラ(32)にフェネルバフチェが注目しているようだ。『フットボール・イタリア』がイタリア『スカイ』を引用して伝えている。 2015年夏にレアル・マドリーからユベントスに加入したケディラ。ここまで公式戦127試合21ゴール13ゴールを記録し、4度のセリエA制覇など数々のタイトル獲得を経験しているものの、昨シーズンは度重なるケガに見舞われ、公式戦17試合2ゴールの成績に留まった。 近年、フェネルバフチェは2017-18シーズンでリーグ優勝を成し遂げるなど、毎年、優勝争いを繰り広げてきたものの、昨シーズンは6位と屈辱の一年を過ごした。現在、復活を図る新シーズンに向けた強化を目指しており、その一手としてケディラの獲得を画策。オファーを提示する準備も推し進めているようだ。 既報によれば、ユベントスはケディラのケガの状況や32歳という年齢から同選手の放出を考慮しているという。 ちなみに、これまでケディラには同じ国内クラブのベシクタシュに加え、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のクラブも獲得に興味を示していることが伝えられている。 2019.07.11 21:20 Thu
twitterfacebook
thumb

ミラン復帰のA・シウバにトルコの強豪2クラブが興味か

ミランに復帰したポルトガル代表FWアンドレ・シウバ(23)にトルコの強豪2クラブが獲得に興味を示しているようだ。イタリア『カルチョ・メルカート』が伝えた。 2017年6月にミランに加入するも、リーグ戦では24試合2ゴールと不発に終わったA・シウバ。今シーズンは、セビージャへ買取オプション付きのレンタル移籍で加入し、リーガエスパニョーラ開幕節のラージョ戦でハットトリックの鮮烈デビューを果たすなど、公式戦40試合で11ゴール3アシストを記録したが、シーズン終盤はケガの影響もあって貢献できず。買取オプションの行使も見送られ、同クラブを退団した。 そんなA・シウバに対して、トルコの強豪であるフェネルバフチェとベシクタシュが関心。ミラン側は、同選手をポルトから獲得した際に支払った移籍金3800万ユーロ(約46億6000万円)程度のオファーであれば、売却を容認するとのことだ。 しかし、A・シウバ自身は、ミラン退団を望んではいないようで、新指揮官に就任したマルコ・ジャンパオロ監督の下で、信頼を勝ち取りたいと考えているようだ。 2019.06.30 14:00 Sun
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第28号 J1全18クラブ前半戦総括
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース