福岡、湘南DF石原広教を期限付き移籍で獲得「J1昇格に必ず貢献します」

2019.01.08 16:50 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
アビスパ福岡は8日、湘南ベルマーレに所属するDF石原広教(19)を期限付き移籍獲得したことを発表した。移籍期間は2020年1月31日まで。なお、同期間中は湘南と対戦するすべての公式戦に出場することができない。湘南下部組織出身の石原は、2017年にトップチーム昇格。昨年は明治安田生命J1リーグ第12節の柏レイソル戦でリーグ戦デビューを飾った。昨シーズンは明治安田生命J1リーグに7試合、YBCルヴァンカップに9試合、天皇杯に2試合出場した。

福岡への期限付き移籍が決定した石原は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。

◆アビスパ福岡
「湘南ベルマーレから加入した石原広教です。いち早く自分の顔とプレーを皆さんに覚えてもらえるように、練習から自分のスタイルを出していきたいと思います。福岡は一昨年対戦した時、すごく勝負強いチームだという印象を受けました。そのチームの一員としてプレーし、その勝負強さをしっかりと発揮できるように力となり、J1昇格に必ず貢献します。目標に向け、サポーターの皆さんもぜひ共に戦ってください。応援よろしくお願いします!」

◆湘南ベルマーレ
「今回の移籍は自分にとって難しい決断でした。湘南で試合に出て活躍し、チームをJ1上位に躍進させたいという気持ちは強くありましたが、一方でそれが今の自分には難しいことだとも感じていました。湘南はジュニア時代からお世話になったクラブであり、だからこそここでより一層勝利に貢献するために、今季は別の舞台でチャレンジし、様々な経験を積みたいと思っています。自分が小さい頃から声援を送り、成長させてくれた指導者やサポーターの皆さん、そして今回の自分の決断を尊重してくれたクラブの皆さんへの感謝の思いを忘れず、福岡の地で頑張ってきたいと思います。これからも引き続き、石原広教をよろしくお願いします」
関連ニュース
thumb

G大阪がACL6戦6発パトリックの決勝弾で帰国後初戦を白星! VARに涙の福岡は5連敗【明治安田J1第21節】

明治安田生命J1リーグ第21節の1試合が17日にベスト電器スタジアムで行われ、アウェイのガンバ大阪がアビスパ福岡を1-0で下した。 6連勝からの4連敗で11位の福岡はここ4試合連続で複数失点と持ち前の堅守が崩れ、息切れ気味。東京オリンピック開幕前最後のリーグ戦になるなか、サロモンソンやブルーノ・メンデス、杉本がベンチ外の一方で、クルークスや石津、フアンマがスタートから出場した。 一方、19位のG大阪はACLの戦いから戻っての国内初戦となり、このゲームを皮切りに15連戦がスタート。帰国後に新型コロナウイルス感染者が新たに出ての今節だが、3トップの最前線にレアンドロ・ペレイラが入るなど、ACLでも主力としてプレーした陣容を先発起用した。 ACL敗退の悔しさをバネに序盤からボールを保持しての攻めに転じたG大阪だが、同じく浮上の足がかりを探る福岡もロングボールを軸に反攻。そのなかで、福岡が先に決定機を作り出すが、8分に右サイドからのクロスにグローリが頭で合わせたシュートは枠の左に外れた。 崩しにかかる場面こそ多いものの、なかなかフィニッシュ数が伸びてこないG大阪は右ウィングバックの小野瀬が幅を取りながら起点となり、10分にボランチの位置から攻撃参加した倉田、23分にもL・ペレイラがシュートを放っていくが、いずれも相手DFのブロックに遭う。 そんなG大阪は突破口を見いだせないなか、29分にバイタルエリア左の位置でFKのチャンスを獲得すると、キッカーの宇佐美が右足で直接狙うが、GK村上がゴール右に突いたボールを処理。さらに、43分にも宇佐美が右足ボレーで襲いかかるが、枠のわずか左に外れていった。 G大阪の攻めが続いたものの、課題の守りが乱れることなく、試合を折り返した福岡はその後半早々の47分、右サイドのクルークスからのクロスにニアサイドで反応したフアンマにいきなりの先制機。右足で合わせたボールが枠に飛ぶが、GK東口に阻まれ、昌子に掻き出される。 リズム良く入った勢いそのままに盛り返す福岡は金森を投入した直後の67分、ボックス左の山岸が中央のフアンマとのワンツーで最終ラインの背後を完全に抜け、右足インサイドでネットを揺らすが、VARの対象に。トラップの流れでハンドがあったとして、認められない。 後半の流れが悪いG大阪は68分にウェリントン・シウバを投入すると、78分にパトリック、一美、奥野の3枚替え。押し切りたい福岡も82分にジョン・マリを入れ、両者の勝利を目指す姿勢が表立つ形で終盤に入ったなか、後半のここまで劣勢だったG大阪の交代策が的中する。 G大阪が徐々に敵陣で再びボールを持ち運び、時間を作り始めた80分、左サイドの奥野が右足でクロスを上げると、ボックス中央の重廣が頭でのクリアを試みるが、うまく前に弾けず、最終ラインの背後に。すると、フリーのパトリックが瞬発的に頭でゴール左に沈めた。 その後、福岡の猛攻に晒されたG大阪だが、GK東口を中心にACLで6戦6発と奮闘したパトリックの一発で手にしたリードを守り抜き、見事に再開初戦を白星。山岸のゴールがVARで取り消され、敗れた福岡は泥沼の5連敗という結果に終わっている。 アビスパ福岡 0-1 ガンバ大阪 【G大阪】 パトリック(後40) 2021.07.17 20:40 Sat
twitterfacebook
thumb

今季湘南加入のMF中村駿が福岡に完全移籍「様々な意見があると思います」

アビスパ福岡は13日、湘南ベルマーレのMF中村駿(27)が完全移籍で加入することを発表した。背番号は「40」となる。 中村は習志野高校、駒澤大学を経て、2016年にザスパクサツ群馬に入団。プロ1年目からJ2で34試合に出場し4得点を記録すると、その活躍認められ1年でモンテディオ山形へと移籍する。 山形でもレギュラーとしてプレー。4シーズンプレーすると、今シーズンから湘南に完全移籍で加入していた。 湘南では明治安田生命J1リーグで11試合に出場していたが、この度完全移籍することとなった。 中村は両クラブを通じてコメントしている。 ◆アビスパ福岡 「アピスパ福岡のファン、サポーターの皆さん、初めまして!湘南ベルマーレから移籍してきました中村駿です。ファン、サポーターの方々にたくさんの勝利を届け、福岡の街を盛り上げていけるよう全身全霊をかけて頑張ります。よろしくお願いします! ◆湘南ベルマーレ 「湘南ベルマーレ ファンサポーターの皆様」 「この度、アピスパ福岡へ移籍することになりました。半年間という短い期間でしたが、湘南ベルマーレの選手としてプレーできたことを誇りに思います。ありがとうございました」 「今回の移籍に関して、様々な意見があると思います。僕の中でも、J1の舞台に呼んでくれたチームに対して何も残さず移籍していいのか。もっとこのチームで成長できる自分がいるんじゃないかと考えました。それでも僕はチャレンジしようと決断しました。常に前向きに、チャレンジ精神を忘れずにという思いが自分の中で強くあるからです」 「この決断に自信を持ってこれからもプロサッカー選手として高みを目指していこうと思います。 湘南ベルマーレのファンサポーターの皆さん、関係者の皆さん、短い時間でしたが本当にお世話になりました。本当にありがとうございました」 2021.07.13 09:20 Tue
twitterfacebook
thumb

実在する人物になりすまし、福岡の選手にSNSで差別投稿…両クラブが声明「怒りとともに悲しみさえこみ上げてきます」

アビスパ福岡は11日、SNS上での差別投稿について声明を発表した。 事件は10日にニッパツ三ツ沢球技場で開催された明治安田生命J1リーグ第22節の横浜F・マリノス戦後に起きたとのこと。SNS上で福岡の選手に対する差別的な投稿があったという。 また、この投稿は、実在する人物のアカウント本人になりすまして投稿されていたとのことだ。 福岡は今回の件を受けて声明を発表。「このような行為は卑劣であり到底許されるものではございません」とし、「対象となった選手はもちろん、多くのサッカーを愛する方々を傷つけ、怒りとともに悲しみさえこみ上げてきます」と怒りを露わにした。 また「今回の件については、今後同様なことが起こらないよう、専門家等のアドバイスをいただきながら厳正に対処致します」と、対策をしっかりと講じる予定とのことだ。 なお、横浜FMも声明を発表しており、横浜FMサポーターになりすまして差別投稿がされていたとのこと。「いかなる差別的な行為も絶対にゆるすことはありません」としている。 2021.07.11 21:50 Sun
twitterfacebook
thumb

J1ホーム通算800得点を記録した横浜FMが6連勝を達成!福岡は前半2失点が響いて4連敗【明治安田J1第22節】

明治安田生命J1リーグ第22節、横浜F・マリノスvsアビスパ福岡が10日にニッパツ三ツ沢球技場で行われ、2-0で横浜FMが勝利を収めた。 5連勝中の横浜FMはU-24代表合宿のため不在の前田に代わり、仲川を5試合ぶりにスタメンで起用。さらに、出場停止のマルコス・ジュニオールに代わって天野を6試合ぶりに先発に並べた。また、クラブエンブレムではなく錨をあしらった『アンカーコレクション』と題したスペシャルユニフォームを着用して臨んだ。 一方の福岡は対照的に、3連敗中と元気がない。前節からスタメンを4人変更し、宮、湯澤らに代わって奈良、志知らが入った。5戦連続で先制を許しており、3連敗中はいずれも早い時間帯で失点を喫している。そして、この試合でも立ち上がりから横浜FMに押し込まれ、守勢に回ってしまう。 7分に天野のミドルシュートのこぼれ球に反応した仲川にダイレクトで狙われると、16分にも天野のフリックから再び仲川のチャンスを許す。だが、いずれもGK村上が好セーブを見せ、早々の失点を回避する。 魔の時間帯を切り抜けはしたもののボールを前に運べない福岡は、依然として防戦一方の展開に。すると22分、横浜FMは扇原のパスを受けた天野がボックスの右角付近から右足で折り返すと、GK村上がパンチングしたボールが奈良に当たってゴールイン。福岡は不運な形でビハインドを負った。 思わぬ形でJ1ホーム通算800得点を記録した横浜FM。攻撃の手を緩めることなく立て続けに追加点を奪う。28分、小池から右サイドの高い位置でパスを受けたエウベルが、外側を追い越した小池を囮にしてクロスを入れると、ファーポストでオナイウが頭で合わせて2点目を決めた。 その後も攻め続ける横浜FMは、再び仲川に決定機が訪れる。ボックス内でエウベルからのプレゼントパスを受けた仲川だったが、ボールが深めに収まってしまい、シュートは寄せてきたDFに防がれた。 主導権を握る横浜FMだったが、37分にアクシデント。エミル・サロモンソンのボレーを至近距離でブロックしたチアゴ・マルチンスが倒れ込んでしまう。顔に当たったため脳震盪の心配もあり、ピッチ外で確認が行われた。この間のセットプレーで福岡が畳みかけたが得点は奪えず、チアゴ・マルチンスは無事にピッチへ戻ってきた。 2点を追い掛ける福岡は、後半の頭から重廣を下げてジョルディ・クルークスを投入。右サイドの活性化を図る。だが、先に決定機を迎えたのは横浜FMだった。52分、エウベルのクロスからオナイウがフリーでヘディングシュート。これはGK村上に阻まれ、さらにこぼれ球を拾ってのボレーもGK村上に止められてしまった。 横浜FMは65分、天野、扇原、實藤に代えて渡辺、ティーラトン、喜田を送り出す。岩田がセンターバックに、和田がボランチの一角に入るなど、個々の立ち位置を変化させた。 半ば以降は次第にオープンな展開になり始め、73分には福岡がカウンターからチャンスメイク。ボックス右の深い位置まで侵入したクルークスがグラウンダーのクロスを送り込んだが、ニアに走り込んだ山岸はボールに触れられなかった。 横浜FMもボックス右からのエウベルの折り返しを、ファーで渡辺が頭で合わせる。これはGK村上が左手一本ではじき出し、ピンチをしのぐ。それに応えようと、終盤には山岸のラストパスからボックス手前で前が狙うも、わずかにポストの右へ逸れ、その後も攻勢を見せるもゴールは奪えずにタイムアップとなった。 横浜FMは後半こそゴールを奪えなかったものの、クリーンシートで締めて6連勝を達成。対する福岡は、前半の失点が響いて難しいゲームに。攻撃陣も決定的なシーンをほとんど作り出せず、4連敗を喫した。 横浜F・マリノス 2-0 アビスパ福岡 【横浜FM】 OG(前22) オナイウ阿道(前28) 2021.07.10 20:15 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第22節:横浜FMvs福岡】5連勝vs3連敗、相対する調子の両者がぶつかりあう

【明治安田生命J1リーグ第22節】 2021年7月10日(土) 18:00キックオフ 横浜F・マリノス(2位/43pt) vs アビスパ福岡(10位/29pt) [ニッパツ三ツ沢球技場] ◆逆転優勝へ大事な後半戦初戦【横浜F・マリノス】 前節はアウェイでの柏レイソル戦で1-2と勝利。結果的にクリーンシートを逃したが、数的不利の中での一戦をものにして5連勝となった。 マルコス・ジュニオールの不用意なチャージが危険なプレーとなり、試合の大半を10人で戦ったことで、チームとして負荷かかったことは間違いない。それでも1週間ぶりの試合ということで、コンディションは問題ないだろう。 思えはシーズン最長の5連勝。着実に勝ち点を積み上げ、首位の川崎フロンターレを追いかけている。 今節からは東京オリンピックに臨むFW前田大然が不在。また、マルコス・ジュニオールも不在となるが、選手層の厚さを見せる時。柏戦では、急遽出場となった實藤がペドロ・ハウルをしっかりと抑え、自信を持ってプレーできるはずだ。 前線でも久々先発の仲川輝人に注目が集まる。今夏チームは元日本代表FW宮市亮を獲得。登録の都合上8月まで出番は回ってこないが、1カ月にわたる中断期間を前に、一発ゴールを決めておきたいところだろう。 6連勝で休みに入ることができるのか。首位を追いかけるためにも、負けられない一戦だ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:高丘陽平 DF:小池龍太、チアゴ・マルチンス、實藤友紀、和田拓也 MF:岩田智輝、天野純、扇原貴宏 FW:仲川輝人、オナイウ阿道、エウベル 監督:松永英機 出場停止:マルコス・ジュニオール 東京五輪出場選手:前田大然 ◆連敗を3で止められるか【アビスパ福岡】 前節はアウェイで浦和レッズと対戦し、2-0で敗戦。チームの連敗は3となった。 後半戦初戦を黒星でスタートしたことは、チームとしてはあまり良いとは言えない状況。3連敗、4戦未勝利から早く抜け出したいところだろう。 これまで昇格即降格というシーズンを繰り返してきた福岡にとっては、満足はできない結果かもしれないが、中位にいることは上出来と言って良い結果だろう。降格圏との勝ち点差も13あると考えれば、まだ余裕はあるが、夏場の失速は禁物だ。 東京オリンピックの関係で今節を含めてあと2試合でおよそ1カ月の中断に入る。その前に何としても連敗を止めておきたいところだ。 今節の相手は勢いに乗る横浜FM。連勝中の相手でありながらも、付け入る隙がないわけではない。強みであるコレクティブで強度の高い守備を見せ、隙を突いてゴールを奪えるか。堅い試合に持ち込むことができれば勝機はある。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:村上昌謙 DF:エミル・サロモンソン、奈良竜樹、ドウグラス・グローリ、志知孝明 MF:ジョルディ・クルークス、重廣卓也、前寛之、杉本太郎 FW:ブルーノ・メンデス、山岸祐也 監督:長谷部茂利 2021.07.10 15:17 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly