大迫頼み解消へ! 森保ジャパン、ベースアップ睨む《日本代表メンバー発表会見》2019.03.14 16:45 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
日本サッカー協会(JFA)は14日、JFAハウスで会見を開き、3月のキリンチャレンジカップに臨む同国代表メンバー23名および、AFC U-23選手権予選のU-22同国代表メンバー23名を発表した。

会見に出席した日本代表を率いる森保一監督はA代表メンバーとして、香川真司(ベシクタシュ)や昌子源(トゥールーズ)のロシア・ワールドカップ(W杯)主力組のほか、鎌田大地(シント=トロイデン)や鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)、安西幸輝(鹿島アントラーズ)、畠中槙之輔(横浜F・マリノス)の新顔を招集。コロンビア代表(22日)、ボリビア代表(26日)といった南米勢との連戦に向け、次のようにテーマや意気込みを語り、質疑応答にも応じた。

◆森保一監督(日本代表)
「代表活動において、今年1月のアジアカップは残念ながら準優勝に終わってしまいました。みなさんの応援に応えられず、残念な思いでいっぱいです。そして、長期間にわたり、応援していただきありがとうございました。アジアカップで準優勝に終わった件について、もう結果を変えることはできないので、あの悔しさを今後の糧にしていき、より代表を強くしてくこと、より発展させていくことを考えながらやっていきたい」

「A代表においてはコロンビア戦、ボリビア戦に向けて、アジアカップから13名を入れ替えて臨むことになります。先ほどもお話をさせていただいたとおり、さらにチーム力を発展させられるように、より強くなっていけるように、また新たに選手を加えて、日本代表のベースアップを図るということ、これからの戦いでより結果を出せるメンバー編成を最終的にできるようにしていきたいです」

「U-23選手権においても2020年の4月に本大会があります。その大会に向け、しっかりと本大会行きの権利を勝ち取り、2020年の東京オリンピックに向けて少しでも良い準備ができるように、今回のミャンマーでのアジア選手権予選を戦っていきたいです」

──今回のA代表2試合に向けたテーマとは。新顔、外れた面々の招集理由、求めるものとは
「今回、コロンビア、ボリビアという南米でも力のある国々と対戦できます。彼らとの対戦を通じて、自分たちの立ち位置、できること、足りないことを感じることができると思っています。もちろん、勝利を目指して戦いにいきますが、アジアカップから入れ替えて3月の親善試合に臨むということで、チームとしてのベースをより広く、強固にしていきたいです」

「これから我々が臨む戦いのなかで、一部のコアな選手がいないとチームが回らないということがないように、より多くの選手に厳しい戦いを経験してもらい、コンセプトをわかってもらうことで、将来の戦いに繋げたいです。南米勢2カ国との対戦で、日本人のサッカー選手としても、チームとしても学ぶべきところはまだまだたくさんあると思っています」

「南米国の非常に高い技術、うまい身体の使い方、個人の駆け引きといった部分はまだまだ我々が身につけていかなければならないところ。彼らが持つ試合の流れを読み取る力だったりもより身につけていかなければならないところなので、この2試合で感じていきたいです。この2試合は我々、日本代表の活動だけでなく、日本サッカーの発展のためでもあるので、サッカーファミリーとして感じていきたいと思っています」

──香川真司、昌子源といった前回W杯主力組の招集理由とは
「香川と昌子の招集に関しては、W杯に出場した選手なので力があると思っています。『いずれは招集したい』という思いは監督になって以降も抱いていました。これまで招集できていなかったのは色々なタイミングだったり、ケガが理由。そして、日本代表を強化を進めていく過程において、タイミングが合わなかったというところがありました」

「ただし、先ほども言いましたとおり、彼らに力があることは承知済みでしたので、またこうやって一緒のチームで仕事ができることを嬉しく思いますし、彼らも日本代表の一員としてまた改めて考えてもらえるような活動にしていきたいです。ただ、彼ら2人だけでなく、まだまだ力のある選手はいます。呼べていない選手だとしても、候補としてテーブルに上がってきている選手はまだまだいますので、ここで日本代表の勝利のため、発展のためにスタッフ一同で様々な選手をスカウティングしながら活動していきたいです」

「逆に、アジアカップ組から外れた選手について、長期間にわたる活動で彼らの力を把握できた部分があり、ケガやチーム内における立場を踏まえて、この先も代表の戦力として追っていき、次の活動に目を向けてもらえたらなと思っています」

──鈴木武蔵と鎌田大地が初招集。2人に期待する部分とは。コパ・アメリカに向けての狙いとは。
「鎌田と鈴木の招集について、『大迫頼みの攻撃』という話は私自身も質問を受けたり、色々なところで見聞きしています。彼が日本代表にとって重要な選手であることは過去の活動で示しているとおりです。ですが、大迫に関わらず、誰が抜けても、出ているメンバー、選手のなかで常にベストな戦いをするということを考えています」

「彼が今、ケガでプレーできず、回復に向けてコンディションが上がってきていることは知っていますが、そのときのメンバーと出場している選手のなかでベストな戦いができるように、選手の良さを少しでも生かしていけるように、私も監督としてトライしていきたいです。コパ・アメリカに向けても、今回の親善試合が何%ぐらい繋がっていくのかわからないが、全ての活動は次の活動に繋がっていくと思っています。次の活動により良い形で繋げていきたいです」

──鎌田と鈴木、安西幸輝と畠中槙之輔の新顔に期待する部分は
「まず期待する部分は得点です。得点に絡むプレーをしてもらいたいです。2人ともそれぞれ良いところがありますし、鎌田の招集にあたってはベルギーのレギュラーシーズン終盤で得点という結果を残してきています。視察の際にも、鎌田が攻撃の起点として、核として、チームのなかで機能している姿も見ました。今回の代表活動で生かしてもらいたいです」

「鈴木に関してもJリーグで結果を残していて、札幌のなかでも攻撃の部分で裏に抜け出すスピードだったり、前線で起点になる動きだったり、彼の良さを生かしながらプレーできていると思っているので、代表でもほかの選手と同様、自分の良さを最大限に発揮してもらいたいです。出場できるかわかりませんが、良さを出せるように働きかけていきたいです」

「守備陣においても変わりません。まずはチームのなかで存在感を発揮してもらいたいです。日本代表のコンセプトのなかで彼らの良さを出してほしいと思っています」

──新顔招集でベースアップを図るなかでチームとして伸ばしたい部分は
「また新しいメンバーが入ってくるので、基本的なベースを抑えていきたいです。そして、チームとしてこれからレベルアップしていかなければならない部分においても、アジアカップで出た『成果と課題』の『課題』というところをレベルアップに繋げていきたいです。具体的に、局面を突破するための個の部分や連携連動の部分、全てを上げていかなければならないと思ってします」

「試合ごとにフィードバックのミーティングで『成果と課題』を選手に話しています。守備から攻撃に切り替わったとき、相手からプレッシャーをかけられているときにボールを保持して攻撃に移る部分はこれからさらにのばしていかなければならないと思っています。アジアカップでカウンターに持ち込む部分はできていましたが、最後のシュートで終わる、得点を決めるという部分に関してもまだまだクオリティを上げていく必要があります。そういう部分を伝えていきたいです」

「守備面においても、個の力で勝つというところは局面で必ず必要になってきます。攻守において、やはり個の力を強くすることはやっていかなければいけないと思っています。チームとして『ボールを失ったとき、相手にボールを保持されたとき、どうするのか』という基本的な考えと、『押し込まれたとき、どうするか』という部分に関しても内々でさらに共通理解を深めていきたいと思っています」
コメント
関連ニュース
thumb

キリン杯とコパの日本代表が決定/六川亨の日本サッカー見聞録

6月5日と9日のキリンチャレンジ杯に臨む日本代表27名と、6月17日から始まるコパ・アメリカの代表23名が発表された。 選手の拘束力があるキリンチャレンジ杯は、大迫勇也や長友佑都らロシアW杯のメンバー10人に、今年1月のアジア杯からは権田修一、冨安健洋、堂安律、中島翔哉らに加え、新たに中山雄太、久保建英ら3名が加わった。 総勢27名の大所帯になった理由について森保一監督は「選手のコンディションにより、リーグ戦が終わって間の空いた選手もいれば、活動を見られない選手もいたので呼んだ」と述べた。 注目の久保建英については「チームで見せているパフォーマンスがいいのと、チームの中でも存在感を発揮している。2試合連続してゴールを決め、チームを勝たせる仕事をしている。求めるところはクラブと変わらない。攻撃のアクセントになり、緩急をつけて相手ゴールに迫っているので、代表でもその力を発揮して欲しい」と高く評価していた。 その久保がコパ・アメリカの代表にも招集されたのは正直意外だった。FC東京の長谷川監督がよく出したものだと思う。恐らく控えには大森晃太郎、ナ・サンホらがいるからだろう。 さてコパ・アメリカに臨む日本代表である。会見の冒頭で森保監督が「まずコパ・アメリカに参加するにあたって、派遣義務のない大会のなか、Jのみなさん、大学の皆さんにはシーズン中に戦力がダウンするなか、選手を派遣していただき、われわれに協力していただけることに感謝を申し上げたいと思います。ありがとうございます」と感謝の言葉を述べた。 23名のメンバーには初代表の選手が13人もおり、東京五輪世代が18人もいる。五輪のエントリーメンバーは18名だから、今回のコパ・アメリカ組が東京五輪のベースになるのは間違いないだろう。 森保監督も「まずは東京五輪世代の選手を多く選出させていただきました。その点では、私がA代表の監督をし、東京五輪の監督をしており、2つのグループをラージグループとして見ています。今回2つの大会があるなかで、どうA代表のラージグループとしてレベルアップさせることができるかを考えて、このメンバーになりました」と選考理由を明かした。 従って今回の選考は、コパ・アメリカというより、東京五輪のためではないだろうか。だからこそJクラブも協力せざるを得なかったのではないか。その点を関塚隆技術委員長に質問したところ、「このメンバーは森保監督以下のスタッフが兼任でやられているなかで、拘束力のない大会での派遣に関してA代表として戦いますが、来年の五輪への戦力というご理解は大きかったのかなというふうに思っています」と正直に語っていた。 和を重んじる日本人が「地元開催の五輪で金メダルを取るため」と言われれば断ることは難しい。ただJFA(日本サッカー協会)が配慮した節も見られる。それはフィールドプレーヤーが各クラブとも1名に限定していることだ。やはりリーグ戦の期間中ということで、JFAも譲歩したのだろう。 キリンチャレンジ杯に招集されなかった安部裕葵(鹿島)、同じくトゥーロン国際大会に招集されなかった上田綺世(法政大)も順当にコパ・アメリカでの選出となった。 森保監督は4-2-3-1を基本フォーメーションにするが、キリンチャレンジ杯では久保、南野、中島の2列目がどんなハーモニーを奏でるのか楽しみだし、コパ・アメリカなら右サイドの久保と松本泰志(広島)、渡辺皓太(東京V)、左サイドは安部と中島の競争となるが、そうなるとトップ下の候補がいなくなるだけに、中島がトップ下を務める可能性もあるかもしれない。 まずはキリンチャレンジ杯で新戦力の融合具合を確認しつつ、コパ・アメリカでは誰が台頭してくるのかを楽しみに待ちたい。 6月上旬にはカタールW杯のアジア1次予選が行われ、9月からは日本などシード国の出場する2次予選がスタートする。W杯予選に向けて選手層の充実と戦術の浸透度を図る6月の2大会とも言える。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2019.05.24 21:00 Fri
twitterfacebook
thumb

フル代表初招集の鹿島MF安部裕葵「選ばれるだけで終わりにしたくない」《コパ・アメリカ・ブラジル2019》

日本サッカー協会(JFA)は24日、6月に行われるCONMEBOLコパ・アメリカ・ブラジル2019に向けた日本代表メンバー23名を発表した。 日本代表は6月14日にブラジルで開幕するコパ・アメリカに招待国として、20年ぶりに参加する。 今回、フル代表初招集となった鹿島アントラーズのMF安部裕葵がクラブを通じてコメントしている。 「プロ3年目でこのような機会をいただき、とても感謝しています。ロシアW杯でサポートメンバーに入り、A代表に入りたいと強く感じました。日本のトップ選手たちが集まる環境でプレーできることはとても嬉しいですが、選ばれるだけで終わりにしたくないと思っています。自分をサポートしてくれる全ての方々への感謝を、A代表でのプレーで示していきたいです」 2019.05.24 20:06 Fri
twitterfacebook
thumb

大学生でフル代表初招集の法政大FW上田綺世が意気込み!《コパ・アメリカ・ブラジル2019》

日本サッカー協会(JFA)は24日、6月に行われるCONMEBOLコパ・アメリカ・ブラジル2019に向けた日本代表メンバー23名を発表した。 日本代表は6月14日にブラジルで開幕するコパ・アメリカに招待国として、20年ぶりに参加する。 今回、大学生ながらフル代表に選出された法政大学FW上田綺世。大学3年生ながらすでに鹿島アントラーズ入団が内定している大学屈指のストライカーは、2010年のアジアカップ予選で当時福岡大学に在籍していたFW永井謙佑(現FC東京)、流通経済大学に在籍していたMF山村和也(現川崎フロンターレ)以来、9年ぶりのフル代表入りに。 東京五輪世代のエースストライカー候補でもある同選手は大学サッカー部を通じて以下のようなコメントをしている。 「価値を高めるチャンスをいただけたこと嬉しく思います。そのチャンス掴んで来たいと思いますので応援よろしくお願いします」 2019.05.24 19:54 Fri
twitterfacebook
thumb

【質疑応答】東京五輪で金メダル狙う森保監督、若き才能率いて南米勢と本気の勝負へ! 「日本全体のレベルアップに」《コパ・アメリカ・ブラジル2019》

日本サッカー協会(JFA)は24日、6月に行われるCONMEBOLコパ・アメリカ・ブラジル2019に向けた日本代表メンバー23名を発表した。 6月14日にブラジルで開幕するコパ・アメリカに招待国として、20年ぶりに参加する日本代表は、2連覇中の王者チリ代表、ウルグアイ代表、エクアドル代表と同じグループCに所属。17日にチリ戦、20日にウルグアイ戦、24日にエクアドル戦を戦う。 会見には日本サッカー協会の関塚隆技術委員長と、森保一監督が出席。メンバー発表後、メディア陣からの質疑に応対した森保監督は、次代を担う東京五輪世代主体のメンバー編成について語り、目標などについてもコメントした。 ◆森保一監督(日本代表) 「コパ・アメリカに参加するにあたり、派遣義務のない大会にJリーグ、大学のみなさんにはシーズンが続いていて、戦力ダウンするなか、選手を派遣して頂き、我々の活動に協力していただくことに感謝を申し上げます。また、海外のクラブも我々の活動に対して、本来であれば、オフシーズンのなか、選手を休ませるというところで、選手の派遣に協力して頂きました。海外のクラブに対しても感謝の気持ちを申し上げたいと思います」 「コパ・アメリカという素晴らしい大会に参加できるということ。所属クラブの協力を得て参加するということ。南米の代表チームと真剣勝負をして、派遣して頂いた選手たちが、現地で少しでも成長してもらうこと。所属クラブに帰ったときに、コパ・アメリカに派遣して本当によかったなと思っていただけるように選手が良い経験をしてクラブに戻るということ。クラブのなかで選手がまた成長していく、コパ・アメリカを経験した選手がクラブに帰ったとき、他の選手の刺激になってクラブの活動がさらに良いものになっていく。ということ願いながらコパ・アメリカで活動していきたいと思います」 ──東京五輪世代が多いが、若い選手が参加する意味とは 「東京オリンピック世代の選手を今回のコパ・アメリカのメンバーに多く選出させていただきました。選手の仕方という点では、A代表と東京オリンピックチームの監督を兼任していることで、日頃からA代表のラージグループとして見ています。キリンチャレンジカップとコパ・アメリカがあるなかで、2つの大会をA代表のラージグループとしてレベルアップさせることができるか、日本全体のレベルアップにつなげていけるかということを考えてこのメンバー選考になりました」 「理由はたくさんあります。若い選手が沢山コパ・アメリカという素晴らしい大会に出られることで、選手の成長に繋がり、来年の東京オリンピックにもプラスになるというふうに思っています。東京オリンピックで、我々は金メダルを取るつもりです。そのためにはA代表で活躍できるくらいの力を持った選手が東京オリンピックに出て、戦わなければ、目標を達成することは難しいです。今回のコパ・アメリカはA代表として戦って、1試合でも多く勝ち進むことを考えながら、選手が厳しい戦いのなかで成長してくれてA代表の活動にプラスになっていけばと思います。今後のワールドカップ予選、来年行われる東京オリンピックでの日本の成果に繋げていければと思います」 ──若いチームのなかで、川島永嗣(ストラスブール/フランス)や岡崎慎司(レスター・シティ/イングランド)といったベテランの役割とは 「彼らは海外のチームでプレーしているなかで、クラブの意向としては休んだほうが良いのではないかということでした。彼らは意思を持ってこの大会に参加したということをクラブに伝え、参加することに感謝したいと思います」 「彼らはA代表でプロサッカー選手として、キャリアを積んできています。コパ・アメリカの日本代表チームとして活動してくれることで、1人の戦力として少しでも良いコンディションでプレーをしてもらい、チームを引っ張ってもらいたいと思います。同時に、彼らが持っている経験を若い選手たちに伝えてもらえればと思います」 ──コパ・アメリカのチームテーマとは 「ひと言で言うと成長、レベルアップです。ただし、ブラジルの地に行ってコパ・アメリカを経験することだけではありません。チームとして、勝ちにこだわってやっていきたいです。1試合1試合、勝利を目指して戦うということは、必ず持ってチームとしてやっていきたいと思います。選手個々にはピッチに立ったら、11人対11人の戦い、対峙する選手には攻守で上回っていくこと、それぞれが責任を持って戦うということ。準備期間から大会中も伝えながら大会に臨みたいと思っています」 ──どのようにして強豪国に勝ちたいか 「最終的に、グループリーグを突破するということは勝ち点がどれだけ必要になるかということになりますけど、1試合でも多く試合をしたいと思っています。まずはグループリーグを突破するということを目標に戦いたいと思います」 ──森保監督が思う本気の南米のチームの印象とは 「世界のトップチームで、全てにおいてレベルが高いというです。技術が高いことはもちろんですけど、その技術を生かす判断力や駆け引きに長けているというところ、身体の使い方が非常に上手いという部分です。我々が学んでいき、培っていかなければいけないところだと思います」 「ただ一概にチームとして、日本人としてというところは言えないと思います。日本代表の選手も個々に特長が違います。さらに、伸ばすところや改善していかなけらばならないところを我々スタッフがアプローチしていきたいと思います。選手自身も感じながらコパ・アメリカでの体験を次の成長に生かしてもらえればと思います」 2019.05.24 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

フル代表初招集の東京VのMF渡辺皓太「帰ってきた時今よりもチームに貢献できるよう」《コパ・アメリカ・ブラジル2019》

日本サッカー協会(JFA)は24日、6月に行われるCONMEBOLコパ・アメリカ・ブラジル2019に向けた日本代表メンバー23名を発表した。 日本代表は6月14日にブラジルで開幕するコパ・アメリカに招待国として、20年ぶりに参加する。 今回、フル代表初招集となった東京ヴェルディのMF渡辺皓太がクラブを通じてコメントしている。 ◆MF渡辺皓太 「今回、コパアメリカに出場する日本代表に選出されました。チームの調子が上がってきて大事な試合が続く中でチームを離れることになりますが、一日一日を大切にして、成長して帰ってきた時に今よりもチームに貢献できるように頑張ってきます。まだリーグ戦には出場するので、合流するまでチームのために頑張りますので、引き続き応援をお願いします」 2019.05.24 16:20 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース