トロントで躍動していたイタリア代表FWジョビンコがアル・ヒラルに加入2019.01.31 13:40 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サウジアラビアのアル・ヒラルは31日、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のトロントFCからイタリア代表FWセバスティアン・ジョビンコ(32)を獲得したことを発表した。ジョビンコは、ユベントスの下部組織出身で、エンポリやパルマなどへのレンタル移籍を経験。2011年7月にパルマが保有権の半分を買い取り完全移籍すると、2011-12シーズンはセリエAで36試合に出場し15ゴールを記録。この活躍が認められ、ユベントスが保有権の半分を買い戻し復帰した。

2012-13シーズンはユベントスでセリエA31試合に出場し7ゴールを記録。しかし、徐々に出場機会を失い、2015年1月にトロントFCへとフリーで加入した。

トロントFCとは5年契約を結び、当時のMLS最高額の年俸を受け取る選手に。MLS1年目のシーズンは22ゴール16アシストを記録し、得点王とアシスト王を同時受賞。リーグ初の快挙を達成するとともに、MLS最優秀新人賞とMVPも同時受賞し、ベストイレブンにも選出された。

2シーズン目もリーグ戦28試合で17ゴール14アシストを記録。2年連続でベストイレブンにも選出されるが、チームは目前でタイトルを逃す。3年目の2017年もリーグ戦25試合で16ゴール6アシストを記録。チームはMLSカップで優勝し、カナダのクラブに初タイトルをもたらすと、自身も3年連続ベストイレブンに選出されていた。

2018年もリーグ戦28試合に出場し13ゴール8アシストを記録。4シーズンでMLS通算114試合出場68ゴール41アシストを記録していた。

アル・ヒラルは、今冬にツルヴェナ・ズヴェズダから横浜F・マリノスでもプレーしたオーストラリア代表DFミロシュ・デゲネクを獲得。また、アジアカップにはケガのために欠場したUAE代表MFオマル・アブドゥルラフマンなどが所属している。

なお、アル・ヒラルは2019年のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場。中島翔哉の移籍が噂されるカタールのアル・ドゥハイルや日本代表MF塩谷司が所属するUAEのアル・アイン、イランの強豪・エステグラルとグループステージで対戦する。
コメント
関連ニュース
thumb

元横浜FMのDFデゲネクが古巣ツルヴェナ・ズヴェズダへレンタル移籍

サウジアラビアのアル・ヒラルは22日、オーストラリア代表DFミロシュ・デゲネク(25)がツルヴェナ・ズヴェズダへレンタル移籍することを発表した。 デゲネクは、シュツットガルトの下部組織で育ち、2015年7月からは1860ミュンヘンでプレー。2017年1月に横浜FMへと完全移籍で加入し、明治安田生命J1リーグで37試合に出場し2ゴール1アシストを記録していた。 2018年7月に自身のルーツがあるセルビアのツルヴェナ・ズヴェズダへ完全移籍。リーグ戦で20試合、チャンピオンズリーグで6試合に出場していたが、2019年1月にアル・ヒラルへと加入していた。 アル・ヒラルでは、ここまでリーグ戦で11試合に出場し1アシスト、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)でも5試合に出場。2019年1月のアジアカップにもオーストラリア代表として5試合に出場していた。 デゲネクは、オーストリアのリンツで行われているトップチームのキャンプに帯同していたものの、離脱することが発表されている。なお、今回のレンタル移籍期間は1年間となり、買い取りオプションがついているとの事だ。 アル・ヒラルは、今夏FC東京から韓国代表DFチャン・ヒョンスを完全移籍で獲得していた。 2019.07.22 10:10 Mon
twitterfacebook
thumb

首位・FC東京の元韓国代表DFチャン・ヒョンス、アル・ヒラルへ完全移籍

FC東京は13日、元韓国代表DFチャン・ヒョンス(27)がサウジアラビアのアル・ヒラルへ完全移籍することを発表した。 2012年に韓国の延世大学校からFC東京に入団し、日本でプロキャリアをスタートさせたチャン・ヒョンス。2014年に広州富力へ完全移籍すると、約3年間のプレーを経て、2017年に復帰した。今シーズンはここまで明治安田生命J1リーグで13試合、YBCルヴァンカップで2試合に出場し、元日本代表DF森重真人とのCBコンビでチームの首位キープに貢献していた。 2013年1月にデビューを飾った韓国代表では、2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)に出場するなど主力を務めていた。だが昨年、兵役免除のために必要な奉仕活動の実績に関して偽装していたことから、韓国代表から永久追放された。 アル・ヒラルへの移籍が決定したチャン・ヒョンスは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「シーズンの途中でチームを離れることは非常に難しい決断でしたし、心苦しいというのが正直な気持ちです。ただ、今は覚悟を持って、新たなチャレンジをしたいと思っています。移籍をして楽なことは何一つないと思いますが、東京での経験を活かし、培ったプレーや人間性をサウジアラビアでも発揮したいと思います」 「そして、東京のファン・サポーターのみなさまには本当に感謝しています。申し訳ない気持ちもありますが、今シーズン東京がリーグ優勝を成し遂げ、トロフィーを掲げられるよう強く願っています。これからも常に東京の結果は気にかけていますので、タイトル獲得に向けて、引き続き東京の応援をよろしくお願いします」 2019.07.13 10:15 Sat
twitterfacebook
thumb

ジョビンコ、アル・ヒラル移籍の理由は“新たな挑戦”

1月にメジャーリーグサッカー(MLS)のトロントからサウジアラビアのアル・ヒラルへ移籍した元イタリア代表FWセバスティアン・ジョビンコ(32)が移籍を決断した理由を語った。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。 2015年1月にユベントスからトロントへ加入したジョビンコは、在籍4年間で公式戦142試合に出場83ゴール51アシストをマーク。2015年シーズンには年間最優秀選手賞、最優秀新人賞、得点王、アシスト王の個人4冠を達成。 2018年シーズンもチームの主力としてリーグ戦28試合に出場し13ゴールを記録したが、新天地にはサウジアラビアを選択した。 アル・ヒラルでの年俸は1000ユーロ(約12億5000万円)と噂されているジョビンコだが、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューで移籍の理由はお金ではなく、新たな挑戦だったを明かした。 「ヨーロッパ、アメリカ、サウジアラビアでリーグ優勝を飾った選手はまだいないんだ。僕はそれを達成する最初の人物になりたい。僕は新たな挑戦をすることが大好きなんだ。そしてそれがここに来た理由さ」 「トロントとは10月上旬に更新の話し合いを行っていたんだ。だけど、彼らが提示した条件に僕は失望したよ。彼らにはリスペクトがなかった」 「リヤドは気候に僕は驚いたよ。27℃もあるんだ。まるで夏みたいだね。でもトロントの寒さに比べればこっちのほうが悪くないよ」 「あと、ここはとてもサッカーの人気が高いんだ。アル・ヒラルには800万人以上のサポーターがいて、イタリアのトップチームにいるみたいに感じるよ」 なお、アル・ヒラルは2019年のAFCチャンピオンズリーグにも出場。西地区のグループCに入っており、日本代表MF塩谷司が所属するUAEのアル・アインや今冬に日本代表MF中島翔哉が加入したアル・ドゥハイル、イランのエステグラルと同居している。 2019.02.22 01:00 Fri
twitterfacebook
thumb

塩谷司所属のアル・アイン、マミッチ監督がアル・ヒラルの指揮官に就任

サウジアラビアのアル・ヒラルは31日、新監督にゾラン・マミッチ氏(47)を招へいしたことを発表した。 クロアチア人指揮官のマミッチ氏は、現役時代にディナモ・ザグレブやボーフム、レバークーゼンなどでプレー。1998年に行われたフランス・ワールドカップではクロアチア代表メンバーに選出されたものの、出場機会がなかった。 引退後は古巣のディナモ・ザグレブでスポーツディレクターに就任すると、2013年8月から暫定監督を、2013年10月からは正式に監督に就任。2016年7月まで指揮をとり、クロアチアリーグで3度、クロアチアカップで2度優勝していた。 2016年7月からはサウジアラビアのアル・ナスルで指揮を執ると、2017年2月には日本代表MF塩谷司や元鹿島アントラーズのMFカイオらが所属するアル・アインの監督に就任。2017-18シーズンはアラビアン・ガルフ・リーグ、プレジデントカップの国内2冠を達成。2018年12月に行われたクラブ・ワールドカップでは、決勝に駒を進めレアル・マドリーと対戦。塩谷がゴールを記録するなど奮闘したが、準優勝に終わっていた。 アル・ヒラルは、同日に2018年6月から指揮を執っていたポルトガル人指揮官のジョルジェ・ジェズス監督(64)を解任していた。 今シーズンのアル・ヒラルは、17試合を終えて現在首位。今冬には、ツルヴェナ・ズヴェズダから横浜F・マリノスでもプレーしたオーストラリア代表DFミロシュ・デゲネクを獲得。また、同日にイタリア代表FWセバスティアン・ジョビンコをトロントFCから獲得していた。 なお、アル・ヒラルは2019年のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場。中島翔哉の移籍が噂されるカタールのアル・ドゥハイルや日本代表MF塩谷司が所属するUAEのアル・アイン、イランの強豪・エステグラルとグループステージで対戦する。 2019.01.31 13:55 Thu
twitterfacebook
thumb

横浜FM退団から半年…豪州代表DFデゲネクが中東移籍

アル・ヒラル(サウジアラビア)は13日、ツルヴェナ・ズヴェズダに所属するオーストラリア代表DFミロシュ・デゲネク(24)の加入を正式発表した。契約期間は3年半。オーストラリア代表の一員として参戦中のアジアカップ終了後に合流する。 シュツットガルト下部組織育ちのデゲネクは2013年にシュツットガルトIIでプロデビュー。その後、1860ミュンヘン、横浜F・マリノスを渡り歩き、2018年夏にルーツのあるセルビアのツルヴェナ・ズヴェズダに活躍の場を移した。 その今シーズンはツルヴェナ・ズヴェズダの一員として国内リーグ20試合に出場。チャンピオンズリーグ(CL)にも6試合の出場数を記録した。 2019.01.13 08:15 Sun
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第28号 J1全18クラブ前半戦総括
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース