チーム作りのベースは「走る」、鳥栖・ルイス・カレーラス監督がチーム作りを語る2019.02.14 20:38 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
Jリーグが2月14日、2019Jリーグキックオフカンファレンスを開催した。このイベントにはサガン鳥栖の新指揮官に就任してルイス・カレーラス監督も出席。日本については「生活もサッカーも整理されている」とコメント。またこれまでの鳥栖のスタイルを継続しながら、意味を持たせたいと語った。

◆ルイス・カレーラス監督(サガン鳥栖)
──日本の印象は
「日本という国は非常に整理されていて、生活においても非常に時間にきっちりしている。サッカーにおいても、同じようなことが見受けられ、非常に整理されているという印象だ」

──サガン鳥栖はしっかりと整理されたサッカーのイメージがあるが、どのようなチームを作っていきたいか
「以前のように、走るという部分はしっかりと続けていきたい。そこに、意味をなす、何のために走るかということを求めた上で、彼らに色々とやらせたいと思う」

──日本人選手に対して、戦術面での指導の難しさなどは感じているか
「技術的なものや才能は、日本人は十分あると考えている。守備においていつ何をするのか、攻撃においていつ何をするのかということの理解が深まれば、より良いものが出てくると考えている」
コメント
関連ニュース
thumb

松本、前田のJ1初ゴールでF・トーレス先発復帰の鳥栖に競り勝つ《J1》

明治安田生命J1リーグ第8節の松本山雅FCvsサガン鳥栖が20日にサンプロ アルウィンで行われ、1-0で松本が勝利した。 直近2試合負けなしの12位・松本(勝ち点8)は、1-1で引き分けた湘南ベルマーレ戦からスタメンを1名変更。GK守田に代えてGK村山が先発メンバーに名を連ねた。 ここまで1得点しか奪えていない最下位の鳥栖(勝ち点4)は、0-1で敗れた前節の川崎フロンターレ戦からスタメンを2名変更。藤田、原川に代えてニノ・ガロヴィッチ、フェルナンド・トーレスがスタメンに起用された。 試合はホームの松本が先に試合を動かす。10分、敵陣中央でパウリーニョがボックス左に浮き球ボールを送る。反応した前田がDFを振り切って左足でシュートを放つと、これがGK大久保の頭上を射抜いた。ホームチームが前田のJ1初ゴールで先制する。 追いかける立場となった鳥栖は25分、バイタルエリア右から金崎がボックス右にパス。フェルナンド・トーレスがDFを背負いながらボールを収めると、走り込んできた金崎にリターンパスを送る。右足でシュートを放ったが、ゴール右に外れた。 試合は鳥栖が主導権を握り推移。敵陣深い位置まで侵攻し、クロスを送るが、松本の粘り強い守備の前に決定機を作ることができずに試合を折り返す。 後半、先にチャンスを作ったのは松本。49分、敵陣左サイドの深い位置からパスを受けた高橋諒がワンタッチでボックス内左に侵攻。だが、タッチが大きくなってGK大久保に処理されてしまう。 同点に追いつきたい鳥栖は57分、自陣ハーフウェイライン付近でDFと入れ替わった金崎がフェルナンド・トーレスにパス。そのままボックス手前までドリブルで持ち運んで二対一の局面を作り、並走してきた金崎にパスを送るが、わずかに合わずチャンスを生かせない。 鳥栖は続く65分にも決定機。ショートコーナーからボックス左でボールを受けた金崎がシュートを放つ。だが、ゴールライン上でパウリーニョにクリアされてしまう。 攻勢の鳥栖は徹底的にサイド攻撃を仕掛ける。しかし、クロスの精度を欠いてしまいボックス内の味方とは合わない。この状況を打開すべく84分に最後の交代カードで金崎に代えて豊田を投入する。 最後までパワープレーを試みた鳥栖だったが、ゴールを奪うことができず1-0で終了。勝利した松本はホーム連勝を飾り、3試合負けなしで勝ち点を「11」に伸ばした。対して、敗れたサガン鳥栖は再び得点を奪うことは出来ず、3連敗で最下位を抜け出すことはできなかった。 2019.04.20 16:34 Sat
twitterfacebook
thumb

鳥栖関心報道のフアンフラン、アトレティコの延長オファーに「回答保留中」

アトレティコ・マドリーに所属する元スペイン代表DFフアンフラン(34)が延長オファーの回答保留を認めた。『フットボール・エスパーニャ』が伝えている。 2011年1月にオサスナからアトレティコに加入したフアンフランは、2013-14シーズンにクラブの18年ぶりとなるリーガエスパニョーラ制覇や、2度のヨーロッパリーグ(EL)優勝に貢献。これまで公式戦通算351試合6ゴール39アシストを誇り、チームを支えてきた。 そんなフアンフランの現行契約間は今シーズン終了まで。いまだ契約延長には至っておらず、サガン鳥栖がフリーでの獲得に興味を示していることも報じられるなど、去就に注目が集まっている。 そんなフアンフランは契約延長のオファーを保留していることを認めた。 「新契約のオファーをもらったが、保留している。今、重要なのは良い形でシーズンを終えることだ」 「アトレティコのオファーからは厚い信頼を感じ取れるけど、決断は簡単じゃない。決心する前に家族と話すつもりだ」 2019.04.14 21:32 Sun
twitterfacebook
thumb

好調・知念がリーグ戦3試合連続ゴール! 鳥栖に競り勝った川崎Fが2勝目《J1》

明治安田生命J1リーグ第7節のサガン鳥栖vs川崎フロンターレが14日に駅前不動産スタジアムで行われ、1-0で川崎Fが勝利した。 ここまで1勝1分け4敗で17位に沈む鳥栖(勝ち点4)と、1勝4分け1敗で11位に位置する川崎F(勝ち点7)が激突。前節のベガルタ仙台戦を0-3で敗れ、公式戦3試合勝利がない鳥栖は、仙台戦から先発メンバーを2人変更。カルロ・ブルシッチと福田に代えて原と松岡を起用した。古巣戦となる原川は、[4-4-2]の左サイドで先発している。 一方、前々節の松本山雅FC戦でようやく初白星を手にした川崎Fは、前節のセレッソ大阪戦を1-1で引き分けると、ミッドウィークに行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の蔚山現代FC戦では、試合終了間際に失点し、0-1で敗北。どこか乗り切れない川崎Fは、蔚山戦から6名を変更。蔚山戦で左足を負傷した谷口に加えてマギーニョ、田中、レアンドロ・ダミアンらに代えて舞行龍、馬渡、大島、知念が入った。 共に乗り切れない両者の一戦。試合は開始からホームの鳥栖が攻勢に出る。5分、自陣右サイドからのロングフィードに反応した高橋義希がボックス右手前で舞行龍と入れ替わって侵攻。しかし、ここは飛び出したGKチョン・ソンリョンに阻まれる。 複数人の先発メンバーの切れ替えからか序盤はバタついた川崎Fは、徐々にボールを落ち着かせるが、鳥栖の力強い寄せに苦しむ。一方の鳥栖は、カウンターから谷口不在の最終ラインの裏を突こうと試み、あと一歩のところまで迫るが、シュートまで持ち込むことができない。 互いにチャンスを作れない時間帯が続くと、川崎Fはセットプレーからゴールに迫る。30分、下田からの左CKをゴール前の混戦からこぼれたボールを小林がボックス中央から左足シュート。ゴール右を捉えるも、GK大久保にキャッチされる。対する鳥栖は32分、金崎が高橋秀人の競り合ったボールを拾い、ボックス右からシュート。しかし、ここはGKチョン・ソンリョンも譲らない。 すると38分、鳥栖に前半最大のチャンスが到来。38分、ボックス左外でボールを持った三丸が縦への仕掛けからクロスを供給。これを中央のファーサイドで松岡が頭で合わせる。やや仰け反る体勢でのヘディングシュートは、わずかにゴール上を外れた。 鳥栖ペースで試合を終えると、ここまでやりたいことができていなかった川崎Fが後半立ち上がりに先制する。51分、中盤でパスを受けた大島が前線を見ると、すかさず相手最終ラインの裏へ浮き球のスルーパス。知念が相手と競り合って収めると、そのままボックス右に侵攻し、右足を振り抜いてゴール左下に突き刺した。知念はこれでリーグ戦3試合連続ゴール。 川崎Fは先制点をきっかけにパスワークに流動性が生まれる。56分、左サイドからのパスワークからボックス左外に抜け出した下田がGKとDFの間にグラウンダーのクロスを供給。ここに小林が飛び込んだが、わずかに右足は届かず。 追いつきたい鳥栖は71分、松岡と金崎に代えて安庸佑とフェルナンド・トーレスを投入。攻撃の活性化を図る。一方の川崎Fは、下田と馬渡に代えて田中と鈴木を投入し、守備の強度を高める。 追いつきたい鳥栖は88分、ボックス手前でイサック・クエンカが倒されてFKを獲得。これをキッカーの三丸が左足で直接狙うが、クロスバーに嫌われてしまう。 このピンチを凌いだ川崎Fは、巧みにボールをキープしながら時間を消費し、試合をシャットアウト。知念のリーグ戦3試合連続ゴールにより、1-0で勝利した川崎Fがリーグ戦2勝目を挙げた。一方の鳥栖は、これで3試合未勝利となった。 2019.04.14 16:00 Sun
twitterfacebook
thumb

仙台、東京五輪世代吉尾が躍動! 鳥栖を3発粉砕で今季初勝利《J1》

明治安田生命J1リーグ第6節のベガルタ仙台vsサガン鳥栖が6日にユアテックスタジアム仙台で行われ、3-0で仙台が勝利した。 ここまで5試合1分4敗で最下位に沈む仙台(勝ち点1)は、0-2で敗れた前節のセレッソ大阪戦からスタメンを3名変更。大岩、道渕、長沢に代わり常田、蜂須賀、ジャーメイン良が先発に名を連ねた。 一方、ここまで1勝1分け3敗で15位の鳥栖(勝ち点4)は、0-0で引き分けた横浜F・マリノス戦から2名変更。原、豊田に代えて、出場停止明けの高橋祐治、クエンカが起用された。 試合は鳥栖が先に決定機を迎える。6分、ボックス左手前から三丸がクロスを供給。味方とは合わなかったが、こぼれ球に反応した金崎がゴール前から狙ったがわずかに外れた。 対する仙台は15分、後方からのフィードに反応した吉尾が敵陣右サイドの深い位置からインスイングのクロスを供給。ニアサイドに走り込んできたジャーメイン良がヘディングで合わせてゴールネットを揺らした。 先制を許した鳥栖にさらなるアクシデント。18分に福田がピッチに座り込んでしまい、プレーに復帰することが出来ず。17歳の松岡との交代で退くこととなった。 それでも鳥栖は26分、バイタルエリア右の位置でボールをキープしたクエンカが相手を引き付けフリーの金崎へパス。ボックス中央からトーキックで狙ったが、GKシュミット・ダニエルのビックセーブに遭う 前半終盤はどちらも決定機を作ることは出来ず試合は推移。仙台はゴール前まで迫ったが最後のところで正確性を欠きシュートを打つまでには至らず、1-0のスコアを保ったまま試合を折り返した。 後半に入って先にチャンスを作ったのは追いつきたい鳥栖。47分、左サイドの敵陣深くから三丸がクロスを送り、ファーサイドの松岡がヘディングシュートを放つ。しかし、ここもGKシュミット・ダニエルが立ちはだかる。 シュミット・ダニエルが見事なパフォーマンスを披露する仙台。一瞬の隙を突いて追加点を奪う。54分、ボックス手前中央で吉尾がバックパスをインターセプトし、そのままシュート。これは左ポストに当たったが、こぼれ球に反応した兵藤が押し込みリードを広げた。 さらに攻勢を強める仙台は66分、バイタルエリア右の位置でボールを受けたハモン・ロペスが横にドリブルで持ち運びシュートを放つ。ディフレクトしたボールは枠に飛んだが、GK大久保が掻き出した。 その後、鳥栖は原川に代えて趙東建、イサック・クエンカに代えて小野と攻撃なカードを切っていく。それに対し、仙台は平岡に代えて大岩、兵藤に代えてシマオ・マテと守備的な選手を投入していく。 そんな中迎えた84分、鳥栖は自陣のゴール前でクリアを試みたカルロ・ブルシッチが転倒し、手にボールが当たりPKを献上。仙台はハモン・ロペスがキッカーを務めたが左ポストに当たり外してしまう。 だが、そのハモン・ロペスは後半にアディショナルタイムにミスを帳消しにする。左サイドからカットインした石原がボックス中央手前へパス。ボールを受けたハモン・ロペスがダブルタッチでDFをかわし、ゴール右に流し込み、決定的な3点目を奪った。 試合はこのまま3-0で終了。仙台は連敗を「4」で止め今シーズン初勝利を収めた。対する鳥栖は決め手を欠き2勝目とはならなかった。 2019.04.06 16:25 Sat
twitterfacebook
thumb

横浜FM3戦勝ち無し…F・トーレス不在の鳥栖がドローに持ち込む! 《J1》

明治安田生命J1リーグ第5節の横浜F・マリノスvsサガン鳥栖が、29日に日産スタジアムで行われ、0-0の引き分けに終わった。 2試合勝ちの無い7位横浜FM(勝ち点7)が、前節初勝利を手にした15位鳥栖(勝ち点3)をホームに迎えた一戦。 横浜FMは、最後尾にGK朴一圭、ディフェンスラインに松原、チアゴ・マルチンス、畠中、広瀬、中盤に三好、喜田、天野、前線に仲川、エジガル・ジュニオ、マルコス・ジュニオールを起用。朴一圭にとってはJ1デビュー戦となった。 対する鳥栖は、最後尾にGK大久保、ディフェンスラインに原、藤田、カルロ・ブルシッチ、三丸、中盤に福田、高橋義、高橋秀、原川、前線に金崎、豊田を起用。なお、フェルナンド・トーレスはベンチを外れ、イサック・クエンカはベンチスタートとなった。 試合の序盤、ボールを支配する横浜FMに対して、金崎と豊田が前線からフォアチェックをかけ続ける鳥栖がチャンスを作らせない。横浜FMはシンプルに前線にロングボールを充てる形も織り交ぜていくが、鳥栖の最終ラインを越えることは出来ない。 互いになかなかシュートまで持ち込めない展開の中、三好がボールに触る回数を増加させて積極な仕掛けから徐々に横浜FMのチャンスを演出し始める。しかし、25分にボックス内右まで持ち込んで三好が放った左足のシュートは、鳥栖DFのブロックに遭う。 その後も、決定的なシーンが訪れないまま試合は推移。41分に福田が横浜FMDFのパスをカットした場面では、GK朴一圭がボックス外まで出ており鳥栖にとって千載一遇のチャンスとなったが、ボックス手前左から放ったシュートは枠を捉えず。スコアを動かすことは出来ない。 0-0で迎えた後半も、ポゼッションして崩しを図る横浜FMに対して鳥栖がカウンターを狙っていくという大枠の構図は変化しない。その中でも大味な攻撃の応酬が目立ち始め、試合はやや肉弾戦の様相を呈し始める。 63分、横浜FMにアクシデントが発生。仲川が自らピッチサイドに出て治療を受け、プレーに復帰することが出来ず。遠藤との交代で退くこととなった。一方の鳥栖も、67分に攻撃的なカードを切る。左サイドハーフに入っていた原川に代えて、松岡を投入した。 こう着状態の72分、天野からの横パスを受けた三好がボックス手前中央から右足を振り抜くと、シュートが左ポストを掠める。すると、直後の73分にも、左サイドからのクロスに飛び込んだ松原のボックス内中央からのシュートがバーを叩く。 横浜FMが立て続けに訪れたチャンスを逸した78分、鳥栖は豊田に代えてクエンカを送り出す。横浜FMも、80分に三好に代えて大津を起用し、攻撃に変化を付ける。 攻めあぐねる横浜FMは、83分にボックス手前中央のやや遠い位置でボールを持ったエジガル・ジュニオが右足で強烈なミドルシュートを放つ。しかし、GK大久保が好反応を見せてシュートの軌道を変えると、ボールはバーに阻まれる。 結局、両クラブともに最後までネットを揺らすことが出来ず、試合は0-0のスコアで終了。この結果、横浜FMは今シーズン初めてリーグ戦をクリーンシートで終えたものの、3試合連続で白星を奪えず。対する鳥栖は、アウェイで勝ち点1を奪取した。 2019.03.29 21:35 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース