CLベスト16チームが決定! イングランドが最多4チーム突破2018.12.13 07:23 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽12日にチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ全日程が終了し、決勝トーナメントに進出する全16チームが決定した。▽昨季、準優勝チームのリバプール、フランス王者のパリ・サンジェルマン(PSG)、ナポリ、ツルヴェナ・ズヴェズダの4チームが同居した今グループステージで最激戦区となったグループCではPSGが首位通過、最終節のナポリとの直接対決を制したリバプールが決勝トーナメント進出を決定。首位で最終節を迎えながらもアンフィールドで散ったナポリは3位敗退でヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメントに回ることになった。

▽同じく激戦区となったバルセロナ、トッテナム、インテル、PSVが同居したグループBではエースFWリオネル・メッシを筆頭に格の違いを見せつけたバルセロナが、第4節終了次点で今大会最速での決勝トーナメント進出を決め、2番手にはインテルと同勝ち点も当該戦績で上回ったトッテナムが2年連続での突破を決定した。

▽その他のグループではCL3連覇中の絶対王者のレアル・マドリーがCSKAモスクワ相手に不覚を取ったものの、2位のローマと共にグループGをきっちり首位通過。また、マンチェスター・シティ、ユベントス、バイエルンといった優勝候補も順当に突破を決めている。

▽日本人選手所属クラブではMF香川真司の所属するドルトムントがアトレティコ・マドリー、モナコらを退けてグループAを首位通過。ただ、香川はこのグループステージで一度しか出場機会はなかった。

▽一方、DF長友佑都の所属するガラタサライはシャルケ、ポルト、ロコモティフ・モスクワと本命不在の比較的恵まれたグループDに入ったものの、3位敗退でEL決勝トーナメントに回ることに。さらに、FW西村拓真の所属するCSKAモスクワは王者レアル・マドリー、昨季ベスト4のローマの牙城を破れず、最下位で敗退。なお、西村は第3節のローマ戦でCLデビューを飾っていた。

▽決勝トーナメント進出チームを国別に分けると、マンチェスターの2チーム、リバプール、トッテナムの全チームが生き残ったイングランドが最多に。続いてレアル・マドリー、バルセロナ、アトレティコ・マドリーが勝ち抜いたスペイン、バイエルン、ドルトムント、シャルケが勝ち抜いたドイツの3チームが次点となった。

▽各グループの最終順位の一覧は以下の通り。

【グループA】
1.ドルトムント(ドイツ)
2.アトレティコ・マドリー(スペイン)
――決勝T進出――
3.クラブ・ブルージュ(ベルギー)
――EL決勝T進出――
4.モナコ(フランス)

【グループB】
1.バルセロナ(スペイン)
2.トッテナム(イングランド)
――決勝T進出――
3.インテル(イタリア)
――EL決勝T進出――
4.PSV(オランダ)

【グループC】
1.パリ・サンジェルマン(フランス)
2.リバプール(イングランド)
――決勝T進出――
3.ナポリ(イタリア)
――EL決勝T進出――
4.ツルヴェナ・ズヴェズダ(セルビア)

【グループD】
1.ポルト(ポルトガル)
2.シャルケ(ドイツ)
――決勝T進出――
3.ガラタサライ(トルコ)
――EL決勝T進出――
4.ロコモティフ・モスクワ(ロシア)

【グループE】
1.バイエルン(ドイツ)
2.アヤックス(オランダ)
――決勝T進出――
3.ベンフィカ(ポルトガル)
――EL決勝T進出――
4.AEKアテネ(ギリシャ)

【グループF】
1.マンチェスター・シティ(イングランド)
2.リヨン(フランス)
――決勝T進出――
3.シャフタール(ウクライナ)
――EL決勝T進出――
4.ホッフェンハイム(ドイツ)

【グループG】
1.レアル・マドリー(スペイン)
2.ローマ(イタリア)
――決勝T進出――
3.ビクトリア・プルゼニ(チェコ)
――EL決勝T進出――
4.CSKAモスクワ(ロシア)

【グループH】
1.ユベントス(イタリア)
2.マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)
――決勝T進出――
3.バレンシア(スペイン)
――EL決勝T進出――
4.ヤング・ボーイズ(スイス)
コメント
関連ニュース
thumb

メッシが36ゴールで3年連続6度目のリーガ得点王に!

2018-19シーズンのリーガエスパニョーラの全日程が19日に終了した。得点王(ピチーチ)に輝いたのは36ゴールを決めたバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとなっている。 メッシは3シーズン連続6度目のリーガ得点王に輝いた。6度目の得点王は、ビルバオなどで活躍した歴代最多受賞者である故人のテルモ・サラ氏に並ぶ回数となっている。 なお、2位はバルセロナのFWルイス・スアレスとレアル・マドリーのFWカリム・ベンゼマの21ゴールで、メッシは15ゴール差を付けての圧倒的な受賞となった。 2019.05.20 01:47 Mon
twitterfacebook
thumb

コパ決勝控える王者バルセロナの最終戦はメッシの2発でドロー《リーガエスパニョーラ》

バルセロナは19日、リーガエスパニョーラ最終節でエイバルとのアウェイ戦に臨み、2-2で引き分けた。 既にリーガ2連覇を決めているバルセロナが、25日に行われるコパ・デル・レイ決勝のバレンシア戦を見据える中、12位エイバルとの消化試合に臨んだ。 負傷中のスアレスやGKテア・シュテーゲン、デンベレらが欠場となった以外は現状のほぼベストメンバーで臨んだバルセロナは、3トップに右からセルジ・ロベルト、メッシ、マウコムと並べた。 5分にシャルレスに際どいボレーシュートを打たれたバルセロナは、エイバルとの一進一退の攻防を強いられる序盤となると、20分に失点する。セルジ・エンリクのポストプレーを受けたボックス左のククレジャが左足を振り抜くと、GKシレッセンの手を弾いたシュートがネットを揺らした。 22分にもピケのボールロストからシャルレスにGKシレッセンを強襲するシュートを浴びせられたバルセロナだったが、31分に同点とした。ビダルのスルーパスでボックス左に抜け出したメッシがGKとの一対一を制した。 さらに1分後、ラキティッチのスルーパスに抜け出したメッシがGKとの一対一を制し、バルセロナが一気に逆転に成功。VARで確認すると、メッシのポジションがオフサイドに見えたが、ゴールが認められた。 メッシの2ゴールで逆転したバルセロナだったが、前半追加タイム1分に同点とされる。GKシレッセンがボックス外に飛び出してヘディングでクリアしたものの、ルーズボールをボックス手前右のデ・ブラシスがハーフボレーでゴールへ蹴り込んだ。 2-2となって迎えた後半、開始7分にセルジ・エンリケのボレーシュートでゴールを脅かされたバルセロナは、61分に流れの中から上がっていたピケがGKドミトロビッチを強襲するシュートを放った。 しかし、その後もギアが上がらずにいると、81分にピンチ。だが、ゴール至近距離からのククレジャのシュートは枠の上に外れて助かった。 結局、試合は2-2のまま終了。王者バルセロナのリーガ最終戦は引き分けに終わった。 2019.05.20 01:08 Mon
twitterfacebook
thumb

グリーズマンのバルサ移籍決定、いつ? バルベルデがコメント

バルセロナを率いるエルネスト・バルベルデ監督がアトレティコ・マドリーのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(28)に言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 グリーズマンは14日、アトレティコの公式サイトを通じて今夏の移籍を表明。移籍先として、昨夏加入も取り沙汰されたバルセロナが確実視されており、契約解除金1億2000万ユーロ(約147億3000万円)が支払われる形で実現する可能性が高まっている。 そうした状況により、近日中に発表される可能性も飛び出しているが、来週末の25日に行われるバレンシアとのコパ・デル・レイ決勝が終わるまで実現しなさそうだ。バルベルデ監督は両クラブが協議中であることを認め、次のように続けた。 「既にコンタクトを取り合っていることは事実。だが、まだシーズン中だ」 「今の我々にはコパ・デル・レイ決勝がある。2つ目のタイトルはかかっているのだから、そこに集中しなければならない」 「それが終われば、他のあらゆることに時間が使えるようになる。我々が他クラブの選手について話しているとき、新たに言うことは何もない」 「様子を見よう。彼は素晴らしい選手だ。我々は常々、そう言ってきた」 2019.05.19 12:25 Sun
twitterfacebook
thumb

チャビ、将来的なバルサ指揮官就任希望もスタートは古巣&リーガ1部以外で?「自分自身を証明しなければ」

今シーズン限りでの引退を発表したアル・サッドの元スペイン代表MFチャビ・エルナンデスは、指導者としてのキャリアをバルセロナやリーガエスパニョーラ1部以外のクラブでスタートすることになると考えているようだ。スペイン『マルカ』が母国テレビ局の『TV3』を引用して伝えた。 バルセロナ下部組織出身のチャビは、1998-99シーズンにトップチームデビューを果たすと、バルセロナで最多となる公式戦764試合に出場。バルセロナでの17シーズンでは、3度のチャンピオンズリーグ優勝と8度のリーガエスパニョーラ制覇など数多くのタイトルをもたらした。その後、2015年夏にアル・サッドへ加入。今シーズンのリーグ戦では14試合2ゴール5アシストを記録し、6年ぶりの優勝に貢献していた中、3日に今シーズン限りでの現役引退を発表した。 チャビは、以前から監督業開始に前向きな姿勢を見せていた。それもあり、最近では今シーズンを以ってアル・サッドの指揮官を退任するジェズアウド・フェレイラ監督の後任を担うことも予想されている。 そんな中、チャビは自身の今後の指導者キャリアについて言及。スタートこそは無理でも将来的にバルセロナの監督になることを望んでいる。 「僕自身、指導者としてのキャリアをバルセロナのトップチームでスタートすることはできないと考えている。それは正当ではないからね」 「僕は監督として自分自身を証明しなければならない。ゼロからのスタートだよ。バルセロナ、もしくはラ・リーガのチームで監督をするには早すぎる」 「いつの日かバルセロナで監督業を楽しむことは、僕の目標でもある。ただ、今がその時ではないよ。そのためにはしっかりと準備しなくてはいけないね」 2019.05.18 21:00 Sat
twitterfacebook
thumb

チャビ、古巣・バルセロナにアドバイス「●●しなければCLを制すことは不可能」

今シーズン限りでの現役引退を発表したアル・サッドの元スペイン代表MFチャビ・エルナンデス(39)が、古巣・バルセロナにアドバイスを送った。スペイン『マルカ』が母国テレビ局の『TV3』を引用して伝えた。 今月3日に今シーズン限りでの現役引退を発表したチャビ。トップチームデビューを飾り、クラブ最多となる764試合に出場してきたバルセロナでは、3度のチャンピオンズリーグ(CL)優勝と8度のリーガエスパニョーラ制覇など数多くのタイトルをもたらした。 そんなチャビは現在のバルセロナをどう見ているのか。同クラブはチャビが退団した2014-15シーズン以降、ヨーロッパNo.1の座から長らく遠ざかっている。そんな古巣にある提言をしている。 「バルセロナは再びゲームを支配するようにならなければならない。でなければ、チャンピオンズリーグを制することは不可能だ」 「それは歴史が物語っている。バルセロナがチャンピオンズリーグ優勝やラ・リーガ優勝を成し遂げた時、我々は試合を支配していた。今のバルセロナはあまり支配していないと思うね」 2019.05.18 19:30 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース