FC東京の新10番を背負うMF東慶悟「梶さんの思いを引き継ぎたい」2019.02.14 21:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
Jリーグが14日、2019Jリーグキックオフカンファレンスを開催した。FC東京からは新10番のMF東慶悟が出席。背番号に関しては「こだわりはなかった」としながらも、その重さを実感しているとコメント。引退した梶山陽平の意思を「引き継ぎたい」と語った。

◆MF東慶悟(FC東京)

──今年から背番号が「10」に変わりましたが心境は
「あまり背番号というものには昔はこだわっていませんでしが、改めてFC東京の10番は重いなと感じます。自分としても選手としてレベルアップしたいので、良い刺激になりたいと思います」

──ロンドン五輪以来の背番号「10」だと思いますが、「10」へのこだわりはなかったのか
「こだわりはなかったですね」

「ただ、今は改めて大事だなという感じをしています」

──FC東京の10番は梶山陽平というイメージがあると思うが
「ずっと梶さん(梶山陽平)がつけて来て、東京の下部組織から育った選手が色々な思いでつけていたと思うので、梶さんの思いは引き継ぎたいなと思います」

「僕の良いところも出したいです。梶さんはかなりケガをしていたので、FC東京の10番がプレーする姿はあまり見ることができなかったと思うので、10番が良いプレーしていると思える様に頑張りたいです」

──長谷川健太監督が率いて2年目となりますが、今シーズンのここまでの手応えはあるか
「新しい選手は特に若い選手が多いです。久保(建英)や田川(亨介)、韓国人のナ・サンホと攻撃力のある選手が加入してくれました。課題だった得点力という部分で、改善できるところはあるので、より生かしてあげたいと思います」

──東選手も攻撃の部分では期待されるものがあると思います
「僕ももちろん先頭に立って、引っ張っていきたいです。10番で、キャプテンで、背負うものは色々ありますが、常に先頭に立っていきたいと思います」

──個人的な目標はありますか
「数字はあまり目標としてないですが、チームとしてリーグ優勝をしたことがないですし、そこに向かってやっています。10番やキャプテンを任されているので、そこに向かってどんなときもリーダーとして先頭に立って引っ張っていきたいです」

──開幕戦から多摩川クラシコですが
「すごく注目されると思いますし、川崎さんは間違いなく強いです。僕たちはチャレンジャーなので、思い切ってプレーしたいです。アウェイで凄く難しい試合になると思いますが、チーム一丸となって戦っていきたいと思います」
コメント
関連ニュース
thumb

D・オリヴェイラが首位に導く4戦連続弾! FC東京が広島との無敗対決を制す!《J1》

明治安田生命J1リーグ第8節のサンフレッチェ広島vsFC東京が19日にエディオンスタジアム広島で行われ、1-0でFC東京が勝利した。 ここまで5勝2分けで首位に位置する広島(勝ち点17)と、2位のFC東京(同勝ち点)による無敗同士の首位決戦。前節のヴィッセル神戸戦を4-2で勝利し、リーグ戦5連勝中と絶好調の広島は、その一戦から先発メンバーを1人のみ変更した。パトリックに代えて柴崎を起用している。 一方、前節の鹿島アントラーズ戦を3-1で勝利し、再び連勝街道に乗った広島は、その一戦から先発メンバーを1人のみ変更。前節、相手選手との接触で目の違和感を訴え、途中交代していた久保に代わって大森が先発した。 注目の首位攻防戦は、ピッチを広く使う広島と、コンパクトな陣形を保つFC東京の構図。序盤は要所で激しい球際の勝負が演じられ、互いにチャンスを作らせない。 そうした展開の中、アウェイのFC東京がチャンスを迎える。19分、大森からの浮き球を収めたディエゴ・オリヴェイラがボックス左にスルーパス。走り込んだ永井が折り返すと、ディエゴ・オリヴェイラがボックス手前に落とし、橋本がミドルを放つ。相手DFに当たりながらもボールはゴール方向へ向かったが、右ポストに嫌われてしまう。 ヒヤリとする場面を迎えた広島はその後、ボールを保持してはいるものの、組織的な守備を敷くFC東京の前になかなかゴール付近まで近づくことができない。 一方のFC東京は37分、左サイドからボックス左手前に切れ込んだ小川のクロス。これを大森が頭で合わせたが、枠を捉えることができない。さらに39分にはボックス左外で仕掛けた永井がボックス中央に放り込む。これは相手DFにクリアされるも、ボックス左にこぼれたボールを高萩が右足で合わせる。しかし、これもゴール左外に外れてしまい、先制点を奪うことができない。 FC東京のやや優勢で試合を折り返すと、再びボール前への侵攻が少ない展開に。そんな中、FC東京は68分に永井を下げてジャエルを投入。一方の広島は70分に柴崎を下げて皆川を投入する。 すると直後に試合が動く。FC東京は71分、高萩の浮き球のパスをジャエルが競る。これはうまく合わなかったが、ボックス内の相手DFに当たったボールを大森がワンタッチでボックス右手前へ。最後はディエゴ・オリヴェイラが右足でダイレクトで合わせ、低い弾道のシュートでニアサイドを射抜いた。ディエゴ・オリヴェイラのリーグ戦4試合連続ゴールで貴重な先制点を奪った。 ついに耐え切れず先制点を与えてしまった広島。78分にはルーズボールを拾った川辺がボックス手前から右足でシュートを放つも、GK林の正面に飛んでしまう。 なんとしても追いつきたい広島は後半アディショナルタイム3分、ボックス手前でクロスのクリアボールに反応した渡が、胸トラップから左足を振り抜く。これにGK林は一歩も動けず。しかし、左ポストに直撃してしまい、同点ゴールとはならなかった。 救われたFC東京が1-0で勝利。ディエゴ・オリヴェイラの4試合連続ゴールを守りきり、首位に浮上した。一方の広島は今シーズン初黒星を喫し、2位に転落した。 2019.04.19 21:07 Fri
twitterfacebook
thumb

阿部の美弾に絶好調男・知念が4戦連発! 川崎F、神奈川ダービー勝利で今季初の連勝!《J1》

明治安田生命J1リーグ第8節の川崎フロンターレvs湘南ベルマーレが19日に等々力陸上競技場で行われ、2-0で川崎Fが勝利した。 ここまで2勝4分け1敗で8位につける川崎F(勝ち点10)と、3勝1分け3敗で9位に位置する湘南(勝ち点10)の神奈川ダービー。前節のサガン鳥栖戦を1-0で勝利し、直近のリーグ戦3試合を2勝1分けと調子を上げつつある川崎Fは、鳥栖戦と同様の先発メンバーをピッチに送り出した。 一方、前節の松本山雅FC戦を1-1で引き分けて、2試合勝利がない湘南は、その松本戦から先発メンバーを3人変更。前節に負傷交代した大野と菊地に代えて小野田と梅崎を起用した。また、岡本が負傷から復帰し、鈴木冬一に代わって先発に名を連ねた。 同勝ち点で並ぶ昨シーズンのJ1リーグ王者とYBCルヴァンカップ王者のダービーマッチ。試合は両者が激しく圧力をかける中、開始早々にアウェイの湘南にアクシデントが起こる。ポストワークをこなそうとした武富が足を負傷してピッチの外へ。プレー続行不可能と判断され、12分に中川をスクランブル投入する事態に見舞われる。 チームトップの4ゴールを記録する得点源を失った湘南。これを契機に川崎Fはボールを保持し、大島を起点に湘南の背後を狙い始める。しかし、ボックス内への侵攻を簡単には許してもらえずシュートまで結びつけることができない。 それでも21分、川崎Fが阿部のビューティフルゴールで先制する。敵陣中央やや左でボールを持った大島がボックス内へ浮き球のパスを供給。この位置まで上がっていた馬渡が胸トラップで落とすと、待ち構えていた阿部がダイレクトで合わせる。右足で丁寧にコントロールされたボールは、ふわりとゴール右上に吸い込まれた。 先制点を奪った川崎Fは、高い位置からのプレスと速いパスワークで湘南を翻弄し始める。すると37分、3試合連続ゴール中の男がまたもゴールネットを揺らす。最終ラインの奈良が相手ディフェンスと駆け引きをしたストライカーの動きを見逃さずに前線へロングパス。これに抜け出した知念がボックス内に侵攻し、GK秋元との一対一を冷静に制し、リードを2-0に広げた。 2点ビハインドの湘南は、ハーフタイムから小野田に代えて秋野を投入。システムも4バックに変更して修正を図る。60分、右サイドのハーフウェイライン付近から岡本がボックス右にスルーパス。これに抜け出した山崎がキープし、反転してシュートを放つが、GKチョン・ソンリョンにキャッチされる。66分には松田が強烈なミドルシュートでゴールを狙うも枠を捉えることができない。 後半は湘南ペースの時間が続く。74分にはボックス左手前の梅崎がゴール前にクロスを供給。これをフレイレと舞行龍が競り合うと、ボールはゴール方向へ。しかし、GKチョン・ソンリョンが素早い反応でゴールを許さない。78分の松田のミドルシュートも相手DFに当たってコースが変わったが、川崎Fの守護神に対応されてしまう。 その後も終盤にかけて激しい攻防が繰り広げられた中、湘南はゴールを奪うことができず、試合終了。2-0で神奈川ダービーを制した川崎Fが今シーズンのリーグ戦で初の連勝を飾った。一方の湘南は、これで3試合未勝利となった。 2019.04.19 21:05 Fri
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】互いに開幕5勝2分け無敗! 首位決戦《広島vsFC東京》

開幕から無敗で首位争いを演じるサンフレッチェ広島とFC東京。勝ち点17で並ぶ両者が19日に行われる明治安田生命J1リーグ第8節で激突する。 ムード高まる強さ〜サンフレッチェ広島〜 強い。最近の戦いぶりはそう思わせるほどだ。今シーズンのここまで堅守ベースの戦いぶりが顕著だったが、3-0の快勝劇を演じた前々節のG大阪戦から攻撃面も右肩上がり。前節の神戸戦は敵地でリードを許す展開だったが、1点ビハインドの後半に3ゴールを奪い、逆転で勝ち切った。そのなかで、シーズン開幕からコンディション上がらずのパトリックにも初ゴールが生まれ、今後に向けた収穫もあり、ムードは高まるばかりだ。柴﨑晃誠とドウグラス・ヴィエイラが共に練習中のケガで別メニューを強いられる嫌なニュースも飛び込んできているが、FC東京の壁を越えられるか。 広島に引け取らずの強さ〜FC東京〜 対するFC東京の調子もシーズン開幕から広島に引けを取らないぐらい良い。こちらも堅守ベースの戦いぶりが真骨頂だが、長谷川健太監督が掲げる「ファストブレイク」をうまく攻撃に繋げ、ここ2試合の総得点数は5ゴール。前節の鹿島戦でもその形がハマりにハマり、キックオフからの30分間で3ゴールを挙げてみせ、伝統的に大崩れしない堅守が売りのACL王者を見事に一蹴した。しかも、そのなかで、チームに新たな風を吹き込む久保建英が好調を継続する傍らで、ディエゴ・オリヴェイラと永井謙佑の2トップもシーズン初のアベックゴールを記録。首位決戦に向けて死角はない。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆サンフレッチェ広島[3-4-2-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190419_0_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>GK:大迫敬介 DF:野上結貴、吉野恭平、佐々木翔 MF:エミル・サロモンソン、川辺駿、松本泰志、柏好文、野津田岳人、柴崎晃誠 FW:渡大生 監督:城福浩<hr>2日間連続で非公開練習を行い、ドウグラス・ヴィエイラの出場が微妙。前節2ゴールの渡大生が先発の様相か。 ◆FC東京[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190419_0_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>GK:林彰洋 DF:室屋成、チャン・ヒョンス、森重真人、小川諒也 MF:大森晃太郎、橋本拳人、高萩洋次郎、東慶悟 FW:ディエゴ・オリヴェイラ、永井謙佑 監督:長谷川健太<hr>前節の接触で目の違和を感じた久保の出場は流動的。ベンチスタートの場合、大森晃太郎が抜擢される可能性がある。 【注目選手】 柏好文(サンフレッチェ広島)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190419_0_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>広島の注目選手は柏好文だ。前節の神戸戦は1得点1アシスト。守備ベースのチームにおいて、切り崩し役として違いとなり、反発力になっている。今節も攻撃面で存在感を放ち、チームをリードしたい。 永井謙佑(FC東京)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190419_0_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>FC東京の注目選手は永井だ。ディエゴ・オリヴェイラと互いの良さを引き出し合う関係性は昨年に続き今シーズンも健在。前節、ついにシーズン初のアベック弾もマークした。久保の欠場が見込まれる今節、より活躍が期待される。 ◆「前例なき」首位攻防戦 互いに開幕5勝2分け無敗。首位争いの行方を左右する決戦となる。共に堅い守りからの速攻が武器であり、低いボール保持率(広島が17番目の42%、FC東京が15番目の44%)。J1リーグの歴史において、開幕から7試合消化のタイミングで、無敗チーム同士の戦いは前例がなく、今回が初だ。「ボールの主導権を握らず、試合を支配する」理想的な形を描き、勝利を掴み取るチームは果たして──。注目の首位攻防戦はエディオンスタジアム広島で19時にキックオフだ。 2019.04.19 08:30 Fri
twitterfacebook
thumb

FC東京が首位戦線へ! 前半3発でアジア王者鹿島攻略《J1》

明治安田生命J1リーグ第7節が14日に味の素スタジアムで行われ、FC東京が鹿島アントラーズに3-1で勝利した。 開幕から6試合を4勝2分けで首位争いを演じるFC東京。今節に向けては、ミッドウィークのルヴァンカップでシーズン初ゴールの久保が先発するなど、現状のベストメンバーをピッチに送り出した。 対する鹿島はここ公式戦2試合で逆転勝利。シーズン2度目のリーグ連勝がかかる今節に向けては、ベテランGKの曽ヶ端がシーズン初先発を果たしたほか、3年目の小田もリーグ初スタメンを勝ち取った。 上位争いの今後を占う一戦は、ホームのFC東京が立ち上がりからアグレッシブな姿勢を押し出すと、5分に左サイドの小川がゴール前に左足でクロス。DF間に陣取る永井が頭で合わせ、FC東京が先制する。 鹿島の守りから入るプランを狂わせたFC東京は続く16分、ロングカウンター。永井からパスを受けたディエゴ・オリヴェイラがボックス左で町田を振り切り、右足シュートを決め、鹿島を引き離す。 反撃を試みた鹿島だが、29分に久保が前線に出したアバウトな浮き球ボールを犬飼が痛恨の処理ミス。これを見逃さずのディエゴ・オリヴェイラが制止を狙った町田を突破して、GKとの一対一も制した。 良いところなしの鹿島は前半終了間際、相手に狙われ続けた右サイドバックの小田を下げて三竿を投入。さらに、ハーフタイム明けのレアンドロに代えて安部をピッチに送り込み、流れを掴みにかかる。 すると、55分、バイタルエリア左でボールを受けたレオ・シルバが相手の甘い寄せに乗じて、遠目の位置から右足のコントロールショット。これがGK林の守るゴール右隅を貫き、鹿島が1点を返してみせる。 盛り返した鹿島は64分に追加点のチャンス。ボックス右深くのグラウンダークロスに伊藤がワンタッチで合わせ、これが枠に飛ぶが、GK林のブロックに阻まれ、1点差に詰め寄るチャンスを逃してしまう。 攻め続ける鹿島は71分、最後の交代枠でセルジーニョから山口にスイッチするが、嫌な展開を悟ったFC東京も永井と久保に代えて、ジャエルと大森を立て続けに起用。鹿島は攻め切れない展開が続く。 結局、前半3発が勝負の行方を決定づけたFC東京がシーズン2度目のリーグ2連勝を成し遂げ、首位戦線へ。屈したアジア王者の鹿島は6試合ぶりの黒星となり、上位争いから後退した。 2019.04.14 15:57 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース