「キャリアは日本で終えたい」HSVのDF酒井高徳、将来について言及2019.01.03 12:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ハンブルガーSVに所属する元日本代表DF酒井高徳(27)は、日本で現役生活を終えたいと考えているようだ。ドイツ『ハンブルガー・モルゲンポスト』が伝えている。アルビレックス新潟からドイツに渡り、シュツットガルトを経て、2015年7月にHSVへ完全移籍。2016-17シーズン途中からブンデスリーガ日本人選手初となるチームキャプテンを務めている。昨シーズンにチームはブンデスリーガ2部に降格したが、その後自身は2020年6月まで契約を延長した。

今シーズンドイツ8年目、HSV在籍4年目を迎えた酒井だが、HSV以外でプレーすることは考えていないとコメント。また、現役最後は日本でプレーすることを望んでいることを明かした。

「ハンブルガーSV以外でプレーすることは想像できない。(将来について)簡単なことではないし、多くの力が必要になる。僕のコンディションが1、2年でどうなるか見ていかなくてはならない」

「僕がこのチームに貢献できないと思ったら、おそらく日本に帰る。日本でキャリアを終えたいんだ」
コメント
関連ニュース
thumb

ファン・デル・ファールトの引退試合が10月に開催! 招待される選手が豪華すぎる

ハンブルガーSVは7日、昨年11月に現役を引退した元オランダ代表MFラファエル・ファン・デル・ファールトの引退試合を10月に開催することを発表した。 ファン・デル・ファールトは2000年にアヤックスでプロキャリアをスタート後、ハンブルガーSVやレアル・マドリー、トッテナム、ベティス、FCミッティランでプレー。ハンブルガーSVでは公式戦199試合に出場し66ゴール55アシストという成績を収めた。 今回の引退試合は『GAME OF CHAMPIONS』と銘打たれ、“Rafa's HSV Stars”と“Rafa's All Stars”に分かれて試合を行う。 その“Rafa's All Stars”として招待されているメンバーが豪華すぎるのだ。 まずGKには、同じアヤックス出身で同胞のエドウィン・ファン・デル・サール。同様にアヤックス出身者ではエドガー・ダービッツやパトリック・クライファート、クラレンス・セードルフ、ヴェスレイ・スナイデルら往年のレジェンドたちが顔を揃えた。 その他では、マルク・ファン・ボメルやアリエン・ロッベン、マルク・オーフェルマルス、ジョバンニ・ファン・ブロンクホルストなど“オランイェ”を代表する選手たちが招待されている。 そんな、名前を聞いただけでも盛り上がってしまう記念試合は10月13日にハンブルガーSVの本拠地・フォルクスパルクシュタディオンで行われる。 現在発表されているメンバーは以下の通り。 1.エドウィン・ファン・デル・サール 2.ミチェル・サルガド 7.マルク・オーフェルマルス 9.パトリック・クライファート 10.アリエン・ロッベン 11.ロビン・ファン・ペルシー 12.ジョバンニ・ファン・ブロンクホルスト 13.エドガー・ダービッツ 14.ヴェスレイ・スナイデル 17.マルク・ファン・ボメル 18.ディルク・カイト 20.クラレンス・セードルフ 23.ラファエル・ファン・デル・ファールト 26.クリスティアン・キヴ 2019.06.10 15:00 Mon
twitterfacebook
thumb

1年での1部復帰逃したHSV、今季チーム得点王ラソッガがカタール移籍

ブンデスリーガ2部に所属するハンブルガーSVは4日、ドイツ人FWピエール=ミシェル・ラソッガ(27)がカタールのアル・アラビにフリートランスファーで加入することを発表した。なお、ラソッガは3年契約にサインしている。 ラソッガは、シャルケやヴォルフスブルク、レバークーゼンの下部組織を経て、2010年にレバークーゼンのトップチームに昇格。その後、ヘルタ・ベルリンでの活躍を経て2014年夏に前年にレンタル移籍で加入していたHSVに完全移籍。昨シーズンはチャンピオンシップ(イングランド2部)のリーズに1年間のレンタル移籍に出されていた。 今シーズンはブンデスリーガ創設以降、初めて2部降格となったHSVに復帰し、リーグ戦27試合でチーム最多の13ゴールを記録したが、チームは最終的に4位でシーズンを終えることになり、1年での1部復帰を逃していた。 そして、今シーズン限りでHSVとの契約が終了となるラソッガは、カタールに新天地を求めることになった。 2019.06.05 15:57 Wed
twitterfacebook
thumb

酒井高徳と伊藤達哉所属のハンブルガーSVが監督交代 新監督はヘッキング監督

ハンブルガーSVは29日、ディーター・ヘッキング監督(54)を新監督に迎えたことを発表した。 昨季のブンデスリーガ1部で17位に終わり、今季から2部で戦っていたハンブルガーSV。チームは4位に終わり、1年での1部復帰を果たすことはできなかった。 シーズン終了前の17日に、同クラブは昨年10月から指揮を執っていたハネス・ ヴォルフ監督の退任を発表。そして、後任として迎えられたのが、今季までボルシアMGを率いていたヘッキング監督だ。 ヘッキング監督は2016年12月にボルシアMGの監督に就任。過去2シーズンは9位でフィニッシュし、今季は好調なシーズンを送り、前半戦終了時には2位に付けていたが終盤に失速。クラブは先月2日に今季限りで同監督と袂を分かつ決断を下した。 ボルシアMGは最終的に5位で終え、ギリギリでチャンピオンズリーグ出場権を逃す結果となっていた。 ヘッキング監督はこれまでハノーファーやニュルンベルク、ヴォルフスブルクなどを指揮。ヴォルフスブルク時代の2014-15シーズンにはDFBポカールを獲得していた。 2019.05.29 21:40 Wed
twitterfacebook
thumb

フランクフルト、コスティッチの買取OP行使! 今季途中から左WBで躍動!

フランクフルトは17日、ブンデスリーガ2部のハンブルガーSVからレンタル加入中のセルビア代表MFフィリップ・コスティッチ(26)の買い取りオプションの行使を発表。同選手とは2023年6月30日までの4年契約を締結した。 コスティッチの買い取りオプション行使に際してクラブ執行役員を務めるフレディ・ボビッチ氏は、「フィリップは我々にとってまさに大ヒットとなった。ダイナミズムや決意、フレキシブルさを持って我々のポジティブなシーズンに大きく貢献してくれた」と、同選手のパフォーマンスを高く評価しての買い取りだったことを強調している。 母国のFKラドニチュキでプロキャリアをスタートしたコスティッチは、オランダのフローニンヘン、ドイツのシュツットガルトを経て2016年にHSVに加入。卓越した左足の技術と優れたアジリティ、創造性を武器に左右のウイングを主戦場に主力として活躍。 今季は加入当初、2シャドーの一角など前線での起用となっていたが、シーズン途中からは左ウイングバックのポジションで貴重な攻め手として活躍。今シーズンここまではブンデスリーガで33試合に出場し、6ゴール11アシストを記録する見事な活躍ぶりだった。 2019.05.17 22:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒが酒井高&伊藤不出場のHSVに快勝で初の決勝進出!《DFBポカール》

DFBポカール準決勝、ハンブルガーSVvsライプツィヒが23日に行われ、1-3でライプツィヒが勝利し、初の決勝進出を果たした。HSVのDF酒井高徳はベンチ入りも出場せず、FW伊藤達哉はベンチ入りしなかった。 準々決勝でパーダーボルンを下したHSVは酒井高がベンチスタート、伊藤がベンチ外となった。一方、アウグスブルクを延長戦の末に下したライプツィヒはヴェルナーやY・ポウルセン、ハルステンベルクなどベストメンバーを送り出した。 決勝進出を懸けた準決勝、時間の経過とともに攻勢を強めていたライプツィヒが12分に先制する。フォルスベリの左CKからY・ポウルセンがヘッドで流し込んだ。 さらに16分、ヴェルナーの左クロスに合わせたY・ポウルセンのシュートが右ポストを直撃。ルーズボールをゴールエリア左のヴェルナーがシュートに持ち込むも、GKにセーブされた。 劣勢だったHSVだったが、24分にミスを突いて追いつく。ジャッタがカンプルからボールを奪ってボックス手前左からコントロールシュート。これがゴール右上に決まった。 1-1となって以降もライプツィヒが攻勢に出ていたが、前半終盤の42分、HSVに逆転のチャンス。ドウグラスのスルーパスに抜け出したネイリーがボックス内からシュート。だが、GKグラーチの好守に阻まれた。 1-1で迎えた後半もライプツィヒが押し込むと、53分に勝ち越した。カンプルの浮き球パスをボックス右のY・ポウルセンが折り返すと、ヤンジチッチのオウンゴールを誘った。 その後もライプツィヒが主導権を握ると、69分には右サイドを突破したクロステルマンの折り返しを受けたボックス中央のフォルスベリがバー直撃のシュートを浴びせた。 そして72分、ライプツィヒに決定的な3点目が生まれる。ボックス手前左でパスを受けたフォルスベリがゴール左隅にシュートを蹴り込んだ。 このままHSVの反撃を許さなかったライプツィヒが3-1で快勝。初の決勝進出を果たしている。決勝ではブレーメンvsバイエルンの勝者と対戦する。 2019.04.24 05:37 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース