鹿島、左鎖骨骨折のブエノが手術…治療期間約10週間

2019.04.22 11:00 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
鹿島アントラーズは22日、DFブエノの戦線離脱を発表した。

ブエノは19日の練習中に左鎖骨を骨折。21日に東京都内の病院で手術を受け、治療期間約10週間の見込みだ。鹿島に今シーズン復帰後、ここまで明治安田生命J1リーグ1試合に出場している状況だった。

鹿島は現在、4勝2分け2敗の5位。28日に行われる次節、9位に位置する横浜F・マリノスとのアウェイゲームに臨む。


関連ニュース
thumb

清水DFエウシーニョ、今季3度目の左内転筋肉離れで離脱…治療のため帰国

清水エスパルスは2日、ブラジル人DFエウシーニョの負傷と帰国を発表した。 クラブの発表によると、エウシーニョは11月20日に行われた明治安田生命J1リーグ第36節のサンフレッチェ広島戦で負傷した。 検査の結果、左内転筋肉離れと診断。全治までは6~8週間を要する見込みとなり、治療のためにブラジルへ帰国したとのことだ。 エウシーニョは、6月に左内転筋肉離れで離脱すると、8月にも同じ箇所を負傷し離脱。再び復帰したが、またしても同じ箇所を負傷してしまった。 今シーズンはここまで明治安田生命J1リーグで12試合に出場し1得点を記録していた。 2021.12.02 15:18 Thu
twitterfacebook
thumb

G大阪FWレアンドロ・ペレイラが右ハムストリング肉離れの治療でブラジルへ帰国

ガンバ大阪は1日、ブラジル人FWレアンドロ・ペレイラが一時帰国することを発表した。 クラブの発表によると、レアンドロ・ペレイラは11月17日の練習中に負傷。右ハムストリング肉離れが再発したとのことだ。 レアンドロ・ペレイラは、シーズン終了前ではあるものの、ケガの治療のためブラジルへと一時帰国したとのことだ。 松本山雅FCから今季完全移籍で加入したレアンドロ・ペレイラは、明治安田生命J1リーグで24試合に出場し5得点を記録。8月28日の第27節、セレッソ大阪戦を最後にリーグ戦ではプレーしていなかった。 2021.12.01 20:52 Wed
twitterfacebook
thumb

湘南、欠場続く名古の手術を発表、左腓骨筋腱亜脱臼で保存的治療を継続するも完治に至らず

湘南ベルマーレは1日、MF名古新太郎(25)の負傷を発表した。 名古は8月17日のトレーニング中に負傷。これまで治療を継続してきたが完治に至らず、1日に手術を受けたとのことだ。なお、左腓骨筋腱亜脱臼と診断されており、全治は手術後3カ月と発表されている。 今シーズン、鹿島アントラーズから期限付き移籍で湘南へ加入した名古は、ここまでインサイドハーフの一角として公式戦23試合に出場。第4節のベガルタ仙台戦でのJ1初ゴールを含め、3得点を挙げていたが、8月15日の名古屋グランパス戦にフル出場して以降、試合からは遠ざかっていた。 特徴のあるドリブルを武器にする名古にとって足首の負傷は痛手。湘南にとっても運動量と突破力は大きなアクセントとなっていただけに、残念な一報となった。 <span class="paragraph-title">【動画】名古のJ1初ゴール(1:10~)</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="tI94UY_dloI";var video_start = 70;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.12.01 19:22 Wed
twitterfacebook
thumb

復帰近づく日本代表MF久保建英、指揮官は今週末での途中起用も示唆「15~20分出場させるかもしれない」

マジョルカのルイス・ガルシア・プラサ監督は、今週末のゲームにおける日本代表MF久保建英の起用について示唆した。 9月22日に行われたラ・リーガ第6節のレアル・マドリー戦で先発した久保だったが、ヒザを負傷し前半のみでピッチを退いていた。診断の結果は右ヒザ半月板の損傷。当初は松葉杖をつく姿が見られた。 当初は1カ月程度の離脱とみられていた中、回復が思うように進まず、2カ月が経過。しかし、久保はジムでのトレーニングを積み重ね、体を大きくすると、無理をせずにヒザの回復に努め、24日のトレーニングでは全体練習に合流した。 27日にラ・リーガ第15節ヘタフェ戦を控えるマジョルカは、久保離脱後はリーグ戦でわずかに1勝(4分け3敗)と結果が出ていない状況だ。それもあってか、ルイス・ガルシア監督は事前のインタビューで「私にとっては1つのオプション」と、久保の起用も考えていることを明らかにした。 「タケ・クボは招集メンバーに入るだろう」 「少しの練習しかしていないが、私の考えはその必要がなければ使わずもっと練習できるようにする」 「大事なのはヒザの状態が良いということ。試合のリズムは不足しているが、状態は良い」 「我々にとって非常に良いニュース。なぜなら彼はとても重要な選手だから」 「先発でプレーするには少し時間が足りない。現状では少しの間のプレーだけが可能」 「日曜の試合にはギリギリというところだが私にとっては1つのオプションで、必要だと考えれば15~20分プレー可能で、もしかすると出場させるかもしれない」 <span class="paragraph-title">【動画】久保起用の可能性を示唆するルイス・ガルシア監督</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="Vyxg0JN4phw";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.11.27 21:45 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly