EL8強が出揃う! ロンドン勢にナポリが順当突破! 長谷部フランクがインテル撃破でドイツ唯一の希望に2019.03.15 07:50 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
14日にヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド16が終了した。この結果、準々決勝に進出する8チームが決定した。優勝候補がうまくバラける形となった今回のラウンド16。

優勝候補ではチェルシーがウクライナの名門ディナモ・キエフ相手にFWオリヴィエ・ジルーとMFカラム・ハドソン=オドイの2戦連続ゴールなどによって1stレグで3-0、2ndレグで5-0の快勝を収めて優勝候補に相応しい勝ち上がりを見せた。

また、MF南野拓実を擁するザルツブルクと対戦したナポリはホームで地力の差を見せ付ける3-0の先勝を収めると、2ndレグではザルツブルクに終盤に粘られて1-3の敗戦を喫したものの、2試合を通じて危なげない試合運びをみせ、突破を決めた。なお、南野は初戦で途中出場、第2戦で先発出場を果たして見せ場は作った。

一方、セビージャ時代にEL3連覇を成し遂げたウナイ・エメリ監督率いるアーセナルは、退場者を出した敵地での初戦を1-3で落とす苦しい状況に。それでも、得意のホームではFWピエール・エメリク=オーバメヤンの2ゴール1アシストの活躍によって鮮やかな逆転突破を飾った。

また、チャンピオンズリーグ(CL)で全チームが敗退したドイツ勢唯一の希望となったMF長谷部誠を擁するフランクフルトは、優勝候補のインテルと対戦。ホームでの初戦をGKケビン・トラップのPKストップによってゴールレスドローで凌ぐと、難所ジュゼッペ・メアッツァではFWルカ・ヨビッチが挙げた虎の子の1点を長谷部を中心とする守備陣が見事なパフォーマンスで守り切って番狂わせを起こすとともに、ドイツ勢の威厳を保った。

また、ELに無類の強さを見せるスペイン勢3チームではリーグ戦で残留争いに巻き込まれているビジャレアルがゼニト相手に安定した戦いぶりで快勝した一方、国内リーグでヨーロッパ出場権を争うバレンシアとセビージャは明暗分かれることに。バレンシアが2ndレグの後半アディショナルタイムにFWゴンサロ・ゲデスの劇的ゴールで逆転での突破を決めた一方、セビージャは延長戦までもつれ込んだスラビア・プラハ戦で一度は勝ち越しに成功も、延長後半終盤に与えたオウンゴールでまさかの敗退となった。

その他ではディナモ・ザグレブを延長戦の末に破ったベンフィカが8強進出を決めている。

なお、準々決勝の組み合わせ抽選会は15日にスイスのニヨンで行われ、1stレグは4月11日、2ndレグは同月18日に行われる予定だ。

EL準々決勝進出チーム一覧およびラウンド16の結果一覧は以下の通り。

◆EL準々決勝進出チーム

チェルシー(イングランド)
アーセナル(イングランド)
フランクフルト(ドイツ)
ナポリ(イタリア)
ビジャレアル(スペイン)
バレンシア(スペイン)
ベンフィカ(ポルトガル)
スラビア・プラハ(チェコ)

◆ELラウンド16結果

FCクラスノダール AGG:2-3 バレンシア
ザルツブルク AGG:3-4 ナポリ
ディナモ・キエフ AGG:0-8 チェルシー
ベンフィカ AGG:3-1 ディナモ・ザグレブ
ビジャレアル AGG:5-2 ゼニト
インテル AGG:0-1 フランクフルト
アーセナル AGG:4-3 レンヌ
スラビア・プラハ AGG:6-5 セビージャ
コメント
関連ニュース
thumb

トゥベンテ、アーセナルからスペイン人CBプレゲスエロを獲得! 今季トップチームデビュー

トゥベンテは21日、アーセナルからスペイン人DFフリオ・プレゲスエロ(22)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は1年間の契約オプション付きの2021年6月30日までの2年契約となる。 プレゲスエロは、エスパニョール、アトレティコ・マドリー、バルセロナの下部組織で育ち、2013年にアーセナルへ移籍。180cmと上背はないものの、足元の技術に長けた右利きのセンターバックは、U-18、U-21と着実にステップアップ。 故郷マジョルカへの1年間の武者修行を経た今季はプレミアリーグ2で主力を務め、昨年10月に行われたEFLカップ4回戦のブラックプール戦では待望のトップチームデビューを飾った。しかし、今年1月には今季終了までの契約でセグンダA(スペイン2部)のヒムナスティックにレンタルに出されていた。 2019.05.22 16:06 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナル、ラムジー後釜として逸材パラシオス獲得に近づく?

アーセナルがリーベル・プレートに所属するアルゼンチン代表MFエセキエル・パラシオス(20)の獲得レースで優位なポジションに立っているようだ。アルゼンチン『Radio Continental』が伝えている。 2015年にアルゼンチン屈指の名門リーベルでトップチームデビューを飾ったパラシオスは、足元の技術と視野の広さ、運動量、パスセンスに優れた万能型のセントラルMF。 これまで多くのビッグクラブが獲得に関心を示してきた中、一時はレアル・マドリー加入で合意報道が出ていたが、同クラブの非EU枠の問題もあって最終的に獲得を見送る形となった。 そこに新たに割って入ったのが、ウェールズ代表MFアーロン・ラムジーの後釜を探すアーセナルだという。 なお、『Radio Continental』の伝えるところによれば、現時点でパラシオスの契約解除金は2000万ユーロ(約25億円)程度となっており、資金面に余裕がないアーセナルでも十分に支払える金額のようだ。 2019.05.22 15:22 Wed
twitterfacebook
thumb

コシエルニーがUEFAを批判! 「他国と問題を抱える国で決勝を開催すべきじゃない」

アーセナルのキャプテンである元フランス代表DFローラン・コシエルニーがアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンのヨーロッパリーグ(EL)決勝欠場問題で欧州サッカー連盟(UEFA)を批判した。同選手がイギリス『BBC Radio 5 Live』で語った。 アーセナルは21日、アゼルバイジャンのバクーで行われるヨーロッパリーグ(EL)決勝、チェルシー戦の遠征メンバーにアルメニアとアゼルバイジャンの政治的な問題を理由にムヒタリアンを招集しないことを発表した。 アルメニア代表のキャプテンであるムヒタリアンは、アゼルバイジャン西部のナゴルノカラバフを巡る両国の紛争による安全上の問題から昨年行われたELグループステージのカラバフ戦のアウェイ遠征に帯同せず。また、ドルトムントに在籍していた2015年の同大会でもガバラとの試合を欠場した背景があった。 ムヒタリアン、アーセナルの苦渋の決断を受けて、コシエルニーは政治的に他国と問題を抱える国を決勝開催地に選んだUEFAの決定を批判している。 「僕は今回の決定は心地よいものではない。まず僕たちはここに大事なプレーヤーを1人残さなければならないからだ。彼が決勝でプレーできないからだ」 「UEFAは各国が抱える政治面での様々な問題についてより深く理解する必要があると思う。ある国が他の国と問題を抱えている状況で、彼らはその国で決勝を開催する権利を与えるべきではない」 「僕たちはミッキー(ムヒタリアン)を一緒に連れて行きたいと考えていたから、本当に残念な思いだよ。彼は僕たちにとって重要なプレーヤーだからだ」 なお、クラブや家族と話し合いを行った結果、アゼルバイジャン行きを諦めるという決断を下したムヒタリアンは、「現状のすべての選択肢を考慮した結果、チームと一緒にヨーロッパリーグ決勝に行かないという厳しい決断をしなければならなかった。それはめったにない種類の重要な試合であり、今回の決断は多くの痛みを伴うよ」と、無念の思いを語っていた。 2019.05.22 13:39 Wed
twitterfacebook
thumb

今季限りで現役引退のチェフ、古巣・チェルシーに帰還へ

アーセナルの元チェコ代表GKペトル・チェフ(37)は引退後、古巣のチェルシーに帰還することになりそうだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 今年1月、チェフは今シーズン限りでの現役を引退を発表した。スパルタ・プラハやスタッド・レンヌ、チェルシー、アーセナルでプレーしてきた世界屈指のGKは、キャリア通算でここまでプレミアリーグに443試合出場し、チェルシーではチャンピオンズリーグ(CL)優勝に加え、4度のプレミアリーグ優勝を含む15個のタイトルを獲得。アーセナルではFAカップ優勝を成し遂げてきた。 引退後の去就が不透明だったチェフにはこれまで、チェルシーとアーセナルがスタッフとして招へいする意向があることが伝えられてきた。そして今回伝えられるところによると、同選手は来シーズン、チェルシーにスポーツディレクターとして復帰することが濃厚となっているようだ。 チェルシーは2017年11年にマイケル・エメナロ氏が退任して以降、テクニカルディレクターが不在。オーナーのロマン・アブラモビッチ氏はSD職を空位にしたまま、ディレクターのマリナ・グラノフスカイア氏にクラブの舵取りを任せていた。 同メディアは、現時点でチェフの役割が明確にはなっていないものの、スカウト陣と首脳陣、監督間のギャップを埋める役割が与えられると伝えている。 なお、チェルシーは現在、アストン・ビラでアシスタントコーチを務める元イングランド代表DFジョン・テリー氏、チャンピオンシップ(イングランド2部)のダービー・カウンティで指揮を執るフランク・ランパード監督といった黄金期を支えた選手たちの帰還も望んでいるという。 2019.05.22 08:40 Wed
twitterfacebook
thumb

無念ムヒタリアン…政治的な問題でEL決勝欠場が決定…

アーセナルは21日、アゼルバイジャンのバクーで行われるヨーロッパリーグ(EL)決勝、チェルシー戦の遠征メンバーにアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンを招集しないことを発表した。 アルメニアとアゼルバイジャンの政治的な問題を理由にムヒタリアンを招集しない決断を下したアーセナルは以下のような声明を発表している。 「私たちはヘンリク・ムヒタリアンがヨーロッパリーグ決勝チェルシー戦の遠征メンバーに入らないという事実を残念ながら発表しなければなりません」 「私たちはミッキー(ムヒタリアン)がメンバーの一員に入るためにあらゆる選択肢を徹底的に探しました。しかし、私たちとミッキー、その家族との話し合いの結果、彼が遠征メンバーを外れるということで合意しました」 「私たちはUEFAに対して、今回の状況に関する懸念を書面を通じて伝えました。ミッキーは私たちがファイナルに進むうえでキープレーヤーの1人となっており、彼の不在はチームとして大きな損失です」 「私たちのプレーヤーがこのような状況で大きなヨーロッパの大会の決勝でプレーするチャンスを逃すことを非常に残念に思います。それはフットボーラーのキャリアにおいてめったに起こらない事例だからでもあります」 「週末にバクーに出発するまでミッキーは私たちと共に調整を続けます」 アルメニア代表のキャプテンであるムヒタリアンは、アゼルバイジャン西部のナゴルノカラバフを巡る両国の紛争による安全上の問題から昨年行われたELグループステージのカラバフ戦のアウェイ遠征に帯同せず。また、ドルトムントに在籍していた2015年の同大会でもガバラとの試合を欠場した背景がある。 これを受けて、アーセナルは同選手の遠征メンバー入りに向けて欧州サッカー連盟(UEFA)からの保証を求めていた。 また、アゼルバイジャンの英国大使であるタヒル・タギザーデ氏は、イギリス『スカイ・スポーツ』でムヒタリアンの身の安全を保証する旨の発言をしていたが、最終的に同選手の欠場が確定した。 2019.05.21 20:29 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース