横浜FMが琉球GK朴一圭を完全移籍で獲得…J3で通算147試合に出場

2018.12.18 11:27 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
▽横浜F・マリノスは18日、FC琉球のGK朴一圭(パク・イルギュ/28)を完全移籍で獲得することを発表した。

▽朴一圭は、朝鮮大学から2012年に当時JFLの藤枝MYFCへ入団。2013年はFC KOREAでプレーするも、2014年に再び藤枝に入団した。

▽藤枝では、1年目から明治安田生命J3リーグで32試合に出場すると、2015年も33試合に出場。2016年に琉球へと移籍すると、ここでもレギュラーポジションを掴み、3シーズンでリーグ戦通算82試合に出場していた。

▽今シーズンはJ3で29試合に出場し、チームのJ3優勝、J2昇格に貢献していた。朴一圭は両クラブを通じてコメントしている。

◆横浜F・マリノス
「この度、FC琉球より移籍してきました朴一圭です。このような素晴らしいクラブに加入する事が出来て大変嬉しいです。サッカーを始めた頃からの夢であったJ1でプレーするチャンスをくださった事に感謝し、しっかりプレーで応えられるように、そして一日でも早くファン、サポーターの方々に認めてもらえるように頑張りたいと思います。これからよろしくお願いします」

◆FC琉球
「この度、横浜F・マリノスに移籍する事になりました。まずは、3年間本当にありがとうございました。新しい環境で、新しい挑戦がしたいと思う気持ちが強く今回の移籍を決めました!」

「今年はJ3優勝、J2昇格を果たす事が出来て本当に嬉しく、支えてくれたFC琉球に関わる全ての方々に感謝の気持ちでいっぱいです」

「ここまで来るのに沢山の方々に支えてもらってきました!その方々にプレーで恩返し出来る様に頑張ります」

「FC琉球での3年間は本当に素晴らしい時間で、優勝を決めた時のあのタピスタの感動は一生忘れることのない思い出になりました。本当にありがとうございました」


関連ニュース
thumb

2022シーズンのACL、東地区は4月にGS、8月に決勝Tを開催! 決勝は2023年2月に決定

アジアサッカー連盟(AFC)は13日、2022シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の日程について発表した。 新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックにより、ここ2シーズンは大きな大会方式の変更が行われてきたACL。新シーズンの開幕を前に、現在は世界中でオミクロン株が大流行。日に日に各地で感染者が爆発的に増えている状況となっている。 その影響もあり、オミクロン株のまん延防止の観点から、日本を含め、アジア諸国の渡航制限やその他のプロトコルが厳しくなっている。 また、2022年はカタール・ワールドカップ(W杯)が冬に開催されることで、各国リーグの日程も変化。その影響を考慮し、AFCは2022シーズンのACLに関して、2022年と2023年にまたいで開催することを決定した。 日本が含まれる東地区と西地区ではスケジュールが異なり、東地区はグループステージが4月15日から5月1日にセントラル開催。ラウンド16は8月18日、19日で1試合で決着、準々決勝は8月22日、準決勝は8月25日に1試合で決着する。 なお、西地区グループステージは4月7日から27日にセントラル開催。ラウンド16からは2023年に開催され、2月の3日と4日にセントラル開催となり1試合で決着。準々決勝は2月7日、準決勝は2月10日に行われる。 決勝は、2023年2月19日と26日の2試合で開催。1stレグが西地区、2ndレグが東地区で開催される。 日本からはJ1王者の川崎フロンターレ、天皇杯王者の浦和レッズ、J1・2位の横浜F・マリノス、J1・3位のヴィッセル神戸が出場する。 2022.01.13 18:28 Thu
twitterfacebook
thumb

クラブ創設30周年迎える横浜FM、新体制&背番号が決定! MF渡辺皓太が扇原の「6」を継承

横浜F・マリノスは9日、2022シーズンに向けた新体制と背番号を発表した。 2021シーズンはアンジェ・ポステコグルー監督が率いてスタート。王座奪還を目指した中、常に上位を争いながらシーズンを進めた。 王者の川崎フロンターレに一時は勝ち点差「1」まで迫るという状況の中、ポステコグルー監督がセルティックへと電撃移籍。後任にケヴィン・マスカット監督を迎えると、シーズン終盤は勝ち点を取りこぼすなどし、最終的には2位でシーズンを終えた。 2022年はクラブ創設30周年を迎えるメモリアルイヤー。そのチームからは昨季の得点王であるFW前田大然がセルティック(スコットランド)へ、MF扇原貴宏がヴィッセル神戸へ、DFティーラトンがブリーラム・ユナイテッドへと移籍。またDF和田拓也が横浜FC、MF天野純が蔚山現代(韓国)へと移籍するなど選手の退団があった。 一方で、サイドバックにはDF永戸勝也(鹿島アントラーズ)、DF小池裕太(セレッソ大阪)を補強。中盤にはMF藤田譲瑠チマ(徳島ヴォルティス)を獲得。前線にもFW西村拓真(ベガルタ仙台)と要所を補強している。 背番号は永戸が「2」、小池裕が「26」、藤田が「16」、西村が「30」を着用。また、MF渡辺皓太が扇原がつけていた「6」に変更、DF角田涼太朗が和田がつけていた「33」に変更となった。 また、期限付き移籍組も復帰、GKオビ・パウエル・オビンナは「50」、MF吉尾海夏は天野がつけていた「14」、MF樺山諒乃介は「35」、FWンダウ・ターラは「39」をつける。 ◆選手背番号一覧 GK 1.高丘陽平 32.田川知樹 34.中林洋次 50.オビ・パウエル・オビンナ←栃木SC/復帰 DF 2.永戸勝也←鹿島アントラーズ/完全 4.畠中槙之輔 13.チアゴ・マルチンス 19.實藤友紀 24.岩田智輝 25.小池龍太 26.小池裕太←セレッソ大阪/完全 27.松原健 29.池田航←カマタマーレ讃岐/復帰 33.角田涼太朗※背番号変更「36」 36.西田勇祐←横浜F・マリノスユース/昇格 MF 6.渡辺皓太※背番号変更「26」 8.喜田拓也 14.吉尾海夏←FC町田ゼルビア/復帰 16.藤田譲瑠チマ←徳島ヴォルティス/完全 18.水沼宏太 28.山根陸←横浜F・マリノスユース/昇格 35.樺山諒乃介←モンテディオ山形/復帰 FW 7.エウベル 9.レオ・セアラ 10.マルコス・ジュニオール 17.宮市亮 23.仲川輝人 30.西村拓真←ベガルタ仙台/完全 39.ンダウ・ターラ←FC町田ゼルビア/復帰 2022.01.09 20:18 Sun
twitterfacebook
thumb

創立30周年の横浜FM、新ユニフォームは襟付き、“1992年”にインスパイア

横浜F・マリノスは9日、2022シーズンの新ユニフォームを発表した。 2022シーズンはクラブ創設30周年を迎えるメモリアルイヤー。そのため、クラブが創立した1992年に着用していたユニフォームからインスパイアされたデザインとなった。 2022シーズンもアディダスのユニフォームを着用する。 1stユニフォームは92年のユニフォームで特徴的であった脇の部分に施されたグラフィックをモダンにアレンジして表現。襟付きのユニフォームとなり、クラシカルな印象も醸し出していく。 また、クラブエンブレムの下には、1992-2022のメモリアルナンバリングを施し、前面の裾にはトリパラロゴに加え、30周年記念ロゴを取り付けるメモリアルな仕様となっている。 2ndユニフォームは白がベースに。港町・横浜との親和性も高い、水をグラフィック要素に採用。ホワイトベースに水が動く様を表現したグラフィックをさりげなく施し、アクセントカラーにはグローピンクを用いている GKユニフォームは黄色で、最後の砦となり、チームのために守り続けるゴールキーパーを一段と際立たせために大胆なオールオーバープリントで表現している。 <span class="paragraph-title">【写真】再びアジアへ!創設30周年のメモリアルユニは30年前にインスパイア</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/fmarinos20220109_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/fmarinos20220109_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/fmarinos20220109_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 2022.01.09 15:30 Sun
twitterfacebook
thumb

横浜FM、2019年のJリーグMVP仲川輝人と契約更新! 昨季は28試合2ゴール

横浜F・マリノスは8日、元日本代表FW仲川輝人(29)との契約更新を発表した。 神奈川県出身の仲川は川崎フロンターレのアカデミー出身で、2015年に専修大学から横浜FMに入団してプロキャリアをスタート。FC町田ゼルビア、アビスパ福岡へのレンタルを経て、2018年に横浜FM復帰を果たした。 その翌年の明治安田生命J1リーグで15得点をマーク。チームのリーグ優勝とともに、個人としても得点王、Jリーグベストイレブン、そして最優秀選手賞を獲得。昨季はJ1リーグ28試合出場で2ゴールだった。 2022.01.08 17:55 Sat
twitterfacebook
thumb

「停滞は退化ではないのかと…」 元日本代表MF天野純、横浜FMから蔚山現代FCにレンタル移籍!

横浜F・マリノスは8日、元日本代表MF天野純(30)が韓国の蔚山現代FCに期限付き移籍すると発表した。移籍期間は2022年12月31日までとなる。 天野は横浜FMアカデミー出身のレフティ。順天堂大学を経由して2014年に横浜FMでプロキャリアをスタートさせ、2019年から背番号「10」を着用したが、同年7月からベルギーのロケレンにレンタル移籍した。 その欧州初挑戦はクラブの破産もあり、長続きせず、2019年夏から横浜FMに復帰。昨季も明治安田生命J1リーグ34試合出場で3得点をマークしたが、今年から昨季のKリーグ1で2位の蔚山現代FCでの挑戦を選んだ。 海外再挑戦となる天野は横浜FMの公式サイトを通じて、決断の真意とともに、新天地でのさらなる成長を約束した。 「横浜F・マリノスに関わる全ての皆様へ。最高のチームメイトと、日本一のファン・サポーターに囲まれるF・マリノスでの毎日は、家族のようで楽しく、そして自分が恵まれた環境にいる事を日々実感しています。それと同時に、その環境に甘えてしまっている自分がいる事を感じていました。何より、ここ数年の自分に納得できず、このままでいいのかと危機感を覚えていました。停滞は退化ではないのかと考えるようになりました。ここで再び何かを変えなくてはいけないと思っていました」 「そのタイミングで、一昨年のACL王者でもあり、アジア屈指の強豪クラブである蔚山現代から話が来ました。その厳しい環境で、日々の練習に揉まれる事で、もっと強くて逞しい選手に成長できるのではないかと考えました。ギリギリまで悩み、なかなか決断を下す事ができませんでした。数年後の自分はどうなっていたいのか。そのためには、いま何が必要なのか。それらの熟慮を重ねた結果、今回の決断に至りました。のちに、この決断を正解にできるのは自分自身しかいません。1日1日を無駄にせず、自分自身と向き合い、もっと成長してきます」 2022.01.08 17:17 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly