鹿島、左鎖骨骨折のブエノが手術…治療期間約10週間

2019.04.22 11:00 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
鹿島アントラーズは22日、DFブエノの戦線離脱を発表した。

ブエノは19日の練習中に左鎖骨を骨折。21日に東京都内の病院で手術を受け、治療期間約10週間の見込みだ。鹿島に今シーズン復帰後、ここまで明治安田生命J1リーグ1試合に出場している状況だった。

鹿島は現在、4勝2分け2敗の5位。28日に行われる次節、9位に位置する横浜F・マリノスとのアウェイゲームに臨む。

関連ニュース
thumb

磐田、3番継承の森岡陸が負傷&手術…術後4カ月程度の離脱見込み

ジュビロ磐田は31日、DF森岡陸の負傷を報告した。 法政大学から入団して今季で3年目の森岡。その今季から昨季限りで退団したDF大井健太郎から背番号「3」を受け継ぐ注目株だが、浜松市内の医療機関で右足舟状骨疲労骨折および距舟関節障害と診断されたという。 19日に手術も受けたとのことで、トレーニング合流まで術後4カ月程度を要す見込み。今季から明治安田生命J2リーグの磐田は1年でのJ1復帰を目指す戦いになるが、森岡は出遅れとなるようだ。 2023.01.31 12:10 Tue
twitterfacebook
thumb

川崎Fに打撃…家長昭博が最大4週間の負傷離脱、開幕微妙に

川崎フロンターレは30日、MF家長昭博の戦線離脱を報告した。 大宮アルディージャから加入して今季で7年目の家長。昨季も明治安田生命J1リーグでキャリアハイの12ゴールと奮闘した36歳だが、トレーニング中に左足関節外側じん帯損傷のケガを負ってしまったという。 全治は受傷日の25日から数えて、3~4週間程度を要する見込み。川崎FではFWレアンドロ・ダミアン、FW小林悠が出遅れるが、家長も2月17日に行われる横浜F・マリノスとのJ1開幕節が微妙な情勢となった。 2023.01.30 16:15 Mon
twitterfacebook
thumb

東京VのMF橋本陸斗が左ハムストリング腱膜損傷で全治約10週間

東京ヴェルディは30日、MF橋本陸斗の負傷を発表した。 クラブの発表によると、橋本は27日に負傷したとのこと。左ハムストリング腱膜損傷と診断された。 なお、全治は受傷日より約10週間の見込み。復帰は4月以降になることとなる。 橋本は2021年に2種登録されると、15歳10カ月月26日でデビュー。Jリーグ史上3番目の若さであり、J2最年少記録を樹立した。 2022シーズンは明治安田生命J2リーグで3試合、天皇杯で1試合の出場に終わっていた。 2023.01.30 12:15 Mon
twitterfacebook
thumb

水戸、新戦力のFW内田優晟、FW草野侑己が共に負傷

水戸ホーリーホックは27日、FW内田優晟、FW草野侑己の負傷を発表した。 今季ユースから昇格する内田は、20日に負傷。茨城県内の病院で検査を受け、左腓腹筋損傷と診断されたとのことだ。 また横浜FCから加入した草野は、22日に負傷。検査の結果、左足関節内反捻挫と診断されたという。 共に新シーズンからの戦力となる中で、開幕前に負傷となった。 2023.01.27 20:37 Fri
twitterfacebook
thumb

琉球、藤原志龍と平松昇が負傷…ともに3カ月の治療期間

FC琉球は25日、MF藤原志龍とMF平松昇の負傷を報告した。 藤原は17日のトレーニング中、平松は20日に行われたFC東京とのトレーニングマッチで負傷。前者が右小趾基節骨骨折、後者が左第3趾基節骨骨折と診断され、それぞれ約3カ月の治療期間を要するという。 今季から明治安田生命J3リーグを戦う琉球は3月4日の開幕節でヴァンラーレ八戸をホームに迎え撃つ。 2023.01.25 15:15 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly