フルアム、オランダ代表FWバベルの獲得を正式発表! 今季終了までのレンタルで背番号は12を着用2019.01.16 04:35 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フルアムは15日、ベシクタシュからオランダ代表FWライアン・バベル(32)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。なお、背番号は12を着用することを合わせて発表している。

バベルはクラブ公式サイトで喜びを示している。

「僕はフルアムが現状から立ち直ることができると確信しているし、それがここに来た一つの理由だ。僕はすでにプレーする準備ができている。今は興奮しているしプレーするのが待ち遠しいよ」

かつてアヤックスやリバプールなどで活躍したバベルは、2017年1月にデポルティボからベシクタシュに加入。同クラブでは在籍2年間で公式戦89試合に出場し29ゴールを記録。今季ここまでは公式戦19試合に出場し6ゴールを挙げている。

そして、ベシクタシュでの印象的なパフォーマンスが評価されて2017年に6年ぶりの代表復帰を果たすと、現在は頼れるベテランとしてロナルド・クーマン監督率いる新生オランイェの中心選手として活躍している。

現在残留争いの真っ只中にいる19位のフルアムは、ここまで19ゴールと深刻な得点力不足を解消するため、バベルの獲得に動いたようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

フォス=メンサー、ヒザの手術で今季終了

フルアムは19日、オランダ代表DFティモシー・フォス=メンサーがヒザの手術を受けることを発表した。 今季、マンチェスター・ユナイテッドからレンタル移籍しているフォス=メンサーは13日、プレミアリーグ第34節のエバートン戦でヒザを負傷。この度手術を受けることが明らかとなり、今季終了が確定した。 マンチェスター・ユナイテッドも、フォス=メンサーの復帰を発表。手術後のリハビリなどはユナイテッドで行うようだ。 同選手は今季リーグ戦12試合に出場していた。 2019.04.20 02:24 Sat
twitterfacebook
thumb

2部降格でフルアムに選手放出の危機…R・セセニョンはビッグクラブ行き加速か

2日に行われたプレミアリーグ第33節の結果、ワトフォードに敗れたフルアムの1年でのチャンピンシップ(イングランド2部相当)降格が決定した。それに伴い、所属する選手たちの去就が騒がれている。イギリス『ミラー』が伝えている。 昨シーズンの昇格プレーオフを勝ち抜き5シーズンぶりにプレミアリーグに戻ってきたフルアムだったが、開幕から黒星が続き、2度の指揮官交代も虚しく、5試合を残して降格が決定した。 開幕前には積極補強で話題を集めたフルアムだったが、今度はそれらの選手の放出の危機に直面している。『ミラー』によると、フルアムの全選手の契約には、2部に降格した場合、給与が最大50%カットされる条項が含まれているようで、多くの選手がこれを嫌って出ていく可能性が高いと指摘されている。 その中で、チーム一の有望株、18歳のMFライアン・セセニョンには今冬にも多くのビッグクラブが興味を示してきた。最も獲得に近づいたトッテナムだったが、フルアムが5000万ポンド(約73億円)の値札を張り付け牽制。移籍は実現しなかった。だが、今夏にも多くのクラブが獲得に動くと予想されており、クラブの事情を考えると、退団は濃厚かもしれない。 エースのFWアレクサンダー・ミトロビッチも退団候補の1人だ。昨年1月にニューカッスルからフルアムにレンタル加入し、プレミア昇格に一役買ったセルビア代表FWは、昨夏に2200万ポンド(約32億円)の大枚をはたいて完全移籍で獲得。今季もここまでリーグ戦32試合で10ゴールを記録し一人気を吐いたが、プレミアに残る可能性が高く、ウェストハムへの移籍が取り沙汰されている。 同じく昨夏に完全移籍で獲得したDFジャン・ミシェル・セリの退団も覚悟が必要なようだ。ニースから1800万ポンド(約26億円)でやってきたコートジボワール代表DFはここまでリーグ戦30試合に出場。昨夏にはチェルシーやアーセナルも獲得に動いていたことが報じられており、引く手は数多か。 その他、ドルトムントから2年契約でレンタル加入していたMFアンドレ・シュールレは、2部降格に伴い1年での帰還となる見込みだ。 なお、今季3人目の指揮官であるスコット・パーカー監督は来季も引き続き指揮を執ると見られている。 2019.04.04 19:25 Thu
twitterfacebook
thumb

シュールレ、フルアムの降格決定でドルトムントへ早期復帰

昨夏にドルトムントから2年間のレンタル移籍でフルアム加入した元ドイツ代表MFアンドレ・シュールレ(28)が、今夏の移籍市場でドルトムントに復帰する見込みだ。イギリス『Tribalfootball』が報じた。 フルアムは2日に行われたプレミアリーグ第33節のワトフォード戦を1-4で敗戦。残り5試合で、残留圏内である17位との勝ち点を上回ることができないことが確定したため、1年での2部降格が決定した。 今回伝えられるところによれば、2年間のレンタル移籍でフルアムに加入したシュールレだが、2月に行われたドイツ『キッカー』のインタビューで「チームが降格したら僕のローンは終了し、ドルトムントに復帰する」と語っており、今季限りで早期復帰することが決まったようだ。 4年ぶりのプレミア復帰となったシュールレは、開幕からレギュラーとしてプレーすると、リーグ24試合に出場しチーム2位となる6ゴールを記録している。 2019.04.04 00:05 Thu
twitterfacebook
thumb

2度の監督交代も…5年ぶりプレミア復帰のフルアム、1年での2部降格が決定 《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第33節、ワトフォードvsフルアムが3日にヴィカレージ・ロードで行われ、ワトフォードが4-1で勝利した。フルアムのチャンピオンシップ(イングランド2部)降格が決定した。 前節終了時点で19位だったフルアム(勝ち点17)は、10位・ワトフォード(勝ち点31)とのアウェイ戦に臨んだ。敗れれば、即降格が決まってしまう一戦だったが、与えたくない先制点を与えてしまう。その後、34分にライアン・バベルのゴールで同点に追いついたが、チームはその後、3失点を喫して1-4で敗北。残り5試合で、残留圏内である17位との勝ち点を上回ることができないことが確定したため、1年での2部降格が決定した。 フルアムは今シーズン、5年ぶりにプレミアリーグ復帰。しかし、開幕から低迷が続き、昨年11月にはスラビシャ・ヨカノビッチ監督を解任し、レスター・シティをプレミアリーグ優勝に導いた経験を持つクラウディオ・ラニエリ監督を招へいした。同監督初陣で勝利したものの、立て直すに至らず。今年2月下旬にはラニエリ監督を解任し、アシスタントコーチのスコット・パーカー氏に暫定監督を託したが、ワトフォード戦での敗戦で9連敗目となり、1部残留は叶わなかった。 2019.04.03 08:45 Wed
twitterfacebook
thumb

アグエロとB・シウバが互いに1G1Aのシティ、フルアム撃破で首位へ トッテナム戦控えるリバプールに圧力《プレミアリーグ》

マンチェスター・シティは30日、プレミアリーグ第32節でフルアムと対戦し、2-0で勝利した。 代表ウィーク明け1発目のリーグ戦。19位フルアムのホームに乗り込む暫定2位のシティ(勝ち点74)は、前節はFAカップのスウォンジー戦を戦ったため、3週間ぶりのリーグ戦となる。現在6連勝中のシティは、中断期間中に負傷者が続々と復帰し、この試合ではデ・ブライネが先発出場。その他、フェルナンジーニョとストーンズがベンチ入りした。 開始4分にアグエロが決定機を迎えたシティがあっという間に先制する。5分、前線からのプレスでボールを奪うと、アグエロからパスを受けたベルナルド・シウバが右から中に切り込んでペナルティアークから左足一閃。地を這うシュートがゴール左に突き刺さった。 序盤から防戦一方のフルアムが攻撃に転じたのは20分過ぎ。バベルが味方のクロスを頭で合わせるが枠を捉えられず。その2分後には敵陣中央でボールを持ったアイテがドリブルで侵攻。ボックス手前から狙っていったがブロックに遭った。 徐々にシティの圧力に慣れてきたフルアムだったが27分、ブライアンが最終ラインで痛恨のコントロールミス。その隙を見逃さなかったベルナルド・シウバがボールを奪い、最後はアグエロがボックス右から流し込んで2点差となった。 このゴールでシティが攻勢を弱めたため、ボールを持つ時間が増えてきたフルアムは33分、チャンバースのパスからR・セセニョンがボックス左に侵入。深い位置からシュートを放ったが、GKエデルソンに弾かれた。 前半はこれが唯一のゴールチャンスだったフルアムに対し、18本ものシュートを浴びせたシティは、57分にその攻撃を牽引していたアグエロを下げてガブリエウ・ジェズスを投入。 その後はシュート数こそ減ったシティだが、相手に隙を与えない試合運びで時間を消費。75分にはフェルナンジーニョがデ・ブライネに代わってピッチへ。2月半ばから離脱していたこの男も復帰を果たした。 後半に入ったシティのシュート数は3本。80分の4本目のシュートは、ベルナルド・シウバからスルーパスを受けてボックス右に侵入したウォーカーが放ったが、右ポストに嫌われた。 最後まで追加点は奪えなかったシティだが、危なげない試合運びでフルアムに完封勝利。勝ち点を77に伸ばし、リバプールを抜いて首位に浮上した。 2019.03.30 23:20 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース