アウグスブルクが監督解任、後任に岡崎&武藤恩師のマルティン・シュミット氏2019.04.10 02:15 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アウグスブルクは9日、マヌエル・バウム監督(39)を解任したことを発表した。そして、マルティン・シュミット氏(51)の就任を発表している。M・シュミット監督とは2021年6月まで契約を結んでいる。アウグスブルクは現在ブンデスリーガで残留プレーオフに回らなければならない16位シュツットガルトから4ポイント差の15位に位置。直近のホッフェンハイム戦を0-4と惨敗し、2連敗となっていた。

2016年12月にアウグスブルクの監督に就任したバウム監督は、2016-17シーズンを13位で、昨季を12位でフィニッシュさせ、チームを残留に導いていた。

一方、新指揮官となるM・シュミット監督はマインツやヴォルフスブルクを指揮。マインツではFW岡崎慎司、FW武藤嘉紀を指導。昨季途中に就任したヴォルフスブルクでは苦戦し、昨年2月に成績不振を受けて辞任していた。
コメント
関連ニュース
thumb

アウグスブルク、チェコ代表DFスヒーがフリーで加入!

アウグスブルクは8日、昨シーズン限りでバーゼルを退団したチェコ代表DFマレク・スヒー(31)の加入を発表した。契約期間は2021年6月30日までの2年となる。 母国のスラヴィア・プラハでプロキャリアをスタートしたスヒーは、スパルタク・モスクワを経て2014年1月に半年間のレンタル契約でバーゼルに加入。その翌シーズンに完全移籍に切り替わると、在籍6年間で公式戦224試合に出場し14ゴールを記録するなど、主力として4度のリーグ制覇に貢献した。昨シーズンはアキレス腱のケガから復帰した後半戦を中心に公式戦25試合に出場していた。 また、読みと守備センスに長けたベテランセンターバックは、2010年にデビューを飾ったチェコ代表で通算41試合に出場。クラブと同様に度々ゲームキャプテンを任されるリーダーシップにも定評がある。 2019.07.09 14:02 Tue
twitterfacebook
thumb

初昇格ウニオン・ベルリンがDFフリードリッヒを一度売却も買い戻しに成功

ブンデスリーガに初昇格したウニオン・ベルリンは5日、DFマルヴィン・フリードリッヒ(23)の買い戻しに成功した。契約期間は2022年6月30日までの3年間となる。 ブリードリッヒは、パーダーボルンやシャルケの下部組織出身で、2014年7月にトップチームへ昇格。シャルケでは公式戦9試合の出場にとどまると、2016年7月にアウグスブルクへと完全移籍していた。 アウグスブルクでは、セカンドチームに所属。トップチームでの出場機会がないと、2018年1月に完全移籍でウニオン・ベルリンに加入する。 ウニオン・ベルリンでは徐々に出場機会を得ると、2018-19シーズンはブンデスリーガ2部で34試合に出場し2アシスト。プレーオフでも2試合に出場し昇格をかけたシュツットガルトとの1stレグでは貴重なゴールを記録していた。 シーズン終了後、アウグスブルクへと一度は復帰することが決定したものの、ウニオン・ベルリンが再獲得に動き、復帰を果たしている。 2019.07.06 09:28 Sat
twitterfacebook
thumb

アウグスブルク、エクアドル代表MFグルエソを獲得

アウグスブルクは2日、MLS(メジャーリーグ・サッカー)に属するFCダラスからエクアドル代表MFカルロス・グルエソ(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2023年6月30日までの4年間で、移籍金は400万ユーロ(約4億8000万円)とのことだ。 2016年1月にシュツットガルトからダラスに移籍したセントラルMFのグルエソは、ダラスで公式戦114試合に出場して5ゴール7アシストを記録。2019年はMLSでリーグ戦9試合に出場し1ゴールを挙げていた。 また、エクアドル代表としてはこれまで26試合に出場。コパ・アメリカ2019のメンバーにも選出され、日本代表との試合にもフル出場していた。 2019.07.03 04:59 Wed
twitterfacebook
thumb

宇佐美貴史、G大阪復帰が決定…2016年以来2度目

ガンバ大阪は24日、日本代表FW宇佐美貴史(27)の完全移籍加入を正式発表した。宇佐美にとって、2016年以来約3年ぶり2度目の古巣復帰となる。 若くしてG大阪育成出身の“至宝”と評された宇佐美は2009年のトップチーム昇格後、バイエルンやホッフェンハイムを経て、2013年夏に復帰。2014年の国内3冠に貢献するなど5つのタイトルを獲得した後、アウグスブルク移籍の2016年夏に2度目の海外挑戦を果たしたが、2017年夏からレンタル加入したデュッセルドルフでも振るわなかった。 ドイツで計5シーズン、4クラブを渡り歩き、ブンデスリーガ通算53試合3得点5アシスト。今シーズンは19試合1得点3アシストにとどまり、デュッセルドルフとレンタル期間満了の今夏、アウグスブルクで戦力として計算されていないとして、さらなる移籍が決定的な状況だった。 宮本恒靖体制2年目のG大阪は、今シーズンのここまで明治安田生命J1リーグ4勝5分け7敗の14位。ここ5試合2勝3分け無敗と負けずの戦いを披露している。だが、その間、わずか1失点の守備に対して、攻撃は3得点。爆発力を欠く攻撃面の起爆剤として期待されての加入となる。 2019.06.24 18:40 Mon
twitterfacebook
thumb

アウグスブルク、U-21スイス代表FWバルガスを獲得

アウグスブルクは18日、ルツェルンのU-21スイス代表FWルベン・バルガス(20)を獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの5年間となっている。 2015年からルツェルンでプレーするウインガーのバルガスは、2017年8月にトップチームデビュー。ルツェルンでは公式戦58試合の出場で12ゴール13アシストを記録。今季はスイス・スーパーリーグで31試合に出場し、8ゴール8アシストをマークしていた。 アンダー世代の代表では2018年10月にU-21スイス代表に選出され、これまで3試合に出場している。 2019.06.18 23:56 Tue
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース