ハドソン=オドイがトランスファーリクエスト提出! バイエルン行きが加速

2019.01.27 06:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーに所属するU-19イングランド代表FWカラム・ハドソン=オドイ(18)がトランスファーリクエストを提出したようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。かねてよりチェルシー退団を希望しているとの報道があったハドソン=オドイ。強い関心を示してきたバイエルンに加え、最近ではリバプールやライプツィヒもアプローチをかけていることが各メディアから伝えられ、イングランドの大器をめぐる争奪戦は激化の一途を辿っていた。

そんな中、『スカイ・スポーツ』は26日付で、ハドソン=オドイがチェルシーにトランスファーリクエストを提出したことを報じた。チェルシーは週給8万5000ポンド(約1200万円)の新契約を提示していたようだが、破談に終わった模様だ。


なお、移籍先として最も有力視されているバイエルンはこれまでに4度のオファーをチェルシー側に申請し、その移籍金は3500万ポンド(約50億円)にまで到達。さらに4000万ポンド(約57憶8000万円)まで引き上げる用意をしているとの噂もある中で、ライプツィヒは買い戻し条項付きの2000万ポンドの移籍金を用意し、バイエルンに対抗しようとしているようだ。
関連ニュース
thumb

レーティング: チェルシー 2-0(AGG:3-1) レアル・マドリー《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグ、チェルシーvsレアル・マドリーが5日に行われ、2-0でチェルシーが快勝した。この結果、2戦合計スコアを3-1としたチェルシーが9季ぶり3度目の決勝進出を決めている。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価。 ▽チェルシー採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210506_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 16 メンディ 7.0 前半のベンゼマの決定的な2本のシュートを好守で阻止 DF 4 クリステンセン 6.5 アザールを完封。堅実なプレーを続けた 6 チアゴ・シウバ 6.5 安定感あるプレーでチームを鼓舞。攻撃時のセットプレーでも脅威に 2 リュディガー 6.5 攻守にソリッドなプレーでチームを締めた MF 28 アスピリクエタ 6.5 堅実なプレーでチームを支える。闘う姿勢を貫いた (→R・ジェームズ -) 7 カンテ 7.5 1stレグに続くハイパフォーマンス。ピッチを躍動し続けた 5 ジョルジーニョ 6.5 カンテと共に中盤を制圧。先制点につながるインターセプトを見せた 21 チルウェル 6.5 豊富な運動量で上下動を繰り返す。対面のヴィニシウスを圧倒 FW 29 ハヴァーツ 6.5 クロースの背後のスペースをうまく活用。決定機は決めきれなかったが、先制点に絡むなど多くのシュートシーンに顔を出した (→ジルー -) 11 ヴェルナー 6.5 一つ目の決定機は逸したが、二つ目をモノに。カウンターの起点になった (→プリシッチ 6.5) ヴェルナー同様にカウンターの起点となり、マウントのゴールをアシスト 19 マウント 7.0 攻守の切り替え鋭く攻撃にスイッチを入れた。ダメ押しのゴールを挙げる 監督 トゥヘル 7.0 2戦を通してレアル・マドリーを翻弄。個人で2年連続決勝進出の偉業 ▽レアル・マドリー採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210506_2_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 クルトワ 6.0 再三のピンチを凌いでチャンスを待ったが実らず DF 3 ミリトン 5.0 マウントとのマッチアップで劣勢に 4 セルヒオ・ラモス 5.5 負傷明け。ぶっつけ本番だったが、できる仕事はこなした 6 ナチョ 5.0 失点場面ではいずれもカンテに出し抜かれた MF 20 ヴィニシウス 5.0 後半は幾分か仕掛けるプレーがあったものの、ウイングバックでは良さが出にくかった (→バルベルデ 6.0) 右サイドに入り走力を生かしてボールを持ち上がった。決定的なピンチの場面では好ブロックも見せた 10 モドリッチ 5.0 1stレグ同様、中盤をコントロールできず 14 カゼミロ 5.0 失点場面ではカンテにやられた (→ロドリゴ -) 8 クロース 5.0 攻守に物足りない出来。1stレグに続きカンテにやられた印象 23 F・メンディ 5.0 負傷明け。本来のパフォーマンスではなかった (→アセンシオ 5.5) 左サイドに入り、縦への仕掛けを見せた FW 7 アザール 4.5 古巣対決。何もできなかった 9 ベンゼマ 5.5 前半に2つシュートチャンスがあったが、メンディの好守に阻まれた 監督 ジダン 5.0 3バックを採用したが奏功せず。2戦を通して劣勢だった ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! カンテ(チェルシー) チェルシー陣営の全ての選手が素晴らしかったが、2ゴールに絡んだカンテを選出。好調時のパフォーマンスを取り戻している様子で、チームの堅守速攻のスタイルにフィットしている。 チェルシー 2-0 レアル・マドリー 【チェルシー】 ヴェルナー(前28) マウント(後40) 2021.05.06 06:06 Thu
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリーに快勝のチェルシーが9季ぶり3度目の決勝進出、ファイナルはシティとのプレミア対決に《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグ、チェルシーvsレアル・マドリーが5日に行われ、2-0でチェルシーが快勝した。この結果、2戦合計スコアを3-1としたチェルシーが9季ぶり3度目の決勝進出を決めている。 先週敵地で行われた1stレグを1-1で引き分けたチェルシーは、0-0の引き分けでも優勝した2011-12シーズン以来となる決勝進出となる中、1stレグのスタメンからアウェイゴールを挙げたプリシッチに代えて直近のフルアム戦で2ゴールを挙げたハヴァーツのみを変更した。 一方、アウェイゴールを許したレアル・マドリーは3季ぶりの決勝進出を目指す中、主将のセルヒオ・ラモスとF・メンディが負傷から復帰。古巣対戦となるアザールも先発での起用となり、1stレグに続き[3-5-2]を採用した。 レアル・マドリーにボールを持たせる展開としたチェルシーは、カウンターで牽制しつつ試合を進めると、12分にリュディガーのミドルシュートでGKクルトワを強襲した。 そして18分には決定機。ショートカウンターに転じた流れから、左サイドのチルウェルのクロスをヴェルナーが合わせてネットを揺らすも、わずかにオフサイドに阻まれた。 26分にはベンゼマに決定的なミドルシュートを許すもGKメンディが好守で凌ぐと、28分にチェルシーが先制する。中盤で鋭い反転から前を向いたカンテのプレーを起点に、ハヴァーツがバー直撃のループシュートを放つと、ルーズボールをヴェルナーが頭で押し込んだ。 ハーフタイムにかけても攻守の切り替えでレアル・マドリーを上回るチェルシーは、36分のベンゼマの決定的なヘディングシュートを再びGKメンディがビッグセーブで防ぐと、1点をリードしたまま後半へ折り返した。 迎えた後半開始2分、アスピリクエタの右クロスからハヴァーツのヘディングシュートがバーを直撃したチェルシーは、53分にも追加点のチャンス。ヴェルナーのポストプレーを起点にマウントがボックス右に侵入。しかしシュートを枠の上に外してしまった。 さらに59分、ジョルジーニョのスルーパスに抜け出したハヴァーツがGKと一対一になるも、クルトワの好守に阻まれた。 劣勢のレアル・マドリーは両サイドのヴィニシウスとメンディに代えてアセンシオとバルベルデを投入。 それでも66分、チェルシーにビッグチャンス。ロングカウンターに転じた流れからヴェルナーのラストパスを受けたボックス左のカンテがシュート。だが、バルベルデの好カットに阻止された。 首の皮一枚つながるレアル・マドリーは76分にカゼミロに代えてロドリゴを投入。アタッカーを増やすも、85分にチェルシーが勝負を決定付ける。ルーズボールをカットしたカンテのプレーを起点に、パスを受けたプリシッチがボックス右でタメを作ってラストパス。ゴール前のマウントが合わせた。 このまま2-0で快勝としたチェルシーが9季ぶりの決勝進出を果たし、ファイナルではマンチェスター・シティとのプレミア対決に挑むことになった。 2021.05.06 06:05 Thu
twitterfacebook
thumb

【CLプレビュー】優勢チェルシー逃げ切りなるか、巧者マドリーが覆すか《チェルシーvsレアル・マドリー》

チャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグ、チェルシーvsレアル・マドリーが日本時間5日28:00にスタンフォード・ブリッジでキックオフされる。1週間前に行われた1stレグでは、1-1でチェルシーがアウェイゴールを持ち帰り、わずかながらアドバンテージを手にした。 通算4度目の顔合わせとなった1stレグ。素早いパス回しと効率的なプレス回避で序盤の主導権を握ったチェルシーが、14分にロングボールに抜け出したプリシッチのゴールで先制する展開に。しかし、百錬錬磨のマドリーもすぐさま反撃。29分にCKからベンゼマが決めて、わずかなチャンスを確実にモノにする勝負強さを見せた。 劣勢だったマドリーからすると、最小限の被害に抑えた1stレグは悪くない結果だが、その試合で先月復帰したばかりのカルバハルが再びハムストリングを負傷し、今季中の復帰は絶望的に。さらに、その後のラ・リーガのオサスナ戦では、快勝を収めたものの守備の要であるヴァランまで負傷。ルーカス・バスケスを加えた主力3選手を欠いて臨むことになる。 一方で、1stレグを欠場していたセルヒオ・ラモスやメンディ、バルベルデが出場可能に。また、4日にスペイン地方選挙の投票所での作業者の予備リストに入っていたマルセロに関しても、同じく予備リストに入っていた年配の女性が代わりに業務を行うとの申し出によって無事メンバー入りを果たした。 対して、チェルシーはアウェイゴールを奪ったとはいえ、内容を見れば勝っておきたかったというのが正直なところ。チャンスシーンも少なくなかっただけに、スコア以上に悔やまれる結果となった。マドリー戦を含めて、公式戦ここ5試合で3ゴールだったチームは、1日に行われたプレミアリーグのフルアム戦では、ハヴァーツの2ゴールで6試合ぶりの複数得点を記録した。マドリー同様に勢いを持って運命の2ndレグを迎えられそうだ。 ◆チェルシー◆ 【3-4-2-1】 ▽予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210505_100_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK:メンディ DF:クリステンセン、チアゴ・シウバ、リュディガー MF:アスピリクエタ、ジョルジーニョ、カンテ、チルウェル MF:プリシッチ、マウント FW:ハヴァーツ 負傷者:コバチッチ 出場停止者:なし 1stレグに引き続き、太もものケガに苦しむコバチッチはメンバー外に。フルアム戦を欠場したリュディガーや、その一戦で背中を強打したマウントの出場は問題ないようだ。出場停止もなく、前回と同じメンバーで挑むことになる。スタメンに関しては、1stレグと同じ11人でほぼ間違いないだろうが、ワントップはヴェルナーではなく、直近の試合で2ゴールを挙げた精神面やコンディション面を考慮してハヴァーツが入ると予想する。 ◆レアル・マドリー◆ 【4-3-3】 ▽予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210505_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK:クルトワ DF:オドリオソラ、セルヒオ・ラモス、ミリトン、メンディ MF:モドリッチ、カゼミロ、クロース FW:アセンシオ、ベンゼマ、ヴィニシウス 負傷者:ルーカス・バスケス、ヴァラン、カルバハル 出場停止者:なし 前述したように、セルヒオ・ラモスやメンディ、バルベルデが復帰した一方、ヴァランとカルバハルが故障者リスト入り。そのため、今回のスタメンでキーとなるのが右サイドだ。[4-3-3]のオドリオソラ起用が最もノーマルだが、ここにリバプール戦2ndレグのようにバルベルデを置くことも考えられる。また、チェルシー戦1stレグで採用した[3-5-2]も選択肢の一つだ。 ★注目選手 チェルシー:エンゴロ・カンテ<div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210505_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> チェルシーの注目選手は、1stレグで大車輪の活躍を披露したカンテだ。守備力の高さが注目されることの多いカンテだが、1stレグではプレス回避におけるパス回しやボールの持ち出しが非常に効果的で、フランス代表MFを起点としたカウンターが何度も相手を窮地に陥れた。それでも、得点が必須のマドリーが前がかりになる2ndレグにおいては、得意の守備での貢献が求められる。強力な攻撃を封じ、2試合連続のマンオブザマッチの選ばれる活躍を期待したい。 レアル・マドリー:トニ・クロース<div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210505_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> 1stレグ同様にチェルシーの優勢を予想するならば、トニ・クロースの正確無比なキックは有力な打開策の一つとなる。特にリバプール戦1stレグの先制点をアシストしたプレーは真骨頂で、2点目の起点となったのもドイツ代表MFのロングボールだった。前回はカンテの圧力に押し負け、思うようなゲームメイクができなかった分、その壁を越えることができれば十分に勝機は生まれるはずだ。 2021.05.05 18:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ファーディナンド氏が推す来季のプレミア優勝候補は?「彼らのスタッツはトップクラスだ」

マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドであるリオ・ファーディナンド氏が、来シーズンのプレミアリーグ優勝候補を予想した。イギリス『ミラー』が伝えている。 今シーズンのプレミアリーグは序盤から中盤にかけてトッテナム、リバプール、ユナイテッドが首位に立った時期もあったが、終盤はスパートをかけたマンチェスター・シティがトップを独走。34試合を消化した時点で2位に13ポイント差をつけており、次節にも優勝が決定する状況だ。 こうした状況を受け、来シーズンもシティがリーグを圧倒するという見方が多いものの、ファーディナンド氏は自身のポッドキャスト『Vibe with Five』の中で、1月にトーマス・トゥヘル監督が就任して以来好調を続けるチェルシーへの期待を語った。 「チェルシーのスタッツを見たことがあるかい? 来シーズンのリーグ優勝は彼らだと思う。トゥヘルが来てから、彼らは失点やチャンス数など、ほぼすべてのカテゴリーでトップに立っている。チェルシーに来てからのトゥヘルの活躍は、拍手する以外できないね」 また、ファーディナンド氏は昨夏に加入して以来、決定機を外すシーンが多く批判を浴びるFWティモ・ヴェルナーを擁護、そのうえで、チェルシーが今夏にシティを退団するFWセルヒオ・アグエロを獲得しても驚かないと語った。 「ヴェルナーは来シーズン活躍するだろう。彼はこの国に来てまだ1年目であり、(新型コロナウイルスによる)パンデミックの中で馴染んでいる最中だと皆が忘れている。落ち着ける時期には入っていないんだ。それでも、彼は公式戦でゴールアシスト共に2桁を達成している。クラブで最も多くのゴールに関与しているね」 「アグエロは恐らくプレミアリーグに残るだろう。もし私がチェルシーの人間であれば、すぐ彼の獲得に動くと思う。(アーリング・)ハーランドやそのレベルの選手を獲得できなければ、アグエロを選ぶはずだ」 2021.05.05 17:22 Wed
twitterfacebook
thumb

クリステンセンがマドリー戦へ意気込み「キャリアの中で最も重要な試合、プレッシャーはない」

チェルシーのデンマーク代表DFアンドレアス・クリステンセンが、来たるレアル・マドリー戦をキャリアの中で最も重要な一戦と位置付けている。 5日にチャンピオンズリーグ(CL)準決勝のマドリー戦2ndレグを迎えるチェルシー。1週間前行われた1stレグでは、1-1でアウェイゴールを奪っており、アドバンテージを持ってホーム戦を迎えることとなった。 初のCL準決勝を戦うクリステンセンは、キャリアの中で最も重要な試合と位置付けながらも「プレッシャーは無い」と自信を見せる。マドリー相手にもチームのスタイルを貫きたいと意気込みも語った。 「僕のキャリアの中で最も重要な試合か?そうかもしれない。でもこれは僕だけでなく、クラブ全体にとって本当に重要なものとなる。僕ら守備陣には特別なプレッシャーは無く、いつも通りにやるだけだよ」 「ボールを持っていない時も相手にとって脅威のあるチームでありたい。そして一度ボールを持てば、すぐに自分たちのフットボールをする。それが僕たちのスタイルなんだ。その点でジョルジーニョは最高の選手の一人だと思う」 クリステンセンはまた、かつてのチームメイトであるFWエデン・アザールにも言及。チェルシーでは今でもいい思い出と共に記憶されているようだ。 「エデン・アザールについて話す時、このクラブの皆からは良い話しか出てこない。彼は常にピッチに幸せをもたらしてくれる選手だ。長い間このクラブにいて、その時々のチームと共に成長してくのを見てきたし、彼はそれを次の世代に伝えてくれていたんだ」 2021.05.05 15:38 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly