ハドソン=オドイがトランスファーリクエスト提出! バイエルン行きが加速

2019.01.27 06:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーに所属するU-19イングランド代表FWカラム・ハドソン=オドイ(18)がトランスファーリクエストを提出したようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

かねてよりチェルシー退団を希望しているとの報道があったハドソン=オドイ。強い関心を示してきたバイエルンに加え、最近ではリバプールやライプツィヒもアプローチをかけていることが各メディアから伝えられ、イングランドの大器をめぐる争奪戦は激化の一途を辿っていた。

そんな中、『スカイ・スポーツ』は26日付で、ハドソン=オドイがチェルシーにトランスファーリクエストを提出したことを報じた。チェルシーは週給8万5000ポンド(約1200万円)の新契約を提示していたようだが、破談に終わった模様だ。

なお、移籍先として最も有力視されているバイエルンはこれまでに4度のオファーをチェルシー側に申請し、その移籍金は3500万ポンド(約50億円)にまで到達。さらに4000万ポンド(約57憶8000万円)まで引き上げる用意をしているとの噂もある中で、ライプツィヒは買い戻し条項付きの2000万ポンドの移籍金を用意し、バイエルンに対抗しようとしているようだ。

関連ニュース
thumb

チェルシー、カンテがコロナウイルス陽性に…ユベントス戦は欠場に

チェルシーは28日、フランス代表MFエンゴロ・カンテが新型コロナウイルスの検査で陽性判定を受けたことを明かした。 チャンピオンズリーグ(CL)グループH第2節のユベントス戦に向けた前日会見に臨んだトーマス・トゥヘル監督は、「カンテは残念ながら(新型コロナウイルスの)陽性反応が出たので、隔離して政府のプロトコルに従う必要があり、今日のトレーニングには参加しなかった」と報告。 症状の有無は現時点で明らかにされていないが、カンテは今後10日間の隔離措置を取ることになるため、29日のCL第2節のユベントス戦、10月2日に行われるプレミアリーグ第7節のサウサンプトン戦、同7日に行われるUEFAネーションズリーグ準決勝のベルギー代表戦への出場は不可能となりそうだ。 なお、トゥヘル監督は同会見で、DFリース・ジェームズ、MFクリスティアン・プリシッチ、MFメイソン・マウントの3選手もユベントス戦を欠場することを明かしている。 2021.09.29 00:10 Wed
twitterfacebook
thumb

絶対離さない…アスピリクエタの執念が生んだグリーリッシュとの“合体”シーンに反響「完全におんぶ」

25日にスタンフォードブリッジで行われたプレミアリーグ第6節のチェルシーvsマンチェスター・シティ。昨季のリーグ王者と欧州王者、そしてチャンピンズリーグ(CL)決勝の再現カードとして大きな注目を集めた一戦は、シティが1-0で勝利を収めた。 その試合ではチェルシーのスペイン代表DFセサル・アスピリクエタとシティのイングランド代表MFジャック・グリーリッシュが幾度となくやり合う展開に。50分には、アスピリクエタの執念が予想外の瞬間を生むことになった。 タッチライン際でスローインのボールを受けようとしたグリーリッシュに対し、アスピリクエタが背後からチャージ。ここでファウルとなり、アスピリクエタは倒れたグリーリッシュに覆いかぶさる形になった。 いつもならここで2人が離れる場面だが、アスピリクエタは立ち上がってからも相手のすぐ側を離れず。結局、グリーリッシュが立ち上がり、アスピリクエタはそのままおんぶされる格好となった。 結局アスピリクエタにはカードは提示されず、そのまま何事もなかったかのようにプレーは再開していたが、あまりのシュールさに、ファンからは「合体した」「事件だ」「何してんの」「完全におんぶ」と面白がる声が多く寄せられた。 アスピリクエタは、グリーリッシュがアストン・ビラに所属していた昨シーズンのプレミアリーグで、マッチアップした2試合でイエローカードとレッドカードを貰っており、どんな形であれこの試合はやらせないという強い思いがあったのかもしれない。 <span class="paragraph-title">【画像】グリーリッシュが倒れても…アスピリクエタが徹底マーク!最終的にはおんぶに</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Football fans are in stitches after Cesar Azpilicueta&#39;s &#39;FIFA glitch&#39; on Jack Grealish<a href="https://t.co/PiZicjz4Zy">https://t.co/PiZicjz4Zy</a></p>&mdash; The Sun Football (@TheSunFootball) <a href="https://twitter.com/TheSunFootball/status/1442693301065428997?ref_src=twsrc%5Etfw">September 28, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.28 21:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ユベントス戦を今季初黒星から立て直すチャンスと捉えるクリステンセン「再び攻撃的にプレーする絶好の機会」

チェルシーのデンマーク代表DFアンドレアス・クリステンセンは、ユベントス戦を再起のチャンスだと捉えているようだ。クラブ公式サイトがコメントを伝えている。 25日に行われたプレミアリーグ第6節でマンチェスター・シティにホームで敗れたチェルシー。守備的な布陣が裏目に出て防戦一方の内容となり、後半の立ち上がりに失点すると、0-1で今季初黒星を喫した。 そんな中、29日にはチャンピオンズリーグ(CL)グループHの第2節でユベントスとの大一番を迎える。クリステンセンは敗戦の悔しさを払拭するためには良いチームを倒すことが一番だとコメント。この感情を起爆剤にしたいと考えているようだ。 「挽回を図るのに完璧な試合だ。初黒星は決して良いことではないけど、すぐに次の試合が待っている。また厳しい戦いになるだろう」 「自分たちがやりたいサッカーや志向するサッカーに戻って、再び攻撃的にプレーする絶好の機会だね。タフな試合になるだろうけど、敗戦から立ち直るためには、他の良いチームに勝つことが一番だ」 意気込みを語ったクリステンセンはまた、再びシティ戦を振り返り、完敗を認めた。 「チェルシーが守備的なチームだとは思っていない。他の試合では、5バックや3バックでもクオリティの高いプレーができることを示してきた。僕たちは攻撃的にプレーしたいんだ」 「ホームで負けた時はいつもナーバスな気持ちになる。試合に入るのが大変で、今回は失点の後にやっと息を吹き返したけど、遅すぎたね」 「かなり強い気持ちで試合に臨んだけど、この日は相手の方が上だった。常に厳しい試合になると思っていた。前半は少し失敗したような気がするし、試合に入るまでが遅かった。特に最初の45分は、すべての要素が欠けていたように思うよ」 「前半はボールを持った瞬間の選択肢が本当になかったんだ。強度や前進するエネルギー、冷静さなどが欠けていた。いつものようなポゼッションができなかったね。全てが上手くいかずに残念だけど、前を向いていきたいと思う」 2021.09.28 16:40 Tue
twitterfacebook
thumb

アネルカ氏が理想の監督像を語る「アジアでやりたい」

元フランス代表の二コラ・アネルカ氏が、フランス『Le Parisien』のインタビューで自身の持つ監督像について語った。 現役時代はアーセナルやチェルシー、パリ・サンジェルマン(PSG)やレアル・マドリーなどそうそうたるビッグクラブを渡り歩いたアネルカ氏。フランス代表としても69試合14ゴールの成績を残すなど、1990年代後半から2010年代初頭まで第一戦で活躍した。 2015年のムンバイ・シティ退団を最後に、明言はしていないものの現役から退いており、その後はローダJCのクラブコンサルタントやリールのアカデミーコーチなどを歴任。そしてこの度、フランス『RMC Sport』の解説者に就任した。 しかしながら、『Le Parisien』のインタビューの中で、同氏は「解説者は通過点に過ぎない」とコメント。将来的に監督になることを示唆しており、理想の監督像を語っている。 「私は他の者たちが犯した過ちを繰り返さないように、まずはユースチームから始めて、理想的にはリザーブチームも経由したい。そして時が来たら、プロチームにステップアップする」 「私は攻撃的なサッカーをする。将来的にはDF専門やFW専門のコーチが必要になるだろう。いずれにせよ、私はそういうやり方をとる。カルロ・アンチェロッティのマン・マネジメント、アントニオ・コンテの戦術、アーセン・ヴェンゲルのカウンター攻撃、そして何よりも、サム・アラダイスの選手たちの能力を最大限に引き出す能力など、かつての恩師たちを参考にしながらね」 現実的なキャリア形成を話したアネルカ氏だが、ヨーロッパで監督になるつもりはないと明言。ただ、古巣であるPSGに関しては、この限りではないようだ。 「私の考えはヨーロッパで監督をすることではない。むしろ、アジアやガルフの方に興味があるんだ。だが、今もしPSGの監督になるチャンスがあるなら、それを見過ごすことができようか。PSGは私が監督したいと思うヨーロッパ唯一のクラブだ」 なおアネルカ氏は、25日にパルク・デ・プランスで行われたリーグ・アン第8節のPSGvsモンペリエの観戦に訪れていた。 2021.09.28 14:35 Tue
twitterfacebook
thumb

アネルカ氏がフランスで解説者に就任!「私にとっては通過点」

元フランス代表の二コラ・アネルカ氏が、フランス『RMC Sport』の解説者に就任した。 現役時代はアーセナルやチェルシー、パリ・サンジェルマン(PSG)やレアル・マドリーなどそうそうたるビッグクラブを渡り歩いたアネルカ氏。フランス代表としても69試合14ゴールの成績を残すなど、1990年代後半から2010年代初頭まで活躍した。 2015年のムンバイ・シティ退団を最後に、明言はしていないものの現役から退いており、その後はローダJCのクラブコンサルタントやリールのアカデミーコーチなどを歴任。そしてこの度、解説者という新たなステップを歩み始めた。 これを受けてフランス『Le Parisien』のインタビューに応じたアネルカ氏は、現役時代を鑑みると自分にとっても驚きの選択と感じているという。しかしながら、解説者は通過点に過ぎないと、将来的に指導者になる考えを示唆した。 「私にとってもサプライズだった。メディアが何を求めているのか理解したいと思ったんだ。ライブで話すのは難しいので、コミュニケーション能力を鍛えなければならない。20年間のサッカー人生の中で、私はほとんどコミュニケーションをとってこなかったからね(笑)。少しずつコツを掴んできているところだよ」 「とはいえ、私はこれを一生の仕事にするつもりはない。これはトレーニングなのだ。将来のコーチングの仕事にも役立つだろう。もし、私が選手たちに話しかけられるようになりたいのであれば、人前で話せるようにならなければならない」 慣れない仕事と認めながらも、将来の糧にしようと目論みを語ったアネルカ氏。解説者を務めるプレッシャーは感じていないようだ。 「プレッシャーは感じていない。自分の本職ではない仕事で誰が僕を評価するんだい? 私も成長しました。長い間、メディアは私の敵のようなもので、いつも私を批判していた。もう戦争はしないよ」 2021.09.28 14:15 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly