首位快走のドルトムントがボルシアMGとの上位対決を制しウィンターブレーク突入!《ブンデスリーガ》2018.12.22 06:45 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブンデスリーガ第17節のドルトムントvsボルシアMGが21日に行われ、2-1でドルトムントが勝利した。ドルトムントのMF香川真司はベンチ入りしなかった。▽先週末のブレーメン戦に勝利し前半戦首位ターンを確定させたドルトムントが、2位ボルシアMGをホームに迎えた一戦。ミッドウィークに行われた前節のデュッセルドルフで今季初黒星を喫したドルトムントは、その試合からスタメンを6人変更。ゲッツェやプリシッチ、シュメルツァー、ディアロらに代えてアルカセル、ラファエウ・ゲレイロ、サンチョ、アクラフ・ハキミらをスタメンで起用した。

▽一方、ミッドウィークのニュルンベルク戦に勝利し、首位ドルトムントとの勝ち点差を6ポイントに縮めたボルシアMGは、その試合からスタメンを2人変更。トラオレとエルベディに代えてヘアマンとクラマーをスタメンで起用した。

▽試合は上位対決らしく序盤から締まりのある拮抗した展開となる。ドルトムントは高い位置から積極的にプレスを仕掛けてボルシアMGのビルドアップを封じ、早めに仕掛けていく。すると20分、高い位置でラファエウ・ゲレイロがボール奪取に成功すると、横パスボックス左手前で受けたアルカセルがワンタッチでゴール前へラストパス。相手DFの裏に抜け出したロイスがダイレクトシュートを放ったが、これはGKゾンマーのファインセーブに阻まれた。

▽ドルトムントは32分にアクシデント。プレー中にモモ裏を負傷したアルカセルがプレー続行不可能となり、ベンチに下がる。これに伴いゲッツェが緊急投入された。すると42分、ドルトムントは中盤でのボール奪取からカウンターを仕掛ける。左サイドを持ち上がったロイスの折り返しをボックス中央でゲッツェが落とし、最後はボックス右深くまで切り込んだサンチョが角度のない位置からシュート。これが左ポストに当たるもそのままゴールに吸い込まれた。

▽先制を許したボルシアMGだが、前半終了間際に反撃。46分、ボックス手前でパスを受けたT・アザールがワンタッチで右サイドに展開すると、これに反応したザカリアがクロスを供給。これをクラマーが頭で合わせると、相手DFにディフレクトしたこぼれ球を再びクラマーが押し込み、前半は1-1で終了した。

▽迎えた後半、先に試合を動かしたのはアウェイチーム。54分、右サイドからカットインを狙ったサンチョがボックス右に開いたゲッツェにパスを供給。これを受けたゲッツェの高速クロスをゴール前に走り込んだロイスがすべりこみながらゴールに流し込んだ。

▽勝ち越しに成功したドルトムントは、65分にもボックス左手前でパスを受けたゲッツェが相手DFに倒されFKを獲得すると、ロイスの直接FKが左ポストを直撃。さらに試合終了間際の86分にも、自陣からのロングフィードをボックス手前でゲッツェが落とすと、ロイスがボックス左から侵入したが、コントロールが大きくなったボールは飛び出したGKゾンマーがキャッチした。

▽結局、試合はそのまま2-1で終了。ロイス弾で逃げ切ったドルトムントが、上位対決を制してウィンターブレークを迎えることになった。
コメント
関連ニュース
thumb

フンメルスの復帰でバイエルンとドルトムントが基本合意! 3年ぶりに古巣復帰

バイエルンとドルトムントは19日、ドイツ代表DFマッツ・フンメルス(30)が復帰することで基本合意に達したことを発表した。 フンメルスは、バイエルンの下部組織出身で、2007年1月にトップチームへ昇格。しかし、トップチームではほとんど出場機会を得ることなく、1年後の2008年1月にドルトムントへとレンタル移籍。2009年7月に完全移籍していた。 ドルトムントではディフェンスの要として長年プレーし、公式戦309試合に出場し25ゴール16アシストを記録。ユルゲン・クロップ監督の下ではブンデスリーガを連覇するなどタイトルを獲得していた。 しかし、2016年7月に古巣のバイエルンへと完全移籍。復帰1年目からディフェンスラインの軸としてプレー。今シーズンはブンデスリーガで21試合に出場し1ゴール1アシストを記録。チャンピオンズリーグで6試合に出場し1ゴールを記録していた。 なお、バイエルンとドルトムントは移籍の内容に関しては明かさないことでも合意しているとのこと。フンメルスはメディカルチェック後に正式に復帰となる。 2019.06.19 22:08 Wed
twitterfacebook
thumb

ドルト、ファブレと新規契約締結…2021年6月まで

ドルトムントは18日、ルシアン・ファブレ監督(61)との契約延長を正式発表した。延長期間は1年。2021年6月まで指揮を執ることになる。 スイス人指導者のファブレ監督は、ニース監督を経て、2018年5月からドルトムントを指揮。ブンデスリーガ開幕15戦負けなしの好スタートを切ったが、徐々に失速して2位に終わり、チャンピオンズリーグ(CL)でもベスト16で散った。 ただ、ドルトムントのスポーツディレクター(SD)を務めるミヒャエル・ツォルク氏は、ファブレ監督の手腕を評価。近日中にも契約延長の見通しであることを明かしている状況だった。 そのドルトムントは今夏、ベルギー代表MFトルガン・アザール(26)や、ドイツ代表DFニコ・シュルツ(26)、同代表MFユリアン・ブラント(23)、U-19デンマーク代表FWマグヌス・カーストルップ(18)を獲得している。 2019.06.18 22:10 Tue
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、フンメルス移籍でバイエルンと原則合意

ドイツ『ビルト』が、ドルトムントがドイツ代表DFマッツ・フンメルス(30)の移籍に関して、バイエルンと原則合意に達したことを報じている。 『ビルト』によると、移籍金は2000万ユーロ(約24億4000万円)の基本金にインセンティブが加わる内容に。 バイエルンではフランス代表DFリュカ・エルナンデスが加入したことから、フンメルスは移籍を希望した模様。同メディアによれば、減俸もやぶさかではという。 2016年夏に、ユース時代を過ごしたバイエルンに復帰したフンメルスは、公式戦通算118試合に出場し、ブンデスリーガ3連覇や、今季の国内2冠に貢献。2度目のドルトムント移籍が実現すれば、3年ぶりの復帰となる。 2019.06.16 18:46 Sun
twitterfacebook
thumb

左SB強化睨むバルサ、ラファエル・ゲレイロにシフトか

ドルトムントに所属するポルトガル代表DFラファエル・ゲレイロ(25)に対して、バルセロナの関心が浮上した。スペイン『マルカ』が報じた。 ラファエル・ゲレイロは2016年からドルトムントでプレー。複数エリアでプレー可能なユーティリティ性を兼備する攻撃的な左サイドバックで、今シーズンも公式戦32試合6得点6アシストをマークが、来シーズン限りでドルトムントとの契約が失効する。そのラファエル・ゲレイロがバルセロナのターゲットに入っているという。 今夏の移籍市場でスペイン代表DFジョルディ・アルバのバックアッパーを探すバルセロナは、今シーズン限りでアトレティコ・マドリーとの契約が満了するブラジル代表DFフィリペ・ルイス(33)を注視。最も獲得の公算が高いターゲットだが、万能性も併せ持つラファエル・ゲレイロにより心が惹かれつつある模様だ。 2019.06.16 09:25 Sun
twitterfacebook
thumb

8月開幕のDFBポカール1回戦の組み合わせが発表!

DFBポカール1回戦の組み合わせ抽選会が6月15日に行われた。 今回発表された中で最注目のカードとなったのが、2009から6シーズンをドルトムントでプレーした元ドイツ代表Fケビン・グロスクロイツが所属するユルディンゲン05(ブンデス3部)と、そのドルトムントと対戦。 また、前回王者のバイエルンはブンデス4部に所属するエネルギー・コットブスと対戦する。なお、詳しい日時は決定していないもののDFBポカール1回戦は8月に開催される予定だ 。 ◆DFBポカール1回戦 ヴルツブルガー・キッカース(3部) vs <b>ホッフェンハイム</b> サルムロール(6部) vs ホルスタイン・キール(2部) ゲルマニア・ハルバーシュタット(4部) vs ウニオン・ベルリン</b> カイザースラウテルン(3部) vs <b>マインツ</b> レディングハウゼン(4部) vs <b>パダーボルン</b> ハレシャー(3部) vs <b>ヴォルフスブルク</b> アトラス・デルメンホルスト(5部) vs <b>ブレーメン</b> ユルディンゲン05(3部) vs <b>ドルトムント</b> ザントハウゼン(2部) vs <b>ボルシアMG</b> ケムニッツァー(3部) vs ハンブルガーSV(2部) ヴァルドルフ・マンハイム(3部) vs <b>フランクフルト</b> アレマニア・アーヘン(4部) vs <b>レバークーゼン</b> ダッセンドルフ(5部) vs ディナモ・ドレスデン(2部) ヴィリンゲン(5部) vs <b>デュッセルドルフ</b> バウナタール(5部) vs ボーフム(2部) エネルギー・コットブス(4部) vs <b>バイエルン</b> カールスルーアーSV(2部) vs ハノーファー96(2部) デュイスブルク(3部) vs グロイター・フュルト(2部) オーバーノイランド(5部) vs ダルムシュタット(2部) ヴェーエン・ヴィースバーデン(2部) vs <b>ケルン</b> ハンザ・ロストック(3部) vs シュトゥットガルト(2部) ザールブリュッケン(4部) vs レーゲンスブルク(2部) ドロホターゼン/アッセル(4部) vs <b>シャルケ</b> ヴィクトリア1899(4部) vs ビーレフェルト(2部) インゴルシュタット(3部) vs ニュルンベルク(2部) フェール(4部) vs <b>アウグスブルク</b> リューベック(4部) vs ザンクトパウリ(2部) アイヒシュテット(4部) vs <b>ヘルタ・ベルリン</b> ヴァッカー・ノルトハウゼン(4部) vs エアツゲビルゲ・アウエ(2部) オスナブリュック(2部) vs <b>ライプツィヒ</b> マグデブルク(3部) vs <b>フライブルク</b> SSVウルム1846(4部) vs ハイデンハイム(2部) 2019.06.16 03:30 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース