甲府のDF小柳達司に第二子となる長男が誕生「町田戦の試合中に男の子が産まれました!」

2019.04.10 17:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ヴァンフォーレ甲府は10日、DF小柳達司に第二子となる長男が7日に誕生したことを発表した。

小柳は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

「4月7日、町田戦の試合中に男の子が産まれました! 頑張ってくれた妻には感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとう! これからもより一層の覚悟と責任を持ってサッカーに励んでいきます」
2019年にツエーゲン金沢から甲府に完全移籍した小柳。今シーズンはここまで明治安田生命J2リーグに8試合出場している。

関連ニュース
thumb

甲府がFWジェトゥリオの期限付き移籍延長を発表…背番号は「77」に決定「ここに戻ってこれて嬉しいです」

ヴァンフォーレ甲府は18日、トンベンセから期限付き移籍中のブラジル人FWジェトゥリオ(25)の期限付き移籍期間延長を発表した。 期限付き移籍期間は2023年2月1日~2023年12月31日までとなる。背番号は「77」に決まった。 ジェトゥリオは、トンベンセからアヴァイ、パソス・デ・フェレイラ、ヴァスコ・ダ・ガマへ期限付き移籍を経験。2022年8月に甲府に加入した。 甲府では明治安田生命J2リーグで4試合、天皇杯で2試合に出場もゴールはなかった。 ジェトゥリオはクラブを通じてコメントしている。 「またここに戻ってこれて嬉しいです。チームの目標を達成出来るように、チームメイトと共に全力を尽くします。そして、ヴァンフォーレ甲府というクラブがより一層成長し、クラブの名を世の中にもっと広めていけるようにピッチで闘う準備をしていきます」 「良いシーズンにしていくためには皆さまの熱いサポートが必要です。よろしくお願いします!」 2023.01.18 14:50 Wed
twitterfacebook
thumb

「控えめに言って最高」「凄そう」Jリーグと『ラブライブ!シリーズ』がコラボも、苦悩するファンも登場「推しがライバルのユニフォームを着ている…」

Jリーグは16日、2月11日に行われる「FUJIFILM SUPER CUP 2023」にて、『ラブライブ!シリーズ』とのコラボレーションを発表した。 2022シーズンの明治安田生命J1リーグ王者である横浜F・マリノスと、J2クラブでありながら第102回天皇杯を制したヴァンフォーレ甲府が国立競技場で対戦する「FUJIFILM SUPER CUP 2023」。シーズンの幕開けとなる一戦がコラボし、『ラブライブ!シリーズ』の描き下ろしイラストを使用したキービジュアルや映像コンテンツ、オリジナルグッズの販売等、さまざまなコラボ企画を実施する。 『ラブライブ!シリーズ』とは、2010年にスタートしたオールメディアで展開するスクールアイドルプロジェクト。CDリリースやアニメーション、ライブイベント、ゲーム、雑誌連載、など幅広い形で展開している。 また、シリーズの1つである『ラブライブ!サンシャイン!!』は、作品の舞台が静岡県の沼津市ということもあり、アスルクラロ沼津とコラボを続け、2022年からはオフィシャルパートナーとなった。その他、日本サッカー協会(JFA)も2018年のロシア・ワールドカップに向けてコラボしていた。 シリーズを通じて6作品があり、多くのキャラクターが登場する中、コラボの1つは「FUJIFILM SUPER CUP 2023」のプロモーションムービーにメンバーが登場。また、YouTubeのコンテンツとして、『ラブライブ!シリーズ』のキャストを代表して、伊達さゆりさん(『ラブライブ!スーパースター!!』澁谷かのん役)と、絵森彩さん(『ラブライブ!スーパースター!!』鬼塚夏美役)が、大会の試合会場でもある国立競技場を訪れて、スタジアムの魅力を伝えると共に大会の見どころや試合当日のイベント情報等をお届けする動画が公開される。 さらに、コラボを記念したグッズ付きシートを限定400席販売。コラボ記念オリジナルブランケットがついてくる。 また、試合当日には、国立競技場に大西亜玖璃さん(ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 上原歩夢役)、田中ちえ美さん(ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 天王寺璃奈役)の来場が決定。その他、オリジナルグッズも販売される。 Jリーグ各クラブのサポーターにも『ラブライブ!シリーズ』のファンは多く、今回のコラボ決定に反応。「とっても羨ましい」、「控えめに言って最高」、「素晴らしい取り組み」、「よく分からないけど凄そう」と反響が寄せられている。 また、好きなキャラクターが推しクラブじゃないユニフォームを着ていることには「好きなキャラが他クラブのユニフォーム着ているのはクルものがある」、「推しがライバルのユニフォームを着ていて苦しい」と反響が。また、自身の好きなキャラクターはどこのクラブのユニフォームを着るのか?などと多くの反響を得ている。 <span class="paragraph-title">【動画&写真】Jリーグと『ラブライブ!シリーズ』がコラボ!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="9mH9ybovv9I";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">【FUJIFILM SUPER CUP 2023】<br>『ラブライブ!シリーズ』 とのコラボレーションが決定‼<br><br>『ラブライブ!シリーズ』の描き下ろしイラストを使用したキービジュアルや映像コンテンツ、オリジナルグッズの販売等を実施<a href="https://twitter.com/LoveLive_staff?ref_src=twsrc%5Etfw">@LoveLive_staff</a><a href="https://twitter.com/hashtag/lovelive?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#lovelive</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%EF%BC%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Jリーグラブライブ</a><a href="https://t.co/hYeEl19PM3">https://t.co/hYeEl19PM3</a></p>&mdash; Jリーグ(日本プロサッカーリーグ) (@J_League) <a href="https://twitter.com/J_League/status/1614913818517475330?ref_src=twsrc%5Etfw">January 16, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.16 19:35 Mon
twitterfacebook
thumb

元日本代表FWハーフナー・マイクが現役引退…Jリーグ6クラブ、エールディビジでもプレー

元日本代表FWハーフナー・マイク(35)が現役を引退することとなった。 ハーフナー・マイクのマネジメントを行う株式会社UDN SPORTSが5日に発表。17年間のプロ生活を終えることとなった。 ハーフナー・マイクは、かつてJリーグの名古屋グランパスやジュビロ磐田、コンサドーレ札幌(現:北海道コンサドーレ札幌)でもプレーしたGKディド・ハーフナー氏を父にもち、札幌のU-15、横浜F・マリノスのユースに所属。2006年に横浜FMでトップチームに昇格した。 194cmの長身を生かしたプレーで世代別の日本代表を経験。U-20日本代表として2007年のU-20ワールドカップにも出場した。 クラブでは出番があまり得られず、アビスパ福岡、サガン鳥栖への期限付き移籍を経験。2010年にはヴァンフォーレ甲府へと完全移籍すると、20ゴールを決めてJ2得点王に輝きチームのJ1昇格に貢献。2011年はJ1で17得点を記録し、Jリーグベストイレブンにも選出された。 同年には日本代表に初招集、18試合に出場し4得点を記録した。 クラブチームでは、その後にエールディビジのフィテッセへ完全移籍。スペインのコルドバ、フィンランドのHJKヘルシンキ、オランダのADOデンハーグでもプレーすると、2017年にヴィッセル神戸へと完全移籍しJリーグに復帰。ベガルタ仙台、タイのバンコク・ユナイテッドでプレーした後、2020年には甲府へと復帰。2021年から東海社会人サッカーリーグ2部のFC.Bomboneraへと加入してプレーしていた。 J1通算77試合21得点、J2通算104試合42得点。エールディビジでは137試合で41得点を記録するなどの功績を残した。 UDN SPORTSは「約17年間のプロ生活、本当にお疲れ様でした。マイク選手の豪快なプレーと明るい、気さくな性格は多くのファンやサポーターを魅了しました」とし、「これからも新たな道を切り開いていきましょう!全力でサポートさせてもらいます!」と綴っている。 <span class="paragraph-title">【写真】ハーフナー・マイクが現役引退を発表</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CnBIie8vd7B/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CnBIie8vd7B/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CnBIie8vd7B/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">UDN SPORTS(@udnsports)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2023.01.05 14:35 Thu
twitterfacebook
thumb

甲府がMF中山陸の復帰を発表、昨季途中から松本へ期限付き移籍「松本で学んだことも活かしJ1昇格に貢献を」

ヴァンフォーレ甲府は4日、松本山雅FCに育成型期限付き移籍していたMF中山陸(21)が復帰することを発表した。 神奈川県出身の中山はSC相模原のジュニアユースから東海大学付属相模高校を経て、2019年に甲府へ正式加入。U-18日本代表への招集歴も持つ。 2021年はカターレ富山、2022年は松本へ、いずれもシーズン後半から武者修行に。松本では昨季8試合出場1得点を記録した。 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場を控えるチームへ復帰した中山は、両クラブを通じて感謝や意気込みを語っている。 ◆ヴァンフォーレ甲府 「今シーズン甲府に戻り、プレーすることになりました。今年は大学を卒業してプロ1年目を迎える選手と同じ世代のシーズンとなります」 「今まで以上に甲府で頑張り活躍したいと思ってます。松本山雅で学んだことも活かしJ1昇格に貢献できるように頑張ります。応援よろしくお願いします」 ◆松本山雅FC 「自分の力を発揮してJ2昇格という目標を達成できなかったこと申し訳なく思っています。この短い間で学んだたくさんのことは、決して無駄にならないと思います。僕自身の成長に繋げていきます。半年間ありがとうございました」 2023.01.04 14:50 Wed
twitterfacebook
thumb

J内定者13人擁する桐蔭横浜、川崎F入り山田新の後半AT逆転弾で新潟医療福祉を下し初優勝!《インカレ決勝》

1日、第71回全日本大学サッカー選手権大会(インカレ)決勝の新潟医療福祉大学vs桐蔭横浜大学が国立競技場で行われ、3-2で桐蔭横浜が初優勝を決めた。 両チーム併せてJリーグ内定者17人を擁する元日決戦。新潟医療福祉はここまで八戸学院大学、びわこ成蹊スポーツ大学、中京大学、国士舘大学を撃破。創部以来初、北信越勢としても初の決勝進出を決めた。 一方、2大会ぶり2度目の決勝進出を果たし、J内定者13人を擁する桐蔭横浜は、北海道教育大学岩見沢校、東京国際大学、関西学院大学を下してファイナルへの切符を手にした。 どちらが勝っても初優勝となる一戦は、新潟医療福祉の田中翔太に早速決定機。CK崩れから左足を振り抜いたが、シュートはバーを越えた。対する桐蔭横浜も、山内日向汰が左ポケットで鮮やかな突破を見せれば、ボランチの高吉正真も鋭いミドルでGKのセーブを強いる。 徐々に桐蔭横浜が押し込み始めたが、試合を動かしたのは新潟医療福祉。23分、左サイドでのFK崩れからオナイウ情滋のミドルシュートを放ち、ブロックされたボールがボックス内へ浮き上がると、田中が胸トラップからハーフバウンドの左足ボレーを決め切った。 先制を許した桐蔭横浜もすぐさま同点弾を奪取。26分、山田新のオーバーヘッドがクロスバーに弾かれ、ゴール前での混戦を招くと、最後は寺沼星文が押し込んだ。 勢いづいた桐蔭横浜は水野颯太の強烈な中距離砲を浴びせるも、再びネットを揺らしたのは新潟医療福祉だった。31分、右サイド敵陣中央から神田悠成がロングスローを放り込み、秋元琉星がニアでフリックして最後は二階堂正哉がボレー。新潟医療福祉がまたもセットプレーからゴールを奪い、再度1歩前へ出る。 後半は屈指のタレントを抱える桐蔭横浜が攻勢を強め、新潟医療福祉は我慢の時間が続いた。その中で72分に互いが1枚目の交代カードを切ると、この策が的中したのは桐蔭横浜。 76分、右サイドから中野就斗が柔らかいクロスを送り、途中出場の笠井佳祐がそらしてファーの水野が優しく落とす。寺沼は空振りするも、その奥で顔を出した笠井が蹴り込み、貴重な同点ゴールを挙げた。 その後も波状攻撃を続ける桐蔭横浜だが、新潟医療福祉を水際でしのぎ、ゲームはアディショナルタイムに突入。延長戦も見え始めた追加タイム3分、桐蔭横浜の9番が劇的な一撃を沈める。 相手GKのフィードを跳ね返して寺沼が落とすと、途中出場の神田洸樹が敵陣左まで運んで斜めのスルーパスを送る。受けた山田が戻りながら対応するDFをアウトサイドのタッチで外し、ペナルティアーク左から右足を一閃。勝負を決めるコントロールショットをねじ込んだ。 これが決勝点となり、地力を見せた桐蔭横浜が3-2と逆転勝ち。初優勝を飾っている。 新潟医療福祉大学 2-3 桐蔭横浜大学 【新潟医療福祉】 田中翔太(前23) 二階堂正哉(前31) 【桐蔭横浜】 寺沼星文(前26) 笠井佳祐(後31) 山田新(後45+3) 2023.01.01 16:10 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly