ユナイテッド、A・ペレイラの契約延長OP行使へ

2019.03.12 23:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドが、ブラジル代表MFアンドレアス・ペレイラ(23)の契約延長オプションを行使するようだ。イギリス『イブニング・スタンダード』が伝えている。

2012年にクラブの下部組織に入団したA・ペレイラはグラナダやバレンシアへのレンタル移籍で経験を積んで、今季はユナイテッドで公式戦ここまでで14試合に出場している。

契約は今季までとなっているが、負傷者が相次いでいる最近のユナイテッドにおける活躍がクラブに好印象を与えたようで、12カ月の契約延長オプションを行使する決断に至ったという。
オーレ・グンナー・スールシャール監督は同選手を「彼はアカデミー出身で力強いエネルギーを持っている」と評価。ウイングからトップ下、ボランチまでこなすポリバレントなブラジル代表MFは、監督は背番号「8」や「10」タイプの選手だと位置づけているようだ。

関連ニュース
thumb

29歳で代表引退… ヴァランがユナイテッドに集中する意向を強調「今季の終わりに向けて…」

フランス代表からの引退を表明したマンチェスター・ユナイテッドDFラファエル・ヴァランだが、再び引退理由に言及した。フランス『フットメルカート』が伝える。 フランス代表で通算93キャップを誇り、ロシア・ワールドカップ(W杯)の優勝、カタールW杯の準優勝には欠かせぬ存在だったヴァラン。先日2日に29歳での代表引退を表明した。 引退理由については「今が相応しいタイミング。新しい世代にバトンを渡す」と自身のSNSに記していたが、フランス『Canal+』のインタビューで再度問われると、今はユナイテッドに集中したいとの旨を語った。 「カタールW杯はひざまづいて終える形になった。もしアルゼンチンに勝っていたら、直後に発表していただろう。僕はフランス代表に持てる全てを与えてきたから、これはキャリアで最も重要な決定だよ」 「これまでその時々を精一杯生きてきた。今はユナイテッドでのシーズンの終わりに向けて全集中を傾けるべき時さ。去年の6月は失意に沈んでいたからね」 ユナイテッド加入1年目の昨季は失意のシーズンとなったためか、複数のタイトル獲得に可能性を残す今季に集中していると語ったヴァラン。一方、代表引退は愛する両親や家族の存在もあったと暗示した。 「僕は13歳で家を出た。家族のもとに戻ると、そこから離れたくなくなることがある。息が詰まる思いになるんだ。そんな時にコーチと電話するのは、少ししんどい」 どうやら、少しでも家族と過ごす時間を増やしたかったようだ。 2023.02.06 15:40 Mon
twitterfacebook
thumb

序列低下も姿勢に変化なし、テン・ハグ監督がマグワイアと対話 「プレー機会は増える」

マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督はイングランド代表DFハリー・マグワイア(29)に信頼を置いているようだ。 ユナイテッドの主将を務めるマグワイアだが、昨夏のテン・ハグ監督就任後はセンターバックのサブに降格し、スタメン出場の機会が大幅に減少。4日に行われたプレミアリーグ第22節のクリスタル・パレス戦も守備固め要員として3分間の出場にとどまった。 1月はインテルなどへの移籍も取り沙汰されたが、ユナイテッドでのタイトル獲得にこだわり、退団を除外。イギリス『サン』によると、テン・ハグ監督もそんなマグワイアの残留を強く要望しており、序列が下がってもネガティブな態度を見せない29歳に感銘を受けてきたという。 また、移籍期間中にはマグワイア本人に「シーズン後半戦の過密日程に対応するため、プレー機会はより増えるだろう」と、起用プランを説明したとのこと。ユナイテッドはすでに消化した2試合を含め、2月だけで公式戦8試合が予定されている。 2023.02.05 18:05 Sun
twitterfacebook
thumb

テン・ハグ、デビューのザビッツァー評は…? 「あのような選手はうちに必要」

マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督がデビューのオーストリア代表MFマルセル・ザビッツァーを評価した。 今冬のデッドラインデイに降って沸いたような移籍話から、瞬く間にバイエルンから加入が決まったザビッツァー。移籍から1日のセッションしかこなしていないものの、MFクリスティアン・エリクセンのほか、MFスコット・マクトミネイ、そしてMFドニー・ファン・デ・ベークが離脱中のボランチ陣が手薄さを極めるとあって、4日にホームで行われたプレミアリーグ第22節のクリスタル・パレス戦でさっそくメンバー入りした。 そんなC・パレス戦は2-1でユナイテッドが逃げ切り勝ち。後半途中の乱闘騒ぎからMFカゼミロの一発退場で荒れ試合となってしまったが、85分からMFアントニーとの交代でユナイテッドデビューを果たして、チームが数的不利とあって、後ろに重たい展開となるなか、ボールを受ければ、しっかりとの中継役になろうとするなど、一定の存在感を示した。テン・ハグ監督もクラブ公式チャンネル『MUTV』で好印象を口にした。 「そうだね。彼はフットボールというものを理解している。最初からそれが見られ、トレーニングからそうだった。よくやったし、ボールを持っても落ち着いていて、守り方も知っている。試合を理解し、適切なスピリットを持つあのような選手はうちに必要だ」 荒れ模様の難しい試合展開のなか、短い時間ながら中盤で動きをつけ、ボールによく絡んだザビッツァー。ユナイテッドとの契約は買取オプションなしの半年ローンだけに、今後のパフォーマンス次第で完全移籍の動きもあるかもしれない。 2023.02.05 17:50 Sun
twitterfacebook
thumb

マルシャル、復帰して次の試合でメンバー外…ユナイテッド指揮官が説明

マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表FWアントニー・マルシャルがまたも欠場した。 手薄なストライカーの一番手として期待されながら、故障と復帰を繰り返すマルシャル。1日に行われたノッティンガム・フォレストとのカラバオカップ準決勝2ndレグから戻り、復帰ゴールも決めたが、4日に行われたプレミアリーグ第22節のクリスタル・パレス戦はメンバーにすら入らなかった。 ユナイテッドを率いるエリク・テン・ハグ監督は試合に先立ったクラブ公式チャンネル『MUTV』のインタビューでマルシャルの欠場理由を尋ねられると、また新たな問題が生じたためだと話した。 「彼は復帰したとき、試合でぶり返してしまった。少し遠ざかってしまったんだ。待たねばならず、辛抱強くならないといけない」 今季のここまで公式戦14試合で6得点2アシストとそれなりの結果を残すものの、稼働率の悪さが相変わらずのマルシャル。ストライカー陣はお世辞にも余裕があるわけでなく、頼りにしたいはずだが、故障と復帰を繰り返す流れが止まらない。 2023.02.05 13:50 Sun
twitterfacebook
thumb

テン・ハグ、カゼミロ退場に「もっと多くの選手がピックされてもおかしくなかった」

マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ監督が振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 4日のプレミアリーグ第22節でクリスタル・パレスをホームに迎え撃ち、2-1で勝利したユナイテッド。70分にブラジル代表MFカゼミロが一発退場してから戦況が大きく変わり、1点を返されたが、何とか振り切った。 オーストリア代表MFマルセル・ザビッツァーのデビューも霞む荒れ試合だったが、これで本拠地オールド・トラッフォードで公式戦13連勝。直近の公式戦4連勝とし、ニューカッスル・ユナイテッドを抜いて3位に浮上した。 試合後のテン・ハグ監督は「満足点がいっぱいある。まず試合の質だ」と内容にも手応えを語った。 「最初の70分間はポゼッション、フォーメーション、パスの確実性など、ピッチ上で本当に良い戦いがやれた。トランジションもカウンタープレスも見事で、試合を支配したと思う。リードしてしかるべきだったし、特に2点目なんかは見ていても気持ちの良いゴールだった」 だが、この試合はカゼミロの退場がトピックに。後半途中にFWアントニーがMFジェフリー・シュラップに突き飛ばされ、乱闘騒ぎとなり、カゼミロはMFウィル・ヒューズと対峙したが、OFRで一発退場を命じられた。 カゼミロの手が相手の首を絞めるような位置に入って印象が悪く、無念の退場劇に。テン・ハグ監督はVARの一貫性に疑問を呈した。 「クリスタル・パレスの選手が大きなリスクを冒してアントニーにケガを負わせようとし、何人かの選手が感情を高ぶらせるという場面を目にした。そして、1人の選手がピックされたんだ。もっと多くの選手がピックされてもおかしくなかった」 「VARも関与したのが何より理解できず、それなら一貫性を保たねば。今季のここまでVARが介入しない場面だって何度もあったし、残念だが、受け入れなければならない。選手はきちんと振る舞い、感情をコントロールする必要がある」 「だが、我々はスピリットを持ってお互いのために戦っている。そこは満足だ」 2023.02.05 09:50 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly