ウルグアイの10番、MFデ・アラスカエタがフラメンゴに完全移籍

2019.01.13 11:40 Sun
Getty Images
フラメンゴは12日、クルゼイロからウルグアイ代表MFジョルジアン・デ・アラスカエタ(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年12月までとなる。

デ・アラスカエタは、デフェンソールの下部組織出身で、2015年1月にクルゼイロへと移籍。ブラジル・セリエAでは87試合に出場し22ゴール15アシストを記録。コパ・リベルタドーレスでは、31試合に出場し6ゴール6アシストを記録していた。
世代別のウルグアイ代表を経験し、2013年のU-20ワールドカップでは準優勝に貢献。2014年からA代表でもプレーし、2015年のコパ・アメリカ、2018年のロシア・ワールドカップに出場するなど、これまで18試合でプレーし2ゴールを記録している。
関連ニュース

アドリアーノ氏が42歳のお誕生日!短くも強烈な全盛期を送った“皇帝”、古巣のエースが思い入れ語る「僕の永遠のNo.1」

2月17日、短くも強烈な全盛期を送った元ブラジル代表FWアドリアーノ氏が42歳の誕生日を迎えた。ブラジル『グローボ』が伝えている。 かつて“皇帝”の異名をとったアドリアーノ氏。190cm近い長身に鋼のような肉体、何よりその左足から放たれる強烈“すぎる"シュートに、時として相対するGKはなす術もなかった。 クラブキャリアではフラメンゴでデビュー後、インテル移籍で欧州上陸。レンタル先のフィオレンティーナ、パルマで活躍したのち、復帰したインテルでは背番号「10」を与えられた。 しかし、ブラジル代表の一員としてドイツ・ワールドカップ(W杯)を戦ったのを境に、当時インテルを率いたロベルト・マンチーニ監督との不和、無断練習欠席、うつ病発症などなど、その輝きが徐々に色褪せていくことに。 母国へのレンタル移籍によって一時的には復活も、イタリア帰還後は遅刻や夜遊び、ウェイトオーバーの常習犯となり、死亡説が流れたことも。結局、2016年に34歳で引退したアドリアーノ氏、その全盛期は20〜24歳ごろまでだったと言える。 そんな元皇帝も今年で42歳。古巣フラメンゴは公式SNSやYouTubeチャンネルでかつてのヒーローを祝い、アドリアーノ氏に憧れてフラメンゴへ来たという現エース・元ブラジル代表FWペドロが思い入れを語った。 「アドリアーノは間違いなく僕のアイドル。ピッチで彼以上に僕にインスピレーションを与えてくれる男はいなかった…小さな頃から彼を追いかけてきたんだ」 「マラカナンでのコリチーバ戦のゴールは、僕が最も心に残っている彼のゴール。あのとき僕はゴール裏にいてね。一人のファンとして彼を追いかけた記憶が色褪せることなんか決してない。繰り返すけど、彼は僕のインスピレーションの源であり、永遠にNo.1の選手だ」 現在のアドリアーノ氏の様子は、公式X(@A10imperador)から垣間見ることができる。20代の現役フットボーラーにも多大な影響を与えた男が、幸せそうで、何よりだ。 <span class="paragraph-title">【写真】幸せそうで何より! 現在のアドリアーノ氏</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr">Partiu sampa <a href="https://t.co/uHCVhEuQcN">pic.twitter.com/uHCVhEuQcN</a></p>&mdash; Adriano Imperador (@A10imperador) <a href="https://twitter.com/A10imperador/status/1755992129824817420?ref_src=twsrc%5Etfw">February 9, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.18 20:30 Sun

フラメンゴがローマのウルグアイ代表DFビーニャを完全移籍で獲得、今季はサッスオーロでプレー

フラメンゴは25日、ローマのウルグアイ代表DFマティアス・ビーニャ(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2028年12月までの契約を結んだとのことだ。 母国クラブのナシオナルでプロデビューを飾ったビーニャはパウメイラスを経て、2021年8月にローマへ加入。長期離脱中のMFレオナルド・スピナッツォーラの穴を埋める存在として公式戦37試合に出場したが、シーズン後半は出場機会が激減した。 昨シーズンもジョゼ・モウリーニョ監督からの信頼を得ることはできず、今年1月には出場機会を求めてボーンマスへ、今シーズンはサッスオーロへ買い取りオプション付きのレンタル移籍で加入。サッスオーロではこれまで公式戦16試合に出場し3アシストを記録していた。 2024.01.26 21:25 Fri

フラメンゴ、ローマからサッスオーロへレンタル中のDFビーニャ獲得へ

ブラジルのフラメンゴは、サッスオーロに所属するウルグアイ代表DFマティアス・ビーニャ(26)の獲得に動いているようだ。イタリア『スカイ』が報じている。 母国クラブのナシオナルでプロデビューを飾ったビーニャはパウメイラスを経て、2021年8月にローマへ加入。長期離脱中のMFレオナルド・スピナッツォーラの穴を埋める存在として公式戦37試合に出場したが、シーズン後半は出場機会が激減。 昨シーズンもジョゼ・モウリーニョ監督からの信頼を得ることはできず、今年1月には出場機会を求めてボーンマスへ、今シーズンはサッスオーロへ買い取りオプション付きのレンタル移籍で加入。サッスオーロではこれまで公式戦16試合に出場し3アシストを記録していた。 『スカイ』の報道によれば、フラメンゴは所属元のローマへ移籍金700万ユーロ(約11億1700万円)+ボーナスのオファーを提示しており、ビーニャを構想外と考えるローマはこのオファーを受け入れる構えだとのこと。 なお、ビーニャの代理人は14日にローマの幹部と会談しており、その際にローマ側からこのオファーに応じる意向を伝えられたという。両者の話し合いはまだ続いているが、近日中に正式発表されるだろう。 2024.01.16 07:00 Tue

ブラジル国内最強の点取り屋“ガビゴル”、英雄として崇拝されるフラメンゴからコリンチャンスへ移籍も?

フラメンゴの元ブラジル代表FWガブリエウ・バルボサ(27)にコリンチャンスが関心を寄せているという。ブラジル『グローボ』が伝えている。 ブラジル国内最強の点取り屋“ガビゴル”。弱冠20歳にして渡った欧州時代こそ、人生初の海外生活に馴染めずうつ病発症と散々な日々を送るも、2018年の帰国後、翌19年からは一貫してフラメンゴでプレーし、クラブ通算253試合141得点38アシストという数字を誇る。 その過程でブラジル1部リーグ優勝2回、南米王者を決めるコパ・リベルタドーレスでも優勝2回…と大小含めチームタイトル「11」、個人でもブラジル1部得点王2回、コパ・リベルタドーレス得点王2回と、最強点取り屋という肩書きに恥じぬ活躍を披露してきた。 ただし、2023シーズンは低調。公式戦全体で見れば58試合で20得点も、ブラジル1部に限っては26試合5得点…そもそも年間で20得点という数字が、2019シーズンのフラメンゴ加入後で最も少ないものとなっている。 また、シーズン途中に就任したチッチ監督とはソリが合わず。元ブラジル代表指揮官の同監督とはカタール・ワールドカップ(W杯)メンバーに選んでもらえなかったあたりから関係性が良くなく、チッチ到着後のガビゴルは絶対的エースからサブに降格…ストレスもあるのか、メディアの取材で口にするのは決まって現状への不平不満だという。 そんな状況もあってか、フラメンゴは2024年12月までとなっているガビゴルの契約に関し、延長を躊躇している模様。その裏ではコリンチャンスが獲得に動き出していることが公然の事実と化しているようだ。 フラメンゴのマルコス・ブラズ副会長は地元メディアの取材で「ガビゴルは少なくとも2024シーズンは残る」と発言も、ガビゴル自身は先日とあるインタビューでコリンチャンスサポーターの熱狂ぶりを称賛するなど、頭の片隅に“移籍”があることを示唆している。 昨年末には噂レベルながらもマンチェスター・ユナイテッド行きが浮上した、ブラジル国内最強の点取り屋“ガビゴル”。コリンチャンス行きも今のところは具体的な進展がないとのことだが、将来は果たして…。 2024.01.11 16:45 Thu

ブラジルの伝説、マリオ・ザガロ氏が92歳で逝去…史上初となる選手、監督でのW杯制覇の偉業

ブラジルのレジェンドであるマリオ・ザガロ氏(享年92)が5日に逝去した。 ブラジルサッカー連盟(CBF)のエドナウド・ロドリゲス会長は6日、「私たちのフットボール界の偉大な英雄の逝去によって悲しみに暮れている今、彼の家族とファンに連帯を表明します」と、レジェンドの訃報を伝えた。 さらに、ザガロ氏のSNSの公式アカウントでは「献身的な父親、愛情深い祖父、思いやりのある義父、忠実な友人、勝利を収めたプロフェッショナル、そして偉大な人物だった」と親族が同氏を悼んでいる。 ザガロ氏は現役時代にフラメンゴやボタフォゴで活躍した左ウイング。1958年、1962年のワールドカップでは主力としてブラジル代表の優勝に貢献した。さらに、現役引退後は前述の古巣の監督を歴任し、1970年のワールドカップでは指揮官としても優勝を果たし、史上初となる選手、監督でのワールドカップ制覇を成し遂げる偉業を達成。 さらに、1994年大会ではアシスタントコーチとして優勝に貢献し、1998年大会ではチームを準優勝に導く手腕を発揮した。 2024.01.06 22:16 Sat
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly