昨季ルヴァン杯制覇の湘南・曺貴裁監督、今シーズンの目標は「今まで見たことがない景色」

2019.02.14 21:12 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
Jリーグが14日、2019Jリーグキックオフカンファレンスを開催した。

湘南ベルマーレの曺貴裁監督が出席。チームづくりについては「走ることを突き詰める」とコメント。また目標に「今まで見たことがない景色」を掲げた。

◆曺貴裁監督(湘南ベルマーレ)

──タイトルを獲って迎えるシーズンですが
「タイトルを獲ったといっても、昔のことなのでね。でも、そのタイトル自体がチームに自信をつけたということもありますし、その自信をさらに深めたいと思っています」

「昨シーズンを良い意味で引きずってやりたいし、良い意味で引きずらないでやりたいです。新しいシーズンは始まっているので、どんどん自分たちの良さを出せる準備を進めていきたいです」

──基礎の「走る」という部分に加えて、チームを前進させるために加えていかなくてはいけないと昨シーズンはおっしゃっていましたが
「サッカーは走らないと成立しないので、走ることが自分たちの特徴だとはあまり思っていません。どう走るかとか、いつ走ると点につながるのかというのは、選手たちは突き詰めないといけないですし、そこが僕たちの基準としてやっていきたいです」

──湘南のサッカーを知る選手が戻って来たりもしていますが、新戦力を含めた手応えは
「彼らも強い気持ちを持って戻って来たと思います。その強い気持ちがしっかりとチームの力になる様に、僕自身もしっかりとマネジメントしなければいけないなと思います」

「ただ、シーズン初めから最後まで順風満帆に行く様なことは予測しなくて良いです。色々なことが起こると思いますが、ちゃんと物事に向き合って、一個一個乗り越えていきたいと思います」

──若い選手を含めてチームを作って来た中で、まだまだ満足はできていない状態か
「過去にどうしたということは、今はあまり意識していません。今年どうするかに200%傾倒しています。それに向かって準備していきます」

──今シーズンの目標はしっかりとリーグ戦で戦うということになるのか
「リーグも天皇杯も、カップ戦もしっかりと勝って、今まで見たことがない景色に選手たちを連れていきたいです」

関連ニュース
thumb

また町野!5戦6発エースの決勝点で湘南が京都との熱戦を制す【明治安田J1第18節】

26日、明治安田生命J1リーグ第18節の京都サンガF.C.vs湘南ベルマーレがサンガスタジアム by KYOCERAで行われ、1-0でアウェイの湘南が勝利を収めた。 12年ぶりのJ1でもアグレッシブな戦いを披露する京都は、前半戦を9位で終えた。前節も敗れはしたが、難敵・鹿島アントラーズを相手に善戦。今節は[4-3-3]のアンカーに井上を起用し、インサイドハーフを武富と金子が務めた。 序盤は苦戦を強いられた中でスタイルを取り戻す兆しの見える湘南だが、快勝した川崎フロンターレ戦後に対セレッソ大阪3連敗やFC東京戦後の天皇杯敗戦など、調子の良さを継続できていない。今節は好ゲームを披露したそのFC東京戦と同じ11人でスタートした。 曹貴裁監督と山口智監督、互いの指揮官にとって古巣対決となるカードは、3月の対戦時は1-1と未決着。試合前に気温30度が互いの走力にどう影響するかにも注目が集まった一戦の序盤は、湘南が奪ってからの素早い攻撃で形を作った。 瀬川のスルーパスから池田の左足はGK上福元に阻まれるも、13分には町野がネットを揺らす。高橋のスルーパスから裏を取り、GKとの一対一を制するも、オフサイドディレイでゴールは認められなかった。 対する京都は23分に古巣対戦となった武富が距離のある中で右足を振る。直後にはボックス右へ流れたボールをピーター・ウタカがGK谷より先に触り、角度のない位置からループ。さらには、こちらも古巣対戦となる金子の右足のミドルでゴールに迫る。 30分を過ぎると再び湘南が連続してチャンスを迎える。大岩の右クロスから瀬川がジャンピングボレーを放てば、39分にはボックス左に侵入した高橋、直後には町野のクロスに茨田が飛び込んだ。 前半終了間際の京都は1本のパスで裏を取り、ウタカがGK谷をかわしてのフィニッシュ。ハーフタイムにはアピアタウィアと荒木に代えてメンデスと福岡を投入し、3バックに変更してミラーゲームを展開した。プレッシングが機能し始め、攻守の連動性が増すと、豊川のそらしからウタカがGK谷をかわして左足のフィニッシュというチャンスを迎える。 杉岡のブロックでこれをしのいだ湘南も直後の71分に茨田、池田からタリク、大橋へのスイッチで再び前線を活性化させると、3分後には出足の良い舘のインターセプトから投入された大橋が右足のフィニッシュ。さらにタリクにもチャンスが訪れたが、81分の決定機はGK上福元の見事な飛び出しに阻まれた。 流れを取り戻した湘南は83分にも畑と米本の2枚を送り込むと、この交代策が的中する。右サイドでの作りから中央を経由して米本がスルーパスを送ると、左のポケットを取ったフリーの畑が丁寧なグラウンダーの折り返し。最後は反応した町野が右足でネットを揺らし、87分に均衡を破った。2戦連続ゴールで殊勲の町野は直後にウェリントンと交代し、ゴール裏の一角を位置取った湘南サポーターからスタンディングオベーションで迎えられた。 短い残り時間で反撃に出る京都だったが、湘南も集中を切らさずに対応を続けてタイムアップ。湘南が今季2度目の2連勝を飾り、一方の京都は今季2度目の2連敗となった。 京都サンガF.C. 0-1 湘南ベルマーレ 【湘南】 町野修斗(後42) 2022.06.26 20:38 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第18節:京都vs湘南】ハイインテンシティな戦い、勝って後半戦の勢いに乗るのは

【明治安田生命J1リーグ第18節】 2022年6月26日(日) 18:30キックオフ 京都サンガF.C.(9位/20pt) vs 湘南ベルマーレ(17位/16pt) [サンガスタジアム by KYOCERA] ◆後半戦、研究してくる相手への対策は【京都サンガF.C.】 前半戦ラストは鹿島アントラーズにアウェイで敗れたものの、12年ぶりのJ1の舞台は5勝5分け7敗で9位と一桁順位で折り返した。 団子状態にある中、後半戦は上にも下にも行く状況。前半戦で掴んだものをしっかりと出して勝ち点を重ねていきたいところだ。 京都の持ち味である前からのプレスは後半戦も継続するとみられるが、連戦、夏場を迎えるにあたっては無闇なプレスは大きなリスクとなる。 5月以降は結果が伴わなくなってきたものの、徐々に戦い方に幅が持てる状況。前からのプレス、後方からのビルドアップに固執しすぎず、研究してくる相手に対しての判断を間違わないことが重要だ。 曺貴裁監督の古巣であり、多くの選手がかつて所属した湘南との対戦。果たして、どんな戦いを見せるだろうか。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:上福元直人 DF:飯田貴教、アピアタウィア久、麻田将吾、荻原拓也 MF:福岡慎平、川崎颯太、金子大毅 FW:豊川雄太、ピーター・ウタカ、荒木大吾 監督:曺貴裁 ◆まずは降格圏脱出へ【湘南ベルマーレ】 例年以上に期待感を抱かせて開幕した今シーズンだったが、蓋を開ければもはや定位置とも言われてしまう下位に低迷。降格圏で前半戦を終えた。 今シーズンも残留争いの真っ只中にいる湘南だが、前半戦の終盤に徐々に結果が残るように。ヴィッセル神戸、川崎フロンターレ、FC東京と力のある3チームから勝利を奪っている。 得点の匂いがほぼしなかった前半戦だったが、ここにきて複数得点が続くこともあり、チームとして乗っていると言える状況だ。 ただ、ミッドウィークの天皇杯は、主力を投入しながらもジュビロ磐田に0-1で敗戦。勝ち上がることもできなかったが、疲労も溜まるという厳しい一戦となった。 これで今シーズンはリーグ戦のみの戦いに。残留という目標に変わったが、しっかりと勝ち点を重ねていきたいところだ。 ★予想スタメン[3-3-2-2] GK:谷晃生 DF:舘幸希、大岩一貴、杉岡大暉 MF:石原広教、田中聡、高橋諒 MF:池田昌生、茨田陽生 FW:瀬川祐輔、町野修斗 監督:山口智 2022.06.26 15:50 Sun
twitterfacebook
thumb

谷晃生、日本代表の偉大な2人との記念撮影に「小学生の頃から見ていたので感慨深い」

湘南ベルマーレのGK谷晃生が憧れの先輩との記念撮影に顔を綻ばせた。 谷は18日に行われた明治安田生命J1リーグ第17節のFC東京戦に先発出場。FWアダイウトンの決定機を冷静にストップするなど、雨の降りしきるピッチでも冷静な対応を見せ、クリーンシートに貢献した。 20日には自身のインスタグラムを更新。東京オリンピック後に用具のメーカーをナイキからプーマへと変更した谷は、「#pumafamily」などのハッシュタグを添えて日本代表の先輩とのスリーショットを投稿した。 写っているのはGK川島永嗣(ストラスブール/フランス)、なでしこジャパンのDF熊谷紗希(バイエルン/ドイツ)だ。 「偉大なお二方に写真撮って貰いました。ありがとうございました!!それにしても小学生の頃から見てたと考えると感慨深い…もっと頑張らないと」 海外でのキャリアが長く、代表としても長期にわたって活躍を続ける2人と、次世代を担うであろう守護神との共演に沸くファンも多数。「素敵です。皆さん偉大」、「晃生くん、会えて良かったですね」、「谷くんも 偉大よ」、「Tシャツもかわいい」、「素敵なショットをありがとうございます」、「この3人の写真は凄い」などの声が寄せられている。 日本代表"6月シリーズ"のメンバーには選出されなかった谷だが、7月には国内組中心とされるEAFF E-1サッカー選手権が控えており、代表復帰が目されている。レジェンド2人からのアドバイスを受け、再び日の丸の守護神としてピッチに立つことができるだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】日本代表の先輩2人、川島永嗣、熊谷紗希と記念撮影を行う谷晃生</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CfBDE4mP_NV/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CfBDE4mP_NV/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CfBDE4mP_NV/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Kosei Tani/谷 晃生(@koseitani_00)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.06.21 21:40 Tue
twitterfacebook
thumb

スタイル結実! 池田・町野の一撃で湘南がFC東京を下す【明治安田J1第17節】

明治安田生命J1リーグ第17節、湘南ベルマーレvsFC東京が18日にレモンガススタジアム平塚で行われ、2-0でホームの湘南が勝利を収めた。 17位に沈む湘南ベルマーレはルヴァンカップ・プレーオフステージのホームゲームでは不甲斐ない戦いをしてしまった。第15節で川崎フロンターレから収めた大勝をフロックと思わせないためにも巻き返しを期する一戦に。 一方の6位・FC東京も前節は好調・鹿島アントラーズを撃破。敵地での連戦1つ目を取り、力を証明したいゲームとなった。 雨の中で行われた試合の序盤は、湘南が相手ゴールに迫る場面を作る。11分にショートカウンターから瀬川がヘディングを放てば、直後にはボックス近辺でFC東京のお株を奪うようなパスワークを披露し、町野のポストプレーから茨田がミドル。14分にも瀬川が決定機を迎え、直後のCKからも茨田のヘッドと、この時間帯に連続してフィニッシュシーンを迎えた。 攻勢の中で点が欲しい湘南は26分、中盤でどっちつかずの展開がマイボールとなると、縦パスを受けた瀬川がターンから即座に裏へ浮き球を供給。ラインブレイクした池田が飛び出してきたGKヤクブ・スウォビィクの鼻先で先に触り、ループシュートを沈めて先制点を挙げた。 思うような攻撃が組み立てられず、シュートがなかったFC東京は37分、CKのこぼれ球に反応した青木がミドルを放ち、この日チームとして最初のシュートを記録する。 折り返して迎えた後半も湘南が前向きな姿勢でゲームに作るが、FC東京も足の長いボールを使ってチャンスを創出。50分、右のスペースを突いた永井のクロスにアダイウトンが頭で合わせた。 徐々にボールを握り始めたFC東京は一気呵成と、60分に3枚替えを決行して攻勢を強め、投入されたバングーナガンデのオーバーラップから渡邊がフィニッシュ。このまま同点といきたかったが、次の1点を奪ったのもホームチームだった。 押し込まれる時間が続いた湘南は田中のボール奪取からボックス手前左でFKを獲得すると、杉岡が壁の外を巻く意表を突いたシュートを狙う。GKスウォビィクの好セーブに遭うも、これで得た左CKから杉岡のキックに合わせたのは町野。タイミング良くニアへ走り込み、頭で流し込んで今季通算7得点目を挙げた。 リードを広げた湘南は守護神も奮起する。76分にアダイウトンに決定機を許すも、GK谷が間合いを詰めてショットストップ。84分にもゴール前からのアダイウトンのヘッドを冷静に処理した。 湘南は5分の後半アディショナルタイムも集中した守備でしのぎ切り、4勝目を記録。育成組織である日本代表DF遠藤航も訪れた一戦で、価値ある1勝を手にした。 湘南ベルマーレ 2-0 FC東京 【湘南】 池田昌生(前26) 町野修斗(後25) 2022.06.18 20:10 Sat
twitterfacebook
thumb

湘南FW根本凌、栃木に育成型期限付き移籍 「成長できるよう頑張ります」

栃木SCは15日、湘南ベルマーレからFW根本凌(22)の育成型期限付き移籍加入を発表した。加入期間は2023年1月31日まで。背番号は「37」に決まった。 根本は鹿屋体育大学在学中の特別指定選手期間を経て、今季から湘南に正式入団。だが、そのルーキーイヤーのここまでは天皇杯の1試合しかプレーチャンスが巡ってきていなかった。 栃木を通じては「栃木SCに関わるすべての方々のために、自分の良さである攻撃の起点となるプレーを発揮し、結果という形で示せるように自分を表現したいと思います。また、常に前を向いてチームの勝利に貢献できるよう頑張ります。皆さん、共に戦いましょう」とコメントした。 一方、湘南を通じては「環境が変化しても地に足をつけて成長できるよう頑張ります。皆さまの熱い応援を糧に、今後も自分を強く持って頑張っていきたいと思います」と新天地での飛躍を誓っている。 2022.06.15 09:15 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly