マドリー、ポルトのブラジル代表DFミリトン獲得を最優先事項に!2019.01.09 22:03 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーは今冬の移籍市場においてポルトのブラジル代表DFエデル・ミリトン(20)の獲得を最優先事項としているようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。

サンパウロ下部組織出身のミリトンは、2017年1月にトップチームに昇格し、プロ1年目から公式戦37試合に出場し3ゴール1アシストを記録。センターバックを本職としながら、昨シーズンは右サイドバックを主戦場に。さらに、守備的MFでもプレー可能な守備のマルチロールだ。

昨夏に加入したポルトではセンターバックのレギュラーとして公式戦22試合に出場し2ゴール2アシストを記録。さらに、昨年9月に行われたエル・サルバドル代表とのフレンドリーマッチでセレソンデビューも飾っている。

マンチェスター・ユナイテッドも獲得に関心を示す逸材DFに関しては、今年の夏に有効となる5000万ユーロ(約62億3000万円)の契約解除条項が存在しているが、今月中に獲得する場合の契約解除金は4200万ユーロ(約52億3000万円)と大幅に減額される。

そこに目を付けたマドリーはミリトン獲得を今冬の最優先事項に定めているようだ。

なお、ポルトは8日にかつてマドリーで活躍したポルトガル代表DFペペを2年半契約で獲得しており、ミリトン流出に備えた補強をすでに行っている。
コメント
関連ニュース
thumb

【リーガエスパニョーラ第34節プレビュー】バルサに今節優勝の可能性! 前節先発の柴崎はRマドリーとのダービー!

先週末に行われた第33節では首位バルセロナとマドリード勢3チームが揃って勝利を手にする波乱なき一節となった。また、MF柴崎岳とMF乾貴士の日本人選手2人に関しては柴崎が17戦ぶりの先発出場を果たして勝利に貢献した一方、乾が負傷交代を強いられるという明暗が分かれる結果となった。 ミッドウィーク開催となる第34節では今節での優勝の可能性がある首位のバルセロナ(勝ち点77)と、2位のアトレティコ・マドリー(勝ち点68)の戦いに注目が集まる。 今節での優勝条件は8位のアラベス(勝ち点46)のホームに乗り込むバルセロナが勝利したうえ、翌日に行われる試合で5位のバレンシア(勝ち点52)をホームで迎え撃つアトレティコが敗れた場合のみバルセロナの連覇が決定する。なお、リーガのレギュレーションでは勝ち点で並んだ場合、得失点差ではなく当該成績が優先されるため、今季バルセロナに1敗1分けのアトレティコは勝ち点で上回らない限り逆転できない。 前節、レアル・ソシエダに苦戦を強いられながらも2-1で競り勝って2連覇に向けて一歩歩みを進めたバルセロナ。その試合から中2日での試合となるアラベスとのアウェイゲームに向けては軽傷を抱えるMFラキティッチを始め一部主力に欠場の可能性があるが、5月1日にリバプールとのチャンピオンズリーグ(CL)準決勝初戦を控えていることを考えれば、その直近に行われる次節レバンテ戦で大幅なローテーションを行うためにも主力の投入で勝ち切っておきたいところだ。なお、バルセロナ戦での活躍が期待されたアラベスの乾に関しては右足首を捻挫しており、今節での出場は絶望的だ。 一方、今節での優勝を阻止したいアトレティコは前節エイバルに大苦戦を強いられながらもMFレマルのゴールを持ち味の堅守で勝ち切った。ただ、長期出場停止を強いられたFWジエゴ・コスタの練習拒否など、チームは一枚岩となり切れていない。その中で戦う今節の相手は直近公式戦4連勝と本来の力を取り戻したバレンシアが相手だ。4位のヘタフェ(勝ち点54)と6位のセビージャ(勝ち点52)と熾烈なトップ4争いを繰り広げる、モチベーション高き相手をきっちりホームで退けてバルセロナの優勝を阻止できるか。 また、優勝争いと共に注目を集めるのが、ヘタフェvsレアル・マドリーのマドリード自治州ダービーだ。前節、“躍動”したマテウ・ラオス主審のアシストもあってセビージャとの重要な直接対決を3-0の大勝で飾ったヘタフェでは、17戦ぶりの出場を果たした柴崎が両サイドハーフ、2トップの一角と3つのポジションをこなしたうえ、2点の起点となる好プレーを披露。試合の大勢が決した直後にお役御免の途中交代となったことを考えると、今回のレアル・マドリー戦で引き続き先発のチャンスを与えられる可能性は高いかもしれない。そして、鹿島アントラーズ時代のクラブ・ワールドカップで見せた2ゴールの活躍の再現を期待したいところだ。 対するレアル・マドリーは前々節に格下レガネスと低調なドローゲームを演じたが、前節のアスレティック・ビルバオ戦では絶好調のFWベンゼマが5試合連続ゴールを含む圧巻のハットトリックの活躍でチームを勝利に導いた。今節では堅守ヘタフェ相手に6戦連続ゴールを目指す。 その他の試合ではトップ4争いと残留争いの行方に大きく影響を与えそうなセビージャvsラージョ、バジャドリーvsジローナの2試合にも注目が集まる。前節、ヘタフェとの直接対決に敗れたセビージャだが、今節ヘタフェ、バレンシアが上位のマドリード勢との対戦となっており、勝利できれば4位奪還の可能性は十分にある。対する19位のラージョ(勝ち点28)も逆転残留に向けて負けられない一戦だ。また、18位のバジャドリー(勝ち点32)と16位のジローナ(勝ち点34)による残留争い直接対決も白熱の戦いが期待される。 《リーガエスパニョーラ第34節》 ▽4/23(火) 《26:30》 ウエスカ vs エイバル 《27:30》 バジャドリー vs ジローナ 《28:30》 アラベス vs バルセロナ ▽4/24(水) 《26:30》 アトレティコ・マドリー vs バレンシア 《27:30》 レガネス vs ビルバオ エスパニョール vs セルタ 《28:30》 レバンテ vs ベティス ▽4/25(木) 《26:30》 セビージャ vs ラージョ 《27:30》 レアル・ソシエダ vs ビジャレアル 《28:30》 ヘタフェ vs レアル・マドリー 2019.04.23 19:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ワンダ・ナラがイカルディの残留を明言「来シーズンも残る」

インテルに所属するアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ(26)の今夏の移籍はないようだ。『フットボール・エスパーニャ』が伝えている。 妻で代理人のワンダ・ナラ氏が契約延長を長引かせたことによって、クラブの反感を買い、2月中旬にキャプテンをはく奪されたイカルディ。それから戦列も離れていたこともあり、クラブとの軋轢が指摘されていた。 この状況にレアル・マドリーやアトレティコ・マドリーが関心。最近ではユベントスのアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラとのトレードの可能性が伝えられるなど、今夏の退団が盛んに報じられていた。 そうした中で、ワンダ・ナラ氏はイタリア民放局『Canale 5』で「私たちは来シーズンもインテルに残るわ。今の彼ははるかに穏やかだもの」と残留を明言。リーグ戦では復帰からここ4試合連続で出場しているが、果たして今夏の去就は…。 2019.04.23 15:23 Tue
twitterfacebook
thumb

ベイルにオファーがない? マドリー、レンタル放出も考慮か

レアル・マドリーは、ウェールズ代表MFガレス・ベイル(29)をレンタルでの退団させることも視野に入れているようだ。スペイン『マルカ』が伝えた。 2013年夏にマドリー史上最高額の移籍金でトッテナムから加入したベイル。チャンピオンズリーグ(CL)3連覇に貢献するなど功績を残すが、多過ぎる負傷離脱癖がたびたび批判の的となり、現在は今夏での退団が既定路線に。最近ではジネディーヌ・ジダン監督が、経済的な損害を受けるとしても売却することをクラブにアピール。これに対して、これまで売却を拒み続けてきたフロレンティーノ・ペレス会長も放出意思を固めたとも伝えられている。 ところが、今夏の大型補強に向けた資金集めの一環として、可能な限り高額での売却を望んでいることがネックに。これまで移籍金1億3000万ユーロ(約163億7000万円)と強気な姿勢を見せてきたが、年俸1500万ユーロ(約18億8000万円)の給与も影響し、ベイルにオファーが届いていないという。そのため、買取オプション付きのレンタルで放出することも考慮しているようだ。 これまでマンチェスター・ユナイテッドやバイエルンが移籍先候補して挙げられていた。その一方で、代理人は、「ベイルはここでとても幸せなんだ」と同選手が残留を望んでいることを明かしていたが、ベイルの去就はどうなるのだろうか。 2019.04.23 11:40 Tue
twitterfacebook
thumb

ジダン、ハット達成のベンゼマに「驚きない」

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が、ビルバオ戦でハットトリックを達成した元フランス代表FWカリム・ベンゼマを絶賛している。スペイン『マルカ』が報じた。 レアル・マドリーは21日のリーガエスパニューラ第33節でビルバオとホームで対戦。前半こそゴールレスに終わったが、後半開始早々の47分にFWマルコ・アセンシオのクロスにゴール前のベンゼマが頭で合わせて先制すると、それを皮切りにハットトリックを成し遂げ、3-0で勝利した。 試合後、ジダン監督はベンゼマへの信頼を口にすると共に賛辞を送っている。 「ベンゼマは自信を持っている。彼はいつも物事が良くできることを知っているし、常に改善しようとしている」 「マルコのクロス、(ヘスス・)バジェホのタックルも素晴らしかった。ベンゼマがハットトリックしたことに驚きはないよ」 2019.04.22 15:57 Mon
twitterfacebook
thumb

マルセロ、マドリー残留を強調 「マドリーは僕の家」

レアル・マドリーのブラジル代表DFマルセロ(30)が今夏の退団を否定した。スペイン『マルカ』が伝えている。 2022年までマドリーとの契約を残しているマルセロ。サンティアゴ・ソラーリ前監督の下ではDFセルヒオ・レギロンにポジションを奪われ、ベンチを温める日々が続いていた。 こうしたことからユベントス移籍が盛んに報じられ、一時は個人合意したという報道も…。だが、3月中旬にジネディーヌ・ジダン監督が復任すると、スタメンに返り咲き、出場停止を除く5試合に出場している。さらに直近2試合ではDFセルヒオ・ラモスの欠場でキャプテンマークも巻いている。 そうした中で、マルセロは、21日に行われたリーガエスパニョーラ第33節のビルバオ戦後、イギリス『BeIn Sports』で、マドリーでの充実ぶりを強調した。 「僕が退団するかって? 僕がこのユニフォームを着るとき、誰もが僕が見せる喜びを知っているはずだから、話す必要はないよ」 「レアル・マドリーは僕の家だ。このユニフォームのために汗をかき、世界のトップをキープしなければいけない。プレーできていなかったときも、チームメイトをサポートしなかったことは一度もないよ」 2019.04.22 14:21 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース