ポーランド代表コンビ弾など4発のナポリが快勝で3試合ぶりの勝利!《セリエA》2019.02.25 04:25 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ナポリは24日、セリエA第25節でパルマとのアウェイ戦に臨み、4-0で快勝した。前節トリノ戦を猛攻をかけながらも最後までゴールを割れずに2戦連続ゴールレスドローに終わった2位ナポリ(勝ち点53)は、3日前に行われたヨーロッパリーグ(EL)のチューリッヒ戦では2-0と勝利し、ベスト16進出を果たした。そのチューリッヒ戦のスタメンから6選手を変更。出場停止のインシーニェが欠場の中、アランやカジェホン、ミリクらがスタメンに戻った。

12位パルマ(勝ち点29)に対し、[4-4-2]のナポリは2トップにメルテンスとミリク、右にカジェホン、左にジエリンスキを配した。そのナポリが立ち上がりから押し込む展開とすると、19分に最初のチャンスを生かす。

ヒサイがDF2人を引き付けて出したパスをボックス左で受けたジエリンスキが冷静にゴール右へシュートを流し込んだ。

さらに29分、カジェホンが際どいミドルシュートを浴びせたナポリは、36分に加点する。ペナルティアーク中央で得たFKをミリクが意表を突いてグラウンダーのシュートを蹴ると、壁の下をすり抜けてゴール右に決まった。

ナポリが2点をリードして迎えた後半、負傷していたマクシモビッチに代えてルペルトを投入。そのナポリがパルマに押し込まれる入りとなると、55分にマルキュイがPKを献上しかける。しかし、その前にカジェホンがファウルを受けていたとしてVARの末にPK判定は覆って助かった。

さらに61分、ジェルビーニョのミドルシュートが枠を捉えたが、GKメレトがファインセーブで阻止した。

すると73分、ナポリが勝負を決定付ける。ミスパスを拾ったミリクがペナルティアーク右からDFに対応されながらもゴール左へ正確なシュートを流し込んだ。

その後、ミリクをお役御免としたナポリは代わって入ったウナスが、82分にヴェルディのラストパスを受けてダメ押しの4点目を決める。このまま4-0で快勝したナポリが3試合ぶりの勝利を収めている。
コメント
関連ニュース
thumb

ナポリ、昨季長友同僚のオニェクルに関心

ナポリがエバートンのナイジェリア代表FWヘンリー・オニェクル(22)に関心を寄せているようだ。ベルギー『ル・ソワール』が伝えている。 セネガルのクラブでプロデビューしたオニェクルは2015年にオイペンに移籍し渡欧。2017年にエバートンに完全移籍した。しかし、イギリスでの労働ビザが取得できず、ここ2シーズンはレンタルに出されている。 ウイングを主戦場とするアタッカーで、2017-18シーズンにレンタルで加入したアンデルレヒトでは、MF森岡亮太とチームメイトになったが、森岡が加入したシーズン後半戦はヒザのケガで試合に出られなかった。 昨季は日本代表DF長友佑都が所属するガラタサライにレンタルしリーグ戦31試合で14ゴール5アシストを記録。クラブはレンタルの続行を申し出たが、エバートンは完全移籍での放出しか認めないようだ。 『ル・ソワール』によると、ナポリはオニェクル獲得に1500万ユーロ(約18億1500万円)を用意。同選手の去就はビザ発行の可否にかかるかもしれない。 2019.07.18 14:08 Thu
twitterfacebook
thumb

コレア、アトレティコ退団を希望? ナポリやスパーズが関心

アトレティコ・マドリーに所属するアルゼンチン代表FWアンヘル・コレア(24)が退団を望んでいるようだ。スペイン『アス』が報じた。 2014年12月に母国サン・ロレンソからアトレティコへ加入したコレア。昨シーズンも右サイドハーフのファーストチョイスとして公式戦49試合で5ゴール4アシストを記録した。 しかし、クラブは今夏にポルトガル代表FWジョアン・フェリックス(19)やU-21セルビア代表FWイヴァン・シャポニッチ(21)などのアタッカーを獲得。さらには、レアル・マドリーのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(28)の獲得に動いているとの噂もあり、スタメン争いが激化することが予想されている。 アトレティコと2024年まで契約を残すコレアだが、今夏の補強状況を受けて出場機会の減少を危惧し、退団を希望しているという。なお、同選手に対してはミランやナポリ、トッテナム、ウォルバーハンプトンなどが目を光らせているようだ。 2019.07.17 21:20 Wed
twitterfacebook
thumb

ナポリが逸材MFエルマスを獲得! ナポリ会長が認める

ナポリがフェネルバフチェの北マケドニア代表MFエリフ・エルマス(19)の獲得に成功したようだ。同クラブのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長がイタリア『Kiss Kiss Napoli』で認めた。 今夏の移籍市場で中盤の補強を目指すナポリ。先日にイタリア『メディアセット』は、以前から関心が伝えられたエルマスに関して移籍金1500万ユーロ(約18億3000万円)+ボーナスでクラブ間合意し、今月10日までにメディカルチェックを受診すると報じていた。 その後、エルマスに関して公式なアナウンスは行われていなかったが、地元ラジオ『Kiss Kiss Napoli』の取材を受けたデ・ラウレンティス会長は、クロアチア代表MFマルコ・ログの売却と、エルマスの獲得に関して質問を受けると、「どちらも本当の話だ」と、あっさりと移籍を認めた。 インテル、アトレティコ・マドリー、ドルトムントらビッグクラブが注目していたエルマスは、足元の技術が高く、縦への推進力も兼ね備えているセントラルMF。2016年夏に母国のラボトニツキからフェネルバフチェに移籍すると、在籍3年間で公式戦47試合に出場して4ゴール1アシストを記録。2018-19シーズンはトルコリーグで29試合に出場して4ゴールを挙げ、主力として活躍していた。 2019.07.17 18:26 Wed
twitterfacebook
thumb

インシーニェが主張! サッリのユーベ就任は「裏切りだ」

ナポリのイタリア代表FWロレンツォ・インシーニェ(28)が、かつての恩師であるマウリツィオ・サッリ監督のユベントス就任について口を開いた。『フットボール・イタリア』が伝えている。 2015-16シーズンから2017-18シーズンまでナポリを指揮したサッリ監督は、チェルシーでの1年間の指揮を経て、イタリア復帰。しかし、そのクラブはナポリが覇権を争い、現在、8シーズン連続で頂点に立つ“絶対王者”ユベントスだった。 以前、サッリ監督のライバルクラブへの就任について、ナポリのブラジル代表MFアランは「特に何も思わないよ。彼の決断だ。僕らはそれを尊重しなければならない。僕らはナポリであり、今や彼は敵だ。僕らは彼を倒そうとするだけだよ」とコメントしていたが、インシーニェは「裏切り」だと見なしているようだ。 「何度も言うけど、僕らナポリの人間にとって、それは裏切りだ。今、僕らは自分自身に集中しなくてはならない。そして、彼(ユベントス)を倒さなくてはいけないね」 「スクデットは僕ら全員の夢なんだ。もう一度、チャレンジするよ」 2019.07.17 10:50 Wed
twitterfacebook
thumb

パルマ、ナポリからFWイングレーゼを買い取り義務付きのレンタル移籍で獲得! 昨季もレンタルで加入し9ゴールをマーク

パルマは16日、ナポリからイタリア人FWロベルト・イングレーゼ(27)を買い取り義務付きのレンタル移籍で獲得した。 『フットボール・イタリア』によれば、契約内容はレンタル料で200万ユーロ(約2億4300万円)、シーズン終了後に移籍金1800万ユーロ(約22億円)を支払い、ボーナスとして最大200万ユーロ増加する可能性があるようだ。 ペスカーラの下部組織出身のイングレーゼは、2009年にトップチームに昇格。その後、キエーボやルメッツァーネ、カルピでのプレーを経て2017年夏にナポリへ加入。 しかし、ナポリでのプレーはなく加入直後にキエーボへレンタルに出されると、2018-19シーズンはパルマへレンタル移籍。昨シーズンはセリエAで25試合の出場し9ゴール2アシストを記録していた。 なお、パルマはすでにイングレーゼと2024年6月30日までの5年契約を結んでいる。 2019.07.17 03:20 Wed
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース