男子はヴァンフォーレ甲府U-12が3大会ぶり優勝、女子は千葉中央FC U12ガールズが連覇!バルセロナで開催の世界大会への切符を掴む!《ダノンネーションズカップ 2019 in JAPAN》2019.03.28 22:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
U-12の世界一を決めるFIFA公認の国際サッカー大会「ダノンネーションズカップ」の日本大会「ダノンネーションズカップ 2019 in JAPAN」の本大会が駒沢オリンピック公園総合運動場第二球技場/補助競技場(世田谷駒沢公園1-1)にて24日に開催された。スペイン・バルセロナで開催される世界大会への切符を掴んだのは、男子は3大会ぶりに優勝したヴァンフォーレ甲府U-12、女子は連覇を達成した千葉中央FCU12 ガールズとなった。
(C)CWS Brians,LTD.

男子大会の決勝トーナメントでは、地方予選を勝ち上がってきた「川崎フロンターレ U-12」や「浦和レッドダイヤモンズジュニア」、 「横浜Fマリノス プライマリー」などの他、昨年優勝の「江南南サッカー少年団」や「レジスタFC」など、前日のグループ予選を勝ち上がった16チームによって熱戦が繰り広げられた。

男子大会の決勝トーナメント1回戦では、「鹿島アントラーズジュニア」が 昨年の優勝チーム「江南南サッカー少年団」から勝ち星を上げる波乱の幕開け。そして、ベスト4全てがJリーグ下部組織チームとなり、迎えた決勝戦では「ヴァンフォーレ甲府 U-12」対「清水エスパルス U-12 清水」という対戦カードになった。
(C)CWS Brians,LTD.

10分ハーフで行われる試合は前半開始5分、「ヴァンフォーレ甲府 U-12」が相手の守備の隙を突き1点を先制すると、すぐさま追加点を上げ、2-0で前半を折り返す。
(C)CWS Brians,LTD.

後半に入ると、「清水エスパルス U-12 清水」も反撃を見せたがこのまま終了。2016年大会優勝の「ヴァンフ ォーレ甲府 U-12」が、3大会ぶりとなる世界大会出場を決めた。
(C)CWS Brians,LTD.

一方の女子大会では、グループ予選から決勝戦まで無失点で勝ち上がった「千葉中央 FC U12 ガールズ」vs「バディフットボール クラブ」が対決。昨年の決勝戦と同カードとなった決勝戦は、互いにチャンスを作るも両者譲らずゴールレスで試合が終了。PK戦に突入した結果、「千葉中央 FC U12 ガールズ」が3-2で勝利を収め、連覇を果たした。
(C)CWS Brians,LTD.

決勝戦を解説した大会アンバサダーの前園真聖氏は、日本代表となった両チームに対し「女子の決勝は昨年と同じ組み合わせになりましたが、PK 戦までもつれ込んだ試合の中で、千葉中央 FC U12 ガールズは普段通り冷静に戦えたことが良かったと思います。世界大会でも普段通りの力を出して、後悔することなく戦ってきてほしいです。男子は、ヴァンフォーレ甲府 U-12 がチームとしてまとまりがあり、自分たちのやりたいサッカーができていたと思います。是非とも世界大会では自慢のチーム力を活かして、前回以上の成績を残してきてほしいと思います」とエール。また、今大会を振り返り「(ダノンネーションズカップは)世界を目指している大会なので、毎年、質の高い、プレーを見せてくれます。今回も決勝戦という緊張感の中で素晴らしプレーを見せてくれて感動しました」とコメントした。
コメント
関連ニュース
thumb

「ダノンネーションズカップ2019 in JAPAN」の予選が閉幕! 福島会場予選ではJ下部組織4チームが本大会に出場!

U-12の世界一を決めるFIFA公認の国際サッカー大会「ダノンネーションズカップ」の日本国内予選「ダノンネーションズカップ2019 in JAPAN」が3日、福島県のJFA ナショナルトレーニングセンター J ヴィレッジ(福島県双葉郡楢葉町山田岡美シ森 8)にて行われた。 初の開催となった福島会場予選は、福島県内の6チームを始め、過去に優勝経験のある「川崎フロンターレ U-12」や「柏レイソル U-12」などJリーグの下部組織チームのほか、北海道、東北、北陸、関東、中部エリアより1都1道13県の全32チームが集まり、熱い戦いが繰り広げられた。 今回の予選が3月に行われる本大会へ出場する最後の男子4チームを決める大会ということもあり、これまでの地方予選の中でも類を見ないほどハイレベルな試合が繰り広げられた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190205_24_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div>グループリーグ終了後、各グループを1位で通過した8チームの本大会出場決定戦の組み合わせ抽選を実施。アンバサダーであり、この日Jヴィレッジを訪れた元日本代表MF前園真聖氏がドロワーとなり抽選を引くと、「川崎フロンターレ U-12」対「ブルーボタン SC」、「大豆戸 FC」対「柏レイソル U-12」、「浦和レッドダイヤモンズジュニア」対「東京ヴェルディジュニア」、「名古屋グランパス U-12」対「bandai12ジュニア」の対戦カードに決定した。 過去にダノンネーションズカップ世界大会出場経験を持つ「川崎フロンターレ U-12」は、「ブルーボタン SC」を相手に試合開始から自慢のパスワークで翻弄し、見事6-0で勝利。その他の3試合は、いずれもPK戦まで持ち込む拮抗した試合となり、「柏レイソル U-12」、「浦和レッドダイヤモンズジュニア」、「名古屋グランパス U-12」の3チームが試合を制し、本大会出場全チームが出揃った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190205_24_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div>試合を見守った前園氏は「ダノンネーションズカップという歴史のある大会で、ぜひ世界を目指してチームとしても個人としても志高くプレーしてほしいです」と本大会出場決定チームにエール。また、Jヴィレッジでの予選開催については「ダノンネーションズカップは歴史もあり、世界を目指せる大会でもあります。それがJヴィレッジで行われたことは、とても意味のあることだと思います。今年だけでなく、毎年継続してJヴィレッジでこういった大会が行われることを願っています」とコメントした。 「ダノンネーションズカップ 2019 in JAPAN」では今後、3月23日(土)・24日(日)に、駒沢オリンピック公園総合運動場にて、世界大会に進出する男女各1チームずつを決める本大会を開催。本大会にも、福島会場予選同様、大会アンバサダーの前園真聖氏が来場し、決勝戦の解説や表彰式でのプレゼンターを務める予定となっている。 なお、本大会を勝ち抜いた男女各1チームは、今年100周年を迎える、ダノンのヨーグルト事業発祥の地であるスペインのバルセロナで開催される世界大会への出場権を獲得しする。 本大会出場チーム:福島会場予選 〈男子〉 川崎フロンターレ U-12 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190205_24_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 浦和レッドダイヤモンズジュニア <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190205_24_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 柏レイソル U-12 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190205_24_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 名古屋グランパス U-12 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190205_24_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 2019.02.05 16:45 Tue
twitterfacebook
thumb

アンバサダー・前園真聖氏がJヴィレッジに来場! 「ダノンネーションズカップ 2019 in JAPAN 福島会場予選」は2月3日開催

ダノンネーションズカップ実行委員会は、2月3日(日)にJFA ナショナルトレーニングセンター Jヴィレッジ(福島県双葉郡)で開催される「ダノンネーションズカップ 2019 in JAPAN 福島会場予選」に大会アンバサダーで元サッカー日本代表の前園真聖氏が来場することを発表した。 初の福島県での予選開催となる今回、大会アンバサダーの前園氏はグループリーグならびに本大会出場決定戦を観戦するほか、表彰式でのプレゼンターを務め福島会場より世界を目指すチームを応援する。 前園氏は福島会場予選来場にあたって、「ダノンネーションズカップとして初めて福島で予選を開催するということで僕自身も会場に行けることをとても楽しみにしています。今回出場するチームの中には、過去に優勝経験があるチームも参加すると聞いていますので、とてもレベルの高い予選になると思います。福島県から参加するチームにも期待していますが、何よりもJヴィレッジから世界に行くチームが出ることを楽しみにしています」とコメント。2011年の東日本大震災以降、2018年 7月に約7年半ぶりに再始動したJヴィレッジで開催される今回の福島会場予選について、思いを語った。 前園氏は今後、大会アンバサダーとして自身の SNS やブログを通じて大会の情報を発信していくほか、今回の福島会場予選だけでなく、3月に駒沢オリンピック公園総合運動場で実施する本大会にも来場し、決勝戦の解説や表彰式でのプレゼンターを務める予定となっている。 また今回の福島会場予選では、福島県内から 6 チームが参加するほか過去に優勝経験のある川崎フロンターレ U-12や柏レイソル U-12、またJリーグの下部組織チームからは東京ヴェルディジュニアや浦和レッドダイヤモンズジュニア、名古屋グランパス U-12など、北海道、東北、北陸、関東、中部エリアの1都1道13県より、全32チームが参加する。 「ダノンネーションズカップ 2019 in JAPAN」では福島会場予選が終了次第、本大会への出場進出全チームが決定し、日本代表の座をかけて2019年3月に本大会を実施。本大会を勝ち抜いた男女各1チームは、今年100周年を迎えるダノンのヨーグルト事業発祥の地であるスペイン・バルセロナで開催される世界大会への出場権を獲得する。 2019.01.26 09:35 Sat
twitterfacebook
thumb

「ダノンネーションズカップ2019 in JAPAN」の予選が開幕! 大阪会場から6チームが本大会に出場!

▽U-12の世界一を決めるFIFA公認の国際サッカー大会「ダノンネーションズカップ」の日本国内予選「ダノンネーションズカップ2019 in JAPAN」が、J-GREEN堺にて開幕した。 ▽18日、昨年に続いて行われたJ-GREEN堺での予選には、男子28チーム、女子3チームの全31チームが参加。男子チームは、ヴィッセル神戸U-12やファジアーノ岡山U-12などJリーグの下部組織チームの他、関西エリアのチームを中心に、神奈川、千葉、埼玉などの関東圏からもチームが集まり、2019年3月に実施される本大会出場を掛けて、熱い戦いが繰り広げられた。 ▽男子大会はグループリーグを実施した後、本大会出場を掛けた決定戦を実施。4試合のうち3試合がPK戦にまでもつれ込む接戦となった中、新座片山フォルティシモ少年団(埼玉県)、オオタフットボールクラブ(岡山県)、FCシエロ(愛知県)、高槻南AFC(大阪府)の4チームが本大会出場を決めた。 ▽また、初の予選開催となる女子大会では、関西・北陸エリアより3チームが参加。他チームを寄せ付けない安定したゲーム運びで桐原東少年サッカークラブ(滋賀県)が全勝で本大会への出場権を一番乗りで決めると、1敗で迎えた最終戦をPiscarisa 堺 レディースFC(大阪府)が持ち前の得点力を発揮し、見事に本大会出場を決めた。 ▽本大会出場チーム:大阪会場予選 〈男子〉 新座片山フォルティシモ少年団(埼玉県) <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181122_28_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> オオタフットボールクラブ(岡山県) <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181122_28_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> FCシエロ(愛知県) <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181122_28_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 高槻南AFC(大阪府) <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181122_28_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 〈女子〉 桐原東少年サッカークラブ(滋賀県) <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181122_28_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div> Piscarisa 堺 レディースFC(大阪府) <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181122_28_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div> ▽「ダノンネーションズカップ2019 in JAPAN」では今後、埼玉会場予選(男子、女子)、福岡会場予選(男子)、福島会場予選(男子)が開催。各会場で本大会出場を決めたチームと昨年のベスト8、また予選大会に参加できなかったチームを募集し、抽選で男子8チーム、女子12チームを選出。男子32チーム、女子16チームが日本代表の座をかけて、2019年3月に駒沢オリンピック公園総合運動場にて行われる本大会に出場する。 2018.11.22 18:40 Thu
twitterfacebook
thumb

「ダノンネーションズカップ2019 in JAPAN」のアンバサダーに前園真聖氏が2年連続で就任!

▽ダノンネーションズカップ実行委員会は5日、U-12の世界一を決めるFIFA公認の国際サッカー大会「ダノンネーションズカップ」の日本大会「ダノンネーションズカップ2019 in JAPAN」のアンバサダーに、元日本代表の前園真聖氏が就任することを発表した。昨年に引き続きの就任となる。 ▽前園氏は、大会アンバサダーとして自身のSNSやブログを通して大会の情報を発信していくほか、一部地方予選や2019年3月に開催する本大会にも来場。決勝戦の解説やプレゼンター役を務める予定となっている。 ▽2年連続のアンバサダー就任について前園氏は、「前回に引き続き、アンバサダーに就任させていただき、とても嬉しく思っています。今年からは女子大会も予選が始まりより規模も大きくなるので、昨年以上に色々なチームを見られることを楽しみにしています」とコメントしている。 ▽予選大会の募集は9月10日(月)から10月3日(水)の期間で行っており、昨年を上回る220チームの応募があったとのこと。当選チームは、10月9日(火)に大会公式HP(http://www.danonecup.jp/)上で発表される。 ▽「ダノンネーションズカップ2019 in JAPAN」では、昨年大会に引き続き、より多くの選手に日本代表へのチャンスを提供したいという想いから、今年は関東、関西、九州、東北の4つのエリアにて地方予選を開催。九州エリアでは、初めて福岡県で予選が開催される事となり、「福岡フットボールセンター」で実施することが決定している。 ▽さらに、東北エリアでは、2011年3月に起きた東日本大震災以来営業を停止しており、2018年7月に約7年ぶりに再始動した福島県双葉郡の「JFAナショナルトレーニングセンター Jビレッジ」で予選を開催。大阪府、埼玉県と合わせて4会場で実施される。 ▽本大会では、各会場で予選を勝ち抜いた上位4チームに加え、2018年度の国内大会でベスト8まで勝ち上がった8チーム、また予選大会に参加できなかった8チームを抽選で選出し、計32チームが日本代表の座をかけて本大会で熱い戦いを繰り広げることとなる。 ▽さらに、今大会から、女子大会の地方予選もスタートし、小学生年代の女子選手にとっては、世界で戦う希少な機会を手に入れることができる唯一の国際大会に。今回の世界大会は、2019年に100周年を迎えるダノンのヨーグルト事業発祥の地であるスペイン・バルセロナでの開催が決定しており、日本代表に決まった男女各1チームは2019年に開催されるこの世界大会に出場できる権利を獲得することとなる。 ▽「ダノンネーションズカップ」とは、「より多くの人々に食を通じて健康をお届けする」という企業理念を掲げる、世界的な食品企業のダノンが主催する国際サッカー大会。2000年にスタートした同大会では、元フランス代表のジネディーヌ・ジダン氏がグローバルアンバサダーを務め、世界33か国が参加。各国で国内大会が開催され優勝チームが集結する世界大会で、世界一をかけて戦います。 ▽日本は2001年より参加しており、2012年にポーランドで開催された世界大会に出場したレジスタFCが日本代表として初めて決勝進出を果たし準優勝、続く2013年には横浜F・マリノスのプライマリーチームが3位に輝くなど、着実にその存在感を示している。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr>↓↓ 10月19日に当選チーム発表! ↓↓<br /><a href="http://www.danonecup.jp/" target="_blank">ダノンネーションズカップ公式HP</a><hr></div> ■「ダノンネーションズカップ2019 in JAPAN」開催概要 【大会日程】 <予選大会> ・大阪会場予選/2018年11月18日(日) ・埼玉会場予選/2018年12月8日(土) ・福岡会場予選/2019年1月13日(日) ・福島会場予選/2019年2月3日(日) <本大会> ・2019年3月23日(土)~24日(日) 【大会会場】 <予選大会> ・大阪会場予選 J-GREEN堺 (大阪府堺市堺区築港八幡町145番地) ・埼玉会場予選 レッズランド (埼玉県さいたま市桜区下大久保1771) ・福岡会場予選 福岡フットボールセンター (福岡県福岡市東区香椎浜ふ頭1-2-1) ・福島会場予選 JFAナショナルトレーニングセンターJビレッジ (福島県双葉郡楢葉町山田丘美シ森8) <本大会> ・東京都近郊 【募集期間】 <予選大会> ・2018年9月10日(月)~2018年10月3日(水) ※2018年10月9日(火)当選チーム発表予定 <本大会> ・2018年11月30日(金)~2018年12月31日(日) ※2019年1月17日(木)当選チーム発表予定 ※各予選大会出場チームは、本大会への応募は対象外となります。 【参加チーム数】 <予選大会> ・埼玉会場 男子32チーム/女子8チーム ・大阪会場 男子32チーム/女子8チーム ・福岡、福島 男子24チーム ※組み合わせは本大会実行委員会にて事前に決定する <本大会> ・男子大会 32チーム (各予選大会上位4チーム×4会場、前年度本大会ベスト8チーム、抽選8チーム) ・女子大会 16チーム ※組み合わせは本大会実行委員会にて事前に決定する ※2020年女子大会では、2019年本大会の結果を反映したシード権を設ける予定 【参加費】 無料。旅費(宿泊費・交通費等)は、各チーム自己負担。 2018.10.05 22:35 Fri
twitterfacebook
thumb

世界大会はバルセロナで開催!12歳以下の世界一を決めるサッカー国際大会「ダノンネーションズカップ2019 in JAPAN」の開催が決定

▽ダノンネーションズカップ実行委員会は、U-12の世界一を決めるFIFA公認の国際サッカー大会「ダノンネーションズカップ」の日本大会「ダノンネーションズカップ2019 in JAPAN」を開催することを決定。2018年9月10日(月)から2018年10月3日(水)までの間、大会公式HP(http://www.danonecup.jp/)上で、予選大会の出場チームの募集を行っている。 ▽「ダノンネーションズカップ2019 in JAPAN」では、昨年大会に引き続き、より多くの選手に日本代表へのチャンスを提供したいという想いから、今年は関東、関西、九州、東北の4つのエリアにて地方予選を開催。九州エリアでは、初めて福岡県で予選が開催される事となり、「福岡フットボールセンター」で実施することが決定している。 ▽さらに、東北エリアでは、2011年3月に起きた東日本大震災以来営業を停止しており、2018年7月に約7年ぶりに再始動した福島県双葉郡の「JFAナショナルトレーニングセンター Jビレッジ」で予選を開催。大阪府、埼玉県と合わせて4会場で実施される。 ▽本大会では、各会場で予選を勝ち抜いた上位4チームに加え、2018年度の国内大会でベスト8まで勝ち上がった8チーム、また予選大会に参加できなかった8チームを抽選で選出し、計32チームが日本代表の座をかけて本大会で熱い戦いを繰り広げることとなる。 ▽さらに、今大会から、女子大会の地方予選もスタートし、小学生年代の女子選手にとっては、世界で戦う希少な機会を手に入れることができる唯一の国際大会に。今回の世界大会は、2019年に100周年を迎えるダノンのヨーグルト事業発祥の地であるスペイン・バルセロナでの開催が決定しており、日本代表に決まった男女各1チームは2019年に開催されるこの世界大会に出場できる権利を獲得することとなる。 ▽「ダノンネーションズカップ」とは、「より多くの人々に食を通じて健康をお届けする」という企業理念を掲げる、世界的な食品企業のダノンが主催する国際サッカー大会。2000年にスタートした同大会では、元フランス代表のジネディーヌ・ジダン氏がグローバルアンバサダーを務め、世界33か国が参加。各国で国内大会が開催され優勝チームが集結する世界大会で、世界一をかけて戦います。 ▽日本は2001年より参加しており、2012年にポーランドで開催された世界大会に出場したレジスタFCが日本代表として初めて決勝進出を果たし準優勝、続く2013年には横浜F・マリノスのプライマリーチームが3位に輝くなど、着実にその存在感を示している。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr>↓↓ 応募はコチラから ↓↓<br /><a href="http://www.danonecup.jp/" target="_blank">ダノンネーションズカップ公式HP</a><hr></div> ■「ダノンネーションズカップ2019 in JAPAN」開催概要 【大会日程】 <予選大会> ・大阪会場予選/2018年11月18日(日) ・埼玉会場予選/2018年12月8日(土) ・福岡会場予選/2019年1月13日(日) ・福島会場予選/2019年2月3日(日) <本大会> ・2019年3月23日(土)~24日(日) 【大会会場】 <予選大会> ・大阪会場予選 J-GREEN堺 (大阪府堺市堺区築港八幡町145番地) ・埼玉会場予選 レッズランド (埼玉県さいたま市桜区下大久保1771) ・福岡会場予選 福岡フットボールセンター (福岡県福岡市東区香椎浜ふ頭1-2-1) ・福島会場予選 JFAナショナルトレーニングセンターJビレッジ (福島県双葉郡楢葉町山田丘美シ森8) <本大会> ・東京都近郊 【募集期間】 <予選大会> ・2018年9月10日(月)~2018年10月3日(水) ※2018年10月9日(火)当選チーム発表予定 <本大会> ・2018年11月30日(金)~2018年12月31日(日) ※2019年1月17日(木)当選チーム発表予定 ※各予選大会出場チームは、本大会への応募は対象外となります。 【参加チーム数】 <予選大会> ・埼玉会場 男子32チーム/女子8チーム ・大阪会場 男子32チーム/女子8チーム ・福岡、福島 男子24チーム ※組み合わせは本大会実行委員会にて事前に決定する <本大会> ・男子大会 32チーム (各予選大会上位4チーム×4会場、前年度本大会ベスト8チーム、抽選8チーム) ・女子大会 16チーム ※組み合わせは本大会実行委員会にて事前に決定する ※2020年女子大会では、2019年本大会の結果を反映したシード権を設ける予定 【参加費】 無料。旅費(宿泊費・交通費等)は、各チーム自己負担。 2018.09.14 19:30 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース