“名ジャッジマン”クラッテンバーグが中国移籍! 英紙報道

2019.02.24 15:50 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
イギリス『デイリー・メール』は23日、かつて欧州指折りのジャッジマンとして名を馳せたマーク・クラッテンバーグ氏(43)の“中国移籍”を報じた。

イングランド人主審のクラッテンバーグ氏は、チャンピオンズリーグやユーロの決勝を裁いた実績を誇り、2016年に世界最優秀主審賞にも輝いた名主審。2017年4月、2004年から主戦場としたプレミアリーグの審判職を辞め、審判部門部長としてサウジアラビアに旅立った。

そのクラッテンバーグ氏はサウジアラビアサッカー連盟との契約が今月限りで満了。3月1日から新たな活躍先として、今冬にベルギー代表MFマルアン・フェライニやスロバキア代表MFマレク・ハムシクら欧州有力選手も加入した中国スーパーリーグを選び、レフェリー職に復帰するという。


関連ニュース
thumb

ファン・ウィジョ、フォレスト移籍か…ボルドーに総額6.8億円のオファー

ボルドーの韓国代表FWファン・ウィジョ(29)を巡り、ノッティンガム・フォレストが獲得に乗り出しているようだ。 母国クラブの城南FCでキャリアを始め、ガンバ大阪でのプレーを挟み、2019年夏からボルドーでヨーロッパに舞台を移したファン・ウィジョ。ボルドー2年目から2シーズン連続でリーグ・アン二桁ゴールをやってのけるなど、確かな存在感を示す。 だが、ボルドーは昨季のリーグ・アンで最下位に終わり、リーグ・ドゥに降格。さらに深刻な財政事情により、戦力の売却で赤字のカバーを迫られている状況といわれ、2023年まで契約を残すファン・ウィジョにも今夏移籍の噂が浮上している。 韓国代表としても45キャップを誇り、来るカタール・ワールドカップのピッチにも当然ながら立つとされる29歳を巡ってはフランスだけでなく、イングランドからも視線が注がれ、ウォルバーハンプトンからのオファーがあったといわれる。 そして、フランス『レキップ』の続報によると、プレミアリーグ昇格1年目の今季を戦い抜くため、今夏の積極補強でそれ仕様のチームを築き上げるフォレストもウォルバーハンプトンに追随して、ボルドーに獲得オファーを出したという。 フォレストからの提示額は基本移籍金400万ユーロ+ボーナス100万ユーロの総額500万ユーロ(約6億8000万円)。ボルドー側はそのオファーを受け入れたとみられ、ファン・ウィジョ本人もプレミアリーグでのプレーを希望している模様だ。 このフォレスト移籍が実現すれば、トッテナムのFWソン・フンミン、ウォルバーハンプトンのFWファン・ヒチャンに続く3人目の韓国人プレーヤーとしてプレミアリーグ上陸となるが、いかに。 2022.08.13 11:45 Sat
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドFDとラビオ代理人、トリノでの会談はポジティブに終了…交渉継続へ

マンチェスター・ユナイテッドはユベントスから獲得を狙うフランス代表MFアドリアン・ラビオ(27)の代理人と前向きな話し合いができたようだ。 先週末のプレミアリーグ開幕節でブライトン&ホーヴ・アルビオンに敗れ、黒星スタートのユナイテッド。ショッキングな一敗を喫したなか、MFフレッジとMFスコット・マクトミネイの出来が悪かった中盤を巡って補強の必要性が改めて浮き彫りとなり、新たなターゲットにラビオが急浮上している。 バルセロナのオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングにチェルシー移籍の線が強まるなかで浮かび上がったラビオ獲りの動きは売却視野のユベントスと移籍金1700万ユーロ(約23億2000万円)で合意に至り、実母で代理人のヴェロニク氏との交渉を乗り越えられればというところまできているとされる。 そのなか、移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ記者は12日にトリノでユナイテッドの補強を司るフットボールディレクター(FD)のジョン・マータフ氏とヴェロニク代理人の会談予定を主張。続報によれば、その交渉は既報通りの12日に執り行われ、ポジティブなミーティングになったという。 両者は選手のサラリーを巡ってまだ完全合意に至っていないものの、今後も交渉を続けていく模様。マータフFDはヴェロニク代理人と会談後、トリノを後にする姿が確認されている。 なお、ユベントスはラビオがユナイテッド移籍の場合、その穴埋めとしてパリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表MFレアンドロ・パレデス(28)を獲得しにいくとみられる。 2022.08.13 10:35 Sat
twitterfacebook
thumb

モナコがブラジル人DFカイオ・エンリケと契約延長! 昨季13アシストの左SB

リーグ・アンのモナコは12日、ブラジル人DFカイオ・エンリケ(25)との契約延長を発表した。新たな契約期間は2027年夏までの5年間となる。 カイオ・エンリケは18歳でサントスからアトレティコ・マドリーの下部組織へ移籍。だが、アトレティコのファーストチームには定着できず、母国のフルミネンセやグレミオなどへのレンタル移籍を繰り返した。 しかし、2020年夏に加入したモナコで確固たる定位置を築き、一時はバルセロナやパリ・サンジェルマン(PSG)なども関心を寄せる左サイドバックへと成長。昨季も公式戦49試合に出場し、2得点13アシストを記録した。 カイオ・エンリケは「モナコとの契約を延長し、キャリアを継続できることは僕にとって大きな喜びだ。ここに来て以来、自分を表現し、磨き上げてきたんだ。素晴らしいグループであり、野心に満ちたこのクラブで長期的にプレーを続けられることを嬉しく思うよ」とコメントしている。 2022.08.12 21:44 Fri
twitterfacebook
thumb

PSGで構想外のイカルディ…行き場を失いつつある29歳の元得点王はセリエA復帰か

パリ・サンジェルマン(PSG)の元アルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ(29)は去就が見通せない状況が続きそうだ。 かつてインテルで2度のセリエA得点王に輝き、2019年夏からPSGでプレーするイカルディ。しかし、昨季までの3年間でリーグ・アン通算23得点にとどまるなど、イタリア時代の得点力を発揮しているとは言い難い。 また、最近は妻であるワンダ・ナラ氏との離婚報道が出た他、クリストフ・ガルティエ監督から「場所を変えれば、キャリアの軌道を戻せる」と移籍を勧めるコメントを発せられるなど、心穏やかでない日々が続いている。 イタリア『トゥットスポルト』によると、イカルディはすでにPSGで構想外となっており、チーム練習に参加できていないとのこと。今夏中に新天地を探したいところだが、最もイカルディに熱視線を浴びせていたと報じられたモンツァは、12日にナポリから元イタリア代表FWアンドレア・ペターニャの獲得を発表。念願の新たなストライカーを確保した。 それでもモンツァ行きの可能性は残されているようだが、イカルディのPSGでの年俸は1000万ユーロ(約13億7000万円)と目されており、同等の額を求めているとすれば新天地選びはこの先も困難を極めるかもしれない。 2022.08.12 21:29 Fri
twitterfacebook
thumb

チェルシーDFエメルソンにアタランタも目を光らす?

チェルシーのイタリア代表DFエメルソン・パルミエリ(28)にアタランタ移籍の可能性が浮上している。 2018年1月にローマからチェルシー入りしたエメルソンだが、バックアッパーの域を抜け出せず、昨季はリヨンに1年レンタル。買い取りオプション付きのレンタルだったが、シーズン終了後にチェルシー復帰となった。 先日にはラツィオ移籍の可能性が報じられるなど、今夏の移籍が既定路線のなか、イギリス『デイリー・メール』によると、セリエA勢からはアタランタも目を光らせているという。 また、エメルソンを巡っては積極補強が印象的なノッティンガム・フォレストも関心を寄せ、すでに問い合わせを済ませている模様だ。 一方、チェルシーはブライトン&ホーヴ・アルビオンからスペイン代表DFマルク・ククレジャを獲得。トーマス・トゥヘル監督も移籍を容認する可能性が高いとみられている。 2022.08.12 18:54 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly