サンチョのドッペルパックと守護神ビュルキの躍動でドルトムントが逃げ切り! 暫定首位に《ブンデスリーガ》2019.04.14 03:24 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ドルトムントは13日、ブンデスリーガ第29節でマインツをホームに迎え、2-1で辛勝した。前節バイエルンとのデア・クラシカーを0-5で惨敗し、首位を明け渡した2位ドルトムント(勝ち点63)は、ミスを連発したザガドゥに代えてヴァイグルをセンターバックで起用し、ゲッツェをスタメンに戻した。

12位マインツ(勝ち点33)に対し、[4-2-3-1]で臨んだドルトムントは最前線にゲッツェ、2列目に右からサンチョ、ロイス、ラーセンと並べた。

そのドルトムントは開始6分に決定機。ボックス右ゴールライン際からのゲッツェのクロスにラーセンが身体で合わせたボールが左ポストに直撃した。さらに14分、ボックス手前左からサンチョの上げたクロスにラーセンがボレーで合わせるも、GKミュラーのファインセーブに阻止された。

それでも17分、ドルトムントがゴールをこじ開ける。ロングボールを受けたゲッツェがボックス右角からクロスを送ると、サンチョがボレーで蹴り込んだ。さらに24分、ボックス左に抜け出したデラネイのクロスにサンチョが左足ダイレクトで合わせたシュートがネットを揺らし、リードを広げた。

ハーフタイムにかけてもドルトムントが一方的な展開とし、2点をリードしたまま前半を終えた。

迎えた後半、前がかってきたマインツに対し、ドルトムントはカウンターを狙って牽制。オープンな展開が続く中、63分にピンチ。オニシウォに右ポスト直撃のシュートを打たれた。

さらに69分、グバミンのミドルシュートでGKビュルキを脅かされたドルトムントは、マインツにペースを握られてしまう。

終盤、ザガドゥを投入して逃げ切りを図ったドルトムントだったが、84分に1点差に詰め寄られる。ショートコーナーの流れからオニシウォのヘディングシュートはGKビュルキがファインセーブで凌いだものの、ルーズボールをハックに蹴り込まれると、こぼれ球をクアイソンに詰められた。

さらに87分、CKの流れからウジャーに立て続けにゴールに迫られたが、GKビュルキがビッグセーブで凌ぎ、リードを保っていく。このまま2-1で逃げ切ったドルトムントが勝利して暫定首位に立ち、バイエルンにプレッシャーをかけている。
コメント
関連ニュース
thumb

香川真司、ベシクタシュと基本合意か…現地メディア報じる

ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司(30)にベシクタシュ移籍の可能性が高まっているようだ。トルコ『Milliyet』が報じた。 香川は、昨シーズン途中に出場機会を求めてベシクタシュにレンタル移籍後、今夏にドルトムント復帰。12日のテストマッチで1得点1アシストを記録したが、アメリカツアーのメンバーから外れたことで、移籍が現実味を帯びている状況だった。 その香川は念願のスペイン挑戦を果たすべく、ベシクタシュを去ったが、希望するような条件が届かなかったとのこと。そうした状況を受けて、昨シーズンの半年間を過ごしたベシクタシュからの完全移籍のオファーを受け入れたという。 ベシクタシュから寄せられたオファー内容は、年俸150万ユーロ(約1億8000万円)の2年契約+1年延長オプション。ベシクタシュとの再契約に基本合意した香川はドルトムントに対して、フリー移籍の容認を求めている模様だ。 2019.07.19 09:15 Fri
twitterfacebook
thumb

PSGがドルトムントからDFディアロを獲得! 2024年までの5年契約を締結

パリ・サンジェルマン(PSG)は16日、ドルトムントからフランス人DFアブドゥ・ディアロ(23)を完全移籍で獲得した。契約期間は2024年6月30日までの5年間となる。 PSGへ加入の決まったディアロは、クラブの公式サイトで以下のコメントを残している。 「パリ・サンジェルマンのような権威あるクラブに加入出来て光栄だね。僕は常にパリが掲げるプロジェクトに魅力を感じていた。パリへの移籍は僕にとって重要なステップだよ」 2014年にモナコでプロデビューを飾った左利きのセンターバックのディアロは、ズルテ・ワレヘムへのレンタル、マインツへの完全移籍を経て、2018年6月にドルトムントに完全移籍。 加入1年目となった昨シーズンには公式戦38試合に出場した。また、同シーズンは本職のCBのみならず、左サイドバックもこなした。 また、代表キャリアにおいては2016年にU-21フランス代表に招集され、これまで16試合に出場していた。 2019.07.17 00:50 Wed
twitterfacebook
thumb

香川真司、ドルトムントの米国ツアー不参加…今夏移籍決定的に

ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司(30)がアメリカで行われるプレシーズンツアーに参加しないことがわかった。 ドルトムントは15日、アメリカツアー参加者26名のメンバーリストを公表。その名簿のなかに元ドイツFWアンドレ・シュールレとともに、香川の名前もなかった。 香川は、昨シーズン途中に出場機会を求めてベシクタシュにレンタル移籍後、今夏にドルトムント復帰。12日のテストマッチで途中からピッチに立ち、1得点1アシストを記録した。 その香川は、新シーズンもルシアン・ファブレ監督の構想に含まれておらず、以前から今夏移籍が有力とする報道が加熱している。 2019.07.16 08:40 Tue
twitterfacebook
thumb

今夏デ・リフト獲得失敗のPSG、ドルトムントのディアロ獲得に接近?

ドルトムントに所属するフランス人DFアブドゥ・ディアロ(23)のパリ・サンジェルマン(PSG)行きが近づいているようだ。フランス『フランス・フットボール』が同国『レキップ』を引用して伝えた。 2014年にモナコでプロデビューを飾った左利きのセンターバックのディアロは、ズルテ・ワレヘムへのレンタル、マインツへの完全移籍を経て、2018年6月にドルトムントに完全移籍。加入1年目となった昨シーズンには公式戦38試合に出場した。また、同シーズンは本職のCBのみならず、左サイドバックもこなした。 今回伝えられるところによれば、PSGが移籍金3200万ユーロ(約38億9000万円)で合意に近づいている模様。今夏、アヤックスに所属するオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)の獲得に動いていたPSGだが、代替案としてこのフランス人CBを獲得することになりそうだ。 2019.07.15 16:45 Mon
twitterfacebook
thumb

サッスオーロ、ドルトムントからSBトルヤンを買い取りOP付きレンタルで獲得

サッスオーロは11日、ドルトムントのドイツ人DFジェレミー・トルヤン(24)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。オプションを行使する際にかかる移籍金は800万ユーロ(約9億7000万円)とのことだ。 2017年夏にホッフェンハイムからドルトムントに加入した右サイドバックを主戦場に、左サイドバックでもプレー可能なユーティリティプレーヤーのトルヤンは、ドルトムントでの移籍初年度は公式戦27試合に出場したが、2018-19シーズンはルシアン・ファブレ監督の構想外となり、公式戦出場がない状況だった。 そんな中、今年1月に出場機会を求めてセルティックに武者修行し、リーグ戦やヨーロッパリーグなど公式戦14試合に出場していた。 2019.07.12 01:01 Fri
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース